【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第3回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-tokyo-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、東京の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

東京の飲食店の採択事例集(第3回公募)

事業計画名事業計画の概要
食卓よし!飲食店よし!牧場よし!の鮮度抜群牛肉のIoT化計画当社は焼肉店を経営していますが、コロナ禍の影響を大きく受けています。本事業では当社の強みとIoT技術を活用し牛肉の卸売、小売を始めます。これにより流通業にイノベーションを起こし顧客の幸せを創出します。
飲食店向けSaaS QRコードオーダープラットフォーム当社はIT技術を駆使しDX推進により、圧倒的な満足と驚きを提供する「食べ放題専門居酒屋」として急成長していましたがコロナ禍に直面。DX推進ノウハウを活かした飲食店向けのSaaS開発を行います。
デジタル技術を活用したトリップ(疑似旅行型)BBQレストラン事業の新たな進出コロナ禍で「飲食ニーズ」と「コト消費」が高まる中で、自社の「企画力」と「コミュニティ形成力」を活かした「デジタル技術を活用した疑似旅行型BBQレストラン」を展開し、新たな体験型消費サービスを提供する
店舗からお客様のもとへ!本物のハワイ名店の味をキッチンカーで!店舗営業で『お客様を待つ』からキッチンカーを活用した『お客様のもとへ』とコンセプトを変更し従来商品に加えて現地志向の『ハワイアンプレートランチ』を提供することで、新たな収益モデルを確立させて企業価値を高めます。
セントラルキッチン導入による冷凍シュウマイ通販展開事業コロナ渦における居酒屋事業の売上急減に対し、シュウマイ専用セントラルキッチンを立ち上げ、ECサイトでの販売を展開する。拡大を続ける中食市場への参入を行い、販路の拡大と経営の安定化を図る。
感染対策を強化した新商品(クレープ)の製造販売への進出新型コロナの影響で来店者数が減少する中、在宅時間の増加でスイーツ類の需要が増えています。そこで、当社は新たにクレープの製造販売を開始し、テイクアウトとデリバーリーを強化して売上の回復を目指します。
横浜駅前で展開する飲食もできる和テイストなワークスペースへの業態転換の事業計画書酒類の提供をメインとした既存事業は、厳しい状況であるが、強みは、このような情勢の中でも会社員と学生のお客様が多いことである。ワークスペースのメインターゲットも同じであり、同じターゲットに対して異なる事業を行うことで、顧客の維持・新規開拓が行いやすくなり、両事業ともに売上向上を望める。
飲食人の飲食人による飲食人の為のセカンドキャリア創生プロジェクトコロナ禍による新しい生活様式への変化、将来不安に対応すべく、本件補助事業によって、飲食業で働く全ての労働者にとって魅力あるセカンドキャリアを創生する「店長以上の役職を目指す方・自分のお店を持ちたい方専門の飲食人マッチングサイト」を構築し、飲食人の人材紹介業への事業進出を果たし、大胆な経営改革を行います。
飲食ノウハウを活用、初心者にも快適なキャンプ場運営コロナ禍による飲食店の売上高/営業利益減少という課題に対し、飲食店運営のノウハウを活用し、顧客の体験価値を重視したキャンプ場運営事業を新分野展開することで、休業リスクの逓減を図り、事業体質を強化する。
テイクアウト・デリバリー併設型の寿司店の新規出店による既存店舗との相乗効果実現コロナによる売上減少および中食需要の拡大に伴い、ファミリー層をターゲットにしたテイクアウト・デリバリー併設型の寿司店を出店します。異分野異業態の既存店とは在庫や人材の最適化等で相乗効果が見込めます。
焼肉店をターゲットとしたラム肉卸売業の展開によるV字回復居酒屋業態の不振を取り返すべく、コロナ禍でも業績が堅調な焼肉店をターゲットとし、ラム肉の卸売業に取り組む。ラム肉需要は拡大しており、中小ならではの戦略で大手と差別化を図り収益獲得を実現する。
パスタ専門店のパスタキットの製造販売事業への新分野展開コロナ以後の外食需要は感染を避ける消費行動や、テレワークの増加などの働き方の変化から「外食の減少」「中食、内食の増加」の傾向がみられました。この課題と解決方法として需要が高まっているミールキットの地域住民にテイクアウト販売をする事業を開始します。
お食事を店内で提供するカフェからテイクアウト店への業態転換計画2021年10月にテイクアウト専門店を開業する上でスムーズで円滑に作業ができる設計による内装工事と直接支払いのやり取りをしないための自動券売機の設置、新しくて美味しい商品開発費、そして広く認知してもらうための広告料等が主な内容となります
150年続く割烹料亭のお取り寄せ現在 接待が主となる店内飲食とテイクアウトを行っているが、新型コロナの影響により激的な売上減少となり存続が難しい状況である。本事業により通信販売を行い、既存事業にも相乗効果も見込めるようにする。
非接触型24時間無人販売所・惣菜製造業を始める居酒屋事業で培ってきた商品開発能力と3D瞬間冷凍というテクノロジーをあわせて、鶏の唐揚げの冷凍商品を開発し、非接触型無人販売所で販売する。売上拡大を目指します。
焼き菓子・サンドウィッチの商品開発とテイクアウト事業フランス料理店による焼き菓子・ケーキ、サンドウィッチの製造およびテイクアウト型の販売を行う。商品は店内での製造、自家製造商品。販売方法は来店や電話注文で、店内での手渡しを基本とする。
デリバリー体制構築、1.5次会店舗への展開銀座エリアのBARや食事提供を行わない飲食店向けのデリバリー事業⇒家賃が高い銀座エリアはキッチン設備を持たないお酒だけを提供する2次会がメインの店舗が多数。同店舗の1次会から顧客を呼ぶためデリバリーで食事提供を行う。料亭とクラブのママや、BARのマスターが料理やお酒の会話をしながら食事をする、1次会と2次会の融合した1.5次会店舗への展開。
当社業態の変更、大衆食堂(酒場)の開店及びテイクアウトサービスの開始当社の既存店舗は宴会顧客が多く、アルコール主体の専門料理に頼った営業であったが、ウィズコロナの時代、アルコール主体から大衆食堂化を図ると共に外食専業からテイクアウトを開始することで生き残りを図る
コロナ禍を乗り越えて個々の健康を取り戻すフィットネスプロジェクト高齢化が進む中で、健康寿命を延ばすフィットネスジムの運営。今まで運動をしたことがなかったお客様に、基本から安全に、個々の体力に合わせた一対一の個人指導を行う。また、できるだけ継続可能なリーズナブル料金体系で10年20年の長いお付き合いができるジムを目指す。
店頭における惣菜、精肉小売りとセントラルキッチン設置による精肉の合理化に関する事業・経営する定食屋の店頭で惣菜の小売りを行う
・経営する定食屋の店頭で精肉の小売りを行う
・事業主の自宅を改修してセントラルキッチンを設置し食材の食肉の加工を一括化して合理化する
料理の力(パワー)で町を元気に!日本初業態への挑戦 みんなのレシピ 惣菜屋 『まめ・にく・やさい』の運営既存店とは別に新店舗 みんなのレシピ 惣菜屋 『まめ・にく・やさい』を開店します。外観は単なるお弁当屋に見えますが、飲食店の概念を覆す斬新な運営方式の新業態です。料理の力(パワー)を活用して、人、地域、心をつなぐ店を創ります。
ビジネスマン向けの感染対策を徹底したコワーキングカフェへの転換コロナ禍で壊滅的な打撃を受けて接待中心の料亭を撤退し、新たな事業として新型コロナの感染拡大のテレワーク需要に応え感染対策を徹底したビジネスマン向けテレワーク用コワーキングカフェ事業へと事業転換する。
「お好み焼き屋」から「地域密着型日本料理店」への転換事業コロナ禍で客数・売上ともに減少。既存事業は客単価が低く、客数重視のビジネスモデルであったが、ウィズコロナに対応して、少ない客数でも料理に付加価値をつけて客単価を上げる事業転換を行い、売上拡大を目指す。
飲食店からテイクアウト専門店への業態転換東京都国分寺市の立ち食い寿司居酒屋店舗を洋風のお惣菜屋(デリカテッセン)に業態転換します。販売方法は、店舗内にショーケースを置き、ショーケース越しにお客様へ対面で販売する店舗と致します。またインターネット販売や宅配業者を使った全国販売も始め、近隣住民だけでない新規顧客獲得もはじめます。
音楽・伝統芸能等のライブ配信および動画収録スタジオ事業ジャズやクラシックなどの音楽。落語・漫才などの有観客または無観客のライブ配信スタジオ事業を行います。現状の課題はライブ配信に伴う機材操作および音響技術の習得。専業レコーディングエンジニアに技術研修・指導を仰ぐことで課題を解決します。ライブ配信や興行場としての売上に加え飲食事業との相乗効果も生まれます
大人気店シェフプロデュース!『新感覚コッペパン』テイクアウト専門店事業既存の店舗の一部を利用し、フレンチの技法を用いたコッペパンのテイクアウト専門店をオープンする。パン生地にブリオッシュを使い、「鶏もも肉のコンフィとクレソンサラダ」や「ピスタチオのガナッシュといちごのアクセント」などのオリジナルメニューを目玉商品とする。
テイクアウトを主力としたビジネスマン向け食事中心飲食店の展開新型コロナの影響を強く受けている居酒屋事業の二店舗を撤退し、テイクアウトを主力として店内感染症対策も徹底し、独自性の高いメニュー開発を行い、サラリーマンやOL向けの食事中心の飲食店へと業態転換を実現する。
既存焼肉店の余剰スペースを有効活用して、日本料理店を創る既存事業の焼肉店店舗内に日本料理店を創る。更衣室とキッズスペースを廃止して焼肉店を縮小し、空いたスペースに日本料理店を創ることで既存事業と本事業合算の総客席数を増やして来店客数を増加させる。
ニシイケバレイにて小売業を兼ね備えたイベントスペースの建設弊社は2013年度に創業。料理と日本酒がおいしい日本料理店として支持を受けてきたが、緊急事態宣言により売上は減少。新たな売上の柱として、イベントの企画力・集客力を活かして、自らのイベントスペース「寄り路処ふう」をオープンする。
飲食店開業者向けの店舗仲介業と店舗関連業者のマッチングWEBサイト構築飲食経営15年の経験から独立開業者、既存経営者を対象とした店舗物件の仲介と店舗関連業者を紐づける従来の不動産仲介業を超えた店舗総合コンサルティング業。物件検索サイト上に店舗業者情報をリンクさせることで検索の利便性を図るとともに開業・閉店における煩雑性を簡素化させる飲食関連包括サイトの構築。
ラーメン店を営む当社が新たにテイクアウト専門店を開設する。「旨辛(うまから)つけ麺」を特長とするラーメン店を営む当社は、新型コロナウイルスの影響を克服するために、店舗から2㎞の住宅街立地にテイクアウト・デリバリーの専門店をオープンする。
