【自動車整備】事業再構築補助金の採択事例集(第2・3回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-car-maintenance
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、自動車整備に関連したものを採択事例としてまとめていますので参考にして下さい。

自動車整備の採択事例(第2回公募)

事業計画名事業計画の概要
ワイヤロープ加工販売開始により既往事業との相乗効果を図るワイヤロープの加工販売事業への参入は、当社の強みを活かせる事業であり、本業である自動車整備業との親和性も高く、本事業の実現可能性は高い。自動車整備業界の将来的な市場を見ても厳しいことが予想されるため、本事業により経営基盤の強化にも寄与する。
トラック・バス・重機に係るタイヤ修理業への進出バス・トラックなどの大型自動車および重機などの特殊な自動車のタイヤパンク修理、タイヤ交換、タイヤ販売等を行う。特殊なタイヤを扱い、既存事業のバス・トラック運送や自動車整備事業のセット販売等を実施する
自動車整備業への進出による既存事業との相乗効果最大化計画既存事業で培ってきたノウハウ・技術を最大限に生かすために自動車整備業への進出を行う。新事業と既存事業の相乗効果を最大化し、顧客満足度向上および収益向上を図る。
既存環境事業での強みを活かして、大型車に特化した自動車整備業への進出外出自粛や休業・時短要請等により飲食業・宿泊業を中心とした事業性の廃棄物処理事業が減収したことから事業規模を縮小し、自社保有車両の保守点検で培った技術を活用して大型車等に特化した自動車整備業への進出を行う。
カーボンニュートラルの実現に向けた燃料電池自動車(FCV)の車体整備事業国が表明した2050年カーボンニュートラル実現に向けた施策により期待される燃料電池自動車(FCV)の普及に対して、自動車整備業界もその対応を迫られることが予測される。この環境変化を機会と捉え、FCVの整備等に欠かせない水素の取扱いに必要な施設改良と機器導入を行い、先駆的に車体整備の取扱いを始める。本事業により、厳しい経営環境下での新たなビジネスモデルを示し、業界全体の技術革新を推進するものとする。
後継者の経験・スキルを活かし異業種「自動車整備業」の事業展開建設業界はし最後の建設需要が一段落し、追い打ちをかけるように新型コロナウイルス感染症による工事遅延、ウッドショックによる増改築需要の低迷が予測される。そこで後継者の経験を活かし「自動二輪車両専門」の点検整備・販売事業を展開する。
オリジナルカスタムカーを主力とした自動車販売店と整備工場開設自動車部品に関する知識と、スタッフ全員がアウトドア好きで、車のカスタムが得意であるという強みを活かして、市場が伸びているアウトドア用車両などのオリジナルカスタムカーを主力とする自動車販売店と自動車整備工場の開設を行います。
人と環境に優しい自動車整備工場「蔵の街整備工場」の設立旅客運送事業で培った安全取組のノウハウを活かし、人と環境に配慮した整備工場を設立、自社・他社運送会社の車両整備を実施することにより、地域の安全な車両運行に貢献すると共に、雇用を守りながら経営を多角化する。
中古トラックの車体架装(荷台の新規製作・仕様変更)事業及び自動車整備事業への新事業展開中古トラック販売業として事業展開をしているが新型コロナウイルスの影響により売上高は減少傾向。新分野への事業展開として仕入後の車体架装(荷台の新規製作・仕様変更)による付加価値提供に加え、車検や定期点検等のアフターサービスにより中古トラック販売の一貫した業務開始で新市場への事業拡大を図る。
withコロナの生活様式に対応したキッチンカー・キャンピングカーの制作工場新設による新分野への挑戦当社が現在行っている一般的な自動車整備業は、車利用の減少、及び特定整備需要の増加から、今後は需要が下がっていく。そこで、これまでの整備ノウハウと、代表杢代の大工スキルを活かして、withコロナ、アフターコロナでも需要が伸びる見込みのあるキッチンカー・キャンピングカーの制作事業に参入する
