【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第4回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-tokyo-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、東京の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

東京の飲食店の採択事例集(第4回公募)

事業計画名事業計画の概要
ECサイト構築による「お肉のブーケ」のネット販売事業新型コロナウイルス感染症による経営リスクを極小化すべく、ECサイトを構築し、当社の強みである精肉のカット技術を活かしたバラの花を模した冷凍生肉の盛合わせを販売していく。
フランス郷土料理メニューの冷凍自動販売事業ビストロを首都圏に9店舗展開していた当社は、冷凍自動販売機を購入し、新たにフレンチテイストのハンバーグや鳥煮込み、ソース類などの冷凍自動販売事業に参入する。
ウイズコロナ時代にマッチした「オタクカフェ」アイドルプレート販売現業での希少性の高い技術を十分に活かし、サブカルチャーの愛好者が周りを気にせず、好きなアイドルやアニメ等の世界観を楽しめる空間と商品を提供いたします。
初の焼き菓子自社製造とギフトパック商品開発・販売の新事業展開新たな製造設備を導入し、初めて自社製造する焼き菓子と焼きプリンを、自家焙煎ドリップパック式コーヒーと詰め合わせた初のギフト商品として、当社E Cサイトおよび店舗でギフト販売をする新事業に取り組む。
スマート手土産によるギフトECへの新規参入2020年4月以降挑戦してきたテイクアウト商品をECサイトでの販売に切り替える。通常のECサイトとは異なり、自宅の住所がわからない取引先や従業員に贈り物をすることができるサービス(スマート手土産)である。
最新EC技術を構築し抹茶の良さを日本に広める為の業種転換事業日本を元気にするという目標を合言葉に、EC技術等を構築する事により抹茶事業を拡大し、且つ抹茶を使い世の中に健康と美をもたらし人々に笑顔を作り出す事業展開計画
「イタリアン×ラーメン店」オリジナルメニューの通販事業展開当店は35年以上続くラーメン店である。コロナ禍の影響を受け、店内飲食営業がままならない状況が続いている。ポスト・ウィズコロナ時代においても安定した経営を目指し、当店人気商品のインターネットを活用した通信販売を展開する。
店舗依存型脱却に向けてのデリバリー事業弊社は寿司職人が寿司を握るスタールにこだわっていたため、寿司ロボット導入が遅れていた。寿司の提供速度向上と、デリバリーに適合した事業展開を行うため、この度寿司ロボットを導入するものである。
地元密着の弁当店が作る、食と運動で子供の健康を守る体操教室への新分野展開地域の子供向をターゲットにした少人数制の体操教室を開きます。「遊び」を通じて身体を動かす事の楽しさを感じてもらいつつ毎月の会費収入による安定した売上を獲得します。教室内で軽食を提供する事で既存の飲食店の強みも活かします。
地域の健康ニーズに応えるクオリティーと利便性を備えたインドアゴルフスクール子供から高齢者まで地域の方々に楽しんで、コロナ禍の健康二次被害防止にも繋がる安全で手軽にスポーツができる施設として、最新鋭機器と予約システムを備えた、心の籠った接客と経験豊富なコーチ陣による世田谷区上野毛駅前でのインドアゴルフスクール事業
地域初!高齢者・地域の食卓を彩る中華まんミールキット製販事業中華まんは手軽に美味しく食べられる栄養バランスに優れた食材で、保存にも適する特徴がある。そんな中華まんと、新たに「おかゆ」、「シチュー」、「ばくだん豆花」などシニア層に人気なラインナップを組合せた湯煎、電子レンジで簡単調理が可能な新しいジャンルのミールキットを開発・製造し、高齢者向けの配食サービスや冷凍自動販売機を活用した無人販売などマルチな販売手法でマーケット拡大を図る
食をツールとして新分野に参入しその先の持続可能な社会めざす新型コロナウイルス感染症の影響で来客数減少で既存店舗での販売から外への販売へ。オーガニック分野の学びで食を通じて持続可能な食を目指し、当店が地域のコミュニティの場になり、地域のイノベーションに貢献する。またその取り組みが地球環境向上につながる。
健康志向の需要を捉えたヴィーガンフードの提供による事業転換コロナ禍で集客力の落ちた居酒屋店を改装する。ヴィーガンフードで健康志向の需要を捉え、新しい生活様式にマッチした、テイクアウト、デリバリー、EC販売による提供を行う。