中食ニーズに対応する冷凍生餃子の無人販売事業の構築飲食・宿泊業を営む弊社は新型コロナの深刻な影響を受けている。そこで、高品質かつ低価格の冷凍生餃子の製造と非接触型の無人販売を内容とする「製造小売事業」への新分野展開により、アフターコロナ時代の生き残りを図る。
経営者や芸能関係者向け会員制高級サウナ東京・世田谷区の古民家を改装し、隠れ家のような雰囲気を持つ会員制サウナを開業し、安心してプライベートを過ごしたいというハイクラス層のニーズに応える。
オンラインベトナム料理教室事業への事業再構築コロナの影響で飲食店の来店数が減少しているため、内装を改装し機器を揃えて、オンラインベトナム料理教室事業に進出し、再成長を目指す。
急速冷却・真空包装機を導入し、テイクアウトに適した環境適応型和食店酒類提供自粛などで甚大な影響を受けている居酒屋事業から、急速冷却・真空包装技術による付加価値の高いテイクアウト商品販売や感染症対策を徹底した店内で食事を楽しめる和食店へと進出し、市場ニーズを捉え事業再構築を果たす。
アウトドアが楽しめるワーケション拠点、貸別荘『マホラ山荘』運営への新分野展開山梨県の道志村に購入した中古物件をリノベーションして貸別荘として運営し、コロナ禍にて落ち込んだ飲食店売り上げを補填する、新たな収益の柱を作ります。
店の看板メニューの非対面販売による新事業展開店舗前の空きスペースにマルチストック式冷凍自動販機の設置することで、店舗の看板的メニューである「自家製水餃子」を自販機対応に冷凍包装し非対面型スタイルで販売する新事業展開を行います。
ホテル内のスペースを活用したフードデリバリー・テイクアウト事業ホテルの一部分を、フードデリバリーに特化した店舗に改装し、運営する事業を行います。第一弾として、浅草橋で計画中の宿泊施設で開始。軌道にのり次第、自社運営の他のホテルの一部も改装して、多店舗展開をしていきます。
非接触型の新たな形 自社独自のインドアゴルフスクール事業非接触型の自社独自のインドアゴルフスクール事業を開業。ゴルフ利用者の中で現在増えているマス層へ、低価格・通い放題・24時間営業・無料レンタル・系列店全店舗利用可という点でニーズに応える。非接触型・24時間営業により、お客様にWithコロナでも安心して利用していただける仕組みを作り、既存の飲食業と新事業のインドアゴルフ事業を掛け合わせ、同業種他社との差別化を図り、さらなる売上の増加を実現する。
「から揚げテイクアウト専門店」出店による「中食市場」への本格進出東京都内で焼肉店を運営し、また1都3県で飲食店向けのコンサルタント業を営む当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことから、コロナ禍でも好調な「から揚げテイクアウト専門店」を新たに展開することで、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
真空調理技術と急速冷凍を使った冷凍ピザの開発による新分野展開フランス料理店で培った真空調理の技術を活かし、急速冷凍機を使うこれまでにない食感や味わいの冷凍ピザを開発、食品スーパー向けにカタログギフト商品として提案、自社の強みを活かし新分野への展開を行います。
新店舗開設によるオンライン配信とフードデリバリーサービス事業サブカルチャーのコンセプトカフェにおいて、男装バーテンダーやメイドキャストによるオンライン配信営業を行う。また弊社の名物オムライスを中心としたフードデリバリーを行う。
レトルト・カレー及ステーキ・カレーパン製造販売事業計画当社の主業は飲食業であり、度重なる休業要請により売上が減少しております。当社の看板メニューである「ふくてい名物ステーキカレー」をレトルト及びカレーパンとしての製造販売を開始します。
コロナ禍でも成功できる担担麺・麻婆豆腐専門店のフランチャイズ事業の立ち上げコロナ禍により飲食サービス業は厳しい状況にあるが、当社商品のクオリティーの高さを評価している他社よりフランチャイズの打診があり、新事業としてフランチャイズ展開での収益化を目指すことにした。そのため、セントラルキッチンへの投資を行い新規事業の拡大を図る。
北海道産!厳選した海の食材で調理済冷凍食品を開発。定期宅配で新規顧客開拓。新事業では、セントラルキッチンを導入し、調理済みの定期宅配用冷凍食品を開発。新宿御苑にて10年間運営してきた当社の製品開発能力を活かし、子持ち共働き夫婦やお酒を飲まない方々などの新規顧客を開拓。
銀座のクラブが提供する「和のこころ」の高付加価値果実の販売クラブ経営が主たる事業であるが、特徴である「和のこころ」の設えとおもてなしのイメージを継承して果実のEC販売を実施。果実にオリジナルの付属品を加え、化粧箱に格納した高付加価値商品として販売する。
サカナバルの魅力を閉じ込めたご馳走缶とオリジナル缶詰の製造シーフードレストランとして積み上げた魚のアレンジノウハウをもとに、プロの料理人による特別なレシピと遊び心を詰めた缶詰を提供し、コロナ禍で成長する中食市場に参入することで家庭での食生活の充実に貢献する。
ミシュランレストランの菓子・惣菜・ワイン販売でコロナ禍を破れ!菓子製造・惣菜製造及びその販売・酒類販売を展開し、オンライン通販も活用することでより広範囲をターゲッティングする。自店の売上回復のみならず、コロナで疲弊した食品及び酒類販売業・製造業にも貢献できる事業を構築。
SDGsを推進するためのサスティナブルフードへの新分野展開大型商業施設内の惣菜の販売ように、大量生産大量廃棄しなくてはならない店頭販売から、もっと、SDGsを推進出来るようなサスティナビリティを考えた食品販売を目指した新分野へ事業の展開。
磯平ブランドを活かした焼肉店立ち上げによる、集客力の回復緊急事態宣言の発令により、現在運営している居酒屋の売上が大幅に落ち込んでいる。そこで、強力な換気による感染リスクの低さと、家族連れでの利用しやすさからコロナ禍でも人気を集める焼肉店を立ち上げることで、売り上げの回復を図る。
「酒類提供」からおいしいコーヒーとスウィーツを提供するカフェ事業への転換当店は夜間帯にバーを営業していたところであるが、緊急事態宣言の影響を直接的に受けてほぼ営業ができない状態が続いている。そこで、昼間の時間帯にコーヒー等を提供するカフェに事業転換をすることによって業績の回復を図るものである。
地元客に人気のイタリアンバルから餃子店への新分野展開本事業では、新型コロナによる営業自粛・酒類提供の制限に強い業態として餃子店への展開に取り組む。酒類自粛にも耐えられるようテイクアウト・デリバリーを強化していき、三軒茶屋の地元客に質の高い料理を提供していきたい。
アジアンテイストの豆乳メニューをデリバリー・宅配で提供豆乳を使ったメニューで、近隣のお客様に好評を得ていたが、新型コロナにより顧客は、デリバリー・宅配での購入が接点となった。これを契機とし従来の店舗商圏のではなく広範囲の顧客にも利用して頂けるようデリバリー・宅配を中心のサービスとする。その為に、特殊な冷凍技術を導入し味の再現性の良い食品を開発し、調理を簡便にする事で注文に即時に対応できる。この調理システムを導入し多店舗化・ネット販売の展開を計画する。
ケータリング事業から非対面型フードデザイン・空間スタイリング事業へオーダーメイドによるフードデザイン・オフライン事業からカスタムメイドによるスイーツボックス販売・オンライン事業への転換を行うことで、最小限の時間で最大限の効果と収益化に繋げる。
自然派の調味料を使用した身体に優しい「洋菓子店」の出店計画東京都内にて複数の飲食店などを経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、深夜・アルコール業態に依拠する事業構造から脱却するため、自然派の調味料を使用した身体に優しい「洋菓子店」の出店により経営の多角化を図ることで、新たな事業の柱を構築することを目的とする。
缶ビール製造設備の導入により、飲食店から外販への新分野展開を図る居酒屋店舗内にあるビール醸造設備にて来店客に自家製ビールを販売している。コロナ感染症による営業時間の短縮により売上が低迷している。この打破のため、缶ビール製造設備の導入により、外販を行う新分野展開で売上増を図る。
非接触型・全室個室焼肉・しゃぶしゃぶ店の開業による事業転換東京都東村山市他で居酒屋等4店舗を営む飲食店です。酒類提供が主体の業態はコロナ禍の影響を強く受けてしまうことから、コロナ禍でも堅調な「非接触型店舗の焼肉・しゃぶしゃぶ店」を開業し、新事業の柱を構築します。
ウィズコロナに対応した非接触型エンターテイメント焼肉業態への新規展開計画書コロナ禍の影響で当社の居酒屋店舗の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、ウィズコロナに対応した非接触型エンターテイメント焼肉業態を新たに展開する。
焼肉店オープンによる新市場への挑戦現在、居酒屋を2店舗運営しているが、新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な被害が生じている。本事業では長年鮮度の高い肉料理を提供してきた実績や牛肉に関する独自の調理方法などの当社の強みを活用しながら、新型コロナウイルス感染症の影響を受けにくい焼肉店を開業し、売上の回復を図る計画である。
新型コロナに打ち勝つ、24時間無店舗・自販機での小売販売事業新型コロナの影響で飲食店の時短が強いられ、売上減少。またデリバリーは好調であったが長引く新型コロナ禍で全体の売上回復までには至らず。このため、新たに自慢の無肉料理を自動販売機で24時間販売を実施する。
マルシェ事業と飲食事業の連携による飲食店の付加価値創出既存の飲食事業に加え、これまでの豊洲市場他全国の生産者との直接の取引関係を活用し、飲食店舗にて魚や野菜などの食料品や加工品等を紹介・販売するマルシェの企画運営を令和3年4月より開始します。
徳島県(出身地)の食材を活用した焼肉店の展開当社は代表の出身地である徳島県および四国の食材にこだわった居酒屋を東京都港区浜松町で展開していた。コロナ禍の影響により、夜営業ができなくなり売上が激減。このため、コロナ禍においても売上が見込める焼肉店出店を決断した。これまで当社がこだわってきた徳島県産の食材を使った商品を提供する。
ECサイトによる甲殻類のレトルトカレーと瓶詰め調味料の販売コロナ禍で飲食店営業が通常には戻らない中、甲殻類に特化した日本料理店という特色を活かして、専門性の高い商品(甲殻類レトルトカレーなど)を開発してネット販売を行う。
ウィズコロナの飲食店デリバリー・フードトラックへの事業転換今年1月の緊急事態宣言より営業時間の短縮、酒類の提供をやめ売上減少の要因となっている。夜の時間帯をメインでやってきたBARからテイクアウト、フードデリバリー、フードトラック事業への事業転換を図る。