コロナニーズに対応するための中古車買取販売から自動車整備への新分野展開ウィズコロナの巣ごもり需要により、当社の中古車販売事業の売上が42%近く減少してしまった。そこで、コロナ禍でも堅調である自動車整備業に進出する。具体的には、当社敷地内に自動車の整備ができる認証工場を新設し、自社で販売した中古車や他社レンタル車の整備を行う。これにより、事業再構築をはかる。
整備車両自動判定トレサビリティシステムのクラウド化構築と販売自動車整備の現場では技術経験者による手動管理で車の部品の交換洗浄時期等を判断しているがクラウドを使った自動管理システムを構築・提供することで当社の業務スタイルを大幅に転換すると共に新たな販売先を開拓する
有望市場の需要に応える自社製トレーラーの製造販売への挑戦本事業の取組みは自動車小売業と自動車整備業を生業とする当社が、新たに「“自社製”トレーラーを“作って売る”」という業態へ転換し、当社の最大の柱として再構築を図ることで自社成長の道を切り開くものである。
自動車先進技術整備業及び小型乗用自動車整備業の新分野展開自社所有地に、自動ブレーキ及び自動運転のミリ波レーダーを測定できる工場、小型乗用自動車整備に係る事務所・工場・車両保管庫を建設する。未来の先進自動車普及に向け、人材の雇用促進と先進技術者の育成を行い、業界の発展に寄与する。
Withコロナに対応した、非接触型自動車整備業への挑戦認証整備工場を設立し、自動車販売から自動車整備まで幅広く手がけることのできる総合自動車サービス業を目指します。非接触型対応、車内滅菌などのコロナ対策を万全にすることで他社との差別化を図ります。整備業として新たな顧客を獲得できるだけでなく、自動車販売業とのシナジー効果が期待できます。
事業所を移転し自動車整備とフィットネスジム運営に進出する取組現状の狭い敷地から思い切って移転し、現状の中古車販売に加え、自動車整備とフィットネスジムの運営に進出する。地域の事業者との広いつながりと3つの事業間のシナジー効果で業績のV字回復を狙う取り組み。
新たな生活様式で需要が増加している自動車整備分野への本格参入コロナ禍で中古車販売市場が活況となり、中古車の在庫確保が困難な状況である。一方、中古車需要の増加やコロナ禍におけるマイカー利用の増加により自動車整備需要が増加しており、自動車整備事業に本格参入する。
サーファーが安心して気軽に楽しめる旭市シーサイドリゾート計画コロナの影響により売上が半減し事業回復の見込みもない自動車関連事業の当社が、自社の強みである自動車整備技術を活かしサーファーに特化したプチリゾート施設の提供によって、事業再構築を図る取り組みです。
直営店舗展開による自動車販売・整備ビジネスの実施自動車ユーザーに対して加盟店の自動車整備工場経由で提供してきた自動車販売やカーリースなどのサービスを、今後は自社の直営店舗を設立・展開して直接ユーザーに提供することによって新たな収益を獲得する
自動車販売業から電子整備を含めた自動車整備事業への進出のための整備場新設等車離れが進む中、販売だけでなく、電子整備を含めた自動の車整備体制を構築することにより、品質にこだわる自動車整備顧客を固定客として取り組んでいく。補助事業として、自動車整備場の新設、電子整備機器の導入、店舗の建て替えを行い、自動車整備業に進出する。
自動車整備技術の強みを生かした輸入中古車販売店事業当社はガソリンスタンドを2店舗経営しているが、コロナ禍の観光需要減少とセルフSSの出店攻勢で経営が非常に厳しい。そこで自社整備技術を生かした自動車販売事業を行い、既存の事業とシナジーを図っていく。
M&Aによる「ガソリンスタンド」の「一般貨物自動車運送業」への進出一般貨物自動車運送業を営む企業をM$Aにより子会社化し、自社の自動車整備、保険業務等との一体的な運営を目指すと共に、新たに貨物運送業へ進出し、ガソリンスタンドからの業務の多角化を図る。