炭火焼きバーから高級おばんざい料理専門店へ、EC販売にも対応する事業再構築インバウンド客をターゲットとしていた炭火焼きバーは、コロナの影響で売上が激減した。有名和食レストランで修行を積んだ料理人のスキル、全国の生産者からの食材仕入れルートを活かし、高級おばんざい料理専門店に転向する。EC販売にも対応し、コロナ禍でも売上V字回復を図る。
感染症対策を意識したステーキハウスの開業コロナ禍によって低迷したサンドイッチやパスタの製造販売業に代わり、ステーキハウス「青龍の穴」を開業する。「青龍の穴」は既存店舗に隣接し、既存事業とのシナジーを狙うと共に、虎ノ門という立地に合わせた高品質低価格なステーキを提供することで事業転換を図る。
映像制作による集客を活用したEC(電子商取引)での収益拡大飲食事業はコロナ渦により、対面での営業形態に制限を受け続ける懸念がある。当社の強みを活かし、EC化による業態転換を図る。同様の事態が発生したとしても、対面営業のみに頼らない収益構造の変革が期待できる。
本物の演劇と飲食を楽しめる体験型飲食店へのリニューアル計画弊社は、舞台制作を行う会社を親会社としており、「エンタメ文化と食文化をつなぐ場づくりがしたい」という想いのもと飲食事業を展開しています。普段お芝居を観ているお客さんには当店自慢の日本酒や料理の美味しさを、お芝居に触れたことのないお客様にはお芝居の楽しさを実感してもらえるよう、アフターコロナ期の外食や観劇の新たな楽しみ方を多くの方々に提供していきたいと考えています。
EC商品拡充と販売チャネル多様化による生産性向上銀座老舗レストラン伝統の味を全国にお届けするためレトルトや瓶詰商品を自社開発し、オンラインショッピングモールへの新規出店などネット販売を強化するとともに販売チャネルの多様化を進め生産性の向上と共に事業の再構築を目指す
強みである高級中華料理を無添加で差別化し通信販売事業へ進出ホテルと中華料理店を経営しておりコロナ禍で壊滅的な状態です。事業継続に危機感をもちました。感染症や景気動向の影響を受けにくい第三の柱となるべく強味である高級中華料理を無添加で差別化し通販事業に進出します。
システム化と衛生に配慮されたFC焼肉店の加入により早期に売上を回復させる新店舗展開プレカットによる食材仕入れ、開店前の人材研修の充実、オーダー時や売上のデジタル管理による業務効率化というFC加入により早期に新業態で出店する。これにより、コロナで飲食時間が早まった新生活に対応させる取り組みである。
テラス拡大で「朝市」と「テレワークスペース」によるコロナ禍に強い店への再構築テラス席を拡大し有効利用と効率化を図るためにアイドルタイムを使ったテレワークスペースと朝市で安全で新鮮な野菜の販売、及びテイクアウトの商品を開発して一緒に販売
居酒屋から昼業。百名店ラーメンの店舗・デリバリー提供によるV字回復渋谷駅周辺に居酒屋・食堂3店舗を経営する当社が、百名店ラーメン「麺魚」のイートイン・デリバリー販売を行うとともに、デジタル活用の販売管理とマーケティングにより、リピート客を飽きさせない商品展開を行い、V字回復を図る。
妥協なき作業と最新設備で作るテイクアウト&取り寄せ「うどん」の提供最新対流方式の「釜」とゆで立てのうどんを瞬時且つ均質に締める「シンク」を導入。本場のうどんを茹でたての味を落とさずに宅配可能なものに変える。また贈答用に日持ちする麵も開発し、ネット通販も開始する。
秘伝の水炊きスープを活用したラーメン専門店の新規出店計画新橋の繁華街にてサラリーマンが集う居酒屋を経営。しかし、緊急事態宣言下での時短営業要請などにより営業できる日がなく休業を続けてきた。感染第5波の収束に伴い東京都の緊急事態宣言が解除され、営業再開できる状態になったが、引き続き大人数の利用自粛は継続すると想定される。そのような状況下、既存の大型店は経営効率が悪く新たに小規模で高回転率のラーメン専門店を出店する事で経営効率改善を目指し、事業再構築を計画
テイクアウト・宅配向けタコス専門事業によるコロナ禍の業績回復飲食店を経営している当店は新型コロナ流行による時短勤務や酒類提供自粛により売上が大幅に減少。そこで、コロナ禍に市場が急成長しているテイクアウト市場・宅配市場へ事業展開を図ることで業績のV時回復を目指す。
飲食店事業から冷凍餃子の生産および食品通販への新分野展開9年間の飲食店2店舗での美味しい食品の調理・販売ノウハウを強みに、コロナ禍で大きく影響を受けた事業の回復と今後の安定のために、新たな事業分野として冷凍餃子を製造しネット通販を行う。
獣医と共同開発したペット向け健康食の製造・販売事業当社シェフの調理技術・既存のレストランバーで仕入れている無添加・高品質な食材を活用して、ペットのための健康食を製造・販売します。獣医とともに商品開発を行い、品質・効能を高めます。