男性向け脱毛サロンへの事業再構築経営している飲食店については、コロナの影響を受け、売上が減少している。そのため、コロナ禍に適した設備を整え、市場の拡大が見込める男性向け脱毛サロンを開設し、売上のV字回復を図る。
事業1種体制から事業3種体制へ再構築計画夜のみの営業であった「BAR」という業態から、ランチタイムも営業する「ダイニングバー」への変革、ランチメニューのデリバリーやオンラインショップの新事業を加えた新しい業態への再構築を行い、雇用を守り、長く安定した経営を目指す。また、雇用を増やしていける目論見を盛り込んだ事業再構築計画。
当社自慢の本格香港点心の味を自宅でも味わえる、非対面式の注文システムを活用したテイクアウト事業の立ち上げ当社は都内に3店舗の中華料理店を経営しているが、コロナ禍による売上減少により現在2店舗を閉鎖している。閉鎖中の1店舗をコロナ禍に合わせた業態に転換するため、店舗の一部をテイクアウト用冷凍点心を作る工場として改装し、合わせて非対面式の注文システムを導入し新たにテイクアウト事業を行う。
本格フレンチビストロがつくる新しいカヌレ専門店(フランス菓子)とゴーストレストラン当社が培ってきた経験や技術を活かし、今までにない新しい「カヌレ」やデリバリー専用のフランス料理を製造するため、ゴーストレストラン型の店舗を開発しECや直売店で販売することを計画します。Withコロナ期にはご家庭のお取り寄せとして、アフターコロナ期には各種パーティーや気の利いた手土産として、より多くの方にパパンがもつ「安くて美味しい」を様々なシーンで楽しんで頂ける新分野を展開します
新商品スパイスカレーで挑む!デリバリー事業への新たな展開課題である①不採算事業の方向性、②イートイン売上の減少、③デリバリーに不向きな商品特性、を解決するためにデリバリー用の新商品開発と事業再構築をおこない、イートインに頼らない収益構造を実現する。
フライドチキンのテイクアウトと水タバコカフェへのデリバリー店フライドチキンを近隣のファミリー層にテイクアウト販売するだけでなく、水タバコ業界卸NO1の強みを活かして、近隣の水タバコカフェへのフライドチキンの卸を行う。
本格中華を手軽に楽しむ!アフターコロナの経済復興に向けた昼営業主体でテイクアウトもできる点心業態新規展開計画書新型コロナウイルスの影響で当社の居酒屋店舗の業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、コロナ禍でも安定的な需要が見込める点心・餃子業態を新たに展開する。
青パパイヤを使った健康食のスムージー日本初の青パパイヤサラダ専門店「ソムタムカフェ」(東京都港区)の実績とノウハウを活かし、腸内環境改善等の酵素を持つスーパーフード:青パパイヤを手軽に摂取できる冷凍スムージーを製造販売する。
「急速冷凍庫」導入によるセントラルキッチン事業急速冷凍庫を導入し、飲食店事業は継続しつつ、セントラルキッチン化による実店舗売上に依存しない「新分野展開」に取り組む。冷凍商品の開発、自動販売機による販売、オンライン販売サイトによる販売を仕組化し飲食事業者に提供する。
安心できる空間づくり 次世代型ウイルス対策事業主に飲食店や店舗に対して、光触媒のコーティング剤を建物の壁、天井、建具周りに散布することで人が触る部分の除菌及び抗菌を行い、安心、安全な空間づくりのための施工を行う。
焼肉店の味を自宅で楽しむための希少部位を充実させた精肉小売店既存事業で培った精肉のノウハウを活かし、内食・中食需要をターゲットとした精肉小売店事業を構築する。従来の専門店にない希少部位の展開や惣菜商品の充実により外出自粛社会を応援する。
パティシエが作る本格パンの食物販店の新規事業計画書都内にアルコールを主商品とした焼肉店2店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大より売り上げが大幅に減少した。一方で食パン、菓子パンはコロナ禍でも好調であり、これを受けて”パティシエが作った”という特徴を差別化要素ににしたパン屋を出店することで、既存事業の焼肉屋とは異なるターゲット層を取り込み、新たな事業を構築する。
テイクアウト・デリバリー機能を強化した高級ハンバーグ専門店出店事業本計画は、テイクアウト・デリバリー機能を強化し、食事需要に注力した高級ハンバーグ専門店へ進出する事業となります。居酒屋需要の低下と食事需要の高まりが見られる中「おひとり様の夕食」に家では味わえないジューシーな贅沢ハンバーグ専門店に進出します。
山梨県勝沼町における産地連携型新商品バレルエイジドビールの開発都内のクラフトビール店が山梨・勝沼町に蔵置施設を設置し、持ち帰り・EC販売に特化した新製品バレルエイジドビールを製造する。高付加価値な新製品で同所のワイナリーと連携し地域経済への経済的波及効果を目指す。
インターネットを活用した非対面対応型冠婚葬祭のオンラインサービス新分野展開「インターネットを活用した非対面対応型冠婚葬祭のオンラインサービス」事業に取組むことにする。これまで実績がない事業であるものの、当社の強みでもある高所得層が多く暮らすエリアを中心に飲食業の店舗をハブにしてスマホやタブレットの操作が苦手な世代にもサービス利用のきっかけをつくることができる。既存事業のリアル店舗と新規事業のオンラインサービスには相乗効果があり高齢化社会の課題解決の一助となる。
A5 ランク黒毛和牛一頭買いと提供方法の拡大で圧倒的差別化を図るコロナ禍により売上が激減している状況を打開するため、A5 ランク黒毛和牛を一頭買いしてホルモン・希少部位の提供で圧倒的差別化を図り、多様な販路の拡大により安定的に仕入・供給することで事業再構築を図ります。
アフターコロナ時代に対応する サンドイッチ小売販売店の新規事業展開度重なる緊急事態宣言による自粛要請の結果、既存事業の居酒屋業態は窮境状態にある。コロナ禍・アフターコロナに対応したサンドイッチ小売販売店を新規展開する
既存店の居酒屋撤退及び、焼売テイクアウト専門店への新事業展開新型コロナウイルス感染症による外出自粛の影響で既存の居酒屋事業が大きな打撃を受けた。今後は中食・内食へとニーズが移り変わると予想されることから新しくテイクアウト市場に参入。近年ニーズの高まる焼売のテイクアウト専門店で事業の再構築を目指す。
気軽に毎日食べられる粋で趣のある寿司屋への業態転換食事をメインにしたエンターテインメントな寿司屋を軽井沢でオープンさせます。ワーケーションや近場の旅行などで集まりだしている軽井沢をさらに盛り上げるため、そして他のリゾート地でも展開できる成功事例をつくるため、お酒から食事への事業転換
食品加工設備(セントラルキッチン)の新設による卸販売事業新たにセントラルキッチンを新設し、①メンチカツ専門店の営業、②専門店FC本部運営、③周辺飲食店の惣菜のOEM製造 ④スーパー惣菜エリアへの卸販売の4つの事業を展開し、次世代の収益の柱と雇用を生み出す。
ECサイト構築でデミグラスソースを全国販売新型コロナ感染症の影響による売上の大幅な減少からシェフの坂本の“どんなことがあっても絶対に味を妥協しない”「デミグラスソース」を全国的に販売することで社員一丸となって業績のV字回復を狙う。
熊本ジビエを中核メニューとした弁当移動販売事業への事業転換計画現在は簡易宿泊業を営んでいるが、「熊本ジビエをテーマにした弁当販売事業」へ本格的に事業転換する。売上拡大のためには生産能力の増強が必要なため、投資を行い簡易宿泊所の地下倉庫を厨房に改装して生産を内製化していく。
飲食・弁当事業を活かした「食育弁当」付き児童発達支援事業所都内で飲食店を4店舗営業してますが、「緊急事態宣言」などの国の施策によって大きく業績が左右されてしまうことから安定的な収益が得られる分野への事業多角化が必要であり、近年市場が拡大傾向にある児童発達支援事業への参入を決断しました。
女性向けアミューズメントレストラン事業働く女性増加という市場ニーズを踏まえ、深夜でもカロリーを気にせず食事ができ、ダーツやテーブルゲームといったアミューズメント施設を併設した、仕事帰りの女性が安心して息抜きができる女性専用レストランを展開する。
内食から外食まで対応できる企業体質の構築のため本格的冷凍カレーの通販事業へ進出し、顧客管理とデジタル化を推進する当社は、イートインが100に戻らないWithコロナ時代に、 カレーという馴染みのある料理を、レトルトでは出せない「冷凍」カレーとして販売するために新たにECサイトを構築販売し、新たな収益の柱としていくことを目的としています。
居酒屋から和食屋(テイクアウトあり)へ店舗の業態転換計画新型コロナウイルスに伴う事業環境の劇的な変化を踏まえ、当店の強みである和食の提供力を活かし、リソースの最適化を図るため、既存2店舗の居酒屋の内、1店舗を和食屋に業態転換を図るものです。
「テレワークスペース」と「テイクアウト+」によるコロナ禍に強い店への再構築新型コロナウイルス流行によりウェイティングスペースだったテラス席を通年利用できるための工事とテイクアウト商品の需要増加に伴い真空パック商品(新商品)の開発をし減少した分の売り上げの確保、そして定着化
地域密着型「ベビーシッターマッチングサイト」での新分野展開 !既に多くある同種サイトとの差別化として、地域密着に力を入れたベビーシッターマッチングサイトを展開。地域に理解のある保育士を中心に登録し、利用者とシッターに寄添い利用しやすいサイト構築を行う。
テイクアウト惣菜販売店の新規出店で地域貢献活動のできる企業となるための事業再構築計画南極観測隊と既存店舗(居酒屋)での経験を活かし、コロナ禍の中食需要の高まりに対応できるテイクアウト惣菜店を新分野展開として出店。早急に事業再構築をして、地域貢献できる企業となる。
新しい生活様式に対応した無人販売テイクアウト事業今のコロナ禍と社会の情勢を考えると「家で手軽においしいものが食べたい」というニーズが増えている。そこで、冷凍食品の中で常に人気の上位で多くの人に興味を持ってもらいやすい冷凍餃子のテイクアウト事業を考えた。販売も店員との接触を避けるため無人で行う。
「白金ブランド」を提供する、女性ソムリエによるワインコンシェルジュサービス現在の客席を縮小し、新たにレストラン商材や高級スイーツ、ワイン販売の売り場を確保。「白金ブランド」を提案する、女性ソムリエによるワインコンシェルジュサービスがある、高級食材店へと転換。
おいしいね!をいつまでも最新技術導入でオープンイノベーションによる新分野展開事業全手作業のミシュラン獲得のそば店を経営。コロナ禍にて苦境に立たされました。
新開発した無添加甘味調味料や独自の喫茶ノウハウなど最新技術とデジタル導入で新分野展開し経済社会変化にも負けない事業再構築をします。
イートイン型飲食店からECサイトを使った通信販売事業への転換外出自粛や在宅勤務により、自宅で食事を取らざるを得なくなった人々に向け、ECサイトでレストランの料理を通信販売する、コロナ禍における新しい生活様式に対応したビジネスです。
