パン・ベーカリー製造の事業再構築の事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-bread-bakery
事業再構築補助金の第1回公募の採択結果が6月18日に公表され、第2回公募の採択結果が9月2日に公表されました。
その中で、パン・ベーカリーの事例が数多く掲載されており、事例集としてまとめていますので参考にして下さい。

第1回公募のパン・ベーカリーの事例集

事業計画名事業計画
宿泊業・飲食業からの劇的新分野展開。岩見沢市での高級食パン製造事業コロナ禍により宿泊業・飲食業はともに大打撃を受けた。業務多角化によるリスクヘッジと地域の雇用を維持するために「高級食パン製造・販売業」に参入。岩見沢市に高級食パン店は存在せず、PRと既存事業への相乗効果を狙い、業務回復と地域貢献を果たす事業。
コロナ禍の新ニーズに対応したイタリアンベーカリー事業計画コロナ禍により、主力のディナーレストランが低迷する中、経営資源を結集し、飲食店から製造業に業種転換する。  この第一歩として公園近隣にイートイン併設の新感覚イタリアンスタイルベーカリを展開する。
ベーカリー新規事業事業計画ホテル内の一角を改装し、新規でベーカリーショップを作る。パン製造販売を行う。メインターゲットは、地元客、サブターゲットは宿泊客(ビジネス客、観光客)として本業にも相乗効果のある事業を新規で行う。
ベーカリー新規事業事業計画ホテル内の一角を改装し、新規でベーカリーショップを作る。パン製造販売を行う。メインターゲットは、地元客、サブターゲットは宿泊客(ビジネス客、観光客)として本業にも相乗効果のある事業を新規で行う。
テイクアウト窓口新設による「世界を楽しむオリジナルパン」の提案事業コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、当社の売上高が大幅に減少。ウィズコロナ、アフターコロナのマーケットを分析し、新規にパン製造販売を開始し、売上高を確保し当社の持続的経営を果たす。
ITを活用したテイクアウト等事業と出張料理事業による事業転換コロナ禍による窮境から脱却すべく、既存の飲食事業のみならず、パンやスイーツを含めたテイクアウト・デリバリーサービスの展開や、主に高齢者層向けの出張料理サービスの開始により新たな需要を開拓していくもの。
ワーケーション市場に向けた新サービス提供とベーカリー事業による事業再構築コロナ禍で遊休となった施設を非接触型ワーケーション用客室へと改修し、ワーケーション目的である新規顧客層の開拓による平日稼働率の向上及び、パンやピザを中心としたベーカリーショップ事業の新規立上げによる収益向上を図る
大型飲食店業態から高級食パン専門店を主軸としたテイクアウト・デリバリー・通販事業への業態転換今後団体客の来店が見込めない大型飲食店業態から撤退し、新たにテイクアウト・デリバリー・通販型の高級食パン専門店を立ち上げ、3年間の事業計画終了後、総売上高の10%以上を占める事業へと業態転換します。
和惣菜・パンdeたすいち繁華街でサラリーマンターゲットに居酒屋をしていましたが、コロナ禍で売り上げさがり、赤字経営が続いています。ファミリー層が来やすい住宅地近くで新事業のテイクアウト店を作り、新しい生活様式に対応した飲食店のあり方を示す。
愛知初!高級食パンを生かした「ワイズトースト」による業態転換現状の課題は、カフェの売上が減少に歯止めをかけ、新たな収益の柱を確立することである。解決策は、withコロナに対応した業態転換に向けて、ノウハウを生かした新商品のテイクアウトを開始し、売上の回復を図る。
天然酵母と国産素材、そして水分含有量105%を実現した”奇跡の食事パン”事業本申請事業は、高級食パン市場に対し既存人財の潜在ノウハウを活用。商品・性能・価格的優位性を確立し事業再構築を担う新事業である。居酒屋単一事業からの脱却を人財力と財務力により確実に成功へ導く計画である。
卵牛乳を使わない絶品パンケーキ開発とテイクアウトと通販を実現店舗の移転及び縮小を行い、テイクアウト・デリバリー・通信販売を実現します。そのための商品開発とパッケージの開発も行い、ネット広告にて新規顧客の獲得を行います。
甘いものを健康に、発酵あんこ食パンの開発とテイクアウト販売健康が気になるけど甘いものが食べたい高齢者や美容やダイエットを気にしている30代、40代女性をターゲットとした体に良いあんことそのあんこをたっぷりと使用した健康促進の高級食パンの開発と販売に挑戦する。
パン製造販売事業の新規展開による事業再構築計画広島県内を中心に肉バルやカフェ、焼肉店を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上が大幅に減少したことを受け、名物「ザクザクカレーパン」を売りにしたベーカリーを新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
高級食パンを使ったサンドイッチによる地域貢献と売上増加新たに店舗を構えて、甘麹を使用した高級食パンを製造し併せてサンドイッチを新メニューとして販売する。パンの製造には生地を障害者雇用所、店舗運営に地元雇用、使用する食材は地元産の野菜や果物とし、当店だけでなく地域全体にお金が回る仕組みとし関係者全員の収益が増加とする取組である。
