【事業再構築補助金】京都の飲食店の採択事例集(第3回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-kyoto-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、京都の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

京都の飲食店の採択事例(第3回公募)

事業計画名事業計画の概要
地域に愛される喫茶店から、コロナ禍での焼肉を主とした喫茶、惣菜テイクアウト複合事業への転換従来の喫茶店事業は継続して運営し、空気回転量の高い焼肉事業をディナータイムで行うことで、コロナ禍での客単価と来客数、安定的な売上を確保し、アフターコロナ、ウィズコロナでも運営可能な形態とする。食肉のプロである息子を責任者とし、時代に適応した3代目グリーングラスとして事業を継続する。
テイクアウト餃子専門店の開発及びセントラルキッチン構築による展開テイクアウト餃子専門店の新規開業、セントラルキッチンを活用した餃子商品の販売・FC展開に取組します。新たな商品開発及び業態の開発に挑戦し、コロナ禍で市場拡大している中食/内食需要にアプローチすることで、新たな収益軸を構築します。
セントラルキッチンの構築による冷凍総菜のEC販売とOEM事業への同時参入「家庭に京都を」をコンセプトに、処理工程や無農薬にこだわった地元の食材を用いた冷凍惣菜を開発し、全国へ通信販売を行う。さらに、コロナ収束を見込んだ2年後から「丁子屋」店周辺のバーを対象とした地域密着型のOEM事業に取り組む。
日本酒・ワイン専門家の酒販店経営とサブスクリプション販売による業種転換コロナ禍による飲食業への大打撃をうけ、新たに日本酒とワイン専門の酒販店の経営とEC型受発注システムの導入によるサブスク販売に乗り出す。お酒に合わせた料理を提供できる強みを活かし試飲試食のできる酒販店を開き、他社と差別化し事業基盤の安定化を図る。
肉割烹から市場ニーズを捉えたラーメン店への転換計画現状の客単価が高い肉割烹は医師等をターゲットとしてきたものの、コロナ禍において客足が遠のくばかりである。そのため、ラーメン店へ事業転換し、客単価を下げるものの、回転率を上げることにより、ブランド力の強化を図るとともに、売上の回復を目論む。
現レストラン事業の技術をいかした冷凍ケーキのECサイト販売の展開ECサイトでの冷凍チーズケーキ販売の展開。現レストランにて培われたチーズの熟成技術を生かして「熟成チーズのチーズケーキ」をECサイトにて全国に向けて販売、冷凍で送る。
居酒屋から障がい者の自立を支援するグループホーム運営事業に転換軽中度の障がい者の共同生活を支援する『障がい者向け支援付きシェアハウス』である。管理者または世話人が在住し、障がいを持つ入居者に対して、食事や薬、お金の管理などのサービスを通じ、共同生活における自立をサポートする。
社食宅配サービス進出による増収計画店舗への来店が減少する中、当社こだわりの総菜を真空パックにし、社食宅配サービスを展開することで増収増益を図る。
ダシが自慢。老舗そば屋が手がける「京風おばんざいおむすび・京風スープ」のテイクアウト店内飲食でしか売上を上げる手段がなく、売上が大きく減少してます。そこで駅近の立地を生かし、今後需要が高まるテイクアウト販売として、当社が考案した京風おばんざいおむすび、京風スープを販売し、新たな顧客の獲得を目指し、売上増を図ります。
近江牛と近江米がウリの地産地消をテーマとした 焼肉店の新規事業計画新型コロナウイルス感染拡大、数度の緊急事態宣言による外出自粛、時短要請を受け売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な郊外型の地産地消をテーマとした焼肉店を新たに展開し、持続的な成長を計画する。
「絶品洋食」×「コーチング」でコロナに打ち勝つレストラン事業現状、ダイニングバーを展開しているが、コロナ禍で営業できない日が続いている。京都の老舗で培った調理技術とバーテンダー技術で絶品の洋食レストランへと事業転換。また、お客様の来店が少ない時間帯で当店スタッフによる「コーチング事業」を展開し、高い収益性の飲食店へとする計画でる。