ブランドとメニューを活かした富士急ハイランドへの出店山中湖畔で長年親しまれた観光客向け飲食店がコロナ禍により減収を余儀なくされているため、ブランドとメニューを活かしつつ新たな要素を盛り込み、近隣の富士急ハイランド内に新店舗を出店する。
自慢のカレーと、カレーに合うオリジナルビールをキッチンカーで販売新たな市場に展開を図る上で、千葉県の大多喜町周辺の住民、観光客層をターゲットとした移動販売事業(キッチンカー)に取り組む。オリジナルクラフトビールと、ビールに合うカレーを開発し駅前やキャンプ場で提供する。
パウダー野菜と冷凍カレー製造の為のセントラルキッチン新設と食品製造卸売事業実店舗での営業を縮小し、広告活動の結果得られた多くの支持を武器にホクトカレー導入店舗(加盟店)に対して冷凍カレーとパウダー野菜のデリバリー事業を行う。更にECサイトを用いて一般消費者に対してもデリバリーを行うことで販売範囲を大幅に拡大する。
各テーブルオーダータブレットを設置する焼き肉店の開業当補助事業では、新たに「焼肉店」を開業することにした。焼肉店はコロナ禍でも売上げが伸びている業種で、今後も期待できる。各テーブルにタブレットを設置し、フロアスタッフの削減になる運営で生産性向上を図る。
在宅で受けられる日本酒に関するオンライン日本酒教育事業在宅で日本酒を楽しみたい人、日本酒をもっと学びたい経営者を対象に、現在の日本酒に特化した居酒屋事業のノウハウを活用した「オンライン日本酒教育事業」を行い、日本酒文化を世界に広める事業を行う
ビール業界のSDGsを解決するクレープ×クラフトビールのテイクアウト新型コロナウイルス感染症の影響による営業規制、さくら祭りの中止や海外からの渡航禁止により客数が激減したため従来の居酒屋スタイルからテイクアウトスタイルへの業態転換を図る。
再開発で増加する昼間・夜間人口を取り込むヘルシーイタリアン&バー再開発の進捗とともに今後増え続ける周辺エリアの昼間・夜間人口を機会と捉え、コロナで売上が停滞しているアパレル店舗を改装して、メタボ体質化した現代社会人に向けたヘルシーパスタを中心にしたイタリアンレストラン&バーを展開します。
居酒屋から美味しい惣菜パンの製造販売へ業種転換に挑戦板橋駅近隣で居酒屋を営んでいましたが、コロナ禍の影響により売上高が激減してしまいました。このまま居酒屋として売上高が復調するかも見えないことから、アルコールを取り扱わない日常的な食材であるパンの製造販売に舵を切りかえます。
所沢から横浜へ ㈱大洋フードサービスの業態転換事業計画コロナ禍で見通しの立たない焼鳥居酒屋の所沢店を閉店し、社長のネットワークを活かした横浜ベイスターズに特化したベースボールバーを横浜関内に出店し、地域活性と貢献、事業の巻き返しを図る。
洋食のテイクアウト・デリバリー店舗立ち上げ都内で串揚げ屋(居酒屋)を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。昼需要・持ち帰り需要を獲得し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築するために、洋食のテイクアウト・デリバリー店舗を新たに出店する。テイクアウト及びデリバリーが主な販売形態ではあるが、店内の一部にイートインスペースを設け、販売形態の多様化による低リスク経営を目指す。
セントラルキッチン導入計画新型ウィルス及び増えつつある災害などの非常事態宣言や感染防止にそなえ、当社の強みである仕入れと調理力を活かしセントラルキッチンによる調理された食料品の店頭販売や専門店を広げ、以前より増えつつある中食事業の開始。そして店内飲食との両立により多様な状況下での売り上げの維持と上昇を図っていく。
お店の味をご自宅で。真空パックと自動販売機導入によるころな時代の24時間非接触型サービス店舗で調理した食品を真空パックして販売するサービス。店頭に自動販売機を設置した24時間非接触販売及び、店内にも券売機を設置し、会計など極力接触を避けた販売方法で提供すると同時にITやデジタル化、キャシュレス化にも取り組む。
「居酒屋メニューをおうちグルメへ」をテーマとした食品製造業への新分野展開急速冷凍や真空包装等新たな技術を導入し、居酒屋の調理スキルを活かした様々なレシピを「あると便利な常備惣菜」「ハレの日料理」「宅飲みコース」に至るまで多彩に商品化。グルメ通販等、非対面式にて販売。手作り感を大切におうち時間に臨機応変な食の提案を。
日本におけるオリジナルのプレミアムスイーツブランド展開巣ごもり需要で人気が高まるプレミアムスイーツ領域で独自開発のオリジナルスイーツブランドをECを中心に展開。第一弾はグリュイエールチーズを使った「ワインにも合うチーズクッキー(仮称)」を販売
飲食店経営事業におけるECサイトの新分野展開コロナ禍によりダメージを受けた居酒屋を救う事を目的とした、取置型鮮魚ECサービスを考案。大手集中傾向のテイクアウト業態に対し、小規模飲食店でもSGDsやDX化によって克服する為に行うニューノーマル事業。
飲食店から会津地鶏の冷蔵冷凍食品の製造販売事業への挑戦長年会津地鶏の専門の飲食店を経営していましたが、本事業を通じ、会津地鶏の冷蔵冷凍食品を開発して、店舗および本社の改修、設備導入など行い、ネットや卸売販売に参入し、会津地鶏のブランディングを図ります。
焼肉店専門求人マッチングサイト「Meat-&」の構築15年以上の焼肉店経営のノウハウを反映させた、焼肉業界特化型のマッチング紹介サービスの展開。焼肉店ならではの細かいスキルやお店に必要な人物像など、独自の検索システムを求人サイトに導入することで、採用単価が下がることでの焼肉業界全体の利益率向上を目指す。
すぐに食べたい・おうちで食べたいニーズに対応する48時間熟成唐揚げ 熟カラット 新規事業計画独自の仕入れルートによる鶏肉と秘伝のタレを使ったテイクアウト型から揚げ専⾨店を展開する。コロナ禍の中で、美味しいものを、おうちで食べたい、すぐに食べたいという顧客ニーズに対応する
世界初の肉骨茶自動販売機導入で非対面非接触販売の確立既存事業の「食」の提供を冷凍商品化することによる小売事業への参入と冷凍自動販売機導入によるコロナ時代のニューノーマル「非対面・非接触販売」の確立
テイクアウト、British Pubからクラフトビアバーへ非接触のニーズの高まりと今後のイートイン需要に対応したテイクアウトとランチタイム営業の実施と、研修制度を充実させ専門知識の豊富なスタッフをつくり、品質管理体制を向上し取扱可能な種類を増やし、オリジナルビールを提供するクラフトビール専門店への転換
採用リスクを低滅する新ビジネスモデルの医療業界転職サービス事業飲食事業のリスクを分散を図るため、医療専門職に特化した転職サイトの構築を行う。医療機関側の採用リスク低減のため、①低単価の成果報酬型(月額支払)、②提供医療機関による研修プランを提供する。
コロナを乗り切る!弁当事業と店舗営業の二毛作業態の開発夜の繁華街から大規模商業施設の近隣へ移転し、焼き鳥居酒屋からランチ営業主体の営業に挑戦することで、 顧客の中食ニーズに対応します。また、看板商品「もつ鍋」の通信販売化を目指し、内食業界への進出します。
業種転換による冷凍食品テイクアウト店とEC直販による全国展開長引く緊急事態宣言で2020年3月以降、売上減が続いている。事業継続と従業員の生活を守るため居酒屋から冷凍餃子のテイクアウト店とEC販売で、思い切った業種転換を図る。地域の野菜を使い地産地消を意識した製品を提供する。
バー事業からフード事業「ロースト・サンド」への新分野展開既存事業(バー営業)の営業時間外となる昼間営業のフード事業へ進出する。フード事業の中でもコロナ禍で需要拡大傾向にあるテイクアウト中心の「ロースト・サンド専門店」への移行に伴い新たな市場・顧客層の獲得を図る。
東京の焼き鳥居酒屋が秋田でイノベーションを起こす!ドライブスルー併設カフェ設立による事業再構築プラン秋田にドライブスルー併設カフェを設立することで事業転換を試み、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上が大きく落ち込む東京の焼き鳥居酒屋を相乗効果により盛り立て、事業再構築を目指す取り組みです。
パンの製造リソースを活用した業務用冷凍焼成パンの新開発と業務用製造卸売への業態転換現在の飲食主体の事業体質からパンの製造リソースを活用。現在の製造場所の一部撤去改修、新たに凍結機器、冷凍保管庫を設置。消費期限の長い冷凍焼成パンの特性を活かし、全国のホテル・レストランをターゲットとした製造卸売業へ転換を目指す。
自販機による自社製造加工肉の冷凍販売飲食店事業の売上減少を克服するために、新たに自動販売機によるハム・ソーセージの冷凍販売事業を開始する。非接触型の自販機による収益事業を始めることで、コロナ禍及びコロナ後を見据えた売上・利益の確保を行う。
美味しくたんぱく質補給『プロテインスムージースタンド』出店計画ライブハウス等を3店舗経営していますが感染症で甚大な影響受けています。そこで、新たに商品からブランドまで自社で作り上げたおいしいタンパク質ドリンク「プロテインスムージー」をテイクアウト新店舗で提供します!
世田谷代田店舗再構築事業パン屋として稼働中の世田谷代田店舗を間仕切り、仕出し弁当・ケータリング・取引先卸を可能にする事業のスタート・設備拡充。およびECサイト構築による売上・販路拡大。
デリコッペの展開・浸透に主軸を置いた中食・冷食事業イートイン業態の壊滅的な状況を打破しアフターコロナを見据えたV字回復を図るための、共働き世帯や単身者をターゲットに冷凍宅配と作り置きテイクアウトの相乗効果で売上を伸ばす、中食・冷凍事業への業態転換
老舗旅館が仕掛けるテレワーク&3密回避に特化した蔵カフェ当社は、コロナ渦に伴うテレワーク市場の拡大や密を避ける新たな動きに特化した和風カフェ施設を開業し、新分野展開による事業再構築を行う。
冷凍食品オンライン販売事業計画栄養バランスを重視した冷凍調理食品を、自社ショッピングサイトによるオンラインで販売することで新たなターゲット層を取り込み、飲食事業への規制時にも耐性の強いビジネスモデルを収益の柱とする。
動画を中心としたオンラインによる地域コミュニティ活性化事業飲食以外の収益の柱を動画を、動画、オンライン配信サービスとグッズ販売を軸に構築し以下の3部門で事業を構築していく①動画、オンライン配信部門②グッズ部門③アーティスト育成支援部門
Fusion(多国籍)FOOD & クラフトビールのお店!テイクアウト、出前に参入!今ある店舗に厨房設備をつけ、昼ランチタイムから通し営業、多国籍料理とクラフトビールを販売し、テイクアウトと出前に参入する!!!
あべどり炭火&抗菌My串焼きテイクアウト!シルバー人材とSDGs貢献!亀有駅北口の串酒場が、看板メニューを生かし、南口に串焼きテイクアウト専門店出店。”あべどり”炭焼き串打ちを自動化、シルバー人材センターと協働で地域貢献。抗菌My串持参で、亀有からSDGsを意識啓発していく!
