CAD,CAMを活用した事業再構築補助金の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-cad-cam
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、CAD(Computer Aided Design)やCAM(Computer Aided Manufacturing)を活用したものを採択事例としてまとめていますので参考にして下さい。

CAD,CAMを活用した採択事例(第2回)

事業計画名事業計画
自社デザイン・自社製造と販売への業種転換計画試着可能3DCADプリンター樹脂でダイレクト・キャスト技術(特にプラチナ)を利用。短期間で納品可能で、価格を抑えたオーダーメイド・ジュエリーを自社製造し、店舗とホームページECサイトで販売する。
パーソナルジュエリー専用オンラインオーダーサイト構築・事業展開コロナ前まで店舗販売のみの営業であったが、コロナ禍で巣ごもり需要の拡大、ペット市場の拡大に着目し、宝飾小売通信販売事業(オンラインショップ)を始める。3DCAD、3Dプリンターを導入しペットジュエリーをオーダーで受注し、宝飾の販売につなげる。
3DスキャナーとCADソフトを導入し3DCADデータの作製、文化財の仏像レプリカ製作を行う事業3Dスキャナーで文化財の仏像や木像などをスキャニングし、専用ソフトで3DCADデータを作製する。3DCADデータを基にプログラミングし木工機械にて木材を削り出し、最終的には鑿・鉋を使い手作業で仕上げを行う。新型コロナウイルスの影響で家具・建具の仕事が減少し、自社の方向性を転換させ、最新技術と伝統技術を掛け合わせて仏像レプリカ製作など自社独自のオリジナルなものづくりにさらに力をいれていく。
デザイン設計力とデジタル技術を活用したオーダーメイドバッグ製作・ネット&直販・工房の開設コロナ禍、地域中心ビジネスに限界があり、テント業で培ったデザイン設計力とIT,デジタル技術(3D-CAD)を利活用し、テント生地利用によるオーダーメイドバッグ製作、独自型ネット販売による商圏の拡大とデジタルデータ活用を図る、工房一体化直販店によるB to Cビジネスの立ち上げ
最新大型CAD/CAMをシステム導入し義肢装具制作のデジタル事業化新型コロナウイルス感染症の影響により、高齢者や基礎疾患をお持ちのお客様から、予約の延期や中止が相次ぎ、従来通りの製造が難しくなっている。そこで今回、義肢装具業界で、関東初になるCAD/CAMシステムを導入し、非接触での製造可能な製造方法に変更する。また、新たな製造方法での省人化で、座位保持装置を内製化し、売上・利益率のアップを図る。
BIM設計を12年行ってきた実績のある設計事務所が指導するBIMスクール2023年以降、公共工事をBIM設計(バーチャルリアリティを活用した3DCAD)で行う事が決定し、BIMへの需要が高まる事が予想される。BIMスクールの創設し、人材育成事業に進出する。
衣服縫製修理業オンライン化でBtoBからBtoCへ オンラインスクール開校婦人服の修理・仕立て業BtoB 取引先:百貨店内店舗、ホテル内店舗、専門店
(課題)取引先の売上減少、撤退、閉店、顧客高齢化による売上の先細り
■BtoBからBtoCへ事業をシフト
・集客アプリ、CAD、3Dシステムを導入しオンライン化で商圏を全国に拡大
■技術者育成のためオンラインスクール開校f
・技術承継で全国に連携可能なネットワークの仕組みを構築しニーズに対応
3Ⅾプリンター導入による、造形受託事業展開弊社のCADを用いた設計・製図技術を生かすために、紙図面・2Dデータから、3Dデータを作成し、3Dプリンターを導入し 造形受託を行う。3DCADを持っていない事業者からの受託を特徴とする。
3DボディスキャナとAIを活用した仮縫不要パターン制作事業の展開既存のCADシステムやバーチャル・フィッテングでの制作プロセス事例をAIに学習させ、"3Dボディスキャナから得られたデータを基にAIで自動的に個対応の仮縫不要パターンを制作する世界初のサービス事業"を展開する。
板金加工業からキャンピングカーカスタマイズ業への業態転換コロナ禍により小売店舗における建築部材の需要が減少し、当社の既存事業である板金加工部品が売れなくなっている。一方でキャンピングカーの需要が拡大しており、当社としてはこの機会を捉えて収益のV字回復を図りたい。そのため作業場所を確保するとともに、3次元CAD/CAMソフトを導入し、業態転換を図る。
2Dデータをクラウド上で3D変換する、生産性向上支援サービス国内のものづくり現場では、既存の膨大な2Dデータ資産(紙図面・2DCAD等)を効率的に3D化できないため、昔ながらの2Dデータありきの製造体制から脱却できずにいる。この課題を解消可能なクラウドサービスを事業化する。
