【医療機器の製造・販売】事業再構築補助金の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-medical-devices
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、医療機器の製造・販売に関連したものを採択事例としてまとめていますので参考にして下さい。

医療機器の製造・販売の採択事例集(第2回)

事業計画名事業計画
催事での販売代理店から家庭用医療機器の小売業へ事業転換コロナ過で催事の中止が相次ぎ、売上が激減したことから事業を縮小し、北海道産品の販売と家庭用医療機器の『健康サービス体験型』店舗を展開。集客アプリで店舗とECサイトを連動してリピート化を図り、店舗運営は業務ソフトでデジタル化した小売業へ事業転換する。
光学機器の製造ノウハウを生かした光学医療機器の製造新型コロナウイルスの影響により、売上が減少し、水準まで戻るには相当程度の期間を有すると考えられる。そこで、売上が1社からのみの事業構造の脱却と、光学製品の製造ノウハウを生かせる光学医療機器の組立・製造による事業再構築を行う。
航空機部品加工から医療機器部品加工への新分野展開治具設計製造部品を縮小、量産生産体制を再構築し新規導入高性能装置にて医療機器部品の無人加工を目指す。よって、経営の安定化と高付加価値生産を実現する事業計画
レンタル事業及び感染症対策商品提供による地域医療・社会への貢献主販売先である医療機関の他、老人介護施設や保育施設等にも感染症対策用品の販売先を拡大。また医療機関のニーズに応え、医療機器のレンタル事業を展開。そのためレンタル機器や諸用品・機器の保管のため新倉庫建設が急務。
3次元設計力を活用するハイブリッドブランク工程確立による医療機器市場の開拓パーツ図面のみから最終製品を組立する設計分析力を活かして、医療機器向け電装品を生産する。このため曲面など異形状部品を複合加工するファイバーレーザー複合マシンを導入して、新生産方式を構築する。
新規市場参入に向けたDX工場設立本事業では新しく医療機器・環境機器メーカーと取引するためDX新工場を新設する。当社の課題であった製造スペース確保を解消するとともに、デジタル技術を用いて工程の自動化を行い、生産性向上を実行する。
ロボット手術新市場に今までなかった新たな製品による新規参入医療機器のトレンドであるロボット手術の市場ニーズに対する課題解決を可能とした、今までにない新しいコンセプトの電気メスの開発事業
医療機器部品製造への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、印刷機械部品、空圧機器部品製造を主力とした既存事業から、2スピンドルCNC複合加工機の設備導入と自社技術開発により生産工場を図り、マンモグラフィ等医療機器部品製造への新分野展開を目指す事業再構築です。
革新的レーザー光学技術で挑む高度医療機器事業のグローバル展開発展が期待される医療用機器への市場参入のため、高機能の開発・製造専用の設備を導入し、弊社が培った革新的レーザー光学技術をもって新医療機器を開発することにより、高度医療機器事業へグローバル展開を図る。
腹腔鏡手術コントロールケーブル開発と新分野展開当社は、車両や建設機械に使用するコントロールケーブルの専業メーカである。本事業では医療機器向けに、腹腔鏡手術用コントロールケーブルを開発し、その量産ラインを構築することで、事業拡大を図る。
高齢化及びコロナ禍で需要が拡大している医療機器のワンストップ成形事業の展開当社の主要製品である自動車部品売上はコロナ禍により減少している。一方、高齢化やウィズコロナの時代により医療機器の需要は拡大しており、医療機器に使用される小型・中型・大型の樹脂製品をワンストップで製造して欲しいとの要望を受けている。よって当社初の大型成形機を導入することで顧客要求を満たし、事業を再構築する計画である。
仕事と余暇の両立を目的としたワーケーション×健康医療分野の施設運営で、コロナ禍における新たな様式の事業化を構築する健康推進プログラムをビジネスパーソン向けに医療関係者のノウハウを活用し提供します。山中湖のリゾート地で、仕事と余暇を医療機器等を用いて健康を推進し、仕事の生産性向上を実現します。