運送業から自動車整備事業への業種転換コロナ禍で冠婚葬祭や団体旅行の需要が激減し、事業継続の目途が立たなくなった。業界ニーズや運送市場の再拡大を汲み取り、大型車両のメンテナンスや同業者のネットワーク、塗装・整備技術を強みに、大型車両を中心とした自動車整備事業に業種転換を図る。
自動車整備業×ドッグサロンによる新たな市場開拓整備工場に隣接する駐車場をドッグサロンの駐車場と兼用し、少し拡張したところに建物を建設しペット用の理容設備を導入します。そうした設備や新たに雇用する人材を活用し、犬等のペットに対しカットやシャンプーといったサービスを提供します。
自動車整備・中古車販売を通じて近隣住民・協力会社との関係を強化近隣住民や協力会社との強い繋がりを活かして、自動車整備・中古車販売事業に参入する。特に、4トントラックや建設重機などの整備を行える体制を整えることで、建設事業の知識も活かし、協力会社からの需要に応えていきたい。
輸入車専門の自動車整備工場が新たに挑戦するタイヤ交換業務の内製化当社は、輸入車専門の自動車整備工場であるが、コロナ禍で自動車の利用が減る中、外部の協力事業者に外注しているタイヤ交換業務を内製化することにより、顧客への納車を短納期化するとともに、当社の収益力向上を図る取り組みである。
地域を支える運送業をメンテナンスから支える自動車整備事業進出弊社は、同業者である運送業者との幅広い提携関係と、内部資源の自動車整備士資格者を活かして、自動車整備工場を開設し、提携運送事業者に、車両費のコスト削減と、運送事業に差し支えない自動車整備計画を提案して、ともにコロナ禍を乗り切り、ともに地域経済を支える。
大型車、キャンピングカー、キッチンカー、に特化した整備工場の新設トラック・バス等大型車両並びにキャンピングカー・キッチンカーの改造、製作に特化した国土交通省認証の自動車整備工場を新設し新規分野への事業展開を行う。
注目技術であるデントリペアを軸とした自動車整備業への業態転換への対応無店舗型自動車販売事業と飲食事業(サーモン専門店・バー)を経営しておりますが、飲食事業がコロナ禍の時短営業および休業状態にあります。見通しの立たない飲食事業の一部を縮小し、自動車販売業とシナジー効果が期待できるデントリペアを軸とした自動車整備事業に進出する業態転換を達成します。
自動車整備機器設置工事業から修理・メンテナンス業への事業再構築当社は自動車整備工場内での整備機器設置に対する工事をしてきたがコロナ禍での営業難と業界の再編で受注が減少している。今後期待できる市場として、既設整備機器の修理・メンテナンスを行うことで業界のすそ野を広げ事業の再構築を目指す。
環境問題に貢献!自動車輸出業者による鈑金塗装への新分野展開本事業で新展開する事業は板金塗装分野の自動車整備市場に展開する。令和3年8月から伸共運輸株式会社が車輛輸出前検査事業の開始を予定しており、当社に検査不合格車輛の整備を依頼されている。また当社も従来から板金塗装事業への進出を検討していた経緯もあり、今回進出の決断に至る。
タイヤの卸売販売の経験を活かした自動車整備事業の立ち上げコロナの影響により、既存のタイヤ卸売販売の売り上げが減少しているため、従業員の経験と保有資格を活かせる自動車整備事業を立ち上げる。新事業に伴ってタイヤの販売機会も増加させ、将来的には指定工場を目指す。
外注依存からの脱却を図り、地域一番の自動車のトータル整備拠点化への挑戦コロナ禍による自動車販売の急激な市場変化に伴い、弊社の技術力を活かしてこれまで外注に依存していた鈑金塗装・修理等の専門整備の内製化を図り、新分野事業を立ち上げていくことで、トータルサポートができる自動車整備工場を浸透させ、弊社の事業再構築を図ることを目的とする。
新分野展開による同業の整備工場向け整備ソフトの開発・販売新型コロナによる既存事業の売上低下と、顧客候補の自動車整備工場に適切なサービスを提供できていないことが課題。自社の経験を活かした整備工場用クラウドシステムを開発しコロナ禍でも成長できる新しい分野へ挑戦する。
