【事業再構築補助金】兵庫の飲食店の採択事例集(第4回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-hyogo-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、兵庫の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

兵庫の飲食店の採択事例(第4回公募)

事業計画名事業計画の概要
アフターコロナ時代に新たな“集いのBar”新規開店事業アフターコロナに向けて減少してしまった集えるBarを新規開店2階店舗で焼肉店を経営しており2件目需要の回収をして売上増加を目指します。食品ロスの少ない点や来客人数を制限しやすく新型コロナウイルス感染拡大防止策も行いやすい
地元兵庫県の神戸牛・但馬牛を使った焼肉店の新規展開による事業再構築計画神戸市・西宮市にレストランなど5店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。る
テイクアウト中心の店舗への転換と新たな商圏・ターゲットの獲得コロナの影響をうけ既存店舗での店内飲食利用が激減。自慢の料理を活かしたテイクアウト店へ転換するとともに、テイクアウト需要が見込まれるマーケット(工場、商業施設等)に思い切って移転することで、コロナ禍からのV字回復を図る。
スナックで得た人脈や経験を使って挑む韓国料理店への新分野展開スナック店で培った経験値に加えて代表者自身が韓国出身という特徴を最大限に活かすことができる韓国料理専門店へ新分野展開を計画することで、苦境に立たされたコロナ禍の現状からの復活に挑戦する。
飲食店に特化した人材紹介ポータルサイトの運営ポータルサイトによる飲食店の紹介・人材紹介を展開する。掲載料は無料とし、成約時に成果報酬を頂く。ポータルサイトをフックに、そのお店にあったチルド商品や店舗運営を提案する。
播州地方の豊かな食材を和定食とフードボックスで提供するレストラン事業遠方からのビジネス宿泊客に対して、地元播州地方の食材を愉しめる食事を安全・安心の店内で提供する。また、部屋食をご希望のお客様に対しては環境に配慮したフードボックスで提供し、当ホテル自慢の客室でくつろいでいただく。
韓国料理のキンパとピンス専門店の新規出店新型コロナウイルス感染拡大により、既存事業である立ち吞み業態の売り上げは激減しており、テイクアウトを主体とする事業展開が必要であると考えた。自社の得意な韓国料理であり他にはないキンパとピンスの専門店を出店。
地元食材(酒米)をつかったメニューで、若者と地域をつなぐコミュニティカフェ既存事業を活かして、地元食材(酒米)を取り入れたメニューづくりと、新設大学の学生等と地域の方々の交流や出会いも生み出すコミュニティカフェを開業し、地域活性化を目指す。
丹波篠山の立地と地域ネットワークを活かしたグランピング事業の展開コロナの影響による売上激減の危機を打開するため、既存の事業所の隣の土地を活用し、近年人気が高まっているグランピング事業を開始する。丹波篠山のブランド力と地域ネットワークを活かした集客を行い、新たな事業の柱を確立する。
笑顔の絶えない明るいドライブスルー店と自動販売機で地域貢献喫茶店及びレストランとして営業してきたが、ドライブスルー形式の店舗に業態転換することにより、遠方の新規顧客を開拓する。また、店舗裏の倉庫部分を自動販売機コーナーとして改装し、若年層の顧客を確保する。
自社強みを生かしたコロナ禍に対応するセルフ脱毛店の開設事業既存店舗の倉庫スペースを改装し、接遇等自社の強みを生かすことによってコロナ禍で需要が伸びている「セルフサービス」による脱毛店舗を開設する。これによって既存の「飲食事業」に新たな収益の柱を加え経営を向上させる。
大規模商業施設に出店し、新規顧客開拓を図り、事業再構築を行う男性のサラリーマン層を中心に丼物・麺類を提供する老舗飲食店。課題は女性層等の取込み。新商品を開発及び近隣の大型商業施設に出店(業態変更)し、女性層等を取り込み、売上向上・経営の安定を図る。
