【3Dプリンタ,3Dスキャナ】事業再構築補助金の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-3d-printer-scanner
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、3Dプリンタや3Dスキャナを活用したものや3Dシステムの活用・実現を目指した採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

3Dプリンタ,3Dスキャナ,3Dシステムの採択事例集(第2回)

事業計画名事業計画
自社デザイン・自社製造と販売への業種転換計画試着可能3DCADプリンター樹脂でダイレクト・キャスト技術(特にプラチナ)を利用。短期間で納品可能で、価格を抑えたオーダーメイド・ジュエリーを自社製造し、店舗とホームページECサイトで販売する。
パーソナルジュエリー専用オンラインオーダーサイト構築・事業展開コロナ前まで店舗販売のみの営業であったが、コロナ禍で巣ごもり需要の拡大、ペット市場の拡大に着目し、宝飾小売通信販売事業(オンラインショップ)を始める。3DCAD、3Dプリンターを導入しペットジュエリーをオーダーで受注し、宝飾の販売につなげる。
フォトグラメトリーを活用した新しい配信、演出プログラムの創生ドローンを使った高精細な写真から構築するフォトグラメトリーの技術で3Dモデルを作成し現在の2D映像配信は8K撮影によって、よりリアルに高精細へと発展。そしてVR、AR、MRといった新分野での映像表現を行う。
実体験型科学教室の開講による科学技術教育改革今回の補助事業計画として、これまでの講演という形でのアプローチから、実際に子どもたちが見て、触れて、考えることができるような、実体験型の科学教室を開講する。3Dプリンター・3Dスキャナー・レーザー加工機などのデジタル工作機に触れてもらい、個人でかつ年齢を問わず「ものづくり」が可能であること。そのマインドを養ってもらうことを目標とする。
創業110年「宮文」刃物ブランドを3D仮想サービス提供により世界展開刃物販売・研ぎ実店舗サービス提供が渡航制限や休業・時短要請等により激減したことから、3DバーチャルサイトやECサイトの構築を通じた非対面式でのサービス提供方法に転換し、全国への研ぎ技術展開と海外への刃物販売を通じて、「日本の刃物技術と文化」の展開を図る。
3次元地中レーダー調査システムによる路面下空洞調査本事業は道路通行の危険事象である道路陥没事故に繋がる路面下空洞を、車両下に取付けた非破壊探査機(3Dレーダーシステム)により情報収集・解析・発見する新技術を北海道に初導入し事業再構築を行うものである。
無人デジタルAI管理システムによる(居住者及び近隣住民を)会員制カーシェア事業法人所有の賃貸マンション入居者及び近隣住民の特定した会員に対して、無人デジタル技術(レーザースキャンLiDARセンサー内蔵端末と写真・動画AI認識3Dモデルによる車輌確認)システム開発、及び会員制カーシェア事業(月額固定サブスクリプション)の社会実証
「土木ジオラマ」土木建設の安全と生産性向上を3Dで実現当社は測量業から業種転換し、3D技術を組合せて「土木ジオラマ」を作製・販売します。正確なスケールの商品は複雑な図面よりも共通理解のツールとなり、土木建設の安心安全と工期短縮を図り生産性の向上を実現します。
南部鉄器鋳造法と3Dプリンタを活用した「現代的日常品」製造販売事業鋳造のために必要な鋳型製作を3Dプリンタを活用することによって、開発期間の短縮、デザインの多様化、生産の効率化を図り、今後市場拡大が見込める「現代的日常品」市場向け商品の開発、製造、販売を行う
3DスキャナーとCADソフトを導入し3DCADデータの作製、文化財の仏像レプリカ製作を行う事業3Dスキャナーで文化財の仏像や木像などをスキャニングし、専用ソフトで3DCADデータを作製する。3DCADデータを基にプログラミングし木工機械にて木材を削り出し、最終的には鑿・鉋を使い手作業で仕上げを行う。新型コロナウイルスの影響で家具・建具の仕事が減少し、自社の方向性を転換させ、最新技術と伝統技術を掛け合わせて仏像レプリカ製作など自社独自のオリジナルなものづくりにさらに力をいれていく。