医療機器部品製造への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、自動車用レース試作部品を主力とした既存事業から、CNC同時5軸多面加工マシニングセンタの設備導入と自社技術開発により生産性向上を図り、医療機器部品製造への新規分野展開を目指す事業再構築事業です。
静脈麻酔薬プロポフォールモニタ製品化による医療分野への展開研究機関、研究開発部門向けリアルタイム分析機器の製造から、新分野展開として静脈麻酔薬プロポフォールモニタ等を製品化し、周術期生体情報モニタリングというニッチな適用分野で医療機器製造業者として医療市場に参入する。
医療機器向け電子基板実装・組立ライン新規構築による新分野進出主業である自動車部品向け基板実装は海外製との競合やコロナ禍での生産停滞により業績が不安定となっている。“自動車品質”を活かして新たに高精度・多品種少量・高価格の医療機器分野に新規事業展開し、経営基盤を強化する。
精密機器運送の実績を活かした医療機器物流ソリューションの展開コロナ禍による貨物運送業務の減少を打開するため、これまでの精密機器物流で培った高い業務品質や内製で抱えるロジスティクス機能を活用し、新たに医療機器物流ソリューションを一気通貫で提供します。
高品質と低価格を両立した国産水素吸入器を企画製造し、低迷している既存の化粧品事業から事業転換する。低迷している既存の化粧品事業から、医療機器の製造販売事業者に事業転換する。化粧品事業で培った研究開発能力を活かし、高品質・安全・使いやすい水素吸入器を製造する。
カテーテルの成型加工技術を活かしたディスポーザブル内視鏡の開発・世界展開日本の医療技術は世界トップレベルと言われているが、医療機器市場では、日本のメーカーは世界に大きく後れを取っている。そこで新事業では、当社独自のカテーテル成型加工技術を活かし、新たにディスポーザブル内視鏡を開発、世界展開に挑戦する。
極小電子部品の実装技術の確立により医療機器部品分野への参入計画某大手内視鏡メーカから次世代内視鏡に搭載する極小電子部品の実装要望がある。当社の基板改良技術とソニーの「グリーンパートナー」認定の製品づくりを活用し、新たに極小電子部品の実装技術を確立し医療機器分野へ参入する
最新ファイバーレーザー設備の導入で歯科医療機器部品の開発に挑戦最新のファイバーレーザーによって、これまで対応できなかったステンレス(難加工材)の加工を可能にする。加工技術を活かして、新たに歯科医療機器部品の製造加工を実現し、新市場に進出することで事業を再構築する。
アルミ厚板加工と品質管理体制の構築で実現する医療機器部品の新規受注本事業では新規加工機械導入と新たな溶接技術取得、および医療機器部品を取り扱うための品質管理体制を構築する。当社にとって新製品となるアルミ製医療機器部品を受注するための生産体制を整備し事業再構築を実現する。
0.18mmの狭隣接高密度実装技術の開発による医療機器分野への新分野展開当社主力製品は大学等の教育機関やイベントホール等の多人数が集まる場所へ映像・音声を伝送する機器の製造受注をしていたが、コロナ禍において受注が減少。新分野展開として超高密度医療機器分野への展開を図る。
新製品「抗ウイルス剤自動噴霧装置」開発を障がい者雇用で実現する事業コロナで一変した社会の安心安全な環境作りのために、抗ウィルス材を散布する装置を障がい者雇用を積極的に行いながら開発、製造する。医療機器製造で培った高度な品質管理体制と配管技術を活かし、イベント会場など広範囲で定期的に自動噴霧する装置の製造・販売および施工を行う。
食品機械、医療機器業界参入による売上ゴールデンバランス構築当社の建築に絡む配電盤。分電盤・制御盤の比率が95%と極めて高い状況にあり、新型コロナウイルスの影響を受け、売上高が減少した。この状況を打破するため、食品機械、医療機器界参入による売上を15%とし、売上ゴールデンバランス構築に取り組む。
コロナ禍における革新的な運動療法と最新の医療機器を用いた根本的治療の提案最先端の医療機器を導入し、肩こり・腰痛等の運動器慢性痛に対する根本的な治療を可能にするとともに、運動療法を取り入れ怪我の回復促進や予防効果を高めることが可能となります。
新製品となる高難度の医療機器用二重構造金型製作へのチャレンジ既存の産業機器用金型事業は海外勢との厳しい価格競争である。地元企業との連携しつつ、技術的難易度の高い医療機器用金型事業へ新規進出し、売上拡大に加え、当社の強みでもある技術力をさらに高め事業拡大を図る。
