ドローンに使える!事業再構築補助金の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-drone
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、ドローンを活用したものを採択事例としてまとめていますので参考にして下さい。

ドローンの採択事例集(第2回)

事業計画名事業計画
フォトグラメトリーを活用した新しい配信、演出プログラムの創生ドローンを使った高精細な写真から構築するフォトグラメトリーの技術で3Dモデルを作成し現在の2D映像配信は8K撮影によって、よりリアルに高精細へと発展。そしてVR、AR、MRといった新分野での映像表現を行う。
農業用ドローンを活用した農薬散布請負サービスの展開現在青果物の卸売業を行っているが、コロナ禍の影響もあり事業拡大が課題となっている。農業関連の取引先が多いことから、新たに農業用ドローンを用いた農薬散布事業を開始し、地元農家の作業支援を行うと共に業容の拡大を図る。
水中ドローンを用いた調査・映像の提供及び水中ドローンスクールの開催による新分野展開従来ダイバー潜水を用いた海中調査等を実施してきた。今後水中ドローンを導入することで、従来対応出来なかった潜水深度での作業等、新たなサービスを提供する。また水中ドローンスクールについても同時開設する。
ドローンを活用した測量・点検サービス当社は事務所備品等のレンタルを主とし、建設関連・イベント・官公庁等を顧客としている。コロナの影響で道内イベントが軒並み中止となり大きな影響が生じている。外的要因の少ない「ドローンによる測量・点検」を新事業の柱として構築する。
最新式ドローン導入による短納期且つ高精度点検体制の構築事業感染症の影響を受け建築需要が低迷し当社の測量業務売上も激減。最新式ドローン導入による点検事業への新分野展開を図り、伸長するインフラ点検の需要を取り込む大胆な事業再構築。
産業用ドローンを用いた点検業務およびICT測量業務を行う業種への転換新型コロナの影響で、既存事業の売上減少が続いている。会社存続のため、産業用ドローンを導入して業種転換を行う。外壁、送電線、橋梁、ソーラーパネルなどの点検業務や、ICT測量業務を行う業種を新たに立ち上げ、売上増加と雇用の拡大を目指す。
ドローンを駆使した解体工事の展開専用のドローンを駆使した安心安全安価でかつ緻密な解体工事業を展開する
最新鋭ドローンによるレーザー測量方法の教育事業への新分野展開新型コロナにより既存分野が大打撃を受けているため、新分野展開による新たな収益柱の構築が課題。本計画では、最新鋭のドローンレーザーを導入し、建設業者に対し、測量方法を教育するという新分野への展開を行う。
デジタル機器活用により現場調査〜提案までを完全非対面型サービスに転換!昨今のデジタルニーズの高まりを受け、ドローン等を活用し現場調査・解析・企画提案までの顧客とのやりとりを完全非対面で実現。デジタルデータを共有し教育に活用し若手人材の育成を図り、120年企業として新たな道を歩む。
ドローン事業と飲食店を統合させたハイブリッド型飲食店の新設メインの建設業は新型コロナウイルスの影響による売上減少と材料高騰で利益が半減している。ドローン事業では農業用ドローンの販売・講習に特化いるため点検用と一般向けドローンの販売・講習を行う必要がある。当社の学科講習施設にドローンショップ兼カフェを併設し実店舗を構えることで新規顧客を狙う。
ドローン技術で空中の新領域ビジネスの事業化ドローンを群馬県の法人・個人に、空中の新たな領域のビジネスを提案し、ライセンス取得スクールを基幹として、各種産業、教育、観光、イベント、等に貢献するドローン事業
ドローンを活用した子供向けプログラミング教室の開講店舗の一角にある撮影スタジオを改修してプログラミング教室を開講します。小学生を対象にプログラミング技術を活用したドローン操縦を通し、想像力、論理的思考を育むことを目的とします。