ガラス工房における飲食(食事提供)と体験教室の新設及び3Dバーチャルギャラリーの構築飲食の提供をする事による客層の拡大と体験型観光のひとつとしてのガラス体験教室の実施による新しい顧客の獲得。新しい事業展開としての3Dバーチャルギャラリー技術の導入で同業の作家やギャラリーへの新しい提案。
オーダーメイド対応デジタル家具販売事業3D技術を用いた独自性あるデザインを反映させた「デジタル家具」を制作販売する。既存事業である不動産業との親和性を活用する。
最新3Dキャプチャー技術、マターポート導入事業コロナ禍において集客が困難な顧客に向けて、「非対面・非接触」でまるで現地で体感しているような3Dコンテンツで消費者に広告宣伝から販売までを行える「3Dウォークスルー」撮影編集事業を開始する。
3DVR(バーチャルリアリティ)によりコロニー飲食店モールを構築コロナ禍による外出の自粛や飲食店への時短要請などで本業の飲食店事業が低迷している。事業継続のため、3DVR(バーチャルリアリティ)によりコロニー飲食店モールを構築し、つくば市の業績の低迷にあえぐ飲食店にコロニーに参加してもらってサーバ―使用料、3D使用料、広告料を収入にすることにより事業再構築を図る。
デザイン設計力とデジタル技術を活用したオーダーメイドバッグ製作・ネット&直販・工房の開設コロナ禍、地域中心ビジネスに限界があり、テント業で培ったデザイン設計力とIT,デジタル技術(3D-CAD)を利活用し、テント生地利用によるオーダーメイドバッグ製作、独自型ネット販売による商圏の拡大とデジタルデータ活用を図る、工房一体化直販店によるB to Cビジネスの立ち上げ
BIM設計を12年行ってきた実績のある設計事務所が指導するBIMスクール2023年以降、公共工事をBIM設計(バーチャルリアリティを活用した3DCAD)で行う事が決定し、BIMへの需要が高まる事が予想される。BIMスクールの創設し、人材育成事業に進出する。
土木建機のICT化による、革新的土木工事への大胆な事業転換マシンコントロールシステム搭載型油圧ショベルを導入して工事や施工管理の効率化を図り、当社の持つ高い治山工事技術や3D測量・設計技術、品質管理能力を融合させ、未経験の河川工事に挑戦する。
新分野(電子回路製造業 3D-MID)に進出高精度(公差±10ミクロン)の3次元レーザーマーキング加工機の導入により、電子回路製造業(3D-MID-レーザー・ダイレクト・ストラクチャリング)に進出する
3Dシステムと無縫製ミシンを使いオーダーメイドの製品をネットで展開オーダーメイド生産を可能とする3Dシステムと、着心地追求等の効果の高い無縫製ミシンの導入等を通じて、顧客満足度と生産性を両立する「高機能サウナウェア」を開発し、リアル店舗主軸体制からの脱却を図る。
建設用3Dプリンタを導入したビジネスモデルの構築及び新分野展開コロナ禍による経済の衰退による企業・個人の収入格差が生じている中、当社の基本設計から施工まで一貫して行うデザインビルド方式の強みを活かしつつ、新たな施工方法である建設用3Dプリンタを導入した建築物の低コスト化の実現
レッスンの3D動画化による受講者に分かりやすいオンライン教室への業態転換レッスンの3D動画化、オンライン専用コースの開発、受講者のニーズに合致したオンラインシステムの構築及びキッチンスタジオ新設により、オンライン教室への業態転換を行って売上の安定化・増収を図る。
インフラDX化へ対応するための3次元レーザー測量への新分野展開国土交通省では「インフラDX」を推進しています。当社では、地上型3Dレーザースキャナーによる3次元レーザー測量分野へ新分野展開し、業務の作業場所「データ処理センター」を新たに設置して非接触型の働き方を推進しインフラDXに対応することで事業を再構築します。
石材の3Ⅾデジタルデータ化・復元サービス既存事業の売上補填の為、新たな事業による売上の柱を構築するため、石材を3Dデータ化するサービスを開始する。同時に墓地、記念碑等石材品の刻字を解明、復元する。既存には無い、新しい市場を開拓する。
衣服縫製修理業オンライン化でBtoBからBtoCへ オンラインスクール開校婦人服の修理・仕立て業BtoB 取引先:百貨店内店舗、ホテル内店舗、専門店
(課題)取引先の売上減少、撤退、閉店、顧客高齢化による売上の先細り
■BtoBからBtoCへ事業をシフト
・集客アプリ、CAD、3Dシステムを導入しオンライン化で商圏を全国に拡大
■技術者育成のためオンラインスクール開校