個人使用向け医療機器市場への参入(放射温度計付パルスオキシメータの製造販売)当社では、これまで個人使用向けの事業は行ってこなかった。今回、個人使用向け放射温度計付パルスオキシメータの開発・製造・認証取得、販売網を整備する。高齢者向け、健康志向により成長が期待できる一般向け医療機器市場に参入し、外的要因(新型感染症)に左右されない収益基盤を構築する。
医療向けプリント基板実装環境の構築高品質実装・高機能検査・高品質解析が求められる医療分野のプリント基板実装に弊社のシナジーを活かした設備投資を行い、既に組立取引があり信用を得ている医療機器メーカー様の案件を通じて新分野参入する。
航空機依存からの脱却を狙った医療機器部品への新分野展開当社の主なターゲットであった航空機部品は縮小し始めている。航空機に依存していた当社の脆弱性を克服し、当社の強みを活かすため新たな工場と設備を導入し、医療機器部品に参入する。
医療用機器試作加工技術提供ビジネス進出のためのIOT機器の導入当社は加工用刃物製造業である。本事業は医療機器試作品加工の技術を売るビジネスへの進出である。このために生産プロセスや原価を克明に記録して分析する必要がある。そのためにIOT機器を導入する。
精密金型加工技術の高度化による医療機器部品分野へ新規参入医療機器メーカ向けに、高精度な立体造形技術を活用した金型加工により医療機器部品を試作する。医療用プラスチック製品のなかでも、特に高度な加工精度と表面粗さが要求される薄肉注射器部品により、医療機器部品市場へ新規参入を図る。
加工済部品の組立業務.高精度検査業務の取組新型コロナ影響による売上減少と併せて小ロット部品加工性質上メーカーからの同一加工の継続受注が不安定といった構造的課題も抱えている。当社の強みである加工技術、ノウハウ、人材を生かし、新規事業として「組み立て、高精度検査」を加え市場拡大が見込まれるEV、医療機器業界へのアプローチを行い装置メーカーとしての事業展開を図る。
医療用途ロボット関連部品の生産及び医療機器部品製造への新規参入医療用途ロボットの関連部品を高精度・高効率で切削加工ができる機械加工設備を導入し、価格競争力のある生産体制を構築した上で、既存事業の技術力・生産能力を活用して大型医療機器部品製造へ事業範囲を広げる。
航空機部品製造技術を活かした新規事業の受注拡大を図る製造方法の抜本的改革航空機製品の売上減少・不透明さが増す中、生産性向上を目的とした工場集約を行い、生産プロセスの変更及び効率化を進め、新たな製造方法による低価格化・短納期化を実現をするとともに、航空機で培った技術を活かしつつ、必要となる設備を導入することで、産業機器や医療機器等の伸張分野における新規事業の受注拡大を図る。
新型レーザー加工機が可能にする精密加工で新分野進出当社の主力業務は自動車部品の金属加工業であるが、コロナ禍で減少した売上をV字回復させるため、IT活用とレーザー加工を得意とした技術力を活かし、設備導入によって①生活用品分野、②医療機器分野へ進出する。
ハイポサイクロイドギアを応用した医療機器部品製造による事業再構築自動車部品製造を行ってきたが、新たに手術台、歯科用椅子の可動部に使用されている油圧ポンプの主要部品であるハイポサイクロイドギアの製造を足掛かりに新市場である医療機器部品製造に新規参入し、事業再構築を図る。
金属加工の高度化による多角化戦略として、医療機器産業へ進出新型コロナウイルスの影響により既存事業の業績が悪化したため、成長市場である医療機器産業へ参入して事業の再構築を図る。自社リソースを最適化して既存事業とのシナジー効果を発揮することで、雇用創出および地域経済の発展に寄与し5年間で付加価値総額5.4億円を達成する。
コロナ禍で新規参入が進むバルブ業界から医療機器業界への新展開を図る既存のバルブ産業は安定した需要であったが、コロナ禍で異業種からの参入が続き売上高と収益性が落ち込みつつある。医療機器製造に適した工場を建設し、今後成長が見込める医療機器業界で売上の確保と事業継続を図る。
精密加工技術を活かした電子から医療分野への事業進出クリーン度の高い医療向け専用ラインを導入して、医療機器用プラスチック製品の製造を進める。本社も同地に移転、拠点集約し、全社一丸となって 異物混入ゼロの生産を目指すことで、現在主力の電子産業用製品に加えて、医療用プラスチック製品への進出を図る。