「新食感」ハワイ・ロコパンの製造で新分野開拓、攻めの経営を目指すコロナウイルスの影響で、宿泊業の不安定性が露呈した。それを脱却し、攻めの経営を目指すには、日常の「パン」+癒やしの要素を加え、それを基に関連商品開発外販し、様々な体験宿泊等の相乗効果による経営を行う。
コロナ時代に即したベーカリーカフェへ及びテイクアウト事業参入(建設)による新規顧客層の開拓コロナの影響で主力事業の婚礼・宴会が激減し、大幅な売上減に陥っている。そのためコロナ禍でも好調なベーカリーカフェ・テイクアウト事業に参入するために物販機能も併せ持つ複合店舗を建設し若年層のカジュアル利用を開拓する。
コロナ時代に即したベーカリーカフェへ及びテイクアウト事業参入(建設)による新規顧客層の開拓コロナの影響で主力事業の婚礼・宴会が激減し、大幅な売上減に陥っている。そのためコロナ禍でも好調なベーカリーカフェ・テイクアウト事業に参入するために物販機能も併せ持つ複合店舗を建設し若年層のカジュアル利用を開拓する。
日本の伝統和菓子の新しい時代の幕開けに向けた研究と開発コロナの影響による飲食店の大幅な売上減少を好転させるため、テレワークや外出自粛に伴い自宅で過ごす時間が多くなった人々を対象に、また、運動不足による成人病予防を目的とした日本伝統の和菓子を研究から製造、小売販売までを一貫して行う。地産地消は勿論のこと、製造過程で産出が予想される野菜や果物の不可食部位のロス削減のため天然酵母を製造し、和菓子への活用と併せてパンやお菓子の製造キットとして販売する。
安心・安全・健康にこだわったパン製造小売り店舗の新規出店新型コロナウィルス感染症により甚大な被害を受けており、売上の回復が急務である。その解決策として、新たに店舗工事、製造設備導入を実施し、パン製造小売り事業を開始、売上のV字回復を図る。
業務用オーブン導入による焼き立てパンの提供とテイクアウト窓口設置下町の喫茶店である当店に業務用オーブンを導入して、ホテルのような焼き立てパンを提供する「ベーカリーカフェ」を目指す。入店せず買える窓口を設置しテイクアウトを強化する。飲食コンサルタントと共に本事業を展開する。
ブライダル向け飲食店からテイクアウト用パン製造業への業務転換神戸煉瓦街に面したボードウォークや、神戸市のウォーターフロントの中心的な広場であるメリケンパークの眺望を活かした「外食」を楽しんで頂く為に、テイクアウト用パン製造業への業態転換を行います。
コロナ下において安心安全と豊かさを提供するベーカリーの出店コロナ下で不採算の商業施設店を閉店し、強みであるベーカリー事業の新業態として、新たな製造設備で新たな商品をつくり、コロナ下においても安心な新たな販売方法を採用した「クロワッサン専門店」を出店する
非接触ベーカリー店舗のフランチャイズ展開事業顧客がタッチパネルでオーダーするテイクアウト型ベーカリー業態を開発した。その事業をフランチャイズ展開するため工場を設立し、フランチャイズパッケージ作成を専門家に依頼、広報活動により加盟店を募集する。
「お酒に合うパン」をコンセプトにベーカリー事業への新分野展開夜営業の飲食店・ウェディング事業に加えて日常使いの需要を取り込むことが課題であり、その解決のために「お酒に合うパン」をコンセプトにしたベーカリー事業を新しく展開する。これによりコロナ禍でも持続可能な事業を実現する。
テイクアウトに重点を置いた台湾朝食専門店の開業コロナ渦のテイクアウト需要増加を受け、自社の強みである商品開発力を武器に、テイクアウトしやすい軽食・ベーカリーを用いた新分野展開を行う。営業時間は朝~昼をメインとし、住宅街の路面店とすることで密のイメージを払拭する。
小麦粉を熟知した職人が本気で取り組む食パン製造への転換事業当社はうどん・そばを提供する飲食店です。小麦粉の扱いや知識という当社の強みを活かしつつ、コロナ禍においても成長可能な「高級食パン製造業」への業種転換を計画しましたが、既存設備では実現が難しいことがわかりました。そこで新たにパン工場の改修工事及び食パン製造機器を導入し、新しい顧客に新しい製品を提供する新事業に取り組み、業種転換を図ります。
パン製造セントラル工場サテライト売店販売事業コロナ禍で大打撃を受けている飲食店業に代わる大きな柱事業として、自社製作のパ製造セントラル工場化によるサテライト売店販売方式を構築することで、主たる事業を業種転換し、既存の飲食業への相乗効果を図る。
「せんば自由軒」コロナ対応非接触型カレー商品の製造販売事業当社は「せんば自由軒」ブランドのカレーレストラン事業を展開している。今般の新型コロナウィルス感染症拡大の影響による売上高の減少を打開するために、新しく「レトルトカレー」、「カレーパン」、「テイクアウトカレー」の製造販売による業態転換を計画している。
コロナ禍におけるベーカリーレストランの新規出店計画既存事業のコロナ禍における売上減少を補いつつ、既存事業と違う土地で行う、生活スタイルの多様性、少子高齢化、コロナ禍における在宅率増加に対応できる、地方の魅力を発信、成長できるベーカリーレストランの新規出店計画。
こだわりのパン・スイーツ・コーヒーのテイクアウト店舗への転換当店は、三郷町でカフェ店を経営しております。新型コロナの影響を受け、カフェ店から手づくりのパン・スイーツと、自家焙煎コーヒーを特長とするテイクアウト店へと転換します。現店舗を閉鎖し新店舗を建設します。
地域密着ベーカリー&カフェ「晴れのち晴れ」当社は和食、洋食及び酒類の提供を行うレストラン3店舗を展開する飲食店です。今般、地域のお客様に楽しんでいただけるような「ベーカリー&カフェ」の出店をし、パンの販売等持ち帰り飲食サービス及びイートインスペースの提供を行います。