テイクアウト唐揚げ弁当専門店での新業態展開新型コロナウイルス感染拡大により店内飲食である焼肉店の売上が大きく減少している。アフターコロナに於いても需要の回復は7~8割程度と予想されることから需要の高い唐揚げ弁当のテイクアウトを新規事業として展開する。
割烹(懐石料理)を完全廃止。うなぎ料理専門店『うなぎ辻判』へ事業再構築創業から200年続く「割烹辻判」。コロナにより大きな影響を受けたことで懐石料理の提供を完全廃止。新たにうなぎ専門店『うなぎ辻判』に再構築します。それに伴い、ターゲットを団体客から個人客へ。若い世代でも利用しやすい店にリニューアルします。
居酒屋業態を昼型の中国料理業態に転換しコロな渦での雇用の継続と売上の確保を目指す。現在、夜型の居酒屋業態を運営中でしたが、今回のコロナ渦での休業・時短要請により売り上げが減少する中、新たに昼型・食事が中心の中国料理業態に業態を転換、展開し雇用と売上の確保を目指し継続できる企業にする
老舗料亭が次世代に繋ぐ「食・伝統」文化発信・物産販売事業神戸で100年超の歴史を持つ老舗料亭が日本の食文化や伝統工芸を後世に伝えるため自社ブランドの物販事業を立ち上げる。日本が誇る和食・和菓子をはじめ伝統的な工芸品のオリジナル商品をメーカーと企画販売することで日本の技術の素晴らしさを国内外の人に伝えることができる。
地域密着型鮮魚店の開始と仕入れ等相乗効果による海鮮居酒屋復活計画これまでの海鮮居酒屋の経営ノウハウと代表者の過去の鮮魚店での勤務経験を活かし、地域密着型サービスを取り入れた鮮魚店を開始します、また、仕入れなど相乗効果を活かし、コロナで被害を受けた海鮮居酒屋の経営の復活を目指します。
居酒屋の人気メニューを活かした住宅街の古民家カフェ事業「塩おでん」をはじめとする居酒屋の人気メニューを活かし、関西近郊では珍しい住宅街の古民家を確保し、ランチ主体のカフェ事業をランチ需要が旺盛な神戸市の須磨ニュータウンで行う。
健康と美容を追求した韓国料理店の住宅立地出店によるテイクアウト販売強化コロナ禍により関西都心のオフィス街で営む飲食店業態の売上が大幅に落ち込んだことから、韓国料理の知見を活かし、健康と美容を追求した韓国料理店を住宅立地へ展開し、本格的なテイクアウト販売に進出する。
「旬の国産野菜」と「最新の急速冷凍技術」を用いた冷凍惣菜の製造販売事業最新の急速冷凍技術を活用して地元の旬の野菜を用いた冷凍惣菜を製造し、ECサイト等で通信販売する新規事業を立ち上げ新分野展開を図る。
老舗寿司店から新規ブランドを立ち上げ日常食提供への新分野展開高級寿司専門店のイメージを新ブランド立ち上げで払拭し、食のカテゴリーを増やして、日常食を長期契約の定額戸配、贈答品のネット販売、24時間対制の自動販売機販売の三事業を新分野事業として開始する。
スペイン料理店でスペイン語とスペイン料理のハイブリッド授業コロナ禍によるスペイン料理店の売上減少を補うため、ビジネスレベルのスペイン語力を活かし、他店との差別化や集客で売上増加が見込まれる「スペイン語、スペイン料理教室」事業を開始することで新分野展開を図る。
感染症対策と客単価増を両立する小グループ対応型しし肉料理店への事業転換コロナ禍で事業スタイルを新しい生活様式へ対応する必要がある。大人数の宴会メインだったターゲットを多種多様なしし肉料理を扱える強みを活かした小グループ対応型専門店に事業転換し、事業継続につながる新たな客層開拓を図る。
農家レストランが旬野菜を農園の見渡せる人の集う加工場で新提案当店は農家レストランを経営しているが、コロナウイルスによる外出自粛等により、売上が減少している。新たに「人の集う加工場」を作り、加工品の製造販売、およびワークショップ等の開催を行うことで売上確保を目指す。
飲食店で培ったメニュー開発の経験を生かしレトルト食品事業へ新展開飲食店経営から食品製造販売事業へ。コロナ渦での安定している食品小売事業及び拡大著しいECサイトへの進出し、V字回復を目指す。