ライブ・トークイベント等のための設備・スペースの提供、企画運営、映像配信事業約20年にわたる既存のロックバー事業はコロナ禍で売上が激減しているが、来秋オープン予定の大型商業施設に「ZEPP新宿」が入ることで、今後は人の流れが大きく変化すると考えている。そこで、もともとテコ入れを検討していた2号店の飲食スペースをライブスペースへ業態転換し、音楽や楽器を楽しむ20~50代や外国人観光客により手軽に演奏を楽しめる空間を提供することで、「音楽の街」歌舞伎町の活性化を図る。
宮崎アンテナショップ兼宮崎郷土料理店の新規出店現在台東区入谷の住宅地にて洋食店を営んでおりますが、コロナの影響を受け、主要顧客である近隣住民の来店控えによって売り上げが減少しています。住宅地に比べ客足の戻っている上野の繁華街に新たに出店し、宮崎から取り寄せた物産品を販売し、宮崎郷土料理も提供する、宮崎アンテナショップを開業します。
きちんと美味しいものが、きちんとあたりまえに並ぶ惣菜・食料品店の開業本当に美味しいものだけを提供したいと考えるフランス料理のシェフが、信頼のおける生産者から取り寄せた食材を使い、丁寧に作った惣菜や菓子、ソース等きちんと美味しいもののみを、自宅やギフト用にレストラン2階スペースで販売する事業を展開します。
海鮮料理のおいしさを店とECのオムニチャネル提供計画海鮮料理専門店を出店する。確立された仕入れルートにより新鮮な魚介類提供を可能にし、更にお店の味を新規に構築するECシステムを使って広く味わってもらう「海鮮料理堪能システム」を提案する。
名物「のどぐろの原始焼き」をご家庭に。セントラルキッチン導入でEC販売に挑戦コロナ感染症の影響で銀座店を閉店せざるを得なくなりました。閉店した店舗の職人を活用し、新たにセントラルキッチンを構築。全店舗の仕込みをしながらEC販売をすることで、全店舗の仕込み効率化と売上回復に挑戦します。
アスリートの所属チームと連携した生産性&収益性の高い出張脱毛事業アスリートの脱毛ニーズは高いが定期的にサロンに通えない方が多い。所属チームと連携することで生産性&収益性の高い出張脱毛サービスを展開し、アスリートのパフォーマンス向上&スポーツ産業の活性化に貢献する。
既存事業の強みを生かした食事指導中心のパーソナルジム事業既存事業である飲食事業の経験、ノウハウを生かした食事指導を中心としたダイエットをサポートするパーソナルジムの運営。
コロナ下で需要高まる個室提供型宿泊業へ新分野展開!飲食業から宿泊業へ。コロナ下で需要高まるファミリー需要とテレワーク需要に向けてスタッフ有効活用と飲食業連携を行い、閑散期と繁忙期に対応することで、安定収益の見込める「個室提供型宿泊業」に新規参入する!!
新規性の高い北イタリア料理の冷凍食品を軸としたEC事業の展開コロナ禍になりニーズが高まっている中食市場への参入を図るべく、EC事業を展開する。お届けする商品は日本ではあまりなじみのない北イタリア料理である。かつて著名な飲食店グループにて統括料理長を務め、現在は弊社にて勤務しているシェフの技術力を活用し、日本の食卓に合うようにカスタマイズ。この商品開発力は他社が容易に模倣できるものではないと考えている。
昼営業主体の選び抜いたラムを主商品とした「生ラムバーグ」の新規事業展開計画書コロナ渦で既存事業である居酒屋業態は大きな影響を受けました。既存事業で培った飲食店の経営ノウハウ・独自の仕入れ力・運営力を活かしたラム肉を主商品とした事業を行い、新たな収益の柱を構築いたします。
蕎麦粉の自家製粉所の開設と手打ち蕎麦の体験教室の運営そばの実から石臼で蕎麦粉を挽く自家製粉所を開設し、高品質な挽きたての蕎麦粉を使った手打ち蕎麦体験教室を運営します。飲食店経営者兼現役の蕎麦打ち師の当社代表が実演を交え丁寧に蕎麦打ちをご指導致します。
人気『クラフトカレー』生産拡大による食料品製造販売事業の開始店舗提供やテイクアウト販売で当社『クラフトカレー』は好評を頂き、生産量は限界に達している。加工場の整備拡大と設備増強により生産体制を強化し、店舗営業に依存しない体質と、食料品製造販売事業の推進を図る。
大衆居酒屋が高級志向和食料理店に新分野展開する事業計画書大衆的な居酒屋から、本物志向のお客様が満足する和食料理店を開店する新分野展開をすることで、新たな挑戦をしたいと考えます。同エリアに住むお客様から、「高くても良いから、良い料理を楽しみたい」という声があり、その顧客ニーズに応え当社業績を V 字回復するための取り組みです。