ジェラート専門店を経営するパティシエの世界大会準優勝者が、新たに焼き菓子専門店を立ち上げるコロナの影響で売上が激減。新たにハイクオリティな焼き菓子専門店を立ち上げることで新たな客層の獲得をするとともに、以前からの「売上に季節性がある」という経営課題の解決も同時に目指す。
新分野展開「飲食業⇒食品製造業(惣菜、弁当、通販商材)」へ新規事業化現在19店舗の飲食店舗へのセントラルキッチンとして稼働している当社山科工場を、外販(惣菜、弁当、ネット通販)の食品製造へ事業展開し販路拡大する。
低温調理による労働生産の向上と、地元顧客の集客事業。創業から続いていた「くわ焼き」(炭火を使用した一人鉄板焼)の主要顧客が観光客と接待の中心事業から、スチームコンベクションオーブンを使用し、労働生産性を上げて、コース料理でお酒やノンアルコールのペアリングを楽しんでもらう、地元顧客の獲得事業。
キッチンカー事業への進出に伴うセントラルキッチン整備事業コロナ禍により、来店客数の減少等により店舗売上が激減。一方で、住宅街からのニーズ(巣ごもり需要)に応えるためにキッチンカー事業へ進出する。現場で調理の簡素化や提供メニューの充実をさせるために、セントラルキッチンを整備し、事業再構築を図る。
喫茶店再構築計画現在の喫茶店のみの営業から、お弁当のテイクアウト、デリバリーサービスを始める。
老舗料亭の新設サブブランドによる店舗展開及び通販事業用セントラルキッチン設立計画コロナ禍で低迷している老舗料亭「八百忠」のサブブランド「永樂」を設立し認知度向上の足掛かりとしてまずイートインを展開しているが、今後コロナ禍でも需要があるテイクアウト・デリバリー・通販事業を実施するためにセントラルキッチンを設立し、売上回復と作業効率化を図るとともに、八百忠との両立を図り、京料理文化の継承を目指す。
鉄板焼店から大和牛専門焼肉店への転換による、おひとりでも大和牛焼肉を のプランの開設ひとりでも気軽に入れる大和牛専門焼肉店の開設事業。これまで、鉄板焼お好み焼店では大和牛をステーキとして提供してきたが、大和牛そのものをお客様ご自身で調理して味わってもらう。個人店としてあくまで大和牛にこだわり、女性お一人でも男性お一人でも食べたい時に気軽に来店してもらい、コロナウィルス感染が心配なこの時期でも安心して食事を楽しんでもらえる店づくりを行う。
お好み焼屋さんから、京都発「健康弁当」のテイクアウトへ~京都産もみじ肉を使用した新感覚弁当従来店舗内での、お好み焼き、鉄板焼を中心とした飲食店の経営を行ってきたが、コロナ禍により店内の飲食客の激減により、テイクアウト販売、弁当店として、京都野菜、京都ジビエ(鹿肉)を新メニューとして、健康弁当販売をし、新分野展開をしていきたい。
中華料理店から焼き魚・豚肉・かしわ(鶏肉)専門の炭焼き弁当店へ炭焼き弁当店のテイクアウト事業を新たに開始する。来店客の注文後、カウンターにて炭火で食材を焼くことで、炎が目の前で上がると同時に焼く香りを来店客にも味わって頂ける「見て・食べて・楽しむワンランク上のテイクアウト弁当」を提供する。
喫茶事業を縮小し低糖質・京野菜をコンセプトにテイクアウトとECへの転換コロナ禍で不振の喫茶事業を縮小し、低糖質商品や京野菜を使用した商品をテイクアウト・EC販売する業態に転換する。従業員3名共が保有する調理師免許、京野菜の知識、低糖質アドバイザーの資格等を活かして独自性の高い商品を提供する。
体、皮膚に優しく、利便性の高い、美容関連の小売事業健康、美容への知識、美容関係の人脈を活用して、ECサイト、店舗で購入できる、皮膚、体に優しく、利便性の高い、美容・健康関連の商品をオリジナル開発し、きめ細やかな対応にて顧客に満足頂ける小売事業へ業種転換致します。
京都たまごの神髄!公式LINEを活用した三ツ星卵ソムリエによるテイクアウトカフェBarからテイクアウト店へ!「三ツ星タマリエが最高級の卵サンドで幸せをお届け」を新コンセプトに、公式LINEアカウントから予約、販促、顧客管理でウィズコロナの時代でも京都自慢のタマゴをお届けします。