難削材加工への挑戦による血液検査機器部品等の製造計画自動車関連部品会社1社に傾注していた当社の経営を見直し、需要の高い医療機器(血液検査機)部品や船舶エンジン部品などの製造に乗り出す。取り扱いが難しいとされるシリコロイ等を加工するため、設備を刷新し、高い精度と短納期化の顧客ニーズに対応する計画である。
世界的に需要が拡大するインダクタ用巻線機市場への進出リニアモーターカー・医療機器などの拡大する市場の製品にはインダクタ(コイル)が使用されている。新分野展開として、インダクタ用巻線機の一貫生産体制を整え、市場への進出と収益拡大によるV字回復を図る。
環境にやさしい無溶剤塗装技術の開発・生産ライン構築による新規開拓環境に配慮した塗装方法である無溶剤塗装技術と抗菌塗装を組み合わせた塗装技術を開発します。この塗装方法を利用して化粧品メーカーや医療機器メーカーを新たな顧客として獲得することを目指します。
自動車部品の高精度ステンレス加工技術を武器に成長性の高い医療機器部品参入計画自動車関連事業で培った高精度ステンレス板バネ製造技術と品質管理ノウハウという経営資源の活用に加え、最新CADCAMと小型サーボプレス等の導入により、競合他社と比べ高品質、短納期、低コストな内視鏡部品(医療機器部品:新製品)の市場へ参入する
コロナ禍における最先端医療機器製品への新分野展開事業本事業は、コロナ禍においても安定した収益を確保することが可能な事業体制を構築するため、既存のマルチフォーミング加工技術をベース技術に新たに医療機器製品産業への新分野展開を目指す事業。
国内外で市場が拡大する小型モータ市場への参入計画5G関連で投資が拡大する半導体製造装置や高齢化社会で需要が増す医療機器には小型モータが採用されている。小型モータ用ケースの鋳造~機械加工の一貫製造体制を構築、需要を取り込むことで収益のV字回復を図る。
生産現場のクリーンルーム化による製品ラインナップの拡充これまで、食品容器など、ある程度クリーン度が求められる雑貨品を生産してきたが、需要が先細りしている。
そこで、現場のクリーンルーム化により、医療機器や自動車機器等の更に高品質な製品の製造へ事業転換する。
個別品質管理実績とクリーンブースによる医療機器向け超クリーン塗装参入クリーンブース内塗装と顧客製品ごとにカスタマイズされた管理体制により、塗装品質要求が厳しく高付加価値で収益性の高い医療機器、ロボット部品向けに従来より格段にレベルの高いPM100レベルの超クリーン塗装による超高品質クリーン塗装を展開し、業績のV字回復を実現する。
医療分野の部品加工へ参入するための高精度加工機及び測定機導入本事業では、医療機器部品の加工を行う計画であるが、既存の設備と工場内環境では医療機器部品の高精度加工ができず、既存測定機による検査効率も悪いため、新たに設備導入を行うことで事業再構築を実現する。
新型X線検出器及び収集基板の製造・販売事業及び応用製品の開発新事業として、シンチレータ半導体光センサ型エネルギー弁別光子計数型X線検出器及び収集基板の開発、製造を行う。医療機器、非破壊検査装置としてX線フラットパネル検出器として製品化し、販売を目指す。
プレス製造ノウハウを活用した医療分野への新分野展開コロナウイルスの蔓延で拡大する医療機器市場に着目し、医療機器洗浄用使い捨てメッシュの製造を行う。自動車部品のプレス加工で培ったノウハウを最大限に発揮し、医療機器洗浄のニッチな分野でのシェアを獲得する。
医療機器部品の製造への進出とそれに伴う設備導入及び建物建設既存事業の売り上げ低迷から脱却を目指し、既存事業の技術が応用可能な医療機器部品の製造を開始します。そのために新たな機材の購入と建物建設を実施し、医療機器部品の製造を事業として一本立ちさせます。
加工技術及び測定評価技術の高度化とIoTを活用した医療機器分野に向けた新事業展開当社は、様々な分野の部品を金属加工するレーザ加工に強みを持つメーカであり、コロナの影響で売上減少がある。そこでNC制御よる精度の高い曲げ加工機の導入、測定評価技術の高度化と生産管理のIoT化を図り、高精度の医療機械部品の製造を行うことで医療機器分野に向けた新事業展開を目指す。
管理医療機器等の製造・販売・貿易業で培ったノウハウを生かしライブコマース事業へ!管理医療機器等の製造・販売・貿易業で培ったノウハウを生かしつつ、現社長の中国のネットワークなども活用し、ライブコマース事業(トータルサポート)の体制構築をおこなう