テイクアウトをメインとしたフレンチビストロ店の出店テイクアウトをメインとしたフレンチビストロを新規出店します。新店舗は持ち帰り飲食店ですが、顧客の利便性を考慮して店内にはカウンター席を8席程度設置し、日中はイートインスペースとして、夜はワインバーとして活用します。
脱アルコール 文庫カフェ事業本をテーマにしたコンセプトカフェ、「文庫カフェ」の新規展開。アルコールに頼らない「健全で文化的な空間」を提供することで売上の回復を図るとともに、地域社会へ貢献する。
東京尾山台の本格フランス料理外販事業計画東京城南地区で近隣顧客に愛されてきた本格フランス料理を家庭で楽しめるように外販専用店舗を設け常時飯場すると共にネットを通じて全国の食通を対象に通信販売する。
隙間時間で受講可能なオンライン型ワインスクールへの進出補助事業として、ソムリエ及びワインエキスパート資格試験受験生に対するオンライン型ワインスクール事業に新たに取り組む。国内事業者で初めて短時間の録画動画による受講形態を提案し、既存顧客基盤活用とオンラインでの集客を実施する。
高級居酒屋から高単価ダイバーシティすし店への事業転換弊社が運営する居酒屋はオフィス街・繁華街にあり、コロナ収束後も売上が戻らない可能性が高い。そこで居酒屋業態から撤退し、新たに海外での実績が豊富なすし職人を招聘、店内内装を改装し、高単価の制限食にも対応した、インバウンド・健康美容志向の高い方向けの高単価すし店へ事業転換を行う。
CRISPY CHICKENn‘TOMATOの非対面テイクアウト&デリバリー専門店の新分野展開ー韓国大次ブームに沿って韓国チキンのテイクアウト&デリバリーを展開。ー本部直営店舗に次ぐ、日本初の店舗型FC展開し幡ヶ谷に出店し年間30,000名、年間売上9,000万円規模の新分野事業として運営。ー「認知度アップ」「新規顧客の獲得」「リピート率の向上」向上の為のFCのネットワークを生かし、他社に負けない店舗展開
今後を見据えた非アルコール飲食業態への新規取り組みコロナ禍のアルコール離れに危機感を持つ中、感染予防に対応し、かつ少人数でのご来店が基本で、アルコールを主の売上としない麺業態、中でも一杯で多くの野菜を摂取することができ、野菜不足の男性・栄養価を気にされる女性・お子様連れのファミリー層とターゲットの幅広い「ちゃんぽん」専門店を、新規に開業する計画を立てています。
朝昼晩と気軽にテイクアウト・宅配、立食できる業態開発イタリアのバールのように朝昼晩と地域住民が立ち寄り交流できる空間。朝の予約制弁当・オリジナルパニーニ・焼きたてパン・焼き菓子・コーヒー等をメニューに据えた店舗で実現し、テイクアウト・宅配を中心にコロナ禍でも再起できる店舗を開発
コンセプトカフェ専門ポータルサイトの構築池袋・秋葉原で6店舗のコンセプトカフェ&バーを営む弊社が、動画配信機能搭載のポータルサイト運営を手掛けます。一般のユーザーを多く取り込む動画配信サービスによって、コロナで大打撃を受けたコンセプトカフェ業界を盛り上げます。
創業126年鰻屋の認知度を生かした惣菜テイクアウト店舗事業「つきじ宮川本廛」の名前を掲げ鰻専門店としてレストラン、売店を営んで参りましたが、コロナ禍により高単価1アイテム商売での限界を痛感。多様性に富んだ低単価テイクアウト事業に挑戦し鰻専門店からの脱却を図ることといたしました。
産直食材・本格フレンチ惣菜・地域名品の小売販売による新分野展開新たなテナントを借り、製造加工工場兼物販用店舗として改装を行う。店頭では、当社の強みを活かした産直品の販売及び、フレンチ惣菜の販売、北区の名産品の販売を行うことによって、新たな売上の柱を構築する。
海外農場から直接仕入れることで実現するダウンアップ戦略の実現インド・ネパール料理で多用するカシューナッツを国内商社から仕入れていますが、海外農場からの直接仕入れに変えることでコストダウンを図るとともに、仕入れたカシューナッツを卸売することで売上アップを図ります
「テイクデリ 炭」テイクアウト再構築事業計画ビジネス街赤坂で2018年から今年3月まで燻製料理の居酒屋を営業、コロナ影響で閉店。売上はネット来店予約が主。コロナにより赤坂通勤者が激減、宴会予約がほぼない状況が1年以上、繁忙期にも売上がない状態に。来店メインだった為入口に出窓はなくテイクアウト未実施。デリバリーをコロナ後開始も売上が入らず。GOTOで少し回復するも延期で売上は減少。5月に金町住民エリア店舗にテイクアウト開始と出窓設置で移転。
飲食業に関わるオンライン教育事業への参入飲食店経営者に向けた「動画での飲食店経営講座」を皮切りにワインに関する講座などを実施し、飲食業に関わる「オンライン教育事業」への参入を目指す
創作イタリアンレストランがテイクアウト専門店運営で事業再構築15年堅実に経営してきたイタリアンレストランがコロナ禍の影響により売上が減少して、回復の兆しが見えない。そこで、オーナ料理長が日本食もスペシャリストであることから、和洋お惣菜、お弁当のテイクアウト、デリバリーの専門店をオープンし売上、収益の安定化を計る
多世代が集う遊び場”街のリビングルーム”で遊びを通じた交流を本事業では、現在運営する多世代コミュニティカフェいろむすびcafe内の一部座卓スペース・テーブルスペースを改装し、乳幼児向け遊具と多世代が一緒に遊べる遊具を設置する遊び場を新設します。
冷凍食品の開発による中食需要に対するサービス転換コロナ禍のテレワーク推進と時短営業要請等により、当ラーメン店の顧客が激減したが、本事業により顧客ターゲットを拡大し、より多くのお客様に当店の味を堪能頂き、アフターコロナにも負けない事業体制を構築する。
老舗レストランの強みを活かすリアル・オンライン料理教室への進出宴会需要の落ち込みのダメージを乗り越えるため、46年間蓄積してきた飲食店経営によるネットワーク、シェフの技術力の強みを活かし、宴会場をキッチンスタジオに改修し、リアルでもオンラインでも可能な料理教室への進出を図る。
地元・観光客に人気の和風飲食店が惣菜小売・EC通販に業種転換コロナで地元客・内外観光客が激減した和風飲食店が、ふぐ料理など総菜等食品製造所を設け店頭小売・EC販売。コロナに影響されない売上確保と、以前の顧客を地元居酒屋等に紹介し原材料等を販売、地元連携ビジネスモデルも構築する。
パブリックからプライベートレストランへ転換、少人数の会員制レストランの開設10坪の小規模会員制レストランを展開していく。回転率重視のパブリックレストランとは異なり、完全予約で来店いただく少人数のお客様にソーシャルディスタンスの中で安心してゆっくりと食事を満喫できる環境を提供する。
新商品冷凍ラーメンセットを開発、キッチンカー事業へ業態転換コロナの影響で店舗売上が20 %減少している。(2021年1月と前年同月比)そこで、当社ではフードトラック市場の伸びに注目しラーメンのテイクアウト販売に業態転換する。そのために急速冷凍技術を導入、効率的に製造できるセントラルキッチンの構築、事業化を目指す。
江戸前寿司でも回転寿司でもない新たな寿司店を展開し復活する。当社は神田駅を中心に江戸前寿司と回転寿司を6店舗展開してきたが、コロナ後のことを考えると江戸前寿司スタイルのままで従来のように復活できるか疑問である。そこで、新たなスタイルの寿司を提案し復活する。
立川初のニューヨークピザ店によるテイクアウト・昼間需要の開拓昼食・中食メインの新分野展開の店舗を立ち上げテイクアウトを中心にデリバリー等の活用も可能な業態に思い切って転換。今後のコロナ禍にも対応し、社員・アルバイトの雇用確保と新規顧客開拓及び売上増加を目指す。
会員制食サブスクリプションサービスの提供とオンライン料理塾オンライン配信等デジタル技術を活用し、来店しなくともお客様と繋がることができる「会員制食サブスクリプションサービス」の提供と、都市と地方をつなぎ飲食業界の未来につながる「オンライン料理塾」の開講。
店内飲食業態(喫茶店)から、持ち帰りを主体としたフライドチキン専門店への参入ヘルシーなオリーブオイルで揚げたチキンを忙しい若い家族や女性をターゲットに販売。テイクアウトを中心にすることで、ウィズコロナ・アフターコロナでの中食需要を取り込むことで売上拡大を図る。
長期保存が可能な「からすみ」のテイクアウト・ECモールでの販売弊社の主力事業である鮓店が緊急事態宣言の影響により売上が減少している。またせっかくご予約いただいたお客様に対してキャンセルしなければないことが弊社として非常に辛い決断となっている。このような問題を解決するため、緊急事態宣言の影響を受けにくい長期保存商品の開発を行い、鮓ふじながにご来店いただかなくても商品提供する。その第1弾としてからすみの開発を行う。
豆腐の製造・販売と飲食の複合業態 -アルコールに頼らない新たな食のビジネスモデルの創出-「健康志向」のビジネス機会を捉えるべく、「豆腐」をメイン食材にした「(仮)豆富食堂」を開業。豆腐の製造・販売と飲食の複合業態を通じてアルコールに頼らない新たな食のビジネスモデルの創出を目指します。
有名人コラボ商品の製造工程の内製化による売上・利益の改善新たに粉体用混合機を導入することで、これまで外注に頼らざるを得なかったプロテイン製造工程を内製化する。これにより、企画から商品化までのリードタイムを短縮し利益率を改善することで事業再構築を図る。
BOULANGERIE FRANZ純国内産小麦粉をベースに、その土地の恵みを取り込んだ厳選された素材を使用して、長年育ててきた天然酵母により、日本人用にアレンジされたフランスパンのテイクアウト専門店の開業
ポストコロナに対応した外食事業への事業転換計画食が事業の中心である弊社は、新型コロナウイルスの影響により過去最大の最終赤字となった。先の見えない中、V字回復が期待できる「ラーメン事業」および「団子事業」について、新分野への業態転換を断行し、未曽有のピンチをチャンスに変える計画とする。
自社養殖鳩(ハト)肉による加工食品製造販売日本マーケットにおいてまだ未開の食肉「鳩(ハト)肉」に注目して、自社レストランだけに供給していた自社養殖鳩肉を食品加工工場を新設することによって専門に鳩肉加工商品を製造し、業務用卸、一般消費者へと全国に向け市場開拓販売します。
「ふぐ」「すっぽん」通販事業と甘味販売事業による事業再構築来店客にのみ提供してきたふぐ・すっぽんという伝統料理を、郵便局カタログギフトという信頼ある媒体を通じて全国の消費者に向けて通販する。さらに同時に甘味処を開店することで新規顧客を開拓し、既存事業再生と商店街活性化を図る。
「イートイン+店頭販売」を行うハイブリッド店舗への業態転換コロナ禍で居酒屋業態は多大な影響を被っており、地域住民など新たに一定の需要が期待できる店舗について、飲食スペースを一部削り、店内調理による刺身や総菜、自社醸造ビール等の店頭販売コーナーを設けたハイブリッド店舗への転換を図る。
震災地域の酒蔵の「燗」と旬海鮮のペアリングを提案する飲食専門店感染予防に配慮した少人数制の日本酒と厳選食材の専門店 「髙崎のおかん」を東京目黒に新規開業する。震災被災地域の酒蔵との提携や、日本酒に精通している代表者からの「燗」と詳細なお酒・料理の説明は、付加価値の高いビジネスとなると想定している。