伝説の味が自宅で楽しめる、冷凍食品販売事業コロナウイルスの影響で売上が激減した飲食店が、伝説の味を冷凍食品で再現し、全国の消費者に販売、店舗とのシナジーを活かして、売上回復を図ります。
大政IT事業化計画既存すし店のIT化を行った上で得たノウハウを活かし、更に専門家による技術や専門的知識を学んだ上で、新たな事業展開(ホームページ作成やSEO対策支援)をして、販路を広げてゆく。
中華料理店による、チャイナカフェ運営&レトルト点心販売計画弊社の経営する中華料理店は、昨今の需要動向変化により低迷中である為、店舗機能の異なる【香港飲茶のチャイナカフェ】を開店し、点心類のテイクアウト事業、レトルト化した点心類の「BtoC」「BtoB」事業を始め、販売拡大、収益向上を図る。
デザインカードと麻雀を組み合わせた新しいゲームの開発と新展開地域に根差して営業してきたクラフトビール店が、長引くコロナ禍による影響を受けるなか、これまで構築してきたネットワークをフル活用してデザインカードと麻雀を組み合わせた新しいゲームを開発し、新事業を展開します
ジビエ肉の取扱いノウハウで、高級ジンギスカン焼肉店の開店ジビエ肉などの食材取扱いスキルがある強みを活かし、感染リスクが低く東京などで人気の高級ジンギスカン焼肉店を、競合がいない埼玉県熊谷市にて新たに始める。収益源の獲得、地域の経済活性化・雇用確保に繋げる。
鮨店の新規出店による新分野展開事業現在営業しているイタリアン料理店が、新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が大幅に下がってしまったため、思い切った新分野展開事業として、高級鮨店を新規に開店し、事業の継続及び発展に意欲的に取り組む。
東京浅草の洋食店によるオリジナル開発冷凍食品の全国展開コロナ禍により店舗売上が減少。今後も新たな変異株のまん延、外出自粛等の事態が起こりうることから、オリジナル冷凍食品の製造・販売の開始(新分野展開)により店舗への売上に頼らない事業構造への転換を図る
日本初!オマール海老を使ったラーメンのインターネット通販事業の推進新型コロナウイルス感染拡大により、飲食事業の来店客が激減したため、売上が減少した。そこで当社は巣ごもり需要やテレワークの拡大にともなうテイクアウトやインターネット通販の増加を機会ととらえ、日本で唯一のオマール海老を使った当社のラーメンをインターネット通販することで、事業再構築を進めていく。
既存店舗のブランド・ノウハウを活かしたオリジナル製品の開発・販売既存店舗のブランド・ノウハウを活かしたオリジナル製品(スペアリブパック、ロゴ入りメスティン、キッチンカー事業者向け注文受付・決済システム)の開発及び販売
プロが作る究極の家庭料理を提供、コロナ禍対応のおひとり様向け日本料理店への新分野展開コロナの影響で既存事業であるステーキレストラン事業の売上が減少したため、その解決策として、当社の強みである調理技術やメニュー開発力及び飲食店経営ノウハウ、一流の日本料理人という人的リソースを活かし、おひとり様向けに日本料理店を新たに展開します。
羽田空港の内のハンバーガー・ステーキ店から、東京自由が丘の大衆居酒屋事業への進出自分たちが培ってきた飲食オペレーション事業を生かして、東京と自由が丘エリアに新たに低価格の大衆居酒屋を新規出店し、コロナ禍に対応した飲食事業にて事業再構築を実現する
素材と手作りにこだわったシナモンロール専門店の開業潜在ニーズが高いが専門店が少ない「シナモンロール専門店」を代官山にて新規開業。素材と手作りにこわだり、近くに店舗がないなどの理由でシナモンロールを食べたくても食べられない層の需要を掘り起こす
手土産・贈答用も視野に入れた国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店事業国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店は、鳥のせせりを使用し手土産・贈答用に高級感を持たせた製品として競合と差別化する事業計画であり、新型コロナの影響で拡大する中食需要を捉え起死回生を図るものである。
電動マウンテンバイクを利用したローカルガイドサイクルツーリズム事業電動マウンテンバイクを利用した観光ガイドツア-を当社の宿泊施設とのパックケージツア-として新たな顧客を集客する事業であり、地域にも食事やお土産購入で還元する事業である。
最高級溶岩石を使ったヨガスタジオの新規事業計画新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言によって人々の外出自粛、休業・時短要請を受けたことで既存事業である居酒屋の売上高が大幅に減少しました。これを受けてコロナ禍で健康志向が高まっていることからヨガスタジオ事業を展開し、新たな売上の柱となる事業を計画します。