3D-CAD技術を活用した新たな福祉用具製品の開発・販売事業現在、利用者が高額な負担を強いられる義足について、当社の高い3D-CAD編集技術に、3Dプリンタの運用スキルを組み合わせることで、既存製造法に比べ、①コスト優位性②リードタイム短縮化③量産化を図り、売上拡大を実現する。
医療分野での特殊な体型に対応するコルセットの受注生産システムの構築これまでの手作業を3次元スキャナーとCADの技術を利用し、人体に適合せた医療用コルセットの製作を行う。近年の技術者不足もあり、全国的にこの特殊な技術は必要とされている。全国の義肢装具会社から受注生産することにより、迅速かつ安価で安定的にコルセットを提供できる。
コロナ禍からの回復に向け、デジタル技術を活用した製造プロセスの大改革コロナ禍の影響を含めた外部環境の変化に対応し、売上高の回復および中長期の経営の安定化を目指し、IoT機能を保有した加工設備と生産管理システム、治具および部品設計用のCAD/CAMを連動させ、夜間の無人運転および段取り効率の改善に向けた製造プロセスの大改革に取り組む。
IoT化で挑むエコ貢献と感染対策を両立する吸引機付立体パネル開発コロナ禍の感染対策は変異株の登場で一層強化され、間仕切り機能だけでは不十分となり始めている。弊社は、自社グループ内で開発した脱プラ素材を活用し、弊社のCADとロボットを駆使したIoT化した超省人化製造体制を構築して、飛沫を吸いこむ「吸引機付立体パネル」開発を成し遂げ、売上高を反転させる。
リバースエンジニアリング事業複雑な形状、図面の無い品物の形状を3Dスキャナで計測し、ユーザーのニーズに合わせた図面、またはCADデータを作成すること、及び試作部品の製作を事業とする。
超長物精密加工による半導体製造ライン向け部品への事業展開最新の大型CAD/CAM連携門形NCフライス盤と三次元測定機を導入して、精度の高い側面加工で高難度、短納期を実現して、高付加価値の半導体製造ライン向け部品の新規受注を目指す。
「3D測量アプリ(mapry)の販売事業」と「Q-GISによる土砂崩壊対策のための表面流水の2D解析事業」送電線鉄塔の整備が加速するなか、山岳地帯での迅速な測量が求められている。これに応える「3D測量アプリの販売事業」と「表面流水の2D解析事業」を提供するサービスを展開する。CADオペレーターを配置する営業所の改装工事と山岳測量が効率的にできる3Dレーザースキャナーの導入により、電力会社や通信会社等の要求を満たし、今後の受注拡大に繋げていく。
設備・現場に合った安全カバーの開発・製造による受注生産から提案営業への展開コロナ禍によるロープウェイやリフトなどの鉄製部品の受注急減に対応するため、レーザー加工機とCAD/CAMソフトを導入し、設備や作業現場に合った「複雑な構造の」安全カバーを開発・製造して既存・新規顧客に提案営業することにより、顧客の労働災害防止と自社のV字回復を達成する。
Inspire the innovation 想像できることは、実現できる生産用機械器具製造業に進出し、既存事業での強みである「長年蓄積されたノウハウ」と「高品質・短期設計」を武器に、設計から製造・納入までをワンストップで行う。設計した3次元CADのデジタルデータをそのまま製造現場で利用し、製造現場での高効率化、コストの削減、超短期での納品を実現する。
既設インフラの維持管理事業老朽化した橋梁を、最新の技術である3Dスキャン機器を活用して現場で3D測量を実施し、3D-CADデータ化を行い、さらに既設橋梁の補修設計・診断を行うものである。
3Ⅾスキャナーによる設備図面作製の新手法にて他社との差別化を図る施工現場で技術者の実測よる設備図面作製に手間とコストを要していたが、3Ⅾスキャナーを導入し、CAD連携することで作製時間の短縮が図れます。さらに取得した図面情報にて新たな提案が可能になり販売拡大に貢献できます
三次元CADシステム導入による機械製造事業の拡大三次元CADシステム(強度解析:動解析仕様)の導入により
自社設計による研究開発機及び実験機等の開発製造業務を強化し、それを量産製造に繋げ、売り上げ及び付加価値額の増加及び付加価値率3%以上/年を達成し経営の改善を図る。
自動車電子制御用半導体部品向けプレス金型製造事業の発足半導体向けプレス金型新規事業立ち上げのための恒温室化による金型の高精度化と新しいCAD/CAM導入による業務フロー改善と効率向上。
2次元CAD設計事業から、BIM(3次元CAD)事業への新分野展開当社の2次元CAD設計事業は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、新規依頼物件が減少し、売上が激減しましたので、国土交通省が推進するBIM分野での受注拡大を目指し、新たに3次元BIM業務へ新分野展開します。
3DCADデータを活用し3Dプリンターで製造業試作品づくりの支援制作業務のCG(コンピューターグラフィック)の延長線上にある3DCADを導入し 、クライアント製造業、主に試作品製作と、3DCADのデータを使用し特殊技術のいらない3Dプリンターで具現化 し試作品づくりの支援を図る 。