3Dレーザードローン等の導入により、事業再構築を図りV字回復を実現するレーザードローン等を使用した測量を積極的に行うことで、測量の労力にかかる省エネルギー化を図る。3次元の起工測量、3次元の設計データ作成、3次元の出来形管理等の施工管理、3次元データの納品を、一括して、自社で全てできるようにする。そして事業再構築を図りV字回復を実現する
フットサルから多目的サービス事業への新分野転換フットサルチームにフットサル施設貸をメインにしているが、コロナで密になるため小学生を中心に利用者が激減。元々少なかった平日昼間利用の新たな需要を取り込むためドローンを中心とした多目的サービス事業へ展開する
ドローンを利用した保守点検及びPR用空撮動画製作事業ドローンを利用して屋外広告物点検の他、マンション等の壁面点検、ソーラーパネル点検、橋梁点検等を対象とした保守点検サービス、及びドローン撮影の特性を生かしたPR空撮動画製作を行う事業に挑戦する。
千葉県ドローン肥料・農薬散布代行サービス千葉県木更津市を拠点に千葉県全域の農家・農業組合(法人)を顧客としたドローンによる肥料・農薬散布を代行するサービスを展開。
AIチャットボット・ドローンを活用し空き家リフォーム空き家探しを簡単便利に民間ビジネスとしての需要が継続して拡大する事は確実な「空き家の処分・空き家のリフォーム」業界にAIチャットボットとドローンを活用して参入します。オンライン上で集客可能な仕組み作りを行い、コロナ禍により急減した売上を回復させます。
コロナ禍を乗り越えるためのドローン活用事業への進出本事業では当社の強みである防災関連のNPOとの関係やテーマパークでの企画の実績を活かしてドローンを活用した測量やイベント企画、宣材動画の撮影などの事業を行ない、コロナ禍を乗り越える新分野展開を目指す。
消防設備、警報装置の工事会社が上場企業と始めるドローン事業消防設備、警報装置と従来安定していた工事を受注していたが、コロナ禍によって工事が減少して影響を受け、新たな事業としてドローンを活用した建物等の調査事業を既存取引先の上場企業と協力して展開する。
映像制作事業への新規参入・自社開催のライブイベントでライブ映像を制作することによるアーティストからの収益を獲得
・撮影を目的とするイベント開催、イベント出演者へライブ映像制作を提案
・映像撮影と編集い納品、インターネットでの販売、配信
・ライブ撮影以外にもドローンを生かした映像の案件に対応(プロモーションビデオ撮影、屋根の点検など)
・イベントをキャンプ場や野外会場で開催、ドローンを使用したライブ映像の撮影
空の産業革命に向けたドローン点検・空撮事業計画建築物の点検(建築基準法第12条)は建物全てを足場組立し、打診調査をしなければなりません、打診と足場の1㎡単価=1,000円に対しドローン点検は1㎡単価=300円で済み70%コスト削減を現実のものにします。尚且つ短期間で無災害に行える事が全ての人の為になると信じ計画致します。
ドローンの運用サービス事業ドローンを飛行操縦させ、危険地域や人の立ち入りが出来ない場所の内部点検・測量・検査、飛行撮影した画像のパノラマ画像化や3D化制作を行う。
建築用ドローン操作技術を活かしたドローンによる農薬散布事業現在農家で使用されているコストが高くCO2の排出量が多い無人ヘリに代わり、建築用ドローンで培った操作技術を活かして、農家の用意した農薬をドローンに搭載し、農家に変わってドローンにより農薬散布を行う。
産業用ドローンをもっと身近に!「空の産業革命」ドローン販売ドローンは農業、建設業、測量・検査業など幅広い分野での利用が可能である。2022年には法整備も進み益々需要が高まると思われる。産業用ドローンの導入方法を企業・個人に実演と事例を持って説明。地域社会経済発展と自社の売り上げ拡大を目標に販売代理店業務を行う事業。
ドローンによる鉄道の空撮事業鉄道を扱う映像業界でもドローンサービスの市場は年々大きくなっている背景から、必要な機材を購入し資格を取得し、業界初のドローンによる鉄道の空撮映像を提供する事業をおこないます。