地域と連携してオリジナルのハード系パンに強みを持つベーカリーを出店20年間の経営実績を持つカフェレストラン経営会社が、オリジナルメニューの開発力、既存事業とのシナジー、地域との連携体制を活かして、パン需要の拡大に対応したハード系パン向けベーカリーを出店
コロナ禍の市場ニーズに応える貸別荘業への新規参入と事業拡大当社は都内を中心に飲食店6店舗(グループ全体)を経営しているが、新型コロナの影響によって飲食業界全体が業績不振で厳しい経営環境下であり、当社の従来のニーズとは異なる新分野への展開を迫られている。そこで、新たに山梨県南都留群道志村での貸別荘業へ参入し、当社の強みを生かしつつ新分野への展開を図る。
急速冷凍可能な冷凍庫の導入と事業再構築計画コロナの影響を強く受けたケータリング事業及びカフェテリア事業の落込みを補うために、ケータリング事業で培った会席料理等調理技術を活かし、高級冷凍料理等製造に新分野展開するもの。
テイクアウト&デリバリーを専門としたエスニック料理店の開店新型コロナウイルス感染症下でニーズの高まっている、テイクアウト・デリバリー事業に特化した形態で、健康志向の高まりに合わせて、新陳代謝を促進するエスニック料理店を開店する。
店舗の味をご家庭で!ネパール料理店が自店製造の冷凍カレー通信販売へ事業展開!OEM(受託製造)に依存することなく、最新鋭の急速冷凍技術を当店厨房内で活用することで、普段店内で作られる商品と同じクオリティの物を冷凍のまま流通に乗せお客様のもとへ届ける。(店内調理→真空包装→冷凍保管→受注→発送の全工程を店内で行う。)
セントラルキッチンの新設規格外等の理由により市場に流通しないが品質は劣らない食材(エクセプトA)を活用して、テイクアウトにより製品を提供するためのセントラルキッチンを新設する。IOTを活用して物販部門とリアルタイムで情報を連携し、フードロスも最小限に抑えていく。
イートインから転換!グルテンフリー食品のテイクアウト専門店にイートイン専門の不採算店舗を事業転換し、テイクアウト専門店を出店します。全国でもめずらしいグルテンフリー取扱店として、コロナ禍で逆風となった顧客動向を向かい風に変え、売上向上を目指します。
実店舗をバーチャル空間へ ウェブアプリ事業計画弊社の強みと社交の場として使われるゴルフとの整合性を活かし、顧客と顧客や顧客の知人と卒業したアルバイトスタッフなど弊社店舗に関わる全ての人を繋ぐ安心安全のマッチング趣味活サイトを制作します。
酒類中心の居酒屋からデリバリー対応可能な韓国料理専門店への事業転換事業既存店舗だった居酒屋業態から撤退し、東京都文京区の再開発地区にて新たに韓国料理専門店に事業転換を行います。既存店舗では立地上の問題からデリバリーが出来なかった為デリバリー対応可能な店に生まれ変わります。
東京厨房の食堂からカレー専門店への業態変換の実施FCに加入し運営している食堂形態の「東京厨房」2店舗のうち、神田小川町店をFC脱退しカレー専門店「ボンベイ」へ業態変更を行う。
地方土産菓子店の魅力をVR化により全国に発信する土産菓子DX事業地方土産菓子メーカーに対してバーチャル店舗開設サービス及びバーチャル店舗モールの運営を通して、土産菓子業界のプラットフォームを構築し、地方土産菓子メーカーのEC販売を強化するとともにDX化を推進する。
看板メニューの猪・すっぽん鍋を通販用に改良しEC事業を立ち上げる。飲食店舗の集客が厳しい状況になっていることから、今後は店舗メニューを通販用に改良しEC展開していく。お店の味を自宅でも楽しめる新たな価値を提供し販路開拓を図る。
冷凍食品・ホットスナックのテイクアウト商品の販売事業捨てるを利益に!『モッタイナイ』をゼロに!プロの味がいつでも家庭で味わえる、主婦にも、子供にも、高齢者にも、そして地球にも優しい、アウトレット食材を使った冷蔵・冷凍惣菜、ホットスナックのテイクアウト販売事業
から揚げ販売経験を活かした「丸鶏唐揚げ」の開発、中食事業への業態転換当社は現在飲食店を8店舗経営しており、緊急事態宣言による休業の影響でR2年4月の当社全体の売上が前年同月比40%減少している。新事業では通販用「丸鶏の唐揚げ」を開発する。テイクアウト・デリバリー事業へ業態転換し、来店客としては少なかった女性や子供に対しても新規顧客開拓を行う。
早い・安いが売りの中華料理店舗業から、ECサイトを構築し、調味料を飲食店への販売を行う当社はFC中華食堂一番館を2店舗経営しているが、コロナ禍の影響により売上が激減している。当社は、テイクアウトと販売用ECサイトシステムを構築し、開発したタレ等の調味料を、ネットワークを活かしFC本部や中華料理店に販売する。