朝からテイクアウトで滋味深いお粥を提供する事業朝食の外食・中食の需要を狙い、朝から営業するお粥のテイクアウト飲食店を展開致します。賃貸店舗をテイクアウト仕様に改装し営業致します。日常の朝食、観光の朝食の選択肢の一つとして選ばれるお店を目指します。
スマートフォンで対戦できる新たなゲームサービスの導入店内にスマートフォンで対戦できるゲームを導入し、店外にいる相手と通信でゲームを楽しんでもらう 顧客を会員性のコミュニティとして形成し、店舗に来店しなくてもスマートフォンで会員同士がゲームを楽しんでもらう
割烹料理屋の京野菜ブランドなどを織り交ぜた冷凍おばんざい販売事業長年の飲食店経営で培ったメニュー開発ノウハウ等を活かした、「リキッドフリーザー冷凍で流通を可能にした、京野菜等を用いた京料理・丹波の鮮魚販売事業」を開始するものである。
思い切って郊外へ移転!カフェから菓子製造小売業への業種転換計画京都市郊外に中古住宅を購入し、住宅の一部を菓子工房及びカフェに改装。従前のカフェで人気だったケーキや菓子類の製造に注力し、ネット通販及びカフェ店舗で販売することで小売業を伸ばして業種転換を図る計画。
手頃な価格でプロの本格イタリア料理を再現可能なテイクアウト販売当店の人気メニューであるイタリア料理をテイクアウト用に新たに開発&本格イタリア料理を具材にしたパニーニをはじめとするパン商品のテイクアウト販売の開始。それに伴いテラス席を無くし飲食スペースを縮小。
お肉が大好きな人のためのサンドイッチ店出店計画感染症対策に伴う休業要請の影響が軽微となるような、フード類メインの飲食店を計画しています。既存の物流網を生かし、セントラルキッチン方式で生産性を高め、バー形態の店舗運営で形成した仕組みとの相乗効果を図ります。
コロナに打ち勝つチキンカツ!百貨店催事で「おふくろの味」を全国展開!創業60年を超える当社自慢の鶏肉料理を活かし、全国百貨店への催事販売事業へ取り組んでいく。時間が経過しても美味しい専用商品や限定商品を新たに開発することで競合に無い魅力的な商品を全国へ届け、伸び続ける中食市場でV字回復を図る事業計画である。
無添加オーガニック惣菜の店舗販売事業既存の宅配夕食の製造販売でのノウハウを活かし、中高年の食に意識の高い顧客層に向けて、新たに地産地消の無添加オーガニック食材を使用して、和食の職人が作る家庭用惣菜の店舗販売を新規事業として始める。
京野菜ジェラートの商品開発、居酒屋からカフェレストランへの転換計画している新事業は、京都の地産農作物を原料とした「京野菜ジェラート」の開発です。加えて、新商品を効果的に販売・提供することを目的として、既存の居酒屋店舗をジェラートと洋食を提供するカフェレストランの業態に転換し、昼間は観光客層、夜間はファミリー層をターゲットとした店舗開発に取組する。
立呑み屋が新たに取り組むフードロスを防ぐキッチンカー事業コロナ禍において飲食事業の在り方が変化する為、店舗営業に頼らずキッチンカーを導入し販路拡大を狙う。仕込時の廃棄ロスが極力出ないメニューをモバイルオーダーシステムとSNSを活用しさらにロスを防ぐ方法で提供。ソーシャルビジネスを意識して長期的に取組み、既存事業にも刺激を与える様にする。
アジア料理のバーチャルレストランFC化構想料理デリバリー市場で販売実績が高く、人気のアジア料理に特化したFC本部を構築し、加盟店に簡単調理できる商品と販売ノウハウを提供。アジア料理店経営のノウハウを生かし冷凍商品は自社生産とする。
和スイーツの開発・生産体制の整備およびテイクアウト販売の強化京都の食材を活かした和スイーツを開発し販売します。店舗を改装して店舗提供・テイクアウト販売するほか、スイーツの量産体制を整えることで、他の飲食店へ卸売、オンライン通販により売上を拡大させます。
放置森林を利用した住宅リフォーム工事業コロナ禍のウッドショックで高騰している木材を自社生産することにより低コストな施工を行い、それにより地域の活性と環境保護を実現する。
日本文化の「学び」の提供を通じたお客様との新しい関係づくり創業445年で蓄積された料理をはじめとする日本文化を、オンラインサロンや体験型アクティビティとして「学び」のコンテンツとして提供する。新たな収益を確保しつつ、新しいお得意様を獲得するノウハウを確立する。