カレーパン専門店併設計画カレーパン専門店を既存店舗1店舗に併設。昼間時間帯に小売業に参入することで、既存店舗資産の有効活用を実現する。
独自の地域ブランド食材を用いたソーセージ・パン製造・販売による事業再構築高級居酒屋とイタリアンレストランの2店舗を営んでいるが、特に高級居酒屋はコロナ感染症拡大を受け、直近6ヶ月の各月売上高が25~74%以上減少し大きな打撃を受けている。そこで高級居酒屋を廃止し本格カフェレストランを立ち上げ、両店舗で大好評を得ている手作りの「独自ソーセージ・パン」をスケールアップして製造・販売する新事業を展開する。
古民家カフェでのパン製造販売への新分野展開古民家でカフェを営んでますがコロナ禍の影響で観光客の来客が途絶え、新市場開拓に迫られています。そこで、カフェ内の空きスペースを活用し、近隣の高齢者向けにパンの製造販売を行うことでV字回復を狙います。
パン製造販売事業の新規展開による事業再構築計画東京都や神奈川県を中心に飲食店9店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、“パティシエが作った”という特徴を有するパン屋を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
看板メニューのカレーを用いたカレーパンの開発と、冷凍通販・移動販売による新規開拓コロナの影響や遠方で来店できない顧客をターゲットとする。方策はオンライン配信&飲食デリバリーシステムを開発、展開する。 現状、オンライン配信は浸透、飲食の浸透が急務、当店の看板商品のカレーを使い、カレーパンを開発し、人気商品を軸に展開する。
自慢の西アフリカ料理を、通販で全国に!!待ちから攻めへ!自慢の西アフリカ料理を熱いまま真空包装化、アフリカ産のスーパーフード《モリンガ、バオバブ、タピオカ》粉をベースに健康パンの製造、アフリカ総菜も真空包装、ご家庭や職場、パーティ会場に通販でお届け。
ビール×パン~健康的で食料廃棄問題も解決するスーパーフード製造販売事業新型コロナ感染拡大を契機とする自宅での食事機会の増加をターゲットにした新たな事業です。ビール醸造の際に使用する麦芽ですが、製造工程で大量に発生する麦芽のカスを活用してスーパーフード「reflour」を開発し、食料廃棄問題を解決するとともに、健康的で栄養価の高いパンを製造します。
待ち望まれていたベーカリーの新規開業と知的財産による差別化本事業は、コロナ禍での経済社会の変化に対応するため、地域の住民が待ち望んでいた”ベーカリー”を新たに開業し、知的財産に基づく新商品を次々と創出することで差別化を図り、事業規模の拡大を目指す取組みである。
パン製造販売事業の新規展開による事業再構築計画神奈川県を中心に海鮮料理を提供する飲食店や、仕出し弁当事業を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、“パティシエが作った”という特徴を有するパン屋を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
飲食店舗を2店閉店して、高級食パン専門の製造・テイクアウト専業店の出店コロナの影響で構造的赤字に陥った大型ステーキ店とラーメン店の2店舗を閉店し、テイクアウト専門の高級食パン製造小売り専業店を開業し、リモート勤務や授業、在宅ワークの需要を取り込み、持続的に息の長い事業を創造していく。
宿泊施設内倉庫を改装し、石窯パンの製造販売事業を新規に展開宿泊事業は危機的状況である。  収益確保のためパン製造販売を競合他社・地元住民・観光客に向け開始し、  HP改装で新規顧客の集客と販路拡大に繋げる。  新事業の売上で既存事業の落込みを補い、事業の維持から拡大に進む。
地域課題を解決する伊香保ベーカリーを核とした複合観光施設開業伊香保ベーカリーを核とした複合観光施設を開業し、日帰りや他旅館の宿泊している家族連れの観光客に、群馬県産の素材にこだわった「食」と伊香保の魅力を伝え、地場のブランド力向上とランチ難民救済を実現する。
このままでは終われない!居酒屋が!高級食パンに挑戦大衆居酒屋が「メイド・イン・埼玉ブランド」の高級食パンの製造・販売に業態転換。  コロナ禍で大きな回復の見込めない既存事業での人脈・人材を活用しながら、地元食材にこだわった食パンでテイクアウト事業へ挑戦。
焼きたてパンによる地域活性計画既存レストラン店舗を焼きたてパン工場(製造拠点)に改装し製造と販売を行う。この他に既存店舗2店舗を改装して販売拠点とし、製造拠点を含む3拠点で販売をする。
飲食店向けにDXを実現する為のITサービス事業飲食店の抱える課題(ホールスタッフの生産性、パンデミック時の感染リスク、人材不足)を解決するソリューションとして、飲食店のDXに特化したサービスを展開する中で、新たな収益を獲得する。
グルテンフリータコスパンを中心としたコロナ新世代対応のITと食のドライブイン型マルシェグルテンフリーパン製造を基本としたドライブイン型マルシェ、デリバリー、イートインも選べるコロナ感染対策がIT化された新世代型惣菜店。詐欺被害防止発信や地方との連携新サービス
レストラン アシエット ベーカリー&ペストリー新設計画フランス料理とパン、ケーキなどを融合したテイクアウト事業  新型コロナウィルス感染拡大の影響でレストランで会食する機会が減っている現状を打開すべく、テイクアウト部門を大幅に新設する。