コロナ後に向けた30坪居酒屋の団体・宴会・アルコール依存からの脱却コロナ後に向け30坪居酒屋を3つ(①朝から営業できるカフェ②様々な用途の多目的スペース③既存居酒屋を縮小)に分割し、団体・宴会・アルコール依存からの脱却と3タイプの相乗効果で雇用維持と業績回復120%を目指す
老舗天ぷら屋が挑む若者開拓型とり天のテイクアウト&デリバリー老舗天ぷら屋は「高級で敷居が高い」というイメージが強く、若年層は敬遠しがちである。ヘルシーな「とり天」のテイクアウト店により身近に感じてもらい、幅広い年代層が既存の天ぷら店に訪れることを目指す。
銀座の高級中華料理店が挑む、新たなテイクアウトと出張料理コロナで特別な瞬間を祝うことを諦めてしまった一人でも多くのお客様の力になりたく、新たにテイクアウトと出張料理を始めることで、自宅でも当店のスペシャルな料理をお客様に味わって頂くことができるように致します。
中華レストラン業態の新規参入に向けた事業再構築計画書東京都、大阪府、福岡県に直営飲食店9店舗、フランチャイズ20店舗を運営する当社は、中長期的な成長を目指し、本格的な自家製中華料理を楽しめる中華レストランを直営とフランチャイズにて新たに展開することで会社全体の売上の向上のための新規事業を構築します。
オンライン料理教室&食材のECサイト販売事業実店舗の飲食店経営、コンサルティング業をしてきましたが、新たにオンライン料理教室&ECサイトでの食材販売をいたします。料理人、食材調達は提携先がすでにあるため、システム構築後に準備が整えば事業を開始することができます。店舗にご来店のお客様や料理人のファンを見込み客として単価5000円でサービスを提供します。すぐに始められるところが本事業の強みです。
コロナ禍でもスポーツを楽しみたい方々へのコロナリスクを抑えたフットサル場の運営東京都内にて飲食店を4店舗展開およびスポーツイベントの運営を事業とする当社は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い大幅な売り上げ悪化となったため、コロナ禍でもスポーツを楽しみたい方々へコロナウイルスリスクを抑えたフットサル場の展開をすることで、新たな事業の柱を構築することを目的とする。
老舗そばうどん店と東大和市地場産業アンテナショップの併設開業敷地、店舗面積の広さや都内有数の観光地に直結する幹線道路である新青梅街道沿いにある立地特性を十分に有効活用するため、そば・うどん店に加え「地域に根付いた農産品、地元の特産品をお客様にお届けする」小売業に挑戦する。
20年以上のイタリアン経営の技をふんだんに織り交ぜたパン屋事業の確立弊社の強みである創造的なメニュー作成力丁寧な接客及び経験に基づいた店舗経営能力を駆使し、パン屋事業を実施する。東京文京区に1店舗、千葉県に3店舗展開する。
ITを活用した非対面対応・個室サウナ・スパ事業計画スマホアプリと連携したNFC(非接触近距離無線通信)活用による非接触・非対面利用を可能とする個室併設スパ事業の運営
清澄白河カフェリゾート計画京橋で「3丁目のカレー屋さん」を営んできたが、コロナ禍が長期化することを見据え、散策客の多い住宅街である清澄白河で、立ち寄りたくなる南欧中世風店舗を構え、高級紅茶、揚げないカレーパン等個性的なテイクアウト商品も展開するカフェリゾート計画。
高齢者介護施設向け形状加工食の開発本事業で取り組む「形状加工食」は高齢者介護施設向け完全調理済みの常食と同じメニューの食品を「刻み食」と「ミキサー食」に加工したものである。慢性的な人手不足と厳しい労働環境により、施設厨房内で形状加工食を作ることが難しくなっている。当社はそれらを製造・加工する専門工場を建設し、日本全国の介護施設給食に大きく貢献する。
健康・環境志向に対応した植物性代替焼き菓子の開発と生産性向上都内で100年来高級フルーツ店を営む当社は、コロナ禍で全般的にダメージを受け赤字に転落した。フルーツ・パーラー・製菓の三部門をテコ入れし、新製品開発と生産プロセス改良により老舗企業の事業再構築を図る。
究極の空間づくりを目指した宿泊型レストラン事業計画日本人が織りなす"高品質のおもてなし"を提供できる宿泊型レストランを計画。既存店舗の料理を宿泊する客室までレストランスタッフが運び提供することで、高品質のレストランサービス・おもてなしを受けられる。
中華台湾惣菜の開発による製造販売業への新分野展開当社のリソースを活用しながら、感染症対策にも強く新たな顧客層を獲得できる製造販売業の運営に着手することで、事業運営リスクの軽減を図り、新分野展開による当社の新たな事業の柱の構築に取り組む。
産地直送おいしい佐賀牛と野菜を食す、地域に愛される焼肉店の開業佐賀牛にこだわり、高級高品質な食材をリーズナブルな価格設定で提供、地域に愛される焼肉店を開業する。佐賀県にて畜産業を開始し、生産加工から販売まで一貫して食材を自社管理することにより、安心安全な食の提供を実現する。
地域の交流サロンを目的とした中食・外食事業の展開地域の交流サロンとしての活用を目的とした、弁当及び総菜のテイクアウト販売と軽飲食可能なスペースを備えた店舗を展開する。
本格中華料理店の課題解決!セントラルキッチンで美味しい香港点心をお届け!本事業は、セントラルキッチンの構築を行い地元食材を活用し、当社自慢の香港点心を中華料理店や惣菜屋に提供をして行きます。これら取り込みは、地元農家や中華料理店・惣菜屋を応援する取り組みであります。
最新調光システムによる実演ショールームを備えた照明器具卸販売「密」にならないショールームを設置し、最新の調光システムDALIを用いた実演スペースにて飲食店での照明をリアルに体感できるスペースの提供による実体験に基づいた照明器具の販売事業
イタリアンレストランが提供する惣菜等の実店舗及びECサイト販売現在の大泉学園の店舗を閉店の上つくば市に移転し、既存事業であるレストラン事業に加え、これまで培った良質な食材の選択および高度な調理技術といった強みを活かし、実店舗及びECサイトにて惣菜等の販売を行います。
都心型テイクアウト専門店及びシェアラウンジ東京都千代田区のオフィス街に、テイクアウト専門店及びシェアラウンジ事業を開業。テイクアウト専門店は完全キャッシュレス・モバイルオー ダー、シェアラウンジはコワーキングスペースとして月会費で運営する。
「美味しいものを食べること」と「健康でいること」を両立するフードヘルスケアレストラン長引くコロナ禍で窮境状態にある居酒屋業態から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応し、消費者の健康志向に応えるヘルシーレストラン「彩楽皿」(サラサラ)および「生活習慣病」「がんリスク」を簡単に検査できる血液検査事業を新規展開する
オリジナルクラフトビール「SHIMODA BREWING」醸造事業への参入コロナ禍での飲食店事業の低迷を打開する為、当社オリジナルのビール製造事業に参入します。工場建設・設備導入を行い、卸売事業者を通じ酒類販売店や飲食店へ当社製品を販売し、業種転換による事業拡大を図ります。
ウィズコロナ時代の顧客ニーズを捉えた焼肉居酒屋併用店の開発コロナ時代でも需要のある焼肉店と、これまで弊社が培ってきた居酒屋を併用して運用する新しい試みを展開することにより、家族で安心して楽しめるという顧客ニーズに応えられる店舗を開発いたします。
天王洲運河を望みエスニック料理を楽しむオープンテラス店の開設大幅な既存店売上低下の下、天王洲アイルのビル3階にオープンテラス型店舗を開設する。眺望、料理、多様なビールで他店との差別化を図り、既存店舗と原材料、厨房、人材を共用することで高い収益性を目指す。
焼肉店がEC事業に挑戦。超急速冷凍技術で高級焼肉店の味を全国の家庭に届ける!当社の高級焼肉店はコロナの影響で売上が低下。そこで、当店のプロが焼いた焼肉を最先端の超急速冷凍技術で旨味ごと閉じ込めるEC用の商品を開発。電子レンジでチンするだけで、当店の店の味が家庭でも楽しめる画期的な手法で、EC事業に挑戦する。
農産物のフードロスに貢献する産地直送ECサイト運営体制の構築新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食受託業務は大打撃を受けた。本事業により、農産物等の産地直送ECサイトを構築する。新たな分野へ参入し、フードロスを見据えた販売を推進することにより生産者に貢献及び当社業績のV字回復を目指す。
飲食業からクラフトビール製造業への事業転換現在、イタリアンレストランを2店舗運営しているが、ビール工場を新たに立ち上げ、クラフトビール製造販売事業に参入する。ビール工場立ち上げに必要な不動産物件を確保し、工場の内装工事、工場としてのインフラ工事を行い、クラフトビール醸造設備を新たに導入する。
本格タイ料理店によるテイクアウト・デリバリー特化型店舗の展開本格タイ料理店「サイアム食堂」が手掛ける本場の味を気軽に楽しんで頂けるように、倉庫をテイクアウト・デリバリー特化型店舗に改装し、専用メニューも開発してより質の高いサービスを提供する拠点を開設する。
イタリアンバルの挑戦!純生パン等のモーニング&ランチカフェ「夜営業・アルコール」が収益の中心だった既存事業は立て直しが難しいため純生パン等が推しのカフェを始める。「日中営業・アルコールなし」の収益体系に転換することで顧客層は広がり、安定した集客を見込める。
築120年の古民家を再生し、体験型農家宿泊サービスを展開東京浅草のカフェバーがコロナ禍の影響により売上が大幅に減少。当社社長が購入した築120年の古民家を再生、当社の外国人接客ノウハウや地域資源を活用して、体験型農家宿泊サービスを国内及び国外からの観光客に提供する。
アメリカンカフェが隠れ家的なホワイトニングサロンを新規出店アメリカンスタイルのカフェの店舗に近接している遊休スペースをホワイトニングサロンに改装し、木更津近隣に居住する美意識を持つ顧客層向けに美しい口元を提供するホワイトニングサロンを展開する取り組みです
<事業転換>浅草駅より徒歩5分の超好立地での担々麵専門店開業既存事業であるイタリアン居酒屋がコロナ感染防止のよる酒類提供自粛の影響を売上が激減していることが課題。新規事業として酒類提供がなく、かつ店内の滞在時間が短い担々麵専門店を開業し業績のV字回復を目指す。
人気もつ焼き居酒屋による肉加工品の製造販売特に生ハム等の非加熱の加工肉を中心とした肉加工品を製造し、卸売店に販売するとともにECにも参入し、顧客へ直接販売する。
イタリアパンの専門店事業イタリアンのパンに特化したパン製造、販売事業
生販直結モデルの外食企業が提供するいつでもおうちでレストラン生販直結が特徴である当社の厳選された安全安心な食材を、事前に調理や下ごしらえをして自社で宅配することで、外食の楽しさをいつでもおうちで体験できるサービスを新たに展開する。
足立区江北エリア特性を考慮したパン製造による新分野展開事業当社は足立区江北エリアで3店舗飲食業を展開しているが、コロナの影響を打破すべく、今後江北エリアの特性を考慮したパン製造サービス事業に参入することで新分野展開を図る。