急速冷凍装置を用いた中華料理の通信販売と自動販売機での販売事業コロナによる飲食店売上の減少を補うため、店舗用の調理場の一部を用途変更し、店で調理したものをブラストチラーにより急速冷凍し、自社ECサイトを通じて、全国の消費者に通信販売する業態に転換します。また、本社と店舗に自販機を設置して冷凍食品を販売します。
無添加北海道産小麦を使用した安心安全のパン製造・小売店の事業計画書昨今の新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛、時短要請の影響で居酒屋業態をメインとする当社の売上高は大きく減少しました。そこで健康で安心安全をコンセプトにした、無添加北海道産小麦を使用し自社製造したパン小売業態を新たに出店し事業の柱を構築します。
肉食飲食店から加工肉製造メーカーへの挑戦。飲食店の弱み(店舗の広さによる客席数に限り・天候、災害等による集客減・準備をして待つ商売)を改善するために市場拡大傾向の強い「内食・中食産業」への新事業展開をする。肉料理飲食店が加工肉製造所設立という新事業で「ネット販売・卸売」を行い、既存事業のキャパを超えた市場、顧客へのアプローチを可能にする。
全国の地ビールを最高の形で届ける。クラフトビールサーバー製造事業全国全ての地ビールを取り扱うことができるビアサーバーを飲食店へオーダーメイドにて製造・販売する。今まで主に缶・ビンでの提供だった地ビールを舌ざわりの良い生ビールという最高の形で消費者へ提供することにより、飲食店や醸造家の売上向上及び地域活性化に貢献する。
飲食業として、店内飲食営業だけからを脱却する事業転換計画長引くコロナ禍を乗り越える為、又その後の外食離れを予測し、全店でテイクアウト・宅配・EC販売を開始する。セントラルキッチンを新設し、新商材を開発、大量生産する。そして、新規顧客を獲得し、売上拡大する。
ドライブスルー・非接触イートイン提供による韓国丼&スープ専門店の新規出店ポストコロナに対応するべく、既存焼肉店と“顧客・MENU・価格”の差別化を図り事業多角化を行う。新規事業としてドライブスルー・非接触イートイン提供により当地域初となる韓国丼&スープ専門店を新たに出店し事業再建を図る。
京都ブランドの京赤地鶏を活かした食肉卸売業及び小売業への新分野展開に向けての取組み既存事業の飲食店のコロナ禍の経済状況による収益悪化を踏まえ、京都ブランドの京赤地鶏を活かした食肉を中心に京都市中京区の三条商店街の一角で、事業者向け食肉卸売業と消費者向け食肉小売業及び惣菜小売業を新分野展開として画策し、既存事業とは異なる収益の柱を作るもの。
提供者から作り手へ 日本初ノンアルコールスピリッツ蒸留所開設豊かで良質な水源である、京都の水を使って、植物の香気成分を濃縮した、ノンアルコールスピリッツ(芳香蒸留水)の蒸溜所を作ります。
焼肉店の新分野展開~京都の「酒」と東北の「肴」「食」は人を笑顔にする魔法~京都と東北の架け橋となるべく、東北には美味しい食材があるという事を多くの人達に知ってもらいたい。その思いを胸に既存事業も含め、新事業の「こだわりの東北食材やお酒でもてなす焼肉店」にて、当社ならではのこだわりをもって新分野展開します。
地元京都から愛される美登幸創造プロジェクトコロナ禍で観光客が激減し閑散とした祇園町に新しい風を巻き込むべく、地元京都の方に愛される串揚げ屋を開業する。また店内2階にレンタル画廊を設けることで経営安定化を図ると共に日本の芸術文化の育成に寄与することを目的とする。
飲食店ノウハウを活用し、新商品開発を行い、中食市場へ新分野展開強みである開発力、人材力等を活用し、遊休資産となっている本店3階の空きスペースにセントラルキッチンを設置し、食に敏感な女性客を主力ターゲットに自宅でもちょっとしたプチ贅沢が味わえる中食関連商品事業を行います。
飲食事業の提供方法の変更 及び 食品小売業への新たな取り組み当社は現在飲食店を営んでいますが、コロナ禍による営業自粛・時短要請により売上減となっています。そこで本事業を活用し、店舗内を大幅に改装し新たに食品小売業に取り組みます。また、既存事業においてもコロナ禍でも安心してお客様にご利用頂けるように提供方法の変更に取り組みます。