ピザ新商品開発と移動販売による新規顧客の獲得現在はサンドウィッチを主力としたカフェで、店内飲食、テイクアウトを行っているが、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たな顧客層向けにピザ商品を開発し、店頭および移動販売による販路開拓を行う。
揚げないカレーパンのテイクアウトのみでの店舗の営業店内飲食店営業からの物販のみでの新規事業。焼かないカレーパンを地元、神戸ビーフをしようした、お土産にも喜ばれる店舗の経営
山の茶屋とスペースレンタル事業で地域交流の活性化計画岡本駅前の立地から徒歩15分山手の住宅地へリロケーション。糀カフェのメニューは登山客及び登録者向け弁当デリ販売と簡略化し、登録者同士のマッチングとスペース運用で地域交流の活性化を促進する事業へ転換する。
有名ホテルの味を再現したレトルト商品の製造販売を行う!当店は飲食店を三店舗経営しているが、コロナの影響で売上が大きく減少している為、事業再構築を活用して自店で有名ホテルの味を再現した独自性の高いレトルト商品の製造販売・他社の委託パック詰めを行う事によって売上増加を目指す。
飲食業から製造販売業への転換による事業再構築計画現在運営する飲食店(TAKOダイニング井の万)にて開発したコンテンツを基に冷凍食品の製造販売、製造ネット販売を行う。そのための工房を設営する。これにより店舗依存型から無店舗型トップライン構築を図る。プロトン冷凍機を導入することで他社との差別化を図る。
地元ジビエ食材を活用した宅配事業への取組による廃棄処理問題への対応近年ジビエと言う言葉は広まり、地方の郷土料理や一部都心で食べることが出来る様になった。しかし、現在全国で捕獲された内の9割は廃棄されている。今回、当店の調理技術を活用し宅配事業への取組みにより、食に携わる企業として、廃棄問題に取り組む。
テイクアウト、EC販売進出による新販売チャネル構築と顧客獲得withコロナ・afterコロナを見据えて、淡路ビーフ正規取扱指定焼肉店の強みを最大限に活かし、必要な設備導入により、新たな販売チャネルであるテイクアウト、EC販売に取り組むことで事業の再構築を図る。
密が懸念される大宴会設備の撤去及びテイクアウト等設備導入計画既存の宴会用スペースについて、密になりやすく、今後は宴会需要の回復は見込めないことから、当該スペースを撤去し、中食事業用の厨房を設置することで、芦屋市のハイクラス層向けにデリバリー事業を積極展開する。
和食を中心にお酒と対話を楽しめる「おばんざい店」に転換する。新型コロナウイルス感染症による飲酒慣習の変化を受け、地場の食材を用いた和食を中心とした食事とそれに合わせて嗜好性の高い地場のお酒と対話を提供する「おばんざい店」に事業を転換する。
コロナ禍および緊急事態宣言の影響が大きいバー経営から昼間営業のカレー店への事業転換現在行っているバー経営は、コロナ禍の影響をもろに受け、緊急事態宣言等による休業要請、時短要請、および顧客の外出自粛により、ほとんど売上が上がらなくなった。コロナ禍がいつまで続くか分からない状況下で同事業の継続は不可能と考え、当社は、バー経営の調理経験と経営経験を踏まえ、昼間営業のカレー店へ事業転換し再生を図る。
中国料理とトンカツのデリバリーテイクアウト&冷凍トンカツ通販事業2019年11月に開業してから5カ月後に新型コロナウイルス感染症の影響により事業に大きな影響を受けています。新店舗を構えテイクアウト&デリバリー事業に参入し、冷凍トンカツの通販事業を行います。
大人の為のお酒と共に楽しむ焼き菓子のインターネット通販店頭で接客しながらの営業形態であるバーには成長が見込めない。パティシエのスキルを生かしてDtoCに特化した事業展開を行う。
老舗焼肉店が始める日本庭園付き古⺠家で食べる「肉そば」事業現在焼肉店を運営しているが、既存店舗よりも低単価で誰にでも気軽に来店が可能となる幅広い顧客層向けに古民家を再生した日本艇庭園付き「肉蕎麦屋」を開業する。