地域密着ラーメン店による、自家製こだわり惣菜のマルチチャネル小売事業既存店舗の一部をセントラルキッチンに改装し、そこで自家製こだわり惣菜(こだわり餃子・焼売・とろ角煮・モツ煮)を商品開発し集中的に製造する。また、現在運営している既存店舗の一部スペースを「無人販売所」へ改装。加えて連動した「ECサイト」を構築することでマルチチャネル販売体制を確立。新たな販路による売上拡大を目指す。
新フードコンテンツの創造による宴会中心の居酒屋業態からの脱却新たな食のコンテンツ「ちゃんこ点心」を開発し、大皿料理提供の宴会需要対応から、多様化するニーズに対し小人数需要対応へ転換する。買い物や観劇等に訪れる女性客を新ターゲットとして取り込み、事業再構築を図る。
居酒屋経営からの脱却!昼夜外・中食のうどん茶屋への事業進出これまでは居酒屋飲食店を営んでいましたが、新型コロナウイルス感染症拡大による事業再構築の必要性を受け、新たに昼・夜利用できるうどん茶屋を開業します。また、EC販売サイトを構築することで、中食サービス事業へと参入し、当社全体の売上高の回復を目指します。
コロナ禍でも売上が落ちない担々麺と麻婆豆腐の店のフランチャイズシステム構築コロナ禍でも行列が出来ている担々麺と麻婆豆腐の店のフランチャイズシステムを構築します。飲酒を主としない飲食店を開業することで、コロナ禍でも売上獲得できるようにし、全国に雲林坊をFC展開させていきます
リアルオフ会イベントをオンラインイベント化し、収益をV字回復する決済プラットフォームアプリ開発計画当社は“オフ会”という形でインターネット上より集客したお客を自社で経営する飲食店や提携する店舗に動員する事により、イベント開催・店舗支援のサービスを主な生業としてきました。本計画では、自社プラットフォームとなる専用の決済アプリケーションの開発を行い、これまで行ってきたイベントをオンラインでも参加できるような仕組みとし、リアル・オンライン2方向のイベントを融合した新たな形の収益事業として確立する。
創業104年の岩手県老舗蔵元とのコラボ純米酒「爽やか美人」による中国市場の開拓本事業では、弊社支配人の出身地である創業104年の歴史を持つ岩手の老舗酒造メーカーとタッグを組み、海外市場向けの商品を開発する。弊社の強みを生かして、中国を軸にしたグローバル展開により、日本酒のファン増加と新分野展開による経営力向上を図る。
ヴィーガン料理店が挑む代替肉・代替乳製品の製造販売新たなターゲットに対して代替肉・代替乳製品を製造販売してコロナ以前以上の業績アップを目指す。そのための新工場を設備し、宣伝用のスタジオを作り、人員の配置を組み替えを行う。
多様な嗜好に応えるクラウドキッチン型フードデリバリー店舗型飲食店はコロナ過の影響を受け、デリバリーなどの非接触型の形態への転換が必要である。当社は単なるデリバリーではなく、一つのキッチンで複数の架空店舗を運営できるクラウドキッチン型デリバリー店とした。
コロナ禍における健康志向ニーズに応えるフィットネスジム開設コロナ禍における運動不足や自炊が増加したことにより、「健康」に対する意識が高まっている。喫茶店でのコーヒーダイエット×世界NO.1 フィットネス エニタイムフィットネスの相乗効果により、確かな健康をお届けする。
アルコール業態からの脱却と地方創生によるV字回復現在は東京で居酒屋を運営しているが、コロナ禍における売上不振から回復し地域創生に貢献すべく、淡路島において地元食材を活かした食堂事業及び地元特産品や自社商品のテイクアウト・デリバリー・通販を行う
アレンジ可能なアジア料理冷凍食材開発と製造卸売事業への進出当社のアジア料理への精通といった強味、大手カラオケ店からの引き合いという市場ニーズを踏まえ、アジア料理の冷凍食品という新たな商品で既存事業と全く異なる食品製造卸売市場に進出し、リスクの高い思い切った大胆な事業再構築を行う。戦略的な「選択と集中」により、新規事業に経営資源を集中させてリソースの最適化を図る。
飲食スタイルの変化に対応、店舗以外での飲食ビジネスを新規展開する。オフィス街にある飲食店、働き方が変わり職場での飲食も減少する。店舗以外の場での飲食に対応するため、新たに冷凍食品、レトルト商品の開発、製造する。これらの商品販売のための、通販をおこない、新たな販路も開拓する。
食べて応援を一歩先へ、地域振興を見据えるテイクアウトへの新規参入産地直送の食材を使用したテイクアウト商品を製造・販売することで、食べて応援するという消費者の能動的な取り組みを一過性のものではなく、継続させ、生産者へ還元し続けることを目的とする。
セントラルキッチン設立を中核とした新たな商品製造・販売方法への取り組み大幅な売上減少と各店舗のコスト負担が大きな課題。セントラルキッチンによるお店の味を完全再現し、仕込み・調理の手間・時間を大幅に削減する「調理済パッケージ商品」の開発と販路開拓により、不測の事態に対応できる収益構造を実現。
収益力向上をサポートする飲食店向け統合管理アプリの開発とサービス提供事業飲食業が健全な運営を行うためには各店舗での経営管理が不可欠だが、現状ではこのために割ける時間が限られることが課題である。そのため、本事業では原価率、注文数、ロス計算等、多岐にわたる既存の管理システムを統合できるアプリケーションを開発し、運営の効率化と収益力の向上に寄与していく。
『揚げず』に提供するとんかつ専門店への新分野展開!急速冷凍庫を使って、温め直しだけでスピーディーに提供できる、『揚げず』に提供するとんかつ専門店を出店します。在庫を持つことで、こだわり豚のとんかつを常時10種類以上食べ比べできる、新しいコンセプトでFC展開まで狙います!
飲食業からワーケーション適応型バケーションハウス事業への新分野展開現在注目のワーケーション需要を取り込むため新分野展開として館山でバケーションハウス事業に取り組む。カフェ事業での顧客基盤、館山での事業基盤と地域活性化プロジェクト、弊社取締役の宿泊業の知見等を活用し収益構造転換と地域経済活性化を狙う。
老舗の中華料理店は新たに漢方店舗を設立し、「衣食同源」のサービスを目指します弊社が経営している中華料理店はコロナ禍で来店客数が激減したため、業種転換の一環として、現在空いている同ビル1階に漢方薬店をオープンし、地域の人々の健康に利する新たなサービスを始めます
健康寿命を延ばすメンバー制、駅前型インドアゴルフ場の運営デジタル技術を活用したインドアシミュレーションゴルフ場運営により、幅広い年齢層が気軽に立ち寄れる駅前スポーツ施設として、月額固定料金で楽しみながら運動不足を解消するとともに、調布地域のコミュニティーとしての役割を創出する。
生ハム専門店&ワイン宅配サービスへの業種転換シャンパン&ワイン専門ショップとして、ワインの小売店舗および近隣自宅へのデリバリーへ業態転換する。ワイン繋がりの付随的なサービスとして、a. サブスクリプション型の新サービスのリリース、b. ワインに合う惣菜の提供、c. お客様のワインのお預かりサービス等を展開し、ワイン愛好家を中心に充実したワイン生活を提供する。
居酒屋から宅配ピザ事業への事業転換による雇用維持と事業再構築コロナ禍で経営する居酒屋2店舗の売上が激減し営業赤字となった。営業強化に取り組むも再生目途が立たず、賃借物件の店舗を閉鎖し、余剰人材活用により宅配ピザ事業に転じ、事業再構築と雇用維持を図る。
低価格日替わり健康弁当の企業従業員向け配達事業への進出既存運営の飲食店とは異なる感染症に強い第2の事業の柱を作るため、茨城県牛久市の地元企業の従業員向けに、400円で40品目以上のバランスが取れた日替健康弁当を1個から無料で配達する事業を開始する。
セントラルキッチン構築によるテイクアウト・通販への多角化展開新たにセントラルキッチンを構築して均一化・高品質のメニューの開発・製造を効率的に行うことによって、テイクアウト専門店の新規出店とネット通販事業への新分野展開を図り、新たな売上の柱を構築する。
浅草発 みそ料理屋の「発酵」レトルト・チルド食品製造販売事業みそ料理専門店という独自性を活かし、日本特有の発酵食品「みそ」をテーマにした健康的かつ長期保存可能な食品の開発製造販売、また「みそづくり」を身近で体験できる事業にチャレンジし、浅草に貢献する。
レストランの空きスペースを改装し新規事業を展開する事で再構築を図る倉庫兼事務所として使っているレストラン2階を改装し、昼は物販&カフェ、夜はレストランの個室など様々なニーズに対応できるスペースに転換する事で再構築を図る。顧客との関係性も強固にしてLTVの最大化を目指す。
地域の高齢者住宅及び、デイサービス利用者に対する非利用日の弁当宅配事業当社は現在、老人ホームやデイサービスなどの施設内で食事を作り、施設内において食事を提供しているが、新たにデイサービス利用者の夕食や、利用していない日の昼食・夕食、近隣団地の高齢者世帯向け、に弁当を作成し、宅配する事業を始める。
店舗改装による地域活性化事業中華料理店を営んでおり、新型コロナで店舗では宴会需要が無くなりました。店舗を縮小し、自社商品及び地元産品を24時間無人販売で行い、需要の拡大と地域を活性化させる事業です。
made in Tokyoワインの醸造と搾りかすから作る天然酵母パン製造東京都港区にて「made in Tokyoワインの醸造・販売」「ワインの搾りかすを使用した天然酵母パンの製造・販売」を新事業として行う。低調な飲食店を縮小し、事業の再構築により経営の多角化し、収益の安定を目指す。
「秒速グルメ」(封を開けて容器を絞れば、それだけで美味しいシェフの味を満喫できる真空パック食品)の製造・販売。都心オフィス立地中心の既存レストラン事業では、ウィズコロナ・ポストコロナ時代において売上回復が見込めない為、当社の美味しいものを作るノウハウとスキルを活かした新カテゴリー食品でニッチマーケット開拓を狙うもの。自衛隊等、調理器具やテーブルさえもない現場で働く方々に向けて「秒速グルメ」の製造販売により新たな収益源の確保を目指す。これを新しいカテゴリー商品として商標登録申請中、併せて特許出願準備中です。
ウィズコロナ、ポストコロナに強いハイブリッド型飲食店の店づくり国内外のクラフトビールと窯焼きピザを軸とし、酒販店を併設した「ハイブリッド型飲食店舗」の新規出店。ウィズコロナ・ポストコロナに対応し、既存のリスク分散が可能となる事業の計画。
テイクアウト専門ハンバーガー店の開発とフランチャイズ化テイクアウト専門のフライドチキンバーガー店を秋葉原に開業するとともに、現在運営している新小岩店舗2階客席部分をセントラルキッチン化してテイクアウト業態の仕込み場として活用する。また、同業態をフランチャイズ化することで全国に事業を展開していく。
環境と"食"が循環する~サステナブルなヴィーガン食品製造/EC販売業~当社の強みとするヴィーガン料理のノウハウを生かして商品開発及び製造を行い、これまでの店舗ファンをベースにしながらEC事業、海外への販売展開をする取組となります。再構築を図るため東京から千葉県長生郡へ移しオーガニックビレッジを構築していきます。
健康に特化したお肉とミールキットの定期販売事業の構築これまではレストラン3店舗による外食(イートイン)のみの業態であるところ、セントラルキッチンを開設することにより、定期販売事業として「お肉」と「ミールキット」事業の製造販売の開始及び事業の拡大を図る。