タピオカドリンク専門店から高級タピオカみるく食パン事業への挑戦コロナによる外出自粛や生活様式の変化を受けドリンク市場は大打撃を受けている。厳選素材と独自研究で作り上げたタピオカ粉を活用した高級食パン事業への再構築を図り、地域雇用と地域経済への貢献を図る取組である。
新しい生活様式へ適合する製造小売事業、教育学習支援業への転換観光地でのジェラート対面販売事業は新型コロナウイルス感染症による観光客需要減少の影響を大きく受ける。パン・コーヒーといった中食として流通可能な新製品の開発・製造・販売拠点を住宅地に整備、教育事業にも参入することで新しい生活様式に適合する事業の再構築を行う
メニュー開発の強みを生かした、高級食パン専門店・カフェへの事業参入コロナ禍において、現事業である飲食店の経営状況は大きく落ち込んだ。そこで、コロナ以降も成長の見込める高級食パン分野にチャレンジすることにより、現事業との相乗効果を生み、業績の回復と長い将来へ向けての事業拡大を目指す。
和食居酒屋による中食・ベーカリー事業への新分野展開新型コロナウイルス感染症による影響は、主たる事業である外食部門に大きなダメージを与えました。雇用を維持し従業員とともにコロナ禍を乗り切るため、中食・ベーカリー部門を立ち上げ事業再構築を図ります。
総合リゾート事業へ事業展開する為の食品製造・販売(ベーカリー&デザート・スイーツ)部門事業計画飲食提供・製造機能を備えた新店舗において、フランス人シェフ、ダニエルパケの監修した高品質パン、洋菓子、スイーツを観光客及び地域住民への販売事業
冷凍技術を応用した製パン製造と新たなOEM販売の確立本事業にて当社の強みを活かした「製菓・製パン」の製造に取組み、製造した商品を冷凍状態で通信販売をはじめ、OEM等の受注に取り組んでいく。これにより、ITを駆使したパン業界のDX化を加速化させる。
新たな生活様式に対応したテイクアウト・ベーカリーの展開本事業は、レストラン・飲食店を運営する当社が、顧客の生活様式の変更に対応した新たなカフェ併設型テイクアウト・ベーカリーをオープンさせ、新様式店舗の拡大を図る事業である。

第2回公募のパン・ベーカリーの事例集

事業計画名事業計画
冷凍パンを活かした中華レストランの新たな展開既存の店舗を改装し、新たにパンの加工・調理・販売店舗を併設。パンの需要を見込んだ新規顧客の獲得と、既存事業との相乗効果で経営の安定と発展を狙う。
惣菜製造販売事業の新規展開による事業再構築計画飲食店を仙台市内に2店舗、東京都内に2店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、これまで提供していた食材製造のノウハウを活かした惣菜パン屋を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
パティシエがつくったパン屋の新業態事業計画コロナ禍で既存事業の飲食店が打撃をうけている。そこで、”パティシエがつくった”パン屋を新規事業として展開し、売上高・生産性・付加価値の向上を目指す。
巣ごもり需要に対応した野菜専門菓子・パンのオンライン販売事業本事業は、宮城県仙台市、錦ヶ丘ヒルサイドモールにある「野菜屋カフェ ヴェルデ」において、客席の一部を改装し、お菓子とパンの製造所を造設し、お菓子やパンのオンライン販売を行う体制を構築するものである。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要を捉え、売上減少が続くレストラン事業を支える 新事業を展開していく。
ECも活用したベーカリーカフェレストラン及びコワーキングスペースの新規事業当社は精肉店と飲食店を営んでいるが、新型コロナウイルスの影響で減収推移している。そこで本店隣接地の空き家を改装し、ビジネスマン、若い女性層、学生等を対象としたベーカリーカフェレストランとコワーキングスペースをオープンさせ、新たな収入の確保を図るため事業計画を作成。
居酒屋から安心・安全「ノングルテン食」製造・販売への事業再構築ノングルテンパンを瞬間冷凍して販売することで食品ロスを大幅に削減し、生産効率を向上させつつ、既存店舗での対面販売、非対面販売とFC化も視野に入れた取り組みで、売上・利益の増加につなげます。
大谷石窯使用!栃木県産有機栽培野菜のイタリアンパンの製造販売コロナ禍の内食需要と健康ニーズの高まりに対し、共同開発した大谷石釜と社長のパンの調理技術の活用、さらに有機栽培野菜使用により差別化されたイタリアンのパンを農産直売所・テイクアウト・ECサイトで販売する。
立地を生かした自社オリジナルパンの製造販売主力事業である居酒屋の売上が激減する中、今後伸長が期待できる既存のサンドイッチ店を応用し、新たに好立地を生かした自社オリジナルパンの製造販売業に参入することでコロナに左右されない中食事業の拡大を目指す。
新事業展開による顧客ターゲットの分散化と既存店の収益力向上新型コロナウイルス感染症の影響で既存事業が低迷する中、本事業を活用し新たにカステラ店、食パン専門店、唐揚げ専門店、蕎麦店を立ち上げ、顧客分散による経営の安定化を図る。
一軒家伊レストランシェフによるEC専用菓子製造工房新設14年間地元民に愛されてきた一軒家伊レストラン事業はコロナで先行き不透明な為、全国の消費者を対象としたEC専用パン・菓子製造工房を新設し、地元食材とプロシェフの技にもとづいて事業の複数化を実現する。