建物診断の強みを活かした「12条点検」事業への進出強みである建物診断の高い調査力を活かし、建築基準法第12条に基づき義務付けられている特定建築物の建物診断等を行う「12条点検」にドローンと赤外線カメラを利用し、進出して事業再構築を図り、コロナ禍を乗り越え、地域の雇用・経済に貢献する。
赤外線カメラの設計製造技術を活かしたドローン事業への新分野展開既存の光学レンズ製造販売事業は、観光や外出等の自粛に連動して業績が悪化している。自社で設計製造した赤外線カメラをドローンに搭載し、点検や物資運搬サービスに新分野展開し、人手不足等の社会課題の解決と業績回復の同時達成を目指す。
ドローン搭載型ガス検知用カメラ導入による、新規顧客層と市場の開拓ガスを可視化出来る赤外線カメラをドローンに搭載するソリューションの導入により、新規顧客や市場の開拓を行う。また、この技術はまだ一般的に活用されている技術ではないため、同業他社に先んじて知見を深めていくことで市場でのパイオニア的な立ち位置の確立を目指す。
自社開発システムによる次世代エンターテイメント事業屋外屋内に両対応可能であるドローンの開発を行い、当社単独でドローンライトショーを開催する。次世代エンターテイメントの技術実装にチャレンジし、この分野を牽引する企業に成長することを目指す。
新たなAI技術による画像認識型ドローン追尾装置の開発当社はコロナ感染拡大を受けて直近の決算において2割落ち込み赤字決算に転落しました。当社にとっての事業機会を模索したところ、AIのカメラ市場が今後益々急拡大していく市場であることから当社の培った監視カメラシステム等の開発力を活かして、AI技術を搭載した端末製品の開発に挑戦したいと考えました。取り掛りとして、今後高い需要が見込まれるドローンをターゲットとして追尾するように設計を行う予定です。
ドローンを活用した島内観光事業への事業転換ドローンを活用した伊豆大島におけるネイチャーガイドサービスと、顧客を対象とした撮影事業ならびにドローン操縦体験サービスを行う。
ポストコロナに向けたドローン事業の多角化と新分野展開ドローンの経験とデータ処理技術を活用できるスマート農業分野に活路を見出した。事業を再構築する場所を滋賀県と定め、機体整備を行う農薬散布ドローンの代理店を目指しながら農薬散布請負事業などを進める。
ドローンによるデータ撮影とAI画像診断システムの連携による点検診断サービスの開発今後拡大していくコンクリート構造物のリフォーム市場において、人的資源に依存しないドローン技術とAI画像診断システムの活用による点検診断サービスの開発を通じて、建設業界の生産性向上に貢献する。
ドローンと地上3Ⅾレーザー測量機を活用した、小規模~大規模工事まで可能な3Ⅾ測量の提供住宅地の造成等における比較的小規模な工事に「地上3Ⅾレーザー測量機」、公園整備や工業団地造成等の比較的大規模な工事に「ドローン測量機」を使用し、「i-construction」の技術を取り入れ、建設現場の「生産性・安全性」の向上を図るもの。
Z世代に受けるハイブリッド婚と観光資源を生かした地域振興事業Z世代をターゲットにバーチャル参加も可能とするハイブリッド婚事業と、世界3大奇勝である観光資源をドローンやデジタルでつなぎ世界に発信することで、地盤沈下の激しい東尋坊観光事業の再興を図る一翼となる。
既存事業を活かしたドローンスクールの開校・運営コロナ禍で既存事業は壊滅的となったため、当社従業員がインストラクターとなり、新たにドローンスクールを開校する。
既存事業を活かした講習内容とすることで他者との差別化を図り、利益の確保できる事業に育て上げる。
ドローンによる農薬散布請負事業の新規展開弊社は米の集荷販売および肥料・農薬の小売を行っておりますが、直近のコロナ禍により米の販売が減少し、新たな収益軸としてドローンによる農薬散布事業を立ち上げることとしました。それにより、新規顧客の獲得や弊社の課題となっていた労働力の不足を緩和させます。将来的には収益軸とし、現在の売上の約10%を計画しています。