ピザ窯を設置してピザを主体とした窯料理店への開店「炭焼きべらみ」の店舗を改装し、ピザ窯を設置してピザを主体とした窯料理店を開店する。イタリアン出身のシェフによる、ピザと素材を活かした料理・テイクアウト商品を提供していく。
ゴルフバー運営からプライベートゴルフレッスン事業への参入三ノ宮駅から徒歩1分という好立地を活用し、ゴルフバーが営業していない昼間の時間帯(10時から20時)に、レッスンプロによるプライベートゴルフレッスンを実施します。
キッチンカー・ネット販売への進出による居酒屋実店舗以外での収益確保時短要請や顧客減少で居酒屋の売上減少・1店舗を閉店した。シェフの雇用を維持するため、店舗で人気のパスタを中心とするキッチンカー販売・パスタソース等のネット販売を新たに開始することで収益を確保する。
ウィズコロナ対応-神戸の洋菓子事業新型コロナウィルス感染症の影響を受けにくい事業としてカヌレ&生キャラメル専門店をオープン。現状順調にブランドの認知度が高まっている状況を鑑み、セントラルキッチンを製作し商品の製造能力の向上、大量生産によるコストダウンを図る。
環境配慮型コーヒー菓子通信販売事業喫茶事業を通して得たノウハウを活かし売上減少喫茶店舗を縮小、新たに菓子製造施設に改装し環境にも配慮したコーヒーチョレート菓子を開発し通信販売することで業態転換新します。
オーガニック食材のランチをくつろぎの空間で提供するレストランカフェコロナによる宿泊者数の減少により稼働率が落ち込んでいるホテルで使用している朝食・夕食用の食堂を改装し、地元住民やビジネスマンへランチ提供を行う。地元オーガニック食材を使用し安心素材の食事と、おしゃべりや仕事をしながらゆっくり過ごせる空間を提供する。
既存事業での強みを活かした喫茶店事業の開始既存事業である立ち飲みバーではアルコール提供制限の影響をうけ、大きく業績が悪化した。感染症の収束が見通せない中、喫茶店事業を開始する。既存事業で培った若者への訴求方法を活かす。
コロナ禍でも安心な次世代デジタル化非接触のチャーシュー重で再構築しますラーメン屋10年以上のノウハウの詰まったチャーシューのお重を主力商品します。積極的にデジタル化を取入れコロナ禍でも安心安全な非接触性の高いタッチパネルオーダーシステムを採用し従業員の労働難易度を下げ積極的に雇用促進を図っていきます。また10年後、姫路のソウルフードになれるよう積極的に発信していき地元で愛される店舗運営を行います。
自家製「あんこ」と「わらび餅」の製造卸売事業地域で人気の鯛焼き店の自家製あんことそれを利用したわらび餅の製造卸業をしフランチャイズを開始する。こだわりの原料をフランチャイザーに提供することで、多くを卸売りすることが可能になる。
勲章料理人「大田 忠道」の料理技術を活かし割烹スタイルでの食事提供と全室露天風呂付き客室の新旅館計画黄綬褒章、瑞寶單光章を授与された料理人「大田 忠道」の料理技術による割烹スタイルでのパフォーマンス料理と全室露天風呂付き客室により宿泊客同士のコロナ感染リスクを大幅に軽減、外国人観光客の来館にも安心して宿泊が可能な新旅館計画
ノンアレルギーパスタとやみつき新感覚の食べるカレーで業績V字回復アレルギーに配慮したノンアレルギーパスタと当社オリジナルのやみつき新感覚食べるカレーを中心に中食産業に新規参入します。コロナ禍でも食を楽しみたい方にテイクアウトやネット販売し、業績のV字回復を達成します。
サムギョプサルを提供する焼肉店を開業して事業再構築する計画コロナ禍により既存の居酒屋の売上が激減している。コロナ禍で増加した焼肉店需要を獲得すると共に、ファミリー層なども利用可能な焼肉店とすることで顧客の層を広げ、新たな収益を得られる事業を再構築する。
但馬牛の本場「但馬」に作る一戸建てプライベート空間「はなれ」で本物の但馬牛料理を提供するコロナ禍で居酒屋の業績低下が著しい。そこで当社の強みである「肉」事業に経営資源を集中し、地元ブランドである但馬牛を使用したしゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキ等の牛肉料理を、コロナ対策や完全個室のニーズを満たす「はなれ」で提供する、革新的な新事業を展開する。