・技術承継で全国に連携可能なネットワークの仕組みを構築しニーズに対応
運送業向け3Dカメラによる積載率測定システム現在社会課題になっている運送業における「ドライバー不足」及び「Co2排出による環境課題」へ対応するため、「3Dカメラによる積載率測定システム」の開発を検討。当該製品の開発及び運送業界での横展開により、輸送効率の向上及びCo2削減等上記課題への対応を実現させる。
デジタルツインの実現にむけた3D点群データ計測・活用サービス低コストな3D点群スキャナを新規開発し、気軽に3D点群計測ができるようにする。計測した3D点群データを二次加工するアプリケーションを開発して、オンラインサービスで利用できるようにする。
デジタル・3Dデザインコンテンツの制作・販売アパレル業界での長年のアナログ・2D(2次元)のデザイン制作技術を活かして、デジタル・3D(3次元)のデザインコンテンツの制作・販売のための設備投資を行い、バーチャル空間や海外に市場を広げて事業再構築を図る。
3Dものづくりのための機器レンタルと撮影スタジオの設置アート関係者やものづくりのマニア向けに3Dデータの撮影環境(機器レンタル・スタジオ)を提供。合わせて商品化に向けた支援や技術向上に向けたレッスンなど3Dものづくりのトータルサポートを実施。
CNCルーターによる熟練職人の技術水準に並ぶギター製造の革新的生産工程の実現小規模ギター製作工房の多くは職人の経験に基づく熟練の手工技術によって工芸的な価値の高い製品を生産しているが、大手メーカーの量産品以上の付加価値を生み出す技術レベルに達するまでに長年の経験を要する。当社は3Dデザインと木工の技術を活かし、CNCルーターを導入することによって短時間・低コストで安定的に高品質な製作を行う。
3Ⅾプリンター導入による、造形受託事業展開弊社のCADを用いた設計・製図技術を生かすために、紙図面・2Dデータから、3Dデータを作成し、3Dプリンターを導入し 造形受託を行う。3DCADを持っていない事業者からの受託を特徴とする。
ペットの記録と思い出を残すサービスコロナの影響で婦人服事業がなくなり、ペットの介護用品製造販売を継続して、新分野①ペットの2D(写真)のセルフ撮影サービスと②ペットの3D(立体造形)スキャナー撮影による造形制作サービスを開始します。
アパレル特化型3DCG制作システムの構築コロナ禍でアパレル業界に起こった変化を乗り越え、SDGsに貢献するためにはDXが必須である。本事業でアパレル特化型3DCG制作システムを構築することで3DCG活用を推進し、業界全体のDXに貢献。自社の事業再構築とアパレルビジネスに革新を起こす。
ドローンの運用サービス事業ドローンを飛行操縦させ、危険地域や人の立ち入りが出来ない場所の内部点検・測量・検査、飛行撮影した画像のパノラマ画像化や3D化制作を行う。
科学的手法による美容効果測定サービス事業計画当社が新たな分野として事業展開を計画しているのは、3Dスキャナと画像解析ソフトを用いた、鍼灸院・医院向け「科学的手法による美容効果測定サービス」です。世界的に採用されているArtec社の「Artec Eva」という3Dハンディスキャナを導入し、画像解析ソフトと合わせて科学的手法による美容効果測定サービスを、治療院や医院向けに提供したいと考えております。
保護眼鏡フレームの製造と販売新たに保護眼鏡フレームの製造を行う。現状は製造設備のない課題があるが、3Dプリンターの設備投資を受け先端技術で製造する。地域経済貢献をにらみ、5年後は総売上高の30%以上となる新分野展開の計画を策定。
3DボディスキャナとAIを活用した仮縫不要パターン制作事業の展開既存のCADシステムやバーチャル・フィッテングでの制作プロセス事例をAIに学習させ、"3Dボディスキャナから得られたデータを基にAIで自動的に個対応の仮縫不要パターンを制作する世界初のサービス事業"を展開する。
3Dデジタル義肢装具の新開発とポストコロナ型の新たなるグローバル展開義肢装具及び関連部品の開発・製造及び販売業務をしていたところ、コロナウイルスの影響で売上が低迷している事及び海外から部品の輸入が出来ない事をを受け、新たに義肢装具部品等の内製化と金属3Dプリンターを活用した新規性のある義肢装具等の開発に取り組む。新分野展開の為、JICA・JICSと連携してバングラデシュでの市場調査を実施し、多言語対応アプリケーションを用いてポストコロナ型グローバル展開を実現する。
