【NC,CNC加工】事業再構築補助金の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-nc-cnc
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、NC,CNC旋盤・加工機を活用したものを採択事例としてまとめていますので参考にして下さい。

NC,CNC旋盤・加工機の採択事例(第2回)

事業計画名事業計画
最新複合同時加工機導入による超高精度部品製造と生産性向上東北地域では初導入となる最新の5軸マシニングセンタ、また東北地域での導入の少ない自動供給機能付き4軸NC旋盤を導入し、当社の治具設計のノウハウと組み合わせ業態転換を行う。
半導体製造装置部品への設備導入と自社技術開発による新分野展開本事業は、自動車部品製造を主力とした既存事業から、CNC複合加工機の設備導入と自社技術開発の工程設計により生産性向上と高精度化を図り、半導体製造装置用部品製造への新分野展開を目指す事業再構築です。
新設備導入と水溶性切削液使用による水素ステーション関連部品への新分野展開対向主軸付きNC旋盤と複合加工機導入による超難削材使用の水素ステーション関連部品の多品種小ロット受注を可能にし、NC旋盤加工と複合加工機加工に水溶性切削液を使用可能にすることで自動化・無人化を達成し、新分野展開を図る
木工用切削工具業界への新規参入による売上と収益の拡大新型コロナウイルスの影響で、航空機部品製造企業や自動車関連金属部品製造企業からの受注が減少している事から、CNC工具研削盤とツールプリセッターを導入し、新市場の木製品加工用切削工具を製造し、高級家具メーカ等と取引する事で落ち込んだ売上の拡大を実現する。
100年後の森を作る!建設業から特殊木加工製造業への挑戦「CNC5軸加工機を用いた木材製品・構造部材製造事業」を通して持続可能な森づくりを目指す。弊社はデザイン・設計を得意とする事と、施工対応エリアが広く、また施工の実績を持っており、他社とは違う、高度な設計と高度な加工技術により新たなる産業をめざす。
デジタル技術と自動車部品加工技術を活かした高度カギ市場進出計画顧客要望の加工精度及び発注コストに応えられない、組立技術の若手への継承に時間を割けないことが課題。本事業にて最新2軸NC旋盤の導入により各課題を解決し、大胆なカギ市場への進出となる新分野展開で売上拡大。
研磨精度向上による新たな市場への参入(自動化へ業態転換)研磨事業を手動作業からCNC旋盤による自動化作業へと相当程度の業態転換を図り、従来参入できなかった、加工精度1000分の1ミリ単位の精度が要求される市場(大企業が上流にある部品市場)に参入する。
工場新設と高精度加工の生産プロセス構築によるEV部品への新規参入工場を新設し、最新の立形マシニングセンターとCNC円筒研削盤を組み込んだ新たな生産プロセスを構築します。課題である重切削・高精度加工と生産性向上を実現し、ガソリンエンジン部品からEV部品への転換を図ります。
新型マシニングセンター導入による角型金属加工部品等新規分野進出と事業再構築計画当社はNC旋盤加工により機械用の精密金属部品加工を行っています。今般新型マシニングセンタを導入し角型金属部品加工が可能となり新たな種類の金属部品分野に進出、停滞する従来事業からの転換を行います。
超精密加工の生産体制整備による半導体製造装置部品への新分野展開新型コロナウイルスによる深刻な経営状況を打破するため、最新式CNC旋盤と検査室の設置等により超精密加工の生産体制を整備し、市場が拡大する半導体分野のニーズに対応すると共に、低い不良率や技術提案力等の自社の強みを活用し、新分野への思い切った展開を図ります。
切削加工の付加価値とソリューションをより多くワンストップで提供する新事業金属切削加工業を川口市で営む当社が、新たに導入する大型のCNCフライス盤を、当社の強みである高い技術力で活用し、需要が増している環境関連分野等の複雑形状の重量部材向けの高付加価値加工ニーズに応える新事業に取り組むもの。
医療機器部品製造への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、印刷機械部品、空圧機器部品製造を主力とした既存事業から、2スピンドルCNC複合加工機の設備導入と自社技術開発により生産工場を図り、マンモグラフィ等医療機器部品製造への新分野展開を目指す事業再構築です。
CNCルーターによる熟練職人の技術水準に並ぶギター製造の革新的生産工程の実現小規模ギター製作工房の多くは職人の経験に基づく熟練の手工技術によって工芸的な価値の高い製品を生産しているが、大手メーカーの量産品以上の付加価値を生み出す技術レベルに達するまでに長年の経験を要する。当社は3Dデザインと木工の技術を活かし、CNCルーターを導入することによって短時間・低コストで安定的に高品質な製作を行う。