次世代大型自動車にも対応可能な脱炭素自動車整備工場の新設新工場を設立し、次世代の大型車両等のメンテナンス修理ができる体制を整備する。また、新工場は太陽光発電による電力を蓄電して使用することで、CO2排出を極限まで削減し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。
最先端技術と地域連携によるウィズコロナ型飲食業への挑戦これまで自動車整備業を営んできた当社が、都市部で大人気のカジュアルカフェのフランチャイズ経営に参入する。コロナ禍でシフトする飲食ニーズ「郊外・デリバリー・ランチ・少人数」を捉えて、デジタル技術を駆使して地域飲食業の革新に挑戦する。
塗装ブースの新築で自動車整備販売の一貫体制構築で増収増益創業時より現施設における塗装ブースの未整備が課題となっていた。今般、本補助事業で塗装ブースを新規導入し、自社内での一貫した自動車整備が可能となり、受注確保体制が構築でき、収益の改善を見込むことができる。
車買取専門店の新設とオンライン商談システム導入による新規事業修理の減少により企業間競争が激しい自動車整備から当商圏では競合がない車買取販売へ業務拡大する事で既存事業との相乗効果を実現します。また、「オンライン商談システム」での非対面販売を行います。

自動車整備の採択事例(第3回公募)

事業計画名事業計画の概要
タイヤ事業の強みを活かした自動車整備への新分野展開新型コロナの影響により各種車輌のメンテナンス頻度が減少している。終息の目途が立たず、今後も減少傾向が続き、タイヤ専業だけでは生き残ることが難しいため、普通自動車分解整備事業を取得して、認証工場として自動車整備事業に参入していき、多様化するニーズに対応していく。
地域・ポストコロナに対応した自動車整備業務 中古車販売店の新分野挑戦中古車販売・レンタカー業から自動車整備業へ新分野展開。除排雪建設重機対応、車輛のデリバリーサービス、作業場をWeb公開するといった、地域特性・コロナ禍・IT技術に対応した自動車整備サービスを展開する。
自動車のEV化に対応する整備工場新設による新分野への進出今後更なる普及が進む乗用車や大型車、大型建設機械の電動化・自動化を見据えた自動車整備事業を展開します。電子制御装置等を搭載した電気自動車の特定整備や、EVスタンド設置によるEVの普及、アプリ等活用による非接触・非対面での取引拡大と利便性の向上に取り組みます。
運送会社によるトラック車両を対象とした自動車整備業への新分野展開当社は現在、建築資材の運送を主たる事業としているが、新型コロナウィルスの影響を含め、中長期的に建設市場の冷え込みが見込まれることから、運送業で培ったトラック車両管理知識・取引ネットワークを活用し、本事業にて、トラック車両を対象とした自動車整備業を新たに開始する。
改正車検制度に対応可能な、大型自動車整備事業への新分野展開改正車検制度に対応可能な整備工場の不足という、市場と地域のニーズを捉え、培った自社の歴史と強みを活かし、大型自動車整備事業への展開を通じて、自社成長と共に雇用創出や地域活性化の社会貢献を実現する。
高齢化社会でニーズが顕在化している福祉車両とセニアカー事業外出自粛命令によって、自動車販売と自動車整備を主たる事業とする当社は厳しさを増しています。よって高齢化社会でニーズが顕在化している福祉車両リース事業とセニアカー販売事業を開始し事業再構築を図ります。
電装整備事業者が先進安全自動車整備の地域一番を目指す「くるまの電気屋さん」として自動車の電気装置整備を専門に扱って来ましたが、今回新たに先進安全自動車整備に取組み電装事業者としての地位を確立し、トップランナーとなって地域一番を目指します
モビリティパークからバイク・自動車整備サービスへ新分野展開自動車整備サービスの提供と、デジタル技術によって新たな生活様式に対応し、モビリティパークのコンセプトである、「楽しむ 遊ぶ 夢」を実現することで、顧客が求める「カーライフの充実」を支援する。