焼肉店による「惣菜とコッペパンサンド」のテイクアウト事業ハンバーグやビーフシチューといった惣菜とそれらを使ったコッペパンサンドをテイクアウトスタイルで提供しコロナで増えた内食需要を獲得する。
美味い!安い!超早い!即飲みレモンチューハイと絶品ホルモン焼き 食べ飲み放題店!京都木屋町の繁華街において、タブレットやテーブルごとのサワーサーバー設置による、コロナ対策を徹底した低価格ホルモン焼き食べ放題とレモンサワー飲み放題の自動決済システムを導入したお店を開業する。
セントラルキッチンでの安全性の高い加熱済み調理食材の製造販売事業福知山にセントラルキッチンを設置し、京都府北部を商圏としてクックチルによるパック食品の製造販売事業を行う。新事業はウィズコロナの時代における企業の需要の変化に適応したビジネスモデルとなっており、既存事業との相乗効果も期待できるため、十分な成果が見込める。
ロースト野菜のデリカテッセンで、自宅等で楽しむ惣菜の市場へ参入コロナで変化した生活様式にあった新事業の必要性を感じて、今の惣菜市場において類を見ないデリカテッセンを構想。新たに挑むBtoC事業だが、複数出店など積極的な販路開拓により、短期間で億を超える売上高を獲得する。
ユッケ(牛生肉)製造を行うセントラルキッチンの新設と拡販新分野展開として、牛生肉であるユッケの製造販売出来うるセントラルキッチンを関西圏では初めて新設することにより、取引先のニーズに応え、既存事業との相乗効果を図りながら、事業展開を進めていきたい。
京都の老舗料亭の目利き力を活用したオープンイノベーション型中食(テイクアウト・デリバリー)事業京都の老舗料亭の目利き力を活用して、
①主に近圏を対象として、共通の容器に盛り込んだ料理を、お好みで組み合わせてもらうテイクアウト弁当事業
②WEBを通じて販売する全国配送可能な宅配料理(デリバリー)とオンラインイベントを組み合わせたDtoC事業
ミシュラン12年連続星獲得の名店による京懐石中食事業弊社は京都の花見小路の飲食店であり、新型コロナ感染症の影響によって売上が60%減少など深刻な影響を受けている。ミシュラン12年連続星獲得の実績と品質を活かして、新たに食品加工・物販に参入。新たな提供方法の導入・新商品の開発を通じた業態転換を進めていく。
食パン専門店と、併設の飲食店とを開業することによる事業再構築計画コロナにより弊社の飲食店等の売上が激減している。サンガスタジアムのフードコートで、食パン専門店と、自家製パンを使用した総菜パン等を提供するカフェを開業し、コロナ渦で激増したテイクアウト需要を獲得し、新たな収益が得られる事業を再構築する。
菓子製造拠点の構築とオリジナルブランドの強化と製造菓子製造拠点構築によりこれまでのカフェで製造・提供するのみからECサイトでの販売を拡充、あわせてオリジナルブランド製品の製造を自ら行うことでオリジナルブランドの強化を図る。

事業再構築補助金のホームページに掲載されいている採択事例の中に、京都府京丹後市にある丹後織物工業組合さんの事業計画がありますので、飲食店ではありませんが事業計画の策定の参考になります。
「丹後織物工業組合(京都府京丹後市)さんの事業計画」


コラム
「【事業再構築補助金】京都の飲食店の採択事例集(第1回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】京都の飲食店の採択事例集(第2回公募)」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は70%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは、関西(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)を拠点としていますが、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。