日本初の冷凍技術で全国のアレルギーっ子へ安心・安全と笑顔をお届けする事業特許取得予定の冷凍技術を使用し「安心安全で美味しいアレルゲンフリーの食品」を製造・販売する。工房にて製造した食品を自販機・実店舗・オンラインを通じて販売し、全国のアレルギーっ子に笑顔を届ける。
ミートマルシェAKANOREN~既存ノウハウを活用した新規事業による販路拡大~自社の牛肉調達ルートと調理ノウハウを活用した牛肉メニューの食品製造販売、通販事業に新規参入することにより、外食専業のビジネスモデルを再構築し、コロナ禍でも売り上げと利益を確保できる事業体制に転換する。
全席個室・半個室化および店内デジタル化で焼肉食べ放題への参入兵庫県神戸市のしゃぶしゃぶ店が、強みである素材調達力や運営ノウハウを活かし、焼肉事業に参入する。全席個室・半個室化や配膳ロボット・モバイルオーダーシステムの導入により、感染対策としゃぶしゃぶ・焼肉食べ放題の提供を両立し、売上をV字回復する計画です。
海と空とアイランドワーケーション ~コロナを乗り切る地域密着型「泊」と「ワーク」~銀行の寮を改修し、島だからこそできる地域密着型の体験と屋内外でも快適にテレワークができる環境、グループでも長期滞在が可能でサテライトオフィスとしても使えるワーケーションに特化した宿泊施設を展開し、新たにビジネス客の獲得を目指す。
プライベートドッグラン付き!オーシャンビューの貸別荘事業南あわじの灘地区という温暖で気候が安定、自然豊かなロケーションに貸別荘を2棟建設する。コンセプトは愛犬と過ごせる貸別荘。プライベートドッグランを併設し、当社の強みである料理を活かしたプランで提供する。
伊勢海老料理店の高級感と特別感に拘った中食・冷凍加工食品事業参入による販路拡大計画創業71年の長きにわたって、高級感・特別感のあるサービスに拘りつづけてきた飲食店経営の技術とノウハウを活かし、中食・冷凍加工食品事業に本格参入することによって営業収益のV字回復を目指す。
塩麹を使った溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」の開店既存店舗の客層とは違うファミリー層をメインターゲットとした溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」を開店する。これによりこれまでの居酒屋業態のようなアルコールメインの業態を脱却し、コロナ禍を乗り切る。
海の家を活用した、リゾート施設開発による事業再構築海岸沿いの海の家を改装し、弊社の持つ飲食業のノウハウを活用しつつ、ペット同伴可能かつ他者との接触のない一棟貸しの宿泊業と見栄えがSNS向けのスイーツ事業を行います。海とスイーツが映えるロケーションでの新事業展開です。
自社オリジナルの「家庭用BBQ電気グリル」を開発・製造「バーベキュー場運営会社」から「プロダクトメーカー」へ発展していく第一歩として、家庭でも本格的なBBQが楽しめる、自社オリジナルの「家庭用BBQ電気グリル」を開発・製造を行う。
食、泊、体験で多可町をまるごとおもてなし。1日1組限定オーベルジュコロナで休業に追い込まれた都会でのカフェ経営を見直し、自然豊かな田舎の多可町で、安らぎと感動の空間、各界から称賛されたシェフによる料理、地域資源と地場産業が体験できる宿泊業として転換を図る。
自然豊かな山あいにカフェ併設のドッグランを開業し業種転換を図る。コロナ禍で壊滅状態となった居酒屋の経営を縮小し、高速道スマートインターからほど近く交通至便の自然豊かな山あいの広大な敷地に、カフェ併設のドッグランを開業し、業種転換を図る。
旅館の一部を釜めし専門店へ改装し、新規客獲得と宿泊客の温泉街での滞在時間増加を目指す創業300年の1泊2食付きサービスを提供している温泉旅館が、コロナで観光客が減少する中、新しい旅のスタイルに対応した観光客の潜在ニーズを掴み、地域全体の活性化にもつながる「新たな名物料理」を専門とする飲食店を新規開業する。