事業再構築、出張バーベキュー事業への転換当社は現在自動車整備販売業であるが、新分野への展開として利益率の良い飲食・食料品販売業へ進出します。自動車関連の強みを生かし、配達業態の「出張バーベキュー」事業を展開します。
地域初の複合カフェへ転換、地産商品を揃え、三浦市を活性化地方の人口減少や電気自動車への転換など自動車整備業が苦しい状況の中、コロナで追い打ちをかけられる。観光客も多い三崎口駅前の立地の良さを活かし、地元の三浦野菜を使用したメニューをメインに自動車業と複合カフェへ思い切った進出を図る。
遊休資産と提携企業との関係を活用した自動車整備事業への展開コロナ禍による飲食店の閉店、家具製造事業の売上減少の状況下で売上拡大と経営の安定化を図るため、当社遊休資産、自動車設備関連の提携企業との関係性、代表の技術を活かした自動車整備事業への多角化展開を行う。
貨物自動車及び特装車を中心とした「鈑金塗装」「架装」及び「架装部補修」サービス新型コロナウイルス感染拡大により自動車整備・販売業を営んできた当社にも営業が出ている。そこで本事業により新たに塗装工場及び塗装設備を設置し、貨物自動車及び特装車を中心とした鈑金塗装、架装及び架装部補修事業を展開する。
整備工場の増改築及びライン再編による大型トラック整備分野への進出事業自動車整備事業を強化するために、既存整備工場の増改築と工場ラインの再編を行い、大型トラック・バス分野の整備事業に進出するとともに、トラッククレーンの架装事業にも参入し、総合整備工場として事業再構築を行う。
大型トラックボディ製作・部品製造、取付け、改造への新分野展開既存事業である自動車整備業は、コロナ禍における外出自粛や車離れ等により需要が減少している。大型トラックのオリジナルボディ製作・部品製造、取付け、改造への新分野展開を行い、新たな需要を生み出す。
倉庫業進出による自動車整備機械のサプライチェーン最適化倉庫業進出により、複数の自動車整備機械メーカーの完成品保管拠点として機能させ、地域全体の自動車関連機械のサプライチェーンの最適化を図る。また、自社の既存事業である機械設置工事の適時性を高め、新事業との相乗効果を生み出す。
自動車整備業へのシフトチェンジ計画今まで外注に回していた分解整備事業を内製化することで、生産性向上や短納期化を図り、顧客品質向上を目指す取り組みである。
自動車整備士が行うトラックの二次架装業務自動車販売や修理・レンタカー等を行っていたが、コロナによる人流の減少で売上が激減。自動車整備士の知識と技術力を活用し、トラックの二次架装業界に参入。確かな需要に対し技術力と知識で対応可能であり、売上増加効果を期待できる。
安心・楽しい新時代カーライフをサポートする自動車整備事業に転換中古自動車販売業からハイブリッドや電気自動車などの先進自動車への対応と旧型クラウン、MKⅡなど特徴的な自動車の取り扱いをウリとした自動車整備業に転換し、これまで対応できなかったサービスを提供することで顧客生涯価値の向上を図ります。
自動運転付き車両整備で次世代修理工場へ再構築自動運転付車両の点検整備を行える体制を整えるのが、今後自動車整備業界において存続できるか大きな分岐点である。特定整備は新事業の為、増収と新規顧客獲得が見込める車検検査業務の内製化に伴い増収増益と同時に、対人接触を減らす感染症対策になります
スーパーカー向けの点検・修理サービスの新たな展開これまでに培った「クルマの構造に関する深い知識と最新モデルの開発支援に携わってきた経験」、「高品質・短納期」という既存事業の強みを自動車整備業で活かし毀損した売上高の回復を目指します。
認証工場取得による地元に密着した環境配慮型自動車整備業の確立認証工場を取得し、自動車整備業の本格内製化を推進することで、新型コロナウイルス感染症による事業悪化リスクを低減し、既存事業とのシナジー効果を生み、環境配慮と地域経済に寄与する自立型事業を確立します。