トンネル分野の建設に使用される加工筋製造・販売の新たな事業化トンネル分野向けの加工筋製造・販売を行い、元図をCADに落し込む図面解析力を駆使し、解析データを活用する事で現場でのデジタル化推進を図り、将来のトンネル分野での新規売上を狙う事業展開とする。
自動車部品の高精度ステンレス加工技術を武器に成長性の高い医療機器部品参入計画自動車関連事業で培った高精度ステンレス板バネ製造技術と品質管理ノウハウという経営資源の活用に加え、最新CADCAMと小型サーボプレス等の導入により、競合他社と比べ高品質、短納期、低コストな内視鏡部品(医療機器部品:新製品)の市場へ参入する
厚板加工設備導入による、大型空調機器の製造体制構築計画レーザー加工機及びCADシステムを導入することで、新たに難易度の高い厚板加工が可能となる。その結果、大型空調機器の製造体制が構築でき、コロナ需要に対応し得る成長企業となる。
コロナ後を見据え市場拡大が見込める医療・衛生品分野の部品製造を開始コロナ禍の影響により売上が減少する中、アフターコロナを見据え着実な成長が見込める医療・衛生品分野の部品製造を開始するために先端デジタル技術の4軸加工機と三次元CAD/CAMシステムを導入し、新分野に進出する
3次元CAD形状の1次元変換で高速化を達成したAIの事業化現業の業態をAIを中心とした事業に転換。3次元CADを1次元に変換する特許AIでOEM(自動車)メーカ等3社と共同開発で新製品を開発する。本商品を核にした技術で地球温暖化による防災シミュレーションも事業化する。
5軸マシニングセンターの導入による総合試作事業の再構築を目指す金属主体の試作事業から脱却して樹脂加工を含む新分野への事業展開を行う。今後成長が期待される半導体、蓄電池関連部品をターゲットに高精度加工装置やCAD-CAM等を導入して高付加価値事業への体質強化を図る
コロナ禍における半導体需要増に対応する新分野参入事業本事業で5軸加工機、ロボット付NC旋盤、3次元CADCAM、カシメ加工機を導入し、半導体の需要増により今まで取り組んでいなかった製品に参入する事業である。
建設業界におけるICT導入型の書類作成代行事業計画広告制作会社としてのITスキルを活用し、建設業界における専門的な書類作成業務を「3D建設CAD」を用いて代行する新規事業計画である。近年ICT化が推し進められている建設業界の発展に貢献できる事業である。
デジタル環境整備によるスマートファクトリー化の推進2Dのものづくりから3Dのものづくりへの転換をはかる。3DCADをベースとし、デジタル工作機械導入を実行し、デジタルデータの全製造工程での活用、さらにはIOT導入により、組織全体の生産性を向上させる。
ナレッジマネージメントと高度化による大型水処理施設への展開3次元測定機、5軸高精度CNC旋盤、3DCADCAMの導入とデーターセンターの増改築によりデジタル技術を活用し、ナレッジマネージメントと製造部の高度化を実現する。そして今までにない河口堰やダムゲート等の大型水処理施設への参入を図る。
2D設計から3D設計(BIM)への業態転換による高加価値設計の提供現状の2次元設計(CAD)から3次元設計(BIM)へ業態を転換し、顧客に高付加価値設計を提供する事業。6名による専属のチームと、専用ソフトとワークステーション等機器導入により体制を整え、技術力を高めるための研修を受ける。
3DCADを活用し八女市活性化へ!オリンピックで話題のBMXパーク運営3D・CAD技術、鉄骨加工技術、鉄骨溶接技術、高所組立作業技術、BMX自転車競技のノウハウを活かし、BMX自転車専用競技施設に特化し、設計・建築・運営を全て当社が単独で行う、ワンストップの新事業への参入を図る。
産業用ロボット向け部品等加工の生産能力獲得による新分野展開当社は、工場設備業界半導体業界に対して筐体等の部品供給をしている事業者である。コロナウィルスの影響により工場設備業界は設備投資を控えたため当社の売上も40%弱ダウンした。そこで他業界に営業をしたところ産業用ロボット業界から引き合いを得た。産業用ロボット部品では当社ができない小径加工を要請されている。本事業ではマシニングセンタとCAD/CAMを導入することでこちらの対応が可能とする取り組みである。
CAD/CAMシステム対応のレーザー加工機を導入したプラント機械・機具製造事業への進出CAD/CAMシステム対応のレーザー加工機を導入したプラント機械・機具製造業への進出
建設業界用テレワーカー向けの動画による技術者育成オンラインシステムCADの専門技術をもったテレワーカーになるためのオンライン学習システムを新たに開発・販売。販売先は、新人研修を必要とする企業またはCADエンジニアへの転職をめざす個人である。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
コラム「CAD,CAMを活用したものづくり補助金の採択事例集」