最新ドローンを活用した測量技術の高度化および新サービス展開最新ドローンを活用し、本業である測量サービスの高度化に取り組む。また、最新ドローンを活用した新サービスとして、散布サービスおよび重量物運搬サービスに取り組む。同業他社との競争力を強化しつつ、思い切った事業の再構築を図っていく。
新分野展開を実現するためのドローン警備サービス事業の展開新型コロナの影響により、イベントや葬儀の警備需要が減少するなど、当社売上の6割強について回復の目途が立たない。そこで、新しい事業の柱を構築するためドローン警備サービス事業を立ち上げ、新分野に展開する。
林業で大型ドローンを活用した革新的低コスト・低リスク運搬サービスの事業化現在の山林の作業現場は、急斜⾯・道がないなどで必要物資を運搬するのが困難で、運搬コストが大半を占める。大型ドローンで空輸することにより、現場作業員の労働環境の整備と短納期、運搬コストの削減につながる。
ドローンによる狩猟用罠の自動見回りシステム罠を使った有害鳥獣駆除の際に最大の労力になる「罠の見回り」を、ドローンを使用して自動化するサブスクリプションモデルのサービスです。本サービスによって、有害鳥獣駆除を行う猟師や農家の方などによる罠の見回り時間や移動コストの削減が可能になります。
ドローン及びサーマルドローンによる調査事業ドローン及びサーマルドローンを様々な調査事業に導入し、安全かつ高精度な調査事業を確立・提供し、安心して暮らし続けられる社会の構築を目指す。
ドローンを活用した非接触型農業支援サービスへの新規参入海外展開及び地域の産業振興に特化したコンサルティング会社による、「ウィズコロナのサービスに着目した、この地域初となる農業ドローンを活用したセンシング及び散布事業」への事業転換。
ドロ-ンで安心と美観を整備 点検・報告書作成業務事業計画お金のかかる建築物の点検・検査作業に於いて、ドローンを活用することにより、正確で安全、しかも安価で報告書作成業務までを行うことにより、オーナー様にも喜んでいただき、改修・改装が必要な建物については弊社の本来の設計部門のアピールも出来る事により、相乗効果を期待して、弊社の新分野での点検・撮影・報告書作成業務を立ち上げる。
高精度完全飛行ドローンによる農薬散布、飛行講習及び機体の販売事業今まで手作業や無人ヘリコプターで行っていた農薬・肥料の散布を高精度測位かつ完全自動飛行が可能なドローンを活用して安全に、正確にそして効率良く行う事業である。また農薬散布ドローンの販売と飛行に必要な講習も行う。
空の移動革命を視野に入れた物流系ドローン操縦講座開設運営する名古屋守山ドローンスクールに現在の空撮系回転翼ドローンの操縦講座に加えて物流系VTOL型ドローン操縦講座を加えると共に三河分校設立等で国家資格制度化時に総合的な民間講習機関の登録を目指すと共に旅客系、観光系の先進空モビリティサービス提供に備える。
免許制度を見据えた産業用ドローン専門教育プログラムの開発2022年度から国家資格となるドローン免許制度が導入される。新規でドローン教習事業に乗り出し、需要が大きく伸びる産業用ドローンの専門教育プログラムを開発する事で事業を再構築する。
人手不足でも生産性を高めるドローンを活用した地域貢献事業物流業界にドローンが参入する前に、農薬散布、肥料散布を中心に測量や構造物の点検業務など、今後ドローンの活躍が見込まれる分野に積極的に進出する
ドローン・電気設備保守技術を活用し高圧線点検事業へ新分野展開外部環境の急変により、既存事業売上が激減している。電気設備保守技術・ドローン操縦技術を活かした革新的高圧線点検サービスにより、点検作業の効率化・低価格化という価値を提供、業績回復と女性雇用促進を図る。
災害時の情報収集及び警戒監視のための「災害対応支援システム」災害発生時における人命救助や重要防護施設の警備での使用を念頭に、情報収集装置、災害状況解析装置及び状況監視用ドローンなどで構成されるシステムを移動可能な車両に組み込んだものである。