軽井沢の観光客等向けの「和」のアート体験施設でのスクール事業現在は美術館内のカフェ一店舗経営でコロナの影響を強く受けているが、美術館に所縁のある著名建築物内でのスクール事業で多角化を図り、さらにはカフェや美術館への動員強化の相乗効果を狙う。
組み合わせで選ぶ、オーダーメイドラスクのオンライン販売立方体のラスクをフレーバー(カラーとテイスト)で選び、パズルの絵合わせの要領で組み合わせて、世界で唯一のギフトを完成させるというエンターテインメント性ある小売サービスで、小規模事業者だからこそ取り組めるブルーオーシャン事業です。
同時代的「東京料理」とカカオ商品の提供・販売によるペット・フレンドリーな専門料理店への事業転換と販路拡大これまで、メキシコの蒸留酒であるテキーラ及びメスカルの専門店「エル フジヤマ」をバーとして7年間以上営業して参りましたが、仕入及び視察のための数度に及ぶ渡墨や同業飲食事業者との交流を通じて得たノウハウと人脈の醸成により、これまでは常時提供することをして来なかった「料理」を主として提供する事業へと転換します。
シニア、ギフト向けアパレル・雑貨・小物のEC事業2021年、働き方や生活スタイルは大きく変化しました。今後、少子高齢化の日本は物の売れ方が大きく変化していきます。現在飲食店を主たる事業として営んでおりますが、既存事業ともリンクする年齢層のアパレル事業を構築し、これまでにない機能性とデザインの両立する製品を提供する事で、生活が明るくなり周りの家族の豊かになる。新たな社会貢献を目指し、今後の業績増加を考えております。
焼き肉店のニーズ拡大に応える飲食業から食品加工業への業態転換当社は都内で焼肉店を営んでいたが、緊急事態宣言の影響で顧客が激減している。一方で、家族での外食や中食において焼肉を楽しみたいと言うニーズが高まっており、同時に郊外での需要も増えつつある。そのためセントラルキッチンを構築し、他企業の焼肉店や一般消費者向けに食品加工業を開始する。
玄米を原料としたスウィーツや玄米茶を提供するカフェとECサイトの展開健康居酒屋を経営してきた強みとノウハウを活かして、健康事業に進出する。佐賀県産の玄米茶農家と契約を締結し、飲みやすく粉末状に加工したものをスティックタイプとティーバッグタイプの2種類の商品を開発し、店舗及びECサイトにて販売する。
自家製野菜味噌の開発と、当社鍋セットのテイクアウト事業コロナにより飲食の新しい生活スタイルが確立されたことで飲食店のあり方が変化した、この変化に対応すべく新たに自家製野菜味噌の商品開発と、お家鍋セットのテイクアウト事業を実施し、再起を図る。
宅飲みを手軽にもつ鍋、ご当地鍋の無人販売当社人気商品であるもつ鍋をメインに全国の御当地鍋などの冷凍鍋を中心とした無人販売所を新規出店します。
全国の国産ワインと契約農家の無農薬野菜を使った総菜テイクアウト事業コロナの影響による来客数の大幅な減少により厳しい経営状況が続く中、地域のニーズから全国の契約ワイナリーから国産ワインと無農野菜を使った総菜テイクアウト事業を行う。コロナによる生活スタイルの変化によりお店のメニューを自宅で味わうスタイルの確立。
韓国カルチャーに特化した貸しスペース業「韓国カルチャーに特化した小さな百貨店」をコンセプトに、物件を所有し、固定の貸店舗と催事・イベントスペースを用意して出店者を募り、SNSを戦略的に利用してプロモーションまで行う「複合施設」として機能するビジネスを展開
最新オーダーシステム導入及び多階層店舗を狙った新コンセプト店舗出店計画最新システム導入し、従来諦めていた多階層店舗を出店。既存路面店舗とのドミナント出店戦略によるシナジー効果最大化は図りつつ、店舗少人数運営を実現させコロナの影響を受けにくい飲食事業へ再構築する。
SNS集客を活用したリアル店舗とEC販売による雑貨販売事業の開始既存の飲食事業の強みである店内内装、SNS集客力を活用し、オーダーメードの雑貨を販売します。新たにカフェと併設したギャラリーを作り、店に来てもらって実際に見てもらってECでも購入できる形を整えます。
プロもアマも学べるEラーニング、バーチャル蔵見学システムの構築新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により、当社が行ってきた飲食事業および日本酒イベントの開催を自粛せざるを得ない状況である。一方で、オンライン飲み会などの需要が高まっているが、当社はデジタル化において課題がある。そこで、非接触で安心して楽しめ学べるオンラインにイベントの開催に向けた業種転換を行う。