水を一切使わない!こだわりの牛乳食パン製造小売事業主に20代から40代の女性のお客様をターゲットとして、水を一切使わずに素材やブランドイメージにこだわった牛乳食パンの製造小売事業を行う。
地産地消で千葉の田んぼを盛り上げたい。農家と作る地域の名産米粉パン事業仕出し業で培った調理技術と農家の精米技術を活用し、グループ会社で米の生産から米粉パンまで一貫して製造販売する6次産業化を実施。本事業により業種転換を図り、米の新規需要も拡大させ地域の農業を守ります。
カレーパン店の新規展開による事業再構築計画東京都内にて主に「ハンバーグ・ステーキ」を提供する飲食店 6 店舗を経営する当社は、新型コ ロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でもトレンド入りしてい るカレーパン店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
食パン専門店出店及び食パン卸事業開始の為のキッチン施工計画ワインバルと焼肉業態を経営する弊社は、新型コロナウイルスによる時短営業、アルコール提供自粛等の政策により打撃を受けた。そこで朝昼メインの高級食パン製造販売、製造工場の建設により売上確保、事業再構築を図る計画。
フードトラックによる自家製コッペパンの移動販売フードトラックを利用し自家製コッペパンの移動販売を実施します。販売場所に関してはフードトラックの支援会社と提携し、オフィス街だけでなくテレワークの多いマンションでの販売も行いコッペパンの移動販売という新しいビジネスモデルを構築します
野菜が主役の自然派ベーカリー事業コロナ禍において健康意識が高まっている中、それらのニーズに応える新たな事業として4つの事業を展開する。地域に根付く契約農家の野菜を主役とした野菜パン、オーガニック珈琲販売、新鮮野菜のコールドプレスジュース、契約農家から仕入れた新鮮野菜の販売
高級食パン「高匠」のフランチャイズ事業へ参入コロナ禍で既存事業である焼肉店の業績が低迷したことに対応し、高級食パン「高匠」の販売事業をフランチャイジーとして取り組んでいます。本事業では販売店舗/人材等を確保し新規事業を展開しています。
すき焼店から製パン・製菓製造販売小売り事業への業態転換コロナ渦でも好調な業界であり、サービス・接客を比重が少なく、当社の代表者のカフェが外注している製パン・製菓の製造を行い、小売りと販売、ECも行う実現性の高い業種への転換を図ります。
パンを通してたくさんの笑顔が生まれる場所を創る新型コロナウィルスによる、顧客の飲食を楽しむスタイル、生活スタイルの変化を機会と捉え、当社の理念教育に基づく店舗展開の強みにより、郊外型ベーカリーと移動販売を通じた地域コミュニティの形成事業を行う。
ホテル・施設を活用したパン製造販売と障害者支援事業弊社では今までビジネスビジネスホテルを運営してきました。しかしこの度の新型コロナウイルス感染症の影響により業績が悪化となり、当面の需要や売り上げ回復は厳しい見通しです。その為、今回新たに株式会社「LA・PAN」のフランチャイズ契約を締結し高級クリーミー生食パンの製造販売事業へ新分野展開を行い、既存のホテル事業での損失を補い、更にホテルでの新たなサービスとしても提供しながら内製化も図ります。
飲食店から飲食料品小売業への業種転換と製造工場建設、自社ECサイト構築イタリア食材、惣菜小売店の出店/惣菜、菓子、パンなどの製造、自社製品を作るための施設の建設/自社製品・小売商品のEC販売事業これら3つの事業を同時に行うことで、飲食店から小売業への業種転換を行う。
フードロスゼロを推進するスマートベーカリー事業の開発居酒屋を営む当社が、パン店を開店することにより経営基盤の強化に取り組む。社会的課題であるフードロス削減を推進する「AIを活用した製造サイクル」を構築し、自社・顧客・地域にとって役立つパン店を目指す。
「ペンギンベーカリー」出店によるパン製造小売業への新分野展開コロナ禍の影響を大きく受けた居酒屋事業をメインとする弊社が株式会社ペンギンが展開する「ペンギンベーカリー」をFC出店することにより、パン製造小売業という新しい分野に進出し、事業再構築を図る。
製パン事業 新規立ち上げ計画弊社のメインである飲食事業が情勢に大幅に左右されるという弱みが浮き彫りになりました。通年安定した売り上げが見込め、店舗拡大が期待できる製パン事業を新規事業として立ち上げることといたしました。
仕出し弁当事業の強みを活かした牛乳食パン店のドミナント展開コロナ禍により、当社が運営する弁当配達事業、食堂運営事業が厳しい経営環境での運営を強いられているなか、ブランド力を有しかつ収益性の高いFC牛乳食パン専門店を出店し、食パンのほか惣菜サンドイッチ等を販売し、新たな収入源を構築する。
非接触型ネット通販で「パンと料理のマリアージュ(料理パン)」販売事業非接触型ネット通販の仕組みを新たに構築し、質の高い調理人(シェフ)を活用した「パンと料理のマリアージュ(料理パン)」をテーマとして、高級レストランの味を食卓にお届けする飲食料品小売業を展開する。
創作和食パン製造・販売による地域経済活性化プロジェクト茅ヶ崎市で創作和食料理の飲食店を現在営んでおります。コロナの影響により、売上が激減しており、現在のリソースを活用し、創作和食パン製造販売を通じ、新分野展開を図り地域経済活性化に取り組む計画です。