淡路島の寿司職人が実績と信頼を活かしたオーベルジュ施設の提供淡路島岩屋漁港で長年培った仲買人としての魚の知識と寿司店での実績、顧客との信頼を活かして特別な(1日1組)オーベルジュ(レストランや飲食店が主体の小規模宿泊施設)事業です。
淡路島の大自然と人々の暮らしを体感できる宿泊施設“樂久登窯の宿”の開設淡路島五色町鳥飼地区で、窯元とカフェ&ギャラリー経営で16年以上商売を続けてきた“樂久登窯”のブランドと知名度を生かし、歴史や文化を継承し、地域活性化の中心となる、大自然と地元の食事を存分に味わえる宿泊施設を新規開業する。
シェアリングエコノミーを導入したジャパニーズレストラン併設沖縄県石垣市にある自社所有オーシャンビューの土地を活かして2階建て建物を建設し、新しい旅行スタイルに対応するジャパニーズレストラン併設プライベートヴィラ(宿泊業及びレストラン業)を開業する。
空地・空き家を有効活用した韓国料理レストランとアウトドア施設韓国料理レストランでありながら屋外でも飲食ができ、アウトドア要素も併せ持つ革新的な事業を新展開する。さらにBBQエリアやイベントエリア、カフェを設け、幅広い年齢層が楽しめる施設として事業の拡大を図る。
中華料理の冷凍調理食品の事業化による事業再構築弊社は、中華料理店を営んでいるが、コロナ禍による影響が甚大である。今回、新たな事業の柱とすべく、中華料理の冷凍調理食品の事業化を目指し、冷凍調理食品の生産や販売体制を確立し、事業再構築を図る。
店内飲食からテイクアウトおよびEC販売への参入、売上アップを狙う代表の修業時代に培ったイタリアンジェラートの技術を活かし、必要な新規設備を導入することによって安定供給体制を確立し、需要が急速に拡大するEC販売・店頭販売(テイクアウト)に参入する。
最新冷凍技術による冷凍食品の24時間自動販売機事業新型コロナウイルスの影響による、三密の回避及び営業時間の制約により、飲食店の売上が低下しています、そこでコロナの影響を受けにくい販路の拡大を狙い、お客さんが時間を気にせず購入できる冷凍食品の自動販売機設置のよる商品の販売、又ネット通販にも冷凍食品を流用し、自宅においても味や品質を落とすことのない冷凍技術を用いて加工された冷凍食品の販売を行います。
過疎地域に残された元銀行の建物を利活用し、地域活性化に寄与する過疎地域に残された元銀行の建物を“宿泊施設兼飲食店”として再生し、地域交流・経済の活性化に寄与することで地方創生を図る事業です。将来的には、地域の空き家利活用による問題解決や、地域住民の雇用の創出をします。
料理人とお店を繋ぐマッチングサイト(cafe's recipe)事業の発足!!弊社は兵庫県にて飲食店を営んでおりますが、自分で開業された方の料理開発メニュー等のサポートをしたいと考え、料理人とお店を繋ぐマッチングサイトの運営の計画をしました。

コラム「【事業再構築補助金】兵庫の飲食店の採択事例集(第1回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】兵庫の飲食店の採択事例集(第2回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】兵庫の飲食店の採択事例集(第3回公募)」

事業再構築補助金のホームページに掲載されいている採択事例の中に、兵庫県姫路市に本社がある有限会社市場印刷さんの事業計画がありますので、飲食店ではありませんが事業計画の策定の参考になります。
「有限会社市場印刷(兵庫県姫路市)さんの事業計画」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第5回公募の採択率は4件中4件採択(採択率100%)と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは、関西(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)を拠点としていますが、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。