ドローン市場参入によるアフターコロナ社会の中における収益分散化を目指した再構築事業ブラスチック射出成形による自動車部品主軸体制から、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)によるドローン部品生産分野に参入し、事業のリスク分散化を図るとともに、将来的に CFRP 素材による電気自動車部品加工の受注につなげる。
ドローン技術によるスマート農業の提案でポストコロナ時代へ挑戦ドローンの先端技術を活用しスマート農業のコンサルティング業務として、農薬散布やリモートセンシング技術による、農作業の省力化・労力軽減・コスト削減を提案する事業。
ドローン及びレーザースキャナを用いた文化財測量調査事業ドローン及びレーザースキャナを用いて点群情報による立体的な多点測量を行う新分野展開を行う。そのための機械装置・システム構築費としてドローン、レーザースキャナの購入を行う。
SDGs道路舗装修繕工事対応 最先端のICT測量システム“測量美術”を用いた 道路測量事業分野への新分野進出計画弊社のコロナ禍での経営危機を打破する為、最新の地上型レーザースキャナによる三次元計測データに高性能小型ドローンの写真測量で得た色彩情報を融合させた最先端ICT活用型道路測量事業への新分野へ進出する計画。
ドローンを活用した建築物無人点検を安全・高品質・低コストで実現する業種転換建築物点検メンテナンス市場における危険作業や高齢化による人材不足と従来工法による高コスト化といった課題を抱える不動産オーナーや建築事業者に対してドローンによる無人点検と赤外線解析技術を、安全、高品質、低コストで提供する。
外壁工事受注に向けたドローンの導入とデモンストレーションスペースの創設内装工事を主体とした当社が、多数の技術有資格者を保有している強みを生かし、ドローンを使った外壁点検調査事業を開始します。これにより関西では導入実績の少ない競合との差別化を図り、産業規模の大きい外壁修繕工事への受注獲得を目指します。
ドローン操作やCG作成を取り入れた体験型学習支援サービス・現代版てらこやの運営コロナ禍により店舗で対面販売している文房具、制服の売上が大幅に減少したため、店舗・倉庫・作業場を撤去・改装し幼児・小学校低学年向けにドローン・CG作成など先端テクノロジーを教材に取り入れた学習支援業を新規展開する。
ドローン記念撮影代行サービスコロナ禍で外出が困難な現状、学校行事の自粛による子供への影響がある。これまでの卒・入学式とは異なり、撮影会のようになってしまっている。 そこでドローン記念撮影代行サービスを提案。新しい体験価値を生み、記念に残る卒・入学式にしたいと考える。
設備点検用ドローンを活用したタンク・煙突等の点検・非破壊検査事業当社はサーモグラフィ法での電気設備等の診断を主体としてきたが、業績を回復・安定させる新しい設備診断メニューが必要と判断し、当社の非破壊検査のノウハウが活き、これまで人による目視検査で行われてきた大型/狭小空間の内面をドローンで検査する設備診断事業を立ち上げることとした。
スマート農業促進へ寄与する高効率・高精度加工体制の構築による新分野展開新型コロナウイルスの影響により既存事業が打撃を受ける中、スマート農業に向けた農薬散布用ドローン等の需要が拡大している。本事業により、丸物の高精度加工及び効率的な加工を実現する複合旋盤加工機を導入し、ドローン市場へ新分野展開を図りV字回復を目指す。
ドローンを活用した高精度航空レーザ測量と研修の新事業展開ドローンの技術の進歩により、高精度の航空レーザ測量が航空機と同等レベル以上で安価に測量できる機種が誕生したことを契機に、新分野としてドローンによる航空レーザ測量事業に参入する。また、同時に自社以外の測量士に対して、ドローンによる測量が正しくできるように研修、セミナー事業を同時に展開していく。
農家が抱える問題の解決に向けたドローンを活用した薬剤散布による農業支援サービスの提供弊社は創業当初から、主として造園・園芸・観葉植物のレンタル事業を行ってきました。ポストコロナとして、高齢化が進む農業において、無人航空機(ドローン)を活用した薬剤散布のサービス事業に取り組みます。