イタリア料理&デザートの外販事業新たな事業所(工場及び惣菜販売所)を商業施設内に新設し、新規事業の製造業で売上をたてる。既存のイタリア料理店で提供している主力商品の手打ちパスタを軸として、イタリア惣菜、パン、デザートなどを現地で製造販売しながら、インターネットでの注文を受付、郵送までの業務も行う。
スペインバルからの独自開発した高級食パン特化店事業新型コロナウイルス感染症の影響で多大な影響を受けたスペインバル料理店が、独自開発した沖縄産の黒糖を使った高級食パンを製造販売する。
食パン・ラウンドパンに特化したパン製造小売業への新分野展開広い商圏を対象にコロナ禍でも成長が期待できる「食パン」と「ラウンドパン」に特化したパン製造小売業の専門ベーカリー店の新事業展開により、現状の飲食店の収益をカバーし雇用を維持する事で持続的な成長を図る
一日中売り上げが取れるパンのテイクアウト併設型カフェ事業への参入既存の居酒屋事業は夜がメインですが、コロナ禍での緊急事態宣言等により、酒類提供制限など、運営が難しい状況です。リスク分散のためにも、一日中売り上げが取れるパンのテイクアウト併設型カフェ事業に参入します。
コロナに則した高級食パン事業への進出本事業では、既存事業の店舗型飲食業を行いつつ、新事業として、テイクアウトを前提としたパン屋事業を提供する新分野展開の類型で事業再構築を行います。これにより、コロナに則した事業の足掛かりとしたい。
持帰り需要・非接触ニーズに対応するためのパン製造小売への転換飲食店の夜営業は常連のお客様でも感染リスク・周りの目による自粛で来店を避け対策を講じても売上確保が難しい。持ち帰りによる滞留時間が少なく感染リスクが低いとされるパン製造小売業へと事業を再構築し売上を確保する。
富山県産米を使った新商品開発と自動販売機による提供方式の多様化舟橋駅に店舗『お※食堂』に、24時間販売可能な常温・冷蔵・冷凍用の自動販売機を設置し、新商品である糀の米粉蒸しパン、米粉クレープを販売する。駅を利用する通勤客や学生に利用頂くことで新たな売上作りを行う。
既存店への食品、パン、惣菜等の卸業務を兼ねたセンターキッチンの役割も担うパン屋の開業約200坪の事業用借地に20坪の店舗を建設。駐車場は13台分。商品は、クロワッサン、デニッシュ生地をメインとした惣菜パンの製造に力を入れる。製造したパンや惣菜等を既存のレストラン業態で販売、利用し、既存店の仕込みの軽減、新商品の販売による話題性アップを図る。
森のテラスでペットとの触れ合いに癒されるベジベーカリー店開業コロナ対策で飲食店では席数半減を実施している為客数が制限される。そこで弊店の魅力でもある清流が一望できる森の中にテラスを設け、ペットとも触合えるベジベーカリー店を併設しテイクアウト事業で販路拡大を狙う
昔懐かしい町のパン屋のサブスクサービスによる新分野展開事業外食産業がコロナ禍で縮小傾向にあることから、昔懐かしい町のパン屋をオープンさせ、さらにサブスクサービスも行うことで、中食・内食の需要を取り込み、事業再構築を図る。
お好み鉄板焼き飲食業からテイクアウト販売ベーカリーショップへの転換お好み焼きを中心とした飲食店では、アルコールを伴う滞在時間が長く、コロナ感染リスクが高かった。そこで感染リスクを抑えお客の回転率を高めたテイクアウト販売のベーカリーショップへ業種転換することで、思い切った事業再構築をはかる。
地域特性を考慮した本物志向のカフェへ転換を図り新規顧客層を狙うコロナ禍により稼働が停滞した飲食スペースを本格焙煎のコーヒーと特製パンケーキを味わえるカフェに転換し、ターゲットエリアの拡大と新規顧客層の囲い込みを図る。
高級食パン「嵜本」参入とカフェ事業とのコラボによる競争力強化コロナ禍の当社カフェ事業の減収に対応すべく、新たに高級食パンFC「嵜本」に参入する。高級食パン需要を単に取り込むだけでなく、既存カフェとのコラボ商品を開発し、ブランド力を高めることで相乗効果を狙う。
パティシエによるパン製造販売店の新規事業計画書長野県に飲食店5店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により売上高が大幅に減少したことを受け、”パティシエが作ったパン”を売りにしたパン屋を新たに開業し、コロナ禍でも成長を遂げられる新規事業を構築する。
地域の活性化に貢献!大型ベーカリーショップに業態転換新型コロナウイルスの影響を受けて業績が悪化している。そこで、事業の先行きが厳しい「トマト&オニオン長野エムウエーブ前店」を閉店させ、同立地にて新たに「カフェスペース付き・ベーカリー事業」を始める。それによって、商圏、立地、物件、設備、人材など、多くのリソースを活かした再活性化ができる。事業再構築を進めていくことで、ポストコロナ・ウィズコロナを契機とした、思い切った業態転換を進めていく。
世界遺産三保松原を借景とする日本庭園ベーカリーショップ保有する日本庭園内に、日帰り観光客等をターゲットとする庭園ベーカリーショップをオープン。三保松原にちなんだパンやサブレ、スムージーなどを提供し三保松原のブランド力の向上、地域活性化を図る。
フレンチレストランが経営するドライブスルーのあるパン屋の開業による業種転換開店以来順調に売上を伸ばしてきたが、コロナの影響で売上が大幅に減少してしまった。打開策として、当店でサービスとして無償提供している自家製パンでの新規事業に取組む。珍しいドライブスルーも併設する。