LAILA 3D SCAN STUDIO 事業3D SCAN STUDIOを新設
都内で360度のカメラで高精度な撮影ができるレンタルスタジオは2件のみ。その2つのスタジオのカメラの台数は160台前後で撮影しているが、当方は200台のカメラで撮影し、今後のVR/AR市場に対応すべくより高精度のクオリティを目指す。他社のサービスには無い、レーザーカメラを使用した店内空間の3D撮影も行う
世界的技術のリアルバーチャルスタジオで日本唯一の医学映像を創出単なる撮影のみならず、その場で3DCGを合成編集し、リアルタイム配信をするといった次世代映像システムを有する撮影スタジオを新設する。
AIによるオンライン上での本人確認システム構築事業銀行口座開設時や生命保険申込時に必要な本人確認手続きについて、全行程をオンライン上で完了させるシステムを開発、販売する。AIによる精度の高い解析と3D認証機能を搭載しているので、確認ミスのリスクを最小限に抑えた商品である。
2.5次元・3次元プリント事業2.5次元(UVプリンター)及び3次元(3Dプリンター)を活用して、凹凸がある印刷物、立体造形物を、型を制作することなく作成します。小ロット、オリジナルグッズを、リーズナブルにタイムリーに提供する事業を構築します。
2Dデータをクラウド上で3D変換する、生産性向上支援サービス国内のものづくり現場では、既存の膨大な2Dデータ資産(紙図面・2DCAD等)を効率的に3D化できないため、昔ながらの2Dデータありきの製造体制から脱却できずにいる。この課題を解消可能なクラウドサービスを事業化する。
「足型計測の新ITサービス」と「グローバルブランド」の新領域開拓事業コロナ禍となり、百貨店等での靴の売上激減を打開すべく、従来のOEM製造業とアナログ足型計測を転換し、「3Dプリンターを駆使した足型計測新規ITサービス」と「自社グローバルブランド」の立ち上げ事業計画
モーションキャプチャスタジオを活用した新規事業モーションキャプチャスタジオを拠点とし、3DCG作成、リアルモーションキャプチャを使ったバーチャルコンテンツの運用・受注により、無観客でも楽しめるライブコンテンツへの進出を図る。
ハイフレックス型ギャラリーへの業態転換事業実在のギャラリーと並行して、3D特殊カメラを使用したオンラインヴァーチャルギャラリーを作成し、web上で公開します。オンラインショップも併設し、作品の展示販売を行います。
オリジナル商品を制作から販売までできるシェアアトリエ個人では、利用が難しい3Dプリンターなどの設備機器類を会員制で自由に利用できるようにしたシェアアトリエ。併設のギャラリーで展示したり、店舗で販売までできるようにし、ハンドメイドのデザイナーを育てます。
3D-CAD技術を活用した新たな福祉用具製品の開発・販売事業現在、利用者が高額な負担を強いられる義足について、当社の高い3D-CAD編集技術に、3Dプリンタの運用スキルを組み合わせることで、既存製造法に比べ、①コスト優位性②リードタイム短縮化③量産化を図り、売上拡大を実現する。
建設⽤3Dプリンタ機器による3Dプリントハウスの製造販売従来型の建築⽅法から新たに⾰新的かつ⾼度な科学・エンジニアリング技術の建設⽤3Dプリンタ機器を導⼊し、SDGsを宣⾔し、持続可能な社会を⽬指し、⽣産性を⾼め、効率的かつ⼿頃な価格の『3Dプリントハウス』を提供し、オンラインサービスで販売する。
3D設計システムを活用した店舗オフィス向けオンライン換気改善サービス補助事業では、コロナ感染症対策として注目を浴びている店舗やオフィスの換気対策に着目、オンラインで店舗やオフィスの換気対策を提案する事業に挑戦する。3D設計システムを活用し、設計から工事まで行う。
歯科医がAIと3Dプリンターでデジタル歯列矯正器具開発事業歯科医向けの対面型実習教育を行う歯科医と歯科技工士と公認会計士が、日本初の日本人特化型オーダーメイド歯列矯正器具を、デジタルスキャナ、AI及び3Dプリンタの導入で開発し、全国の歯科医への非対面販売で事業再構築
xEV産業で使用される3D検査装置市場への新規参入‼自動車産業において急激に世代交代が進む次世代車(xEV)では、搭載される電子基板のはんだ接合部がその信頼性の鍵となる。この大きな転換期に、高度な基板検査が可能となる3D検査装置を開発し、xEVの信頼性に貢献する。