日本初、蕎麦業界初のフリーズドライ製法による医療機関向け流動食製造販売事業個人向けに販売する蕎麦の製造販売事業がコロナ禍で顧客が減少傾向にあることに鑑み、より安定的な売上を確保するため蕎麦の製造ノウハウにフリーズドライ製法を掛け合わせた流動食を開発し病院向けに長期契約に基づき供給する。
ジビエ料理等の急速冷凍での自動販売機等を用いた24時間非対面販売当社が営むレストランでのジビエ料理やイタリア・南チロル地方等の国際郷土料理を、急速冷凍技術による冷凍食品化を行い、冷凍自動販売機による24時間非対面販売や通信販売・卸売で販路を拡大していきます。
ゴーストキッチン施設の運営デリバリー専門の飲食店向けに厨房施設の賃貸・運営を行う、”ゴーストキッチン事業”を計画している。通常飲食店を始める場合、平均で約2,000万円が必要であるが、弊社のゴーストキッチンを活用することで物件取得や内外工事費、厨房機器の設置費用等を削減でき、より安価に事業の開始ができる。
群馬初!プロジェクションマッピングを使用した宿泊事業への参入居酒屋業を主たる事業とする当社は、コロナの影響が大きく、経営の存続が危ぶまれている。また、高稼働率・高回転率を前提とする業態であるため、コロナ以後も大幅な回復が見通しづらい。このため、コロナ禍・コロナ後を見据え、最先端デジタル技術(プロジェクションマッピング)を活用した、付加価値の高い郊外ハイエンド宿泊事業への参入を行う。
デジタル機器を活用した完全非接触の室内ゴルフ練習場運営事業スマートキーなどのデジタル機器を活用し、完全非接触の室内ゴルフ場を行う。高性能カメラで多方向撮影しスイング解析をを導入したゴルフスイングシミュレーションサービスや24時間営業を行い、独自性を見出す。
非接触・非対麺型焼肉店&グルテンフリー唐揚げと焼肉弁当のテイクアウト事業長年の焼肉店経営のノウハウを活かし、店内を改装して販売ルートを拡大する。焼肉弁当。総菜などの食肉加工品の販売と焼肉店との相乗効果により事業の成長を目指す。また新規顧客獲得のためにSNSの活用やホームページをリニューアル、季節のイベントの実施、これらに伴う人材の育成を行っていく。
蒲田餃子に新風!国産銘柄鶏スープ入り餃子のEC冷凍販売事業中華バルを運営していたがコロナ禍において大打撃を受けた。そこで国産鶏のスープ入り餃子の冷凍製造および販売へと業態転換。テイクアウト及びECサイトにより販売することでコロナ禍でも安定的に収益を上げる。
日本料理店がDX推進で進化系焼肉店をオープンDX推進として最先端技術であるQRコードオーダー一元管理システムと、配膳ロボットの導入により進化した焼肉店をオープンさせる。またご自宅でもお店と同じ味が楽しめるよう、ECサイトにて焼肉セットの販売をスタートし、EC売上を強化していく。
飲食店の多機能キッチン化事業及びそのフランチャイズ事業従来の飲食店事業を多機能キッチンに転換して、複数ブランドのゴーストレストラン事業及びセントラルキッチン事業を行う。それと共に、これらの事業をシステム化してフランチャイズ事業として展開する。
見ても食べても体にも嬉しい、エディブルフラワーの6次産業化千葉県にてエディブルフラワーを栽培し、加工・販売を行う。飲食店向けに製造・サブスクリプション販売の他、それを使用した加工食品の製造・販売も手掛け、オンライン販売や物産展等でギフトやお取り寄せ食品として販売する。
銀座の飲食パーティ店舗がWeb配信ライブショー貸施設開発事業銀座の飲食パーティーイベント店舗業が、大人数会食自粛による売上激減を打破する為、配信用舞台内装工事と機器の導入で、Web配信型エンターテインメントライブショー施設業及びレンタルスペース業に新分野展開事業
お寿司と弁当をお届けする宅配店出店5年前に開業した定食屋から100m離れた場所に宅配寿司店を開業。こちらのお店ではお寿司の配達と共に、売上は減っている定食屋のお弁当の配達を行い定食屋の売上を補います。
有名中華店による那須を活かしたワーケーション事業への展開コロナ禍において当社の主たる事業であった飲食事業が大きく落ち込む一方、今後市場拡大が見込まれているワーケーション市場。自社で保有していた施設を活用し、飲食事業のノウハウを活かした3食提供のワーケーション対応宿泊事業に展開する。
プロバスケットボールチーム 千葉ジェッツふなばしの公認カフェ・バーの展開新規事業では千葉県を代表するプロフェッショナルバスケットボールチーム、千葉ジェッツふなばしの公認カフェ・バーの展開となる。船橋駅の徒歩3分圏内に位置し、店内で飲食やバスケットボールの試合の中継が観戦出来る環境を作る。
1日1組限定の究極のくつろぎを提供する宿泊サービス事業コロナの影響により前年対比で28%減となり、今後も非常に厳しい状況が続くと考えられる。そこで、今まで培った経験や強みを活かした1日1組限定のプライベート空間を提供する宿泊事業を行う。富裕層向けに究極のおもてなしとお客様の安らぎを提供によって、早期のコロナからの影響の脱却を実現する。
ザンギ、若鶏半身揚げを主力商品としたテイクアウト店の出店事業弊社が運営する居酒屋2店舗はオフィス街にあり、コロナ収束後も売上が戻らない可能性が高い。そこで新たに住宅街に競争力のある商品のテイクアウト店を開店し、居酒屋の売上に依存しない体制を早急に構築する。
都市型ワイナリー事業を立ち上げ地元産ワインとして販売自社醸造ワイン販売という新市場に展開。グループ内店舗内にワイナリーを設立。多店舗展開の強みを生かして地元産ワインとしてのブランドを獲得する。コロナ禍でも販売数を伸ばせるECサイトでも販売を行う。
食肉処理業許可取得による卸売・小売の開始本事業では、当社が従来から行っていた飲食店事業である焼肉店から食肉の卸売販売・小売事業へと事業領域を拡大するものである。卸売、小売は従来事業とビジネスモデルが大きくことなり、リスクの高い思い切った事業改革となる。
高品質・適正価格を実現するウエディングドレスレンタル事業への業種転換既存の飲食事業から、当社の強みであるウエディング業界における豊富なノウハウと人脈を最大限に活用できる貸衣装事業へと思い切った再構築を図り、ITサービス事業とのシナジーによりコロナ後のV字回復を目指す。
ウィズコロナ時代のニーズに沿った、テイクアウト業態への思い切った転換ウィズコロナ時代に高まっている飲食店への「テイクアウト」ニーズに応えるため、既存の店内飲食業態の半数を、「テイクアウト専用メニュー」および「モバイルオーダー」を活用したテイクアウト業態に思い切って転換する。
老舗結婚式場から空間・映像と飲食を活かすハイブリッド型地域貢献施設へコロナ発生により未使用となった婚礼施設を貸会議室にも対応できるハイブリッド施設へと改装する。またメディアを活用したインターネットテレビを立ち上げ、同時にLEDモニターを設置し地域社会との繋がりを活用したメディアサービスの展開をする。さらに冷凍食品販売も手掛ける。
SNSで思い出を残したくなる東京一映えるスウィーツ店の出店居酒屋として夜の営業がメインでしたが、インフルエンサー事務所の経営経験などエンタメ領域での代表者の強みを生かして、コロナ禍で伸びているスイーツ業界に参入します。商品だけでなく、内装や音楽などにもこだわった、SNSで思い出を残したくなる店舗を作ります。
人事課題をテクノロジーで解決する、WEB 社内報『Spotwrite』コロナ禍で低迷する飲食店経営から、HRtech サービス『SpotWrite』の開発・販売へと業種転換。過去の開発ノウハウ・人材を活用しつつ、リモートワークの普及で広がる社内のコミュニケーション問題や離職率の改善に貢献します。
「食」の専門性を高めた多角的サービスへの事業転換飲食店事業からBtoB事業へ転換します。調理技術とフードコーディネーターの専門知識、飲食関係メディアの人脈を頼りに、食品製造卸やコーディネート、撮影場所レンタル等の食の多角的サービス展開で売上回復します。
寿司屋の出店とセントラルキッチンの構築コロナウイルスによる影響で売り上げが減少してきてしまっている為、新たに寿司屋の出店を企画。寿司屋は飲食業の中でもコロナウイルスの影響を受けずらい、業態の為出店に活路有。同時にセントラルキッチンの構築も行い、効率化&原価率削減を狙い、2軸で事業を再構築する。
セントラルキッチンを中心とした食品製造・販売による新販路開拓セントラルキッチンを新規設立し、外食事業で培ったノウハウで食品の製造を行う。製造した食品は、主にネット通販を活用した小売販売と、当社初のフランチャイズ形式で新たに開発する弁当・惣菜店舗における仕入れ食材として販売する。
業態転換による自社製造した冷凍餃子の自動販売機での販売事業現在当社で運営している所沢工場の使用していない2階部分の一部を改装し、新たに設備を導入し、冷凍餃子の生産を行います。生産した冷凍餃子は冷凍自動販売機を活用して販売を行うことでスピーディーな販売展開を図っていきます。
本格ラム肉をお気軽に!昼営業&テイクアウト可能なジンギスカン店の複数店舗展開による事業再構築計画居酒屋やレストラン等の飲食店92店舗を経営しており、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。コロナ禍に対応した安心・安全のジンギスカン店を新たに展開し、継続して成長可能な事業の柱を構築することとする。
カフェ併設・自家製天然酵母を使用した高級食パン事業への再構築高級食パン市場拡大の機会を捉え、新型コロナウイルス感染拡大により大きくダメージを受けた居酒屋事業に加えてもう一つの収益の柱となるカフェ併設高級食パン事業を新分野展開し、飲食業界での生き残りをかける。
自動販売機を利用した冷凍ラーメン・牛タン・イクラ丼等の販売による事業再構築の実現当社はコロナ感染症拡大の中、これまでに培ってきた飲食店経営と食品販売のノウハウ及びネットワークを活かして、全国の仕入業者と連携し冷凍ラーメン・牛タン・イクラ丼等を自動販売機によって販売し、お客様に全国各地の味を提供します。
日本初!ペットドクターとスターシェフ団監修のペットレストランとペットデリ事業飲食事業を持続可能なビジネスへ再構築するために、成長著しいペット産業とのコラボを図る。ペットと人が共に、「温かく美味しい旬の食材で食卓を囲む」新しい飲食形態とデリ事業の新分野へ展開し、売り上げ回復を実現する
1)健康支援型のコワーキングスペースの開設
2)オフィス向けの冷蔵・冷凍食品の製造及び配送
タニタ食堂の既存のサービスに加え、働く場を通じた健康づくりのサービス=健康支援型のコワーキングスペースと、オフィス向けの冷蔵冷凍食品の製造及び配達を行います。タニタグループのノウハウ・シナジーを最大限に活かして健康経営の支援を行って参ります。

コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第2回公募)」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は70%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。