ドローンによる地域活性化のための複合サービス施設の運営事業新型コロナウイルスの影響による売上減少を打開すべく、ドローン講習、保守、農業・産業省力化サポート等多様なドローン事業を行う複合施設を運営し、事業の再構築を図ります。地元密着型の取組で地域を活性化させます。
ドローンを活用した全国ゴルフ場への薬剤散布・散布用機材開発を基軸として、スマート農業へ新展開していく事業計画イベント現場での工事等を事業とする当社は、新型コロナウィルスの影響により売上高が減少したことを受け、ドローン機材開発及びゴルフ場への薬剤散布、スマート農業への取り組みを展開することでコロナ禍においても成長しうる事業の柱を構築する。
自動車教習所運営ノウハウを活用した、ドローン教習所事業の立上げ自動車教習所運営ノウハウを活用して新分野に展開し、新たにドローン教習所事業及びドローンに関わる付帯事業を立ち上げ、事業を再構築する。
航空法に適したドローンパイロットの育成。奈良ドローン教習所の開校2022年から空の世界が変わります。ドローンの操縦ライセンス制度、機体の認証制度等、改正される航空法に基づいた学習カリキュラムとドローンを安全に操縦する為の操縦技術を習得できるドローン教習所を開校します。
ドローンをフル活用し地域と日本の衣食住の更なる発展に貢献する建設塗装業を営む当社は、コロナ禍で非常に深刻な売上減少に苦しんでいる。そこで、思い切った打開策として、現事業で高所点検等に小型ドローンを活用している強みを生かし農薬散布、資材搬送、災害救助等のドローン事業で売上増と社会貢献を目指す。
最先端ドローンを活用したスマート農業支援サービスこれまでに培ってきた農業兼飲食店の知見を活用しながら、最先端ドローンを使用した農薬散布などを行う「スマート農支援業サービス」に取り組み、新分野へ進出することで新たな売上・利益を創出するとともに地域経済の回復、従業員の雇用維持、地域農家の生産性向上に貢献する。
アミューズメント事業からドローン事業への新分野展開新たなテクノロジーである「ドローン」を使った事業展開を目指す。常設屋内型のドローン練習場を建設し、ドローンのエンタテインメント性、スポーツ性を用いた「ドロ-ンサッカー事業」、ドローンパイロット育成「ドローンスクール事業」を展開していく。
新しくドローン事業に取り組み経営基盤を強化し地域農業に貢献する地域農業維持のため法人を立ち上げ現在農地の集積を進めている。防虫対策等の動力散布機による農薬散布は高齢農業者には作業負担が大きく、この業務をドローン事業で受託することで経営基盤を固めるとともに農地集積を加速させ、地域農業に貢献する。
元ヘリコプターパイロットによるドローン事業への参入新型コロナウイルスの影響により大きな影響を受けている飲食店事業に替わり、事業主の経験と知識を生かしたドローン事業に取り組むことで、ウィズコロナ・ポストコロナに対応できるよう業種転換を実施する。
自治体と協業しドローンを活用した地域防災事業の事業再構築計画業界大手のドローン講習団体の支部という立場を活かし、自治体と協業しながら、ドローンを活用した防災事業(防災協定に則った防災訓練、ため池調査、防災パイロットの育成及び技術講習)に取り組む。
ドローンのメンテナンス、修理場の開設とオリジナルドローンの製作販売呉市発のドローンの修理、改造のノウハウを活かしたドローンのメンテナンス、修理事業を展開。3Dプリンターを活用してオリジナルパーツやオリジナルドローンを製作。事業紹介の為のHPと販売の為のECサイトを構築する。
ドローンを利用し、建設・災害現場などで測量・点検等を行う。既存事業では、当社の事業規模が漸減している。そこで、ドローンを利用する事業に挑戦する。これは、作業現場での人為削減・危険個所での人的作業の回避等、人材不足と働き方改革に利するサービスの提供であり、需要が大きいと考える。
最新測量ヘリコプター導入による、測量業務の新サービス開発と売上拡大ドローンレーザー測量で対応できない、山間部・都市部・被災地等の高度広域測量において、最新測量ヘリコプター導入による短納期・低コスト・高品質な新測量サービスを行い、コロナウィルスの影響を乗り越える。