高速高精密ポータブル3Dスキャンで風力発電用増速機部品への展開高速高精密ポータブル3Dスキャンを導入し現在需要が増えてきている新規風力発電市場で事業の再構築を図る。難加工性ダクタイル鋳鉄製風力発電用増速機シャフトカバー部品等への展開に対して、検査精度と生産性を構築する。
3Dバーチャルギャラリーによるオンライン美術品販売WEB上に3Dバーチャルギャラリーをつくり、様々な事情で実店舗に来られない方が、まるでその場を歩いているような感覚を味わいながら、美術品を閲覧・購入できるサービスを提供する
治工具開発・製造3Dデータベース構築による付加価値製造技術の確立設計から製造までの全プロセスの3Dデータを統合した「治工具開発・製造3Dデータベース」を構築し、治工具の企画・開発・製造に留まらず、最適治工具の提案、治工具試作モデル製作など組立工程における工程改善企業としてステップアップを実現する。
紙箱を主力とした商品パッケージトータルプロデュースへの事業転換後継者のいない紙箱製造企業と事業承継を前提に連携し、最新の3Dパッケージデザイン技術の習得と合わせて商品パッケージの総合プロデュースを行い、地域産品の高付加価値化とプラスチック容器の減量化に貢献する。
3Dモデリング(CG)を活用したパートナーショップ連携型EC市場開拓によるビジネスモデルの構築3Dモデル型ECと連動した基幹システムの制作をし、PS(パートナーショップ)連携によるBtoC販売体制を構築する。これによりユーザーの購買意欲が向上し、社内の業務改革・顧客の一元管理が可能となる。
3D都市情報モデルのプラットフォーム型インターネットサービス事業計画2021年3月から本格的に始まった国土交通省所管のPLATEAUプロジェクト互換の3D都市情報モデルのプラットフォーム型インターネットサービスを開始する。
ミクロの金属加工から3Dプリンタによる医療分野への展開強みである金属加工技術を活かし、金属3Dプリンタによる医療用部品の安価で安定生産。医療部品の実績を重ね、本業の金属プレス加工でもミクロの技術で医療部品市場への販売拡大で経営基盤の安定を図る。
3D積層製造工法を活用した最終部品量産事業近年では海外への設計製造依頼が増えており、低コストでの設計委託業者などが増えつつある。当市場は近年開発期間も短く、海外に並ぶ低コスト製造を要求されることが増えている。この事業により新たな3D積層製造工法により、従来の部品コスト、スピード、機能性を越える大量生産体制を構築する。
AR技術を用いて、現実空間上に情報を重ねるアプリケーションの開発これまでは、結婚式の生花を使った空間装飾と空間を3Dカメラで撮影する仕事がメインであったが、
3Dカメラで撮影した空間上にAR(現実拡張)技術を用いて付加情報を表示することにより、接客・遠隔作業・集団研修トレーニングなどを支援するアプリケーションの作成をします。新規顧客を獲得するとともにVR撮影事業との相乗効果も図ります。
3Dプリンターを活用した既存の概念に捉われない新たな建築施工方法の確立コロナウイルスの影響による新規の住宅着工件数の減少や、人口減少の影響により、今後の市場縮小は間違いないものである。当社では継続した技術革新と生産性向上に取り組むため、3Dプリンターを活用した「世界最先端の家 Sphere 3Dプリンターで家を24時間で創る」プロジェクトに参画する。最先端の施工工法を実現することで建築業界にイノベーションを起こしたい。
3Dスキャナを活用した社寺仏閣の修理保全事業への新分野展開伝統的日本家屋である社寺仏閣の修理保全は後世へ伝統を受け継ぐ事業であるが、多くの人手と費用が課題となっている。最新技術の3Dレーザースキャナを活用して効率化を図り、復元図面から修理・新築事業への新たな提案型事業に進出する。
高齢者の入れ歯ニーズに対応するデジタル技術を活用した最新設備の導入による歯科技工所の開設高齢者の保険診療による入れ歯のニーズに対応した、口腔内スキャナや3Dプリンタ等デジタル技術を活用した最新の設備を導入した歯科技工所を開設する。これにより、治療期間の短縮、費用負担の低減を実現する。地域の歯科医院にもサービスを提供し、波及効果を増大させる。
リバースエンジニアリング事業複雑な形状、図面の無い品物の形状を3Dスキャナで計測し、ユーザーのニーズに合わせた図面、またはCADデータを作成すること、及び試作部品の製作を事業とする。
WEB受託事業からプラットフォーム事業への転換本事業により日本初の高精細、リアル、3D表示を可能とするデジタルカタログのプラットフォーム事業に取り組みます。