イタリアンレストラン及び洋菓子店から地域密着型ベーカリーへの転換新型コロナによる飲食店及び洋菓子店の売上減少と先行不透明感に対応するため、ベーカリーFCに加盟する。新店舗を開店し、普段使いのパン小売業への転換と新店舗をセントラルキッチンとして使用することで既存事業との相乗効果を図る。
非生産時間及び空間の活用によるリスク分散的事業への転換パン製造販売を併設する喫茶店を経営。売上構成はテイクアウトが3割、店内飲食が7割。コロナの影響で売上は3割減少。低リスク型新分野の展開を行い、幅広い顧客の需要を開拓し、新たな事業売上の柱を得る。
モーニングで培った製パン技術による製パン小売業への業種転換カフェモーニングのメッカである愛知県尾州地区でカフェを営業している。モーニング用のパンは自家製造しており好評を得ているが、コロナ禍によりカフェ売上高が減少している。そこで製パン技術を活かした「食パン専門店」に業種を転換し、隣接する一宮市に進出し事業再構築を図る。
遊休スペースを活用した高級食パン・和スイーツでコロナ禍を乗り越える事業コロナ禍で本業の観光客向け飲食店の売上が減少する中、昨年に開業したプリン専門店の売上が好調である。従って、今回は未使用の有休スペースを活用して高級食パン、和スイーツの専門店を開業し売上の底上げを行う。
オリジナルサンドパン・地元特産品等を使用したテイクアウト販売コロナ禍により店内での飲食が減少し、特に大人数での会食が激減したため、店内のスペースを有効活用できていない。新たにテイクアウトできるパンのメニューを開発し、店頭で販売することにより、売上を確保する。
多業種専門料理を集結した、ここでしか買えないテイクアウト専門店京都のオフィス街の中心四条烏丸「ココン烏丸」1階にてKYOTO 1er BAKERY with cuisineとして、「予約の取れないミシュランシェフ達とのコラボパン」「大人のマリトッツォシリーズ」「割烹料理長のふわとろ親子丼」「じっくり炭焼きで仕上げた薫香ローストビーフ丼」等、プロの料理人が作る幅広い業態でのこだわりの持ち帰り商品を販売する。
新規天然酵母パンのテイクアウト及び移動販売による販売拡大事業コロナ禍による宿泊及びイートインが低迷するなか、これまでは宿泊客及びイートインのお客様に提供してきた人気の自家製パンを、テイクアウト、移動販売、ネットによる予約販売など新しい販売様式を導入し提供していきます。
食パン製造販売の新規参入に向けた事業再構築計画書京都府、大阪府内に飲食店6店舗を経営する当社は、コロナ禍でも中長期的な成長を続けるため、セントラルキッチンを活用した食パン専門店を新たに展開し、会社全体の売上に寄与する新事業を構築する。
繁華街における夜間営業専門のベーカリーの運営コロナ禍で主力の飲食事業の売上が激減。飲食業で培った店舗運営ノウハウ、調理や食材の知識、食材調達力、商品開発力等を活かして、繁華街における夜間営業専門のベーカリーの運営に挑戦し再構築を図る。
高加水製法パンと餡フラワーケーキを非接触販売するベーカリー事業国産米粉100%の生地を使ったあんフラワーケーキの製造販売。バシナージュという高加水製法で製造するフランスパンをベースに、地元の京野菜をアレンジした無添加パンを製造販売する地域密着型ベーカリー事業。
北新地の味をお手軽にお届けするために、百貨店の催事へ出張いたします。北新地のお店の味を手軽に、楽しんでいただくために、百貨店の催事で、干物、総菜パンなどを売る。 そこで、おいしいと感じてもらえたお客様に対して、北新地の店への誘導を行う。これからも、新しい生活様式は、続くと考えられるため、待っているのではなく、こちらから出向いていくという計画。
老若男女問わず好き嫌いの少ないカレーパンでこの暗い時代に笑顔を!昨今のコロナ禍で外食産業のもろさを痛感し、中食への事業展開をします。カレーパンのテイクアウト専門店にすることで、食材ロスの減少や人件費の削減、有事に左右されない強い店づくりを確立させます。
テイクアウト用のパン・惣菜店を開業することによる事業再構築計画コロナによって、弊社の売上が激減しています。持ち帰り(テイクアウト)用のパン・惣菜店を開業し、コロナ禍で増加したテイクアウト需要を獲得するとともに、コロナ終息後にも対応可能な新しい事業にチャレンジする。
専用アプリシステムなどデジタルを駆使した、移動販売を強みとするパンの製造販売事業。フランチャイズ型パン屋“小麦の奴隷”の枚方第1号店として弊社が出店を行い、パンの製造販売事業へ業種転換を行う。ポストコロナ社会に対応できるデジタル実装型の移動販売及びテイクアウト販売により、弊社経営危機を打破する計画。
需要が低下した居酒屋を縮小し、大人気ベーカリー店へ需要の低下した居酒屋を縮小、FCに加盟し、大人気ベーカリー店経営という新分野展開を図り、事業を再構築する。
自家製麺ラーメン店がつくる”安心で安全な天然酵母食パン”の店舗及び自動販売機による製造小売事業主たる事業(ラーメン店)は変更せず、東住吉店の一角で製法特許を取得した「安心で安全な天然酵母食パン」を近隣主婦や高齢者たちを対象に、お手軽な価格で有人店舗及び無人自動販売機にて販売し、いつでも安心安全な食パンが食べられる満足感を提供する事業です。
地元食材をたっぷり味わえる差別化バーガー等のテイクアウト店への転換コロナで低迷した道の駅のベーカリー部門を、地元農家直接仕入れの旬の野菜をたっぷり使ったハンバーガー等のテイクアウト店へ転換する。これにより、拡大するテイクアウトニーズに応え、売上回復と地産地消促進やフードロスなどの地域課題の解決を図る。