自動車の仕入れから整備の一括受託サービスを提供し、売上拡大中古車販売業の紹介機会の減少・代行車検の法人顧客離反に対し、工場の建設を行い「自動車整備業」への業種転換を図る。中古車販売店に対し「仕入れから整備の一括受託サービス」を提供し、売上のV字回復に挑戦する
家具、備品のリペア・抗菌コーティング事業外出自粛等の影響により自動車関連の整備事業が減少している。自動車整備の技術を活かした、家具・備品のリペア事業及び抗菌コーティングサービスも実施する。
「誰も取り残さない」時代に向けた自動車用部品製造業への新分野展開による事業再構築国内唯一無二の「左ハンドルコンバージョン」を中心とした自動車整備業からこれらの技術を生かした福祉車両向け改造を主ターゲットとしたオリジナル自動車用部品の開発製造販売事業に取り組む。これにより障がい者、高齢者が快適に、「自分の力で自由に好きなところに車で行き来できる」、「誰も取り残さない」社会実現に寄与する。
自動車整備士 出張サービス全国の自動車整備士と提携した自動車整備士の出張サービスを行います。顧客(自動車所有者)のニーズを汲み取り、家や職場に整備士さんが出向いて作業します。家で作業を行ってくれることで、ディーラーでの待ち時間を無くしと、コロナ禍での外出制限ができ、安心して安価なサービスを受ける事ができます。
将来の日本の福祉を支える、福祉用具・介護用品の貸与・販売事業当社は既存事業である自動車整備、及び車検の業務がコロナの影響で大きな打撃を受けている。強みである高いサービス力を活かして、福祉用具・介護用品の貸与・販売事業によって、事業のV字回復を図る。
自動車整備だけではなく、自社独自の販路を構築する車載機器小売事業へ当社はトラック車両の電装品の整備・修理サービスを行っており、今回の事業再構築では、新たに車載機器の小売事業に進出する計画です。
イベント会社から抗ウイルス加工を施した中古車販売・整備業を展開弊社が行っているイベントコンサルティング業は新型コロナウィルスの影響で大きな打撃を受けました。そこで、代表者が持つ自動車整備士の資格と経験を活かし、大きく業種を変更し、地域に必要とされる軽自動車の中古車販売・整備業を行います。
エーミング対応した最先端指定工場への転換で地域ナンバーワンへ挑戦当社は、自動車整備業および自動車販売業を営んでいる。コロナ禍での移動制限により自動車事故が減少したことで板金塗装の受注が減少し売上が減少した。認証工場からエーミング対応した指定工場への業態転換により差別化し収益力を向上させる
整備部門の事業化とオートボディプリンターによる看板書き業へ参入した、トラックのトータルサービスの提供自動車整備業と看板書き業へと新分野展開を行い、自社の強みである営業力や技術者、既存取引先との関係性を活かし、トラックのトータルサービスの提供により、売上のV字回復を目指します。
自動車整備業界の変革期に対応した新技術サービスのセンター化安全運転支援搭載車両の出現により自動車整備業界も100年に1度とない変革期を迎えた。先進安全自動車の走行の安全を担保する重要な整備には「高度な知識」「高度な技術」「高額な設備投資」が必須である。当社がこれらの課題を解決しセンター化する事で、衰退傾向にある近隣地域の自動車整備業者と協業し、業界の底上げにつなげたい。
電気機器製造技術を活かした自動車整備事業への新分野展開現在主に電気機器製造を行っているものの、取扱商品としては配電盤がメインとなり発注業者の業況に左右されやすいことが課題として挙げられる。そのため当社の電気機器製造に係る電気機器技術を活かし、今後需要拡大が見込まれる電気自動車と海外輸入車の整備に特化した整備工場を立ち上げ、配電盤等の受注に左右されない事業の柱を作る
ワンストップサービスに対応した地域密着型自動車整備工場の設立による業態転換V字回復事業新型コロナウイルスの影響によって、法人向けのメンテナンス等が激減し大きな影響を受けた。コロナ禍において新たな事業の柱を確立するため、定期メンテナンスから修理・車検まで対応できる、ワンストップサービスを実現した地域密着型自動車整備工場を設立し業態転換を果たす。