プロが選ぶ鮮魚を3D冷凍技術活用で家庭用商品開発・通販事業分野への展開現在当社は業務用鮮魚卸として飲食業のプロを主体に販売してきたが、コロナ過での需要の減少に対応するため3D凍結の最新冷凍技術を導入し、プロに提供してきた商品品質の魚を消費者向けの商品としてECサイトで直接提供する事業に取り組む。
デジタル技術を活かした高品位家具市場への展開による経営革新の実現非住宅向け家具市場は重層下請構造とIT化の遅れにより生産性向上が課題である。そこで、自社が培ってきた3Dデータを活用した工法を特注家具分野へ応用することで、他社にない再現性や低コスト化を実現する。
3D金属積層造形機(3Dプリンター)導入による航空機産業への参入CFRP(カーボン)製品製造が主業である当社が3D金属積層造形機(3Dプリンタ)導入し、航空機産業へ参入する。非鉄金属における高難度成形を可能にしハイスペックかつ部品点数を削減した高精度な3D形状の非鉄金属部品を製造する。
3DCAD/CAM及び三次元測定機導入による械部品設計事業の開始3Dデータでの部品設計により、最適な発注先を選択すると共に取引先にもデジタル技術の活用をしてもらうことで、見積工数の削減による生産性の向上、更には業界全体の課題である、多重下請け構造の解消に挑戦する。
入手困難な大型コア部品のデジタル再生!3D技術の強化によるデジタルツイン事業の構築特殊性のある大型製造設備では、大型コア部品が製造中止となっても、長年、継続使用せざるを得ないケースが多々ある。このニーズに対して、航空機事業で培った大型、特殊、精密な金属切削加工技術という強みを活かし、不足していた3Dデジタル技術とIoTを強化することで、枯渇し入手困難であった大型コア部品をデジタルツイン技術で精密に再生する。
木材デジタル加工と職人技術で理想形状を実現、建築業界へ進出現在日本の木工業界はデジタル3D加工においてこれからの躍進が期待される。新たなデジタル3D加工機を導入し、今ある技術を基盤としてより高度な技術を磨き、内装工事業から新たに建築業界へ進出する。
「3Dデジタルデータ技術」で、中小企業の「イノベーション」に貢献「3Dスキャナー」「デジタル解析」「3Dプリンター」「レンダリング」等を活用し、あらゆる分野の中小零細企業の「短納期開発」「コスト削減」「生産性向上」をサポートします。
「3D測量アプリ(mapry)の販売事業」と「Q-GISによる土砂崩壊対策のための表面流水の2D解析事業」送電線鉄塔の整備が加速するなか、山岳地帯での迅速な測量が求められている。これに応える「3D測量アプリの販売事業」と「表面流水の2D解析事業」を提供するサービスを展開する。CADオペレーターを配置する営業所の改装工事と山岳測量が効率的にできる3Dレーザースキャナーの導入により、電力会社や通信会社等の要求を満たし、今後の受注拡大に繋げていく。
デザイン家具製作販売と3Dを活用した独自販売サイト開発による事業再構築計画建築現場で排出する新材の端材を使用した家具や特殊技術を持つ企業と共同開発したオリジナル家具を製作し、顧客自身がカスタマイズした家具を3D技術で視認して購入できる独自の販売システムを使用し、新規事業への参入を行う。
既設インフラの維持管理事業老朽化した橋梁を、最新の技術である3Dスキャン機器を活用して現場で3D測量を実施し、3D-CADデータ化を行い、さらに既設橋梁の補修設計・診断を行うものである。
二次元グラフィックから3DCGの販促動画へ、主力事業の転換新型コロナ等の影響で既存事業が減収の中、3DCGを使った販促用動画の制作を計画。
BtoCの取引をしている事業者が一般消費者に向けた販促に貢献する事業。当社の強みを活かし、増収増益を図る。
仮想店舗による接客体験の新規サービス3D VRによる仮想店舗において、お客様との密接なコミュニケーションを可能とする、動画やチャットボットによる接客機能を実現する事で、実店舗や既存のネットショップとは全く異なる新たな商流を確立する。
XR技術によるオンライン観光・学習デジタルコンテンツサービスでの事業再構築文化財の3Dデータを最先端のXR技術と結合して多様な観光・学習デジタルコンテンツの制作に展開し、3Dデータの採取からデジタルコンテンツの企画・制作までのワンストップサービスを提案する。