小さな森のベーカリーレストランコロナ禍により臨時休業などを余儀なくされ、当店の売上も減少している。売上拡大を目指すべく、現在のグリル料理を中心とするカフェ・レストラン事業と異なった新分野を展開し、新たな収益源を作る。新事業として、当店オリジナルの天然はちみつを生地に練りこんだ焼き立ての食パンを製造販売する。
飲食業からパン製造小売業の新分野に大胆にチャレンジ。小売業で得たノウハウで既存事業の再構築をはかる。コロナ禍に大きく減収したレストラン事業の補填として、フランチャイズで持ち帰り専門のパン小売業へのチャレンジ。ノウハウを本業の飲食業に還元し、アフターコロナに独自の小売業の開発及び飲食店舗運営に繋げる。
高級食パン事業へ進出することで既存店舗とのシナジー効果を発揮し、新たなビジネスモデルを構築する既存喫茶店舗隣接で「高級食パンの製造販売」という新分野展開を行なうことで、「高級食パン」のイートイン・テイクアウト、既存喫茶事業とのシナジー効果を見込む。地域および業界にないオンリーワンの取組みにより、事業再構築を図る。
レストラン経験を生かした地域創生型のパン販売事業「レストランが作るパン屋」事業は、「当店とその従業員」「仕入先と地元農家」「お客様と紀美野町民」の「三方良し」を基本方針として、紀美野町の「地域拠点」となるべく新しい形のパン販売事業を目指します。
泉南オートグリル岸和田サービス上り線のレストランのエリアを約半減して他業務に転換する事業コロナ禍で大幅に売上が減少したレストランを二分し、ウエルカムゲートより来店出来る女性富裕層をターゲットにカフェレストランを展開する。残りの部分は自家製洋菓子及び大型商材「みかんパン」の売り場とする。また「みかんパン」、自家製洋菓子はeコマースにて販売。よって売上増を目指す。
緑豊かな郊外店舗での惣菜、薪窯パンの製造販売と新サービス提供緊急事態宣言の影響で減少した売上の補填と雇用維持のため、惣菜と薪窯パンの製造販売をする。
居酒屋市場からリテールベーカリー市場への新分野展開厳選した地域の良質な食材を使用し、生産者と弊社の両者のブランド価値の向上を図り、地域貢献が期待できる天然酵母と岡山・瀬戸内の良質な素材を中心としたパンによる、地域内循環を目指すベーカリー事業。
吉備サービスエリアにおける新事業開発による新分野展開事業本事業を活用して当社の運営する「山陽自動車道吉備サービスエリア下り線」において新たにマルシェやベーカリー、カフェ運営に取り組むことによって「新分野展開」を図り、営業利益の確保、従業員雇用の維持、投資の増加によって当社付加価値の増大を図ります。
高級食パン製造販売事業開始による事業再構築既存事業に依存していては事業の継続が危ぶまれるため、当社の強みを活用できる高級食パン事業を開始し、有望な市場である高級食パン市場へ新商品を投入することで思い切った大胆な事業の再構築を実現します。
讃岐うどん店のうどんの麺と小麦粉でつくったパンの製造販売事業空港利用者減等による讃岐うどん店等の売上減少に対し、店舗改修・設備取得により既存事業を大幅に縮小して、うどんの麺とうどん用小麦粉を使用した「うどんバン」製造販売の新規事業に会社の命運をかける
工房新設による菓子類製造事業への参入店舗の敷地内に新たに建築する工房に、ガスオーブン等の業務用厨房機器を導入し、食品衛生法に基づく菓子製造業の営業許可を取得して、パン・焼菓子の製造販売に新たに参入する。
食パン専門店に向けたFC加盟展開によるテイクアウト業態への進出新型コロナウイルスの感染拡大により夜の街の飲食需要が壊滅的となり、朝昼業態でテイクアウト需要を取り込むため、食パンの製造小売業を新たに行う。そのため、店舗を賃借し内装工事及び設備機器を導入し事業再構築を図る。
体に優しい手作り食品の販売とレンタルスペースの運営事業1階は自家製の体に優しい食品とホシノ天然酵母のパンを販売、2階はレンタルスペースをホテルで培った最高のおもてなしによって提供する。
和菓子職人が手掛けるパン屋として福間海岸で事業転換ポストコロナ時代に向けた、喫茶店から福間海岸でのテイクアウト専門ベイカリーへの事業転換をする。和菓子職人が手掛ける本物の餡子を使ったパンを販売し、「和菓子職人が手掛けるパン屋」として、事業転換を行っていく
高級食パン店のアメリカ進出とフランチャイズシステムの構築コロナによって劇的に低迷してしまった飲食業の売り上げ回復の為に、自社で独自に開発した高級食パンをアメリカで製造販売する。これにより、アメリカでのフランチャイズシステムを構築し、そして全米にパンの自動販売機を設置し当社の事業再構築をはかる。
個人店のニーズに応じたパンの製造及び卸販売個人店向けのパンの卸し専門業をすることにより大手卸し業者、個別のパン屋では対応できない個人店のニーズに応じたパン作り、急速冷凍庫によって品質を保った商品の県外発送にも対応し、卸し先と共にお客様のニーズに答えていくことのできる事業を構築する。
HARE/PANブランドを活用した食パン製造及び販売業本計画は当社のカフェ事業ノウハウを活かし、新たに純正食パンで評判の良いHAREPANブランドを活用してパン製造業および販売業を展開します。またキッチンカーを導入して、パンの移動販売事業にも進出する。

参考「【パン製造販売】ものづくり補助金の採択事例集」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
サービス案内「ものづくり補助金の申請サポート・申請代行」