徳島県西部地域での脱毛・エステサロンの展開自動車整備業を営むが、新型コロナウイルスの影響を受け売上が減少。会社存続と雇用確保を図るため、代表のネットワークで知見を得た脱毛・美容サロンを新たに開業する。出店地は、徳島県西部の人口が少ない地域となるが、競合店が圧倒的に少ない立地条件を活かし、事業を展開する。
技術優位性を活かし同業者からの自動車特定整備請負事業に挑む新分野展開自動車整備に対する需要減退と自動運転車輌普及に伴う整備品質向上要請という事業環境を踏まえ、従来のエンドユーザー向け整備サービスから発想を転換し、高機能のサービス提供を謳い同業者からの整備請負という新事業に取り組むことで新たな収益機会獲得に挑む。
車検検査機器導入による検査業務の内製化と、顧客データを活用したフォローアップ体制の構築コロナの影響により赤字となっている飲食部門を縮小するとともに、安定した売上を確保している自動車整備部門の業務内容を見直し、収益が確保できる体制へと業態転換を図る。
特殊車両対応認証工場設立による自動車整備業への新分野展開特殊車両(バキュームカー・塵芥車)対応認証工場の建築を行い、自社のノウハウと知見を活用した自動車整備業への新分野展開を行う。
地場自動車業界のピンチを救う新事業  部品卸から電子制御装置整備へ展開新たに工場を建設し、先進安全自動車に搭載されている「衝突被害軽減ブレーキ」「車線逸脱防止支援システム」「駐車支援機能」などの電子制御装置及び周辺部の点検・整備を行う自動車整備工場を開始する。
デジタル技術の活用による非接触対応の自動車整備業の構築「デジタル技術の活用による非接触サービスの提供」をコンセプトに、Withコロナ時代に適した非接触自動車整備・車検事業を行うための指定整備工場を設立。「リモート・オンライン化された遠隔アフターサービス」と「車装品への除菌処理」を組み合わせ、他社と差別化を図る。
BtoC向けの電気自動車の販売及び整備サービス事業開始の取り組み従来BtoBへの車販事業、自動車整備事業を行ってきたが、コロナによる影響を受けやすい業種の企業顧客が多かったため、今後はBtoC向け事業に着手する。普及が見込めるEVの販売展示場及び整備工場を出店し事業再構築を図る。
キッチンカー等の製造に特化した自動車整備業への展開創業から17年、中古車小売業を営んでいたが、コロナ禍により取引が減少。この状況を脱する為、また新規顧客獲得と生産性の向上を目指し、コロナ禍以降増加しているキッチンカーやキャンピングカーの製造販売に特化した自動車整備業を開始する。これより既存顧客では外注で対応していた分解整備を行う環境が整うことから、現状の課題でもあった生産性が向上し、既存顧客へのサービス向上といった相乗効果も見込むことができる。
自動車整備部門及び油圧ホース部門の新たな市場展開これまでの自動車整備だけでなく、建設重機等の整備、また重機機械に多い油圧ホースをトータルでサポート出来る様にして販路を拡大していきたいと考えています。その為の作業場や設備、機械一式が必要です。
ガソリンスタンドから自動車整備認証工場に事業転換する事業再構築計画石油・電気・水素など多様な自動車の売買を主たる事業とし、購入した自動車の日常的なエネギー源の補給、及び点検を窓口に、整備・修理・板金・売却または廃車手続まで、自動車の事は弊社に任せていただける整備工場となる為に以下、設備投資を行います。
自社の強みを生かした部品センターの構築、新たなビジネスモデル事業展開自動車整備工場の課題を、自社の強みを用いて、新たな事業としてのビジネスモデルを構築し、環境にやさしい事業展開を図る。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は70%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。