次世代型バーチャルイベント・展示会等に向けた3DCGコンテンツの製作京都から全国にかけてイベント・展示会会場の装飾・表示物等の設営施工を手がけるビジュアル製作会社が、新たに3DCGの技術を習得し、バーチャル展示会やデジタルショールーム等に対応する3DCGコンテンツ製作分野へ進出する。
砂型用3Dプリンター導入による立体造形事業の新分野展開金属鋳造に主に使われる3Dプリンターを導入することで既存事業中の新しい不燃市場開拓、自社オリジナル空気清浄機を一般顧客に開発販売する新市場開拓、また金属プリント砂型受注という3つの柱で新分野に展開する
バーチャルとリアルの日本舞踊教室&レンタルスタジオ事業3D動画教材を使った日本舞踊教室を運営。その他コロナで大打撃を受けた舞踊家他アーテイストに教室を開放し3D映像を制作する。また今回の事業で培ったノウハウを生かし、大阪万博に向けてバーチャルの舞踊団を作る。
3DCADデータを活用し3Dプリンターで製造業試作品づくりの支援制作業務のCG(コンピューターグラフィック)の延長線上にある3DCADを導入し 、クライアント製造業、主に試作品製作と、3DCADのデータを使用し特殊技術のいらない3Dプリンターで具現化 し試作品づくりの支援を図る 。
製造業者が3Dレーザースキャナーを導入し測量業を新分野展開金属製品製造業者が、3Dレーザースキャナーを導入し、測量業の新分野に展開。少人数かつ短時間で測定が可能で非接触のコロナ感染対策にも対応できる。新市場の売上確保と既存事業への相乗効果による生産性が向上。
次世代3D音響スタジオ構築による業態転換当社が主たる事業としているライブ・コンサートの会場音響業務は、新型コロナウイルスの影響で激減している。そこで、次世代の音響規格である3D音響に対応するスタジオを構築し、コロナ禍での録音・編集業務を内製化することで利益率を高める。また、ポストコロナにおけるイベント需要での受注開拓を図る。
デジタルコンテンツ販売及びVR・AR技術を活用した実店舗とオンラインストアの融合「うまい棒ショップVR×ECサイト(VRコマース)を中心にうまい棒やその他駄菓子、駄菓子キャラクターの3D化」の制作に取り組み、AR技術を用いた実店舗の接客システムを併せて構築する。
三密回避や災害等の備えに必要なリモートセンシング技術と3Dデータの活用車載レーザー及びUAVレーザーを導入し三密回避、事業コスト削減や災害における迅速な復旧等が可能な「リモートセンシング」への業態転換。さらに取得した3Dデータを様々な分野で活用可能な「社会貢献型」サービス事業の展開を図る。
3Dプリンタ/3Dスキャン技術を活用した3Dエンジニアリングサービス事業3Dプリンタ/3Dスキャン技術と、炭素繊維強化プラスチックといった新素材の特性を組み合わせ、新たな業界に向けた3Dエンジニアリングサービス(3D形状部品加工×リバースエンジニアリング・現物から図面化)を提供
新分野進出による反転攻勢と更なる発展を目指す現事業である試作モデル製作は新型コロナの影響もあり、試作依頼自体が減っている。10年ほど前から樹脂の切削依頼自体も減ってきているので、マシニングによる切削加工での今後の発展が見込めず、3Dプリンターで金型不要の少量生産分野へ進出し、反転攻勢と更なる発展を目指す。
カーボン3Dプリンターの新規導入による試作品の製造新たにカーボン3Dプリンターを導入し、見込顧客や個人事業主からの要望である試作品の製造を行う。併せて弊社の強みである高品質な研磨加工を施し、スピード・価格・品質ともに他社を凌駕する仕上がりを目指す。
3Dプリンターで世界最先端の家「Sphere」を創る自社の強みである先端技術(IOT、AIなど)のノウハウを駆使し、日本初となる3Dプリンターで家を建てる市場に進出する。3Dプリンターを用いて、30坪300万円で世界最先端の家である「Sphere(スフィア)」を実現する。
3D設計・加工技術強化によるロボットハンド製造での新分野展開これまで培った精密金属加工の技術に加え、先端的なデジタル技術による機械装置を導入することで3D設計・加工技術の強化を行い、ロボットハンドの製造技術を確立しロボット分野への新分野展開を図る。
建設業界におけるICT導入型の書類作成代行事業計画広告制作会社としてのITスキルを活用し、建設業界における専門的な書類作成業務を「3D建設CAD」を用いて代行する新規事業計画である。近年ICT化が推し進められている建設業界の発展に貢献できる事業である。