医療機器部品製造への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、自動車用レース試作部品を主力とした既存事業から、CNC同時5軸多面加工マシニングセンタの設備導入と自社技術開発により生産性向上を図り、医療機器部品製造への新規分野展開を目指す事業再構築事業です。
産業用ロボット部品への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、ビン用金型部品を主力とした既存事業から、2スピンドルCNC複合加工機の設備とIOTシステム導入と自社技術開発により生産性向上を図り、産業用ロボット部品製造への新分野展開を目指す事業再構築事業です。
レンズ部品製造から新製法用の超大型金型製造販売への事業再構築当社は超大型レンズの製造を行ってきたが市場変化やコロナ禍の影響が甚大である。本事業により、用途が限定される消費財のレンズ製造から脱却し、生産財として新たな製法用の型販売のため大型NCルーターおよび工場レイアウト再編で事業を再構築する。
熟練技術からの脱却によるリバースエンジニアリング精密部品低コスト化大量生産体制の構築最新鋭三次元スキャナ、及び最新鋭CNC旋盤を導入し、熟練作業員作業の自動化を図り段取り時間を大幅に排除することで、生産リードタイム△66.7%の短縮化、生産200%の向上を達成し、コロナ禍での安定受注としてリバースエンジニア受注獲得により、計画5年次には、この低コスト生産体制を利活用していくことで、付加価値額伸張15%を達成する。
移動販売車製造分野進出のための生産プロセスIT化の推進最新鋭長尺複合加工機・最新鋭NC小型切断機を新たに導入することに加えて、QRコードを活用したバックオフィス管理の自動化へ移行することで、移動販売車製造分野に求められる低コスト・短納期生産体制を競合他社に先駆けて構築し、建築資材製造分野から車両部品製造へのシフトの足掛かりとする。
県産材を活用したタイニーハウス商品化による新市場展開本事業ではCNCルーターを用いて、新月伐採の県産杉パネルを製造し、木造組立型タイニーハウスを早期に商品化することで、キャンプ場等のコロナ禍でも成長しているアウトドア市場に新たな収益基盤を構築します。
国産間伐材を使用した製品の開発と、元請け依存からの脱却をするための事業再構築。木製品塗装の技術とCNC掘削システムの導入によって、国産間伐材を使用した木製品を製造できるメーカーになり、下請け業者からの脱却をする。
家具製造技術を活かした樹脂・アルミ製品製造への新分野展開創業以降51年間、木製家具の設計・製造の専門企業として事業基盤を築いてきたがコロナ感染症拡大により業況が低迷。再編を図るべく新設備(5軸制御CNCルーター)を導入し、「樹脂加工分野」への参入に挑戦する計画。
超精度半導体製造装置市場への進出による新たな収益事業の確立当社の技術・設備・クリーン環境を活用し、CNC三次元測定機を導入することで、超精度の半導体製造装置の受託生産に取り組む。コロナ禍でも市場が拡大する半導体市場へ進出し、売上回復と経営リスクの分散を図る。
超長物精密加工による半導体製造ライン向け部品への事業展開最新の大型CAD/CAM連携門形NCフライス盤と三次元測定機を導入して、精度の高い側面加工で高難度、短納期を実現して、高付加価値の半導体製造ライン向け部品の新規受注を目指す。
2主軸を持つ複合旋盤を導入し、業態転換を図り事業再構築を実現エンジニアプラスチック材による製品製造を営んでいる当社がさらに医療医薬品などの生産ラインの部品製造などに販路を拡大するため、複合CNC旋盤TS=SERIESを導入することにより、新製品を製造する。
CNC精密旋盤導入による取り扱い製品種類の拡大及び大型化からなる事業再構築計画最新鋭のCNC精密旋盤を導入し、取り扱い製品の種目増加と大型製品の取り扱いを開始することで失注を防ぎ、トータルな対応能力を持つ希少な事業者として更なる飛躍を図るための事業計画。
CNC精密旋盤の新規導入による新たな長尺部品の製造・加工新たにCNC精密旋盤を導入し、弊社の持つ旋盤加工技術を活用して、これまで失注してきた長尺部品の製造・加工を可能とすることにより、顧客の要望である鉄鋼業界向けの長尺部品を製造・加工する。
高品質・多品種・短納期でリチウムイオン電池生産用ロール研磨へ進出新規進出するリチウムイオン電池生産設備に使われるロールの研磨加工の鍵は高精度(1/1000 mm)、高品質である。その解決のためCNC研磨設備を導入する。効果は、進出を促進する①高品質、②多品種生産(シート幅8,000 mmまで)、③短納期(3週間→2週間)である。