シェア型レストラン開発による起業支援・運営サポート事業への業態転換飲食店開業希望者がテスト出店できる「店舗スペースシェア型レストラン」という革新的な業態を開発。運営サポート・経営分析も交えた起業支援により、コロナで疲弊した飲食事業者の活性化と地域の盛り上げに貢献する。
オーガニックレストランが手掛けるコーヒースタンドベーカリー現在のオーガニックレストランのノウハウを活かした、テイクアウト主体の自家焙煎珈琲のコーヒースタンドベーカリー業態への展開し、新しい顧客の獲得と新しい雇用をつくります。
歌舞伎町で培った経営スピード感を男性美容市場でも!セルフ型メンズ脱毛サロンでV字回復!度重なる緊急事態宣言での営業自粛で店舗縮小、収益が激減。成長市場分野への進出で事業リスクを分散し収益を回復させるべく、需要が拡大するメンズ脱毛サービスを手がけることで事業リスクを分散し、非対人接触のセルフ型とすることで営業自粛リスクを回避する。
高級焼肉弁当「頂極」の事業化による飲食サービスの再構築自社ビルの1階を改装し、「頂極(ちょうごく)」としてブランド化した高級焼肉弁当の受注・製造・販売の拠点を設ける。店舗内に9席程度のカウンター席を設けるとともに、福岡市内外へ高級焼肉弁当の配達を行う。
惣菜テイクアウトの新規展開による事業再構築計画既存の店舗形式のアルコール提供店による収益はコロナ禍では望めないため、テイクアウトに特化した形式の惣菜(フード)商品による収益を獲得することにより、会社の今後の経営のリスク分散を行い、経営を安定化させていきます。
自社調理技術を活かした急速冷凍機導入による冷凍鮮魚の販売事業新型コロナウイルスの影響による外出自粛や新生活様式による、中食需要の高まりと需要増加を機会と捉え、鮮魚の加工食品を生産し、個人消費者への販売を行う食品持ち帰り事業を展開する
感染症リスク低減を重視した「から揚げテイクアウト専門店」及び「高級寿司店」の新規展開による事業再構築計画東京都内で焼肉店を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な「から揚げテイクアウト専門店」並びにプレミアム消費が見込める「高級寿司店」を新たに展開することで、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
シニア主婦を活用した握りたておにぎりプラットフォーム事業コンビニやおにぎり専門店とは異なり、注文を受けてから握ったおにぎりを提供する。現業の強みを活かした、ローコストオペレーション・品質、衛生管理に加えて、雇用市場では採用されずらいシニア主婦を活用することで、新たな地域の雇用と消費を作る。セントラルキッチンを用いることで、1店舗だけではなく、ローコストで出店を行い多店舗展開を前提とした取り組み。
スナックから託児所サービス付きネイルサロンへの業種転換現在営業するお酒の提供がメインの飲食店では経営環境が厳しいという課題をふまえて業種転換を図ります。現店舗がある新宿区では幼児乳児と一緒に行けるネイルサロンがありますが、中野区にはなく需要が見込まれることから事業再構築を図ると同時に地域貢献や雇用創出を行います。
最高級食材生産者との持続可能な関係構築事業~ワインセラーのクラウド化を添えて~自社既存最高級和食店の端材や市場に出回らない廃棄食材を活用したアラカルト店を開業。準富裕層向けにテイクアウト・宅配販売を軸とする。サブ事業として、新店舗ワインセラーの空スペースを西麻布の飲食店に賃貸する。
うどん居酒屋を弁当製造工場化し、お店の味をそのままお届けする宅配弁当事業へ業態転換新型コロナウイルス感染症がもたらした外食スタイルの変化を背景に、飲食店経営による外食事業中心の当社ビジネスを再構築するため、現状のうどん居酒屋を弁当製造工場へと転換、今後も成長が見込める宅配弁当事業へ経営資源を集中させます。
人気イタリア料理の惣菜と自家製バターを商品化して売上の拡大を図る西洋料理の店として地元のお客様を中心に好評を得ていたが、新型コロナウィルス感染症の影響によりお客様の来店が難しくなった。テイクアウト販売も行っているが外出が厳しい状況では十分な売上確保にはつながらない。そこで自宅でお店の味を楽しんでもらえる商品を開発、製造し、百貨店とインターネットを通じて販売を進めていく計画を策定した。
薬膳火鍋専門店だからできる薬膳カレーレトルト販売事業当店のウリの「薬膳」と「カレー」を融合させ、美容・健康に適したオリジナル薬膳カレーを開発し、店内で製造・注入・加熱・殺菌・冷却し、箱詰めの上、ECサイトを構築し販売していきます。