デジタル環境整備によるスマートファクトリー化の推進2Dのものづくりから3Dのものづくりへの転換をはかる。3DCADをベースとし、デジタル工作機械導入を実行し、デジタルデータの全製造工程での活用、さらにはIOT導入により、組織全体の生産性を向上させる。
ドローンのメンテナンス、修理場の開設とオリジナルドローンの製作販売呉市発のドローンの修理、改造のノウハウを活かしたドローンのメンテナンス、修理事業を展開。3Dプリンターを活用してオリジナルパーツやオリジナルドローンを製作。事業紹介の為のHPと販売の為のECサイトを構築する。
プログラム作成事業を軸にした、金型部品加工事業への逆参入部品加工にも対応できるように工作機械の導入を行うことで、主に3次元プログラムの設計需要の大きい「金型メーカー」向けに3D設計から各種加工まで一括受注できるビジネスを目指す。
ナレッジマネージメントと高度化による大型水処理施設への展開3次元測定機、5軸高精度CNC旋盤、3DCADCAMの導入とデーターセンターの増改築によりデジタル技術を活用し、ナレッジマネージメントと製造部の高度化を実現する。そして今までにない河口堰やダムゲート等の大型水処理施設への参入を図る。
大型化およびクリーン化による新分野展開ネットワーク・データベース・3Dプリンタ品加工技術などの独自技術を応用して今まで不可能だった大型でかつ繊細な加工技術が必要となる半導体関連への新分野展開を行い。事業再構築を行う。
四国初!家具屋による若手内装業者・設計事務所が集まるシェアリングFACTORY運営事業シェアリングファクトリー施設を開設し、県内の若手内装業者が集まる拠点をつくります。内装インテリアの企画・提案及び設計・製作を各入居業者と協力しながら事業展開します。一部区画については、内装備品の展示やイベント開催・共用設備(3Dプリンター・VR設備)も配置する計画です。
金属3D積層造形AM技術(金属3Dプリンタ)を活用した流体装置メーカーへの業態転換コロナの影響により顕著となった特定分野への売上げ依存度を下げるべく,坂本技研の強みである流体分野により深く,より先端技術で関わりを持つため,世界最先端の金属3Dプリンタを導入し,切削加工業から金属3D積層造形業への業態転換を目指す。
地下埋設物の状況を高度に表現した3Dマップの作成数次にわたる緊急事態宣言の影響で、新しいサービスへの挑戦が必要となった。その中で採択したのは「地下埋設物の状況を高度に表現した3Dマップの作成」である。本事業を行なう事でV字回復を狙う。
3DCADを活用し八女市活性化へ!オリンピックで話題のBMXパーク運営3D・CAD技術、鉄骨加工技術、鉄骨溶接技術、高所組立作業技術、BMX自転車競技のノウハウを活かし、BMX自転車専用競技施設に特化し、設計・建築・運営を全て当社が単独で行う、ワンストップの新事業への参入を図る。
地域の土木事業者のICT施工用データ作成と施工後検査を請負うICT専門事業の開発国が推進するICT土木ですが、ICT施工の普及は進みつつありますが、小規模の土木事業者にとって3Dデータを扱う測量及びICT施工データ作成や施工後検査は設備投資や人材難で対応が困難です。当社はここを専門に請け負う新事業を開発します。
アナログ広告パネルからIot搭載DXサイネージへの業態転換事業キャッチアップ効果の高い3D動画を配信できる最新LEDパネルを駆使し、Iotセンサーを活用した当日の気象データに基づいた広告自動配信システムによって、効果の高い広告配信が可能なシステム構築を行います。
社会環境変化(SDGs)に対応した無縫製事業への進出遊休資産(賃貸物件)を活用し無縫製(シームレス)製品の生産工場を新設し先端設備(ホールガーメント横編機、3Dデザインシステム等)を導入し、SDGsに対応した少量多品種のニーズを捉え事業基盤拡充を目指す。
3Dデータでデジタルトランスフォーメーションを駆使した設計・組立体制の構築3Dデータで構想設計を行い、部品加工・品質検査・組立迄一貫して、3Dデータをフル活用し、デジタルトランスフォーメーション技術を駆使したビジネスモデルの構築を行い、部品サプライヤーから一貫生産メーカーへ事業展開するもの

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
コラム「【3Dプリンタ,3Dスキャナ】ものづくり補助金の採択事例集」