加工技術及び測定評価技術の高度化とIoTを活用した医療機器分野に向けた新事業展開当社は、様々な分野の部品を金属加工するレーザ加工に強みを持つメーカであり、コロナの影響で売上減少がある。そこでNC制御よる精度の高い曲げ加工機の導入、測定評価技術の高度化と生産管理のIoT化を図り、高精度の医療機械部品の製造を行うことで医療機器分野に向けた新事業展開を目指す。
NC加工機を導入し、高速道路のLED照明柱の製造に進出する事業現在の設備では、鋼材の切断・穴あけ・切り欠き加工しかできず、鋼材に所定の大きさの穴を開ける切削加工はできないため、NC加工機を導入し、老朽化が進む高速道路の大規模修繕を見据えて高速道路用のLED照明柱の製造に進出したい。
CNC立型複合研削盤を使った高精度(μmm単位)内外径研削加工部品での新分野への参入今まで培ってきた外径研削加工の技術を活かし、CNC立型複合研削盤の導入により内径、外径を同時加工することにより、高精度(μmm単位)の寸法公差や幾何公差が必要とされる電子産業製造機械等の高精度な主要部品の新分野に参入する
コロナ禍における半導体需要増に対応する新分野参入事業本事業で5軸加工機、ロボット付NC旋盤、3次元CADCAM、カシメ加工機を導入し、半導体の需要増により今まで取り組んでいなかった製品に参入する事業である。
高精密CNC工具研削盤で新規分野の工作機械主軸用ナットへの展開高精密CNC工具研削盤を導入し現在需要が増えてきている新規工作機械部品市場で事業の再構築を図る。難加工性ステンレス製工作機械主軸用ベアリング固定用ナット部品等への展開に対して、盛上げタップ部品の加工精度と生産性を構築する。
立形CNC旋盤導入による発電機用軸部品・軸継手の製造への新分野展開コロナ禍で主業の工作機械部品等の需要が低迷している。立形CNC旋盤を導入し、環境関連(バイオマス発電など、排水処理)に使用する発電機用・ポンプ用大型軸部品・大型軸継手の製造への新分野展開を図る。
特殊金属箔生産ライン部品である大型真空チャンバー製造の新規参入大型高性能CNC横中ぐりフライス盤を導入し、拡大基調にある特殊金属箔の生産ライン部品である大型真空チャンバーを新規製造し量産化を実現。売上変動リスクを極小化し、売上規模拡大と経営基盤安定を図る。
CNC自動旋盤の導入による製品精度と生産性の向上及び医療機器分野への新規進出高精度CNC自動旋盤導入により、顧客より要望のある医療機器・ヘルスケア機器部品製造へ新規参入する。それにより、ポストコロナに対応する新たなビジネスモデルに挑戦し、次世代を担う企業に成長する。
新規設備導入による大口径・長尺部品製造事業への新分野展開最新式大型CNC精密旋盤を導入し、脱炭酸分野の大口径・長尺材の難加工に挑戦し新分野展開による事業再構築を行うことで、コロナウィルスの影響を大きく受けている船舶エンジン修繕部品の1業種依存から脱却し事業規模拡大を実現させる。
多品種少量生産スタイルから超高精度量産アルミダイカストへの挑戦新型コロナ感染症の影響で従来の多品種少量の顧客の減産により、弊社売上が落ち込み、事業持続化の為に高精度高速NC旋盤1台、高精度高速MC2台、3次元測定器1台導入し、自社生産量を増やし、新たに高精度アルミダイカストの自動車量産分野に進出する。
卸売業から機械加工事業までの一括体制の構築NC機械の導入によりファインセラミックス・ハイポールゴムの切断加工事業へ参入。
機械加工は外注先へ依存しており納期や価格面で折り合いが合わない場合も外注先へ頼らざる得ず社内で加工機を導入することにより短納期・低コスト化が図れます。
ナレッジマネージメントと高度化による大型水処理施設への展開3次元測定機、5軸高精度CNC旋盤、3DCADCAMの導入とデーターセンターの増改築によりデジタル技術を活用し、ナレッジマネージメントと製造部の高度化を実現する。そして今までにない河口堰やダムゲート等の大型水処理施設への参入を図る。
大型正面NC旋盤導入による遠心分離機修繕の取り組みコロナ禍での受注減をカバーすべく、新規に遠心分離機のメンテナンスに取り組む。全加工を内製化すべくCNC正面旋盤を導入し、大径大型ワークへの加工を行い、事業を再構築する。
CNC横中ぐり盤導入による新市場に向けての事業再構築コロナ禍で低迷しているガラス加工機部品の受注減に伴う社内事業再構築を行います。CNC横中ぐり盤の導入による医療機器、製紙機械、環境機械、造船(水素輸送関連)などの部品の生産を計画し、新たな市場に参入することを目指します。
EV市場におけるロール研磨機のレトロフィット事業の展開当社は、EV市場の部品素材メーカーが利用するロール研磨機のレトロフィット事業を展開します。当社による「新たなNC装置の開発」と「ロール表面評価システムの活用」により、部品素材メーカーの課題を解決します。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
コラム「【NC,CNC加工】ものづくり補助金の採択事例集」