水中ドローンによる水産業支援システム構築わが社は空調設備製造業1社からその設備の設置を請負っているが、コロナ禍の影響で売上が激減したため、水中ドローンスクールの強みを生かして、水中ドローンインストラクターらによる、水産業支援システムを構築する。
高齢者介助付き貸切別荘型宿泊事業(農業・ドローン体験も)ご高齢、障害をお持ちの方が、周りの目を気にせず、家族水いらずでリラックスして泊まれる宿泊施設を行う。さらに子供たちは田植え、稲刈りなど季節毎の農業体験と空撮ドローン体験を提供。一家3世代を介護資格者がおもてなしする。
補償業務DX化パッケージ・コンサルティングと非破壊調査事業の展開長時間を要す補償業務の対面調査等を最小化するために当社オリジナルのデジタルツールをパッケージ化し同業他社へのツールの導入・活用と教育カリキュラムまで一貫したコンサルティングとドローンによる非破壊調査事業
コロナ禍に活路を開くドローン等活用型建物調査・診断業務実施事業コロナ禍による売上低下の危機を脱するため、建物調査・診断の方法を従来の打診法からドローン等活用型の手法へと業態転換することにより、迅速・安価な調査・診断を実現し、既存事業との相乗効果による売上の回復・増加を目指す。
ドローンを活用した販売・調査業務・講習・カフェによる業態転換コロナの蔓延により、元請企業の外注費削減が著しい。ポストコロナを見据え、急速に市場規模が拡大しているドローンを活用した調査業務・講習・販売カフェ事業の分野で先駆的企業になる為の事業転換で経済社会の変化に対応する。
地産地消の飲食店が地元農業にドローンで貢献する⑴農薬散布を代行する
農業者の方々とのネットワークを活かし、ヘリ防除には出来ないサービスを広げる
⑵農業用ドローンの整備拠点を作る
産業用ドローンの運行・整備の法整備が進む中、新しい産業を創出する
最新測量機器の導入による新規事業開拓計画本事業で導入予定の機械と弊社保有のドローンを併用することにより、高精度の3次元点群データ・オルソ画像を作成することができ、災害時の被害状況等が迅速に把握することができ、迅速な復興作業を行うことが可能となります。
ドローン農薬散布の代行により農業生産品の付加価値向上と経営安定化事業ドローンによる農薬散布の代行サービスを提供しながら、我々の農業経験を活用し、農薬やそのほかの肥料の散布等にて農業経営者の省力化と付加価値の向上させ地域イノベーションに貢献する。
最新型ドローン農薬散布機の導入による稲作空中防除事業農業専用大型ドローンを活用した農地への農薬・除草剤散布事業を行います。農業用大型ドローンは先端デジタル技術により農地の効率的な農薬・除草剤散布ルートを測定し、精度の高い散布を可能にするとともに、手作業による散布作業時間を3分の1に削減することで、農家の生産性を向上させます。
ドローンを活用した業務請負事業の立ち上げによる事業再構築既存事業(飲食業)がコロナ禍の長期化により回復の兆しが見えない状況である一方、近年のドローン活用サービスの急速な伸長と需要の高まりに触れ、飲食業の顧客の中に協力者と潜在顧客が多数存在することに気づき、ドローンを活用した農薬・肥料散布と建造物等点検事業を立ち上げる。
ドローンスクール事業計画書当社は貸切バス事業を営んでいますが、売上減少のため国の登録を受けて民間講習団体の認定を受けたドローンスクールを開設し事業展開を行います。当社の輸送での経験(安全マネジメント)を活かしドローン事業でも安全向上のカリキュラム作成をおこないお客様にあった商品販売をしていきます。
日本製産業用ドローンの海外展開事業コロナ過で主力の粉ミルク輸出が激減したため、かねて計画していた国産ドローンの海外展開事業を実施する。
はじめに台湾で日本製ドローンのスクールや展示会出展により日本製ドローンの認知度向上と販路拡大を図る。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
コラム「ドローンに使える!ものづくり補助金の採択事例集」