内面研削盤の導入で産業用機械から人々が接する機械への製造に進出する。従来は産業用の遠心分離機や圧力容器の部品を製造してきた。コロナを機に新たな市井の人々が接する高速鉄道分野や自動車部品、医療機器分野などの新分野に製造の進出を行う。そのためには新たな設備と工場敷地の改修が必要となる。
微細精密フォーミング加工技術を活用した医療機器事業の拡大創業以来128年続く繊維機器事業は、コロナ禍の下、大きく売り上げが減少しており、コア技術であるフォーミング加工により、内視鏡外科手術で用いられる新奇な縫合用ステープルを開発し、医療機器事業を拡大する。
ハイブリッド式射出装置を導入することによる、医療機器製造事業への新分野展開コロナ渦の影響を受ける現状を打破するため、弊社の主要事業であるプラスチック製品製造業界から、注目と関心を集める感染症対策医療機器の市場進出を狙う。医療機器を提供するため、最新設備への投資を含めた各種取り組みに着手する。
医療分野に対応する薄板ステンレスプレス部品の完全内製一貫生産高精度解析ソフトウェアと真空超音波洗浄装置を導入し、薄板ステンレス素材のプレス加工において完全内製一貫生産を実現する。難加工材を複雑な形状に高精度成形する技術と高い清浄度を確保するプレス量産の相乗効果により、需要が増大する医療機器産業に貢献する。
ステンレス製品の加工技術開発による、半導体製造設備・医療機器製造設備分野への進出高精度なステンレス製品製作の技術獲得を行い、半導体製造設備や医療機器などの新たな分野にて部品のサプライヤーとして貢献していきます。
新たに医療機器向けの製品製造・販売を目的とする事業再構築医療機器製品に新規参入するために、生産管理システム・曲げ加工機などを導入し、多品目小ロット生産体制を増強する。
精密切削技術・精密板金技術を活用し発展させた高度管理医療機器開発事業への新分野展開既存事業である駅務機器や金融機器などの精密機器の需要が減少していく中、成長分野として高度管理医療機器:手術支援ロボットへの新分野展開に取り組みます。顧客より要求される加工公差及び製造コストを満たすために最新型のファイバーレーザ複合加工機の設備投資を申請し開発に取り組みます。
近視進行抑制機器開発事業弊社は創業以来60年以上の間、近視矯正具である眼鏡を製造してきたが、これまでの弊社製品の使用目的と真逆の発想となる「眼鏡使用者とならないように予防する市場」に着目し、弊社にとっては全く新しい分野となる医療機器としての性能を視野に入れた近視予防機器製品の開発を行う。
CNC自動旋盤の導入による製品精度と生産性の向上及び医療機器分野への新規進出高精度CNC自動旋盤導入により、顧客より要望のある医療機器・ヘルスケア機器部品製造へ新規参入する。それにより、ポストコロナに対応する新たなビジネスモデルに挑戦し、次世代を担う企業に成長する。
高評価の切削加工技術が活用できる半導体・医療用機器の成長分野への進出事業独法)山口産業技術センター主催のビジネスマッチングで国内最大手半導体装置製造業者や医療機器製造メーカーからの受注に成功。当社の技術力を活用でき且つ成長分野であるため、今後の当社の収益向上や雇用増加に役立つ事業
CNC横中ぐり盤導入による新市場に向けての事業再構築コロナ禍で低迷しているガラス加工機部品の受注減に伴う社内事業再構築を行います。CNC横中ぐり盤の導入による医療機器、製紙機械、環境機械、造船(水素輸送関連)などの部品の生産を計画し、新たな市場に参入することを目指します。
建設機械、工作機械の部品加工から医療品関連業界への挑戦コロナ禍で需要が伸びている医療用機械部品でかつ、コロナ関連医療機器を開発し、取引先の大手機械メーカを通じて売上増加を目指す。また、既存事業の部品で、これまで着手できなかった部品加工を実施する。
「医療機関向け高度管理医療機器販売の開始にともなう設備等の事務所環 境整備」医療機関向け専門商社とのつながりを生かし、新たに医療機関向けに高度管理医療機器の販売を開始する。その法律に則った事務所の環境整備が必須である。事務所での実店舗販売とインターネット販売の両輪で行う。実店舗販売、自社ホームページともに新しい挑戦である。
人と動物の健康的な暮らしをサポートする自社ブランドの構築医療機器、美容機器のOEM製造メーカーとして長年培った技術を元に、新しい生活様式に対応した自社ブランドを立ち上げ、OEM中心の販売業態から自社販売への転換を図る。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
コラム「【医療機器の開発・製造】ものづくり補助金の採択事例集」