日本の伝統、「屋形船」を守る!カウンター寿司懐石への業態転換で地域を活性化屋形船×カウンター×ITというコンセプトのもとで、弊社の強みを活かした事業として、少人数制の特別間のあるカウンターで職人が作る寿司懐石の新たな提供をし、提供価値を集団宴会から少人数へビジネスモデルを転換し、一人当たりの単価を上げる事業に転換します。
バーの強みを生かした、スイーツ等喫茶店メニューの提供バーの営業にて培ってきた、調理のノウハウや、フレッシュフルーツを取り扱う強みを生かし、酒類と違い緊急事態宣言等の制限を受けないスイーツ等の喫茶店メニューを提供する。
キッチンカー専門店からデリバリー店舗を加えた販路の拡大事業計画キッチンカーのみならず今主流となりつつあるゴーストキッチンを目指します。
炭火ホルモン焼き まるかん事業再構築補助金事業計画顧客の行動変容、新しい変異株の発生など、先行きが不透明で、回復の遅れが存続にかかわる為、店外売上を伸ばし、従来事業との相乗効果で持続的な成長を目指すものである。
イタリアンレストランでのノウハウとデジタル技術を活用した新事業への転換イタリアンレストランの営業を行っていたが、度重なる緊急事態宣言の影響により経営を維持することが困難となり、これを打開する新しい事業を行うことが必要であると判断した。ウィズコロナ時代に対応するセルフオーダーなどを活用した非対面化を実施し、安心して来店いただける焼肉店舗へと事業転換を行う。
地域を牽引するコーヒー業態の創出によるブランド強化戦略現在蒲田で運営しているハンバーガー店の売上減少を受け、自社のマーケティング力を活かすべく、EC販売が伸びているコーヒー業界に参入する。既存店の近隣に開業して蒲田でのブランドを確立し、地域のコーヒー文化を牽引する
『大阪の予約困難焼肉店「塩焼さつま」の関東初出店を手掛け、苦境からの脱出』大阪府北新地にて、創業50年を越える老舗焼肉店「塩焼さつま」の関東進出が決定。代表の白石自身が本店で修業し、東京都中央区銀座にて“塩焼さつま”の関東初出店を弊社が手掛ける。
小顔効果が得られる最新HIFU機器を導入し同業差別化が図れるエステ事業への新展開当社はこれまで居酒屋経営を主力事業としてきたが、コロナ収束の見通しが立たない中、新たにエステ市場にて「メスを使わず自然に顔のリフトアップや痩身が期待できる4Dハイフ施術」を実施し、新たな収益源確保のための新事業展開を行う。
地方創生をテーマにしたクラフトビール EC 販売の事業計画既存事業の居酒屋業態の売上高が新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言の影響により大幅に減少しました。このことを受け、自社の強みを活かし地方創生をテーマにしたクラフトビール EC 販売を展開することで、コロナ禍でも需要増加が見込める EC市場に参入し、新たな売上を作り出す新規事業を計画します。
高級海老料理レトルト商品を開発し通信販売を実施する新たに海老料理のテイクアウトメニューおよび高級レトルト商品の開発を行ってきており、2022年よりオンラインでの通信販売を実施予定である。既存顧客である都内富裕層を中心に「 特別な”ハレの日”には高級海老料理レトルト食品を贈る」文化を根付かせ、誕生日などの各種記念日や、お中元やお歳暮などの贈答品ニーズを満たしていく。
イートインカフェから「トッピング式おむすび・海苔弁」のテイクアウト・デリバリーへの転換イートインスタイルのカフェ営業から、トッピング式海苔弁とおむすびのテイクアウト・デリバリ―に業態転換をし、さらに、同時に展開していたオーガニックエステサロンから、オーガニックコスメのEC販売へ変更する。
伝統の日本食文化を中食にて味わえる事業転換計画明治4年創業の京都老舗「泉仙」に本流を持ち、百貨店や都内寺院との取引を多数有し、強みはブランド力です。本補助事業では中食へシフトし、コロナ過で変化した飲食需要に対応し、多くの方に伝統の日本食文化を味わって頂きます。
コロナ禍の巣ごもり需要を満たす地元密着型の中国食品店の開業当社は歌舞伎町で飲食店を経営していたが、新型コロナウイルスにより廃業を余儀なくされた。そこで飲食店時代のネットワークや当社の強みをいかして、地元密着型の中国食料品店に業種転換する。
オリジナル麺×テイクアウト・デリバリー×地域活性化ウーバーイーツや出前館などのデリバリーやテイクアウトに適した店舗を立ち上げる。オリジナル麵「胚芽麵」の開発、地元農家との提携した商品開発、感染症対策やキャッシュレス機器の導入等の新しいスタイルの店舗とする。
オンライン配信に対応したダンス、ヨガ、フィットネス等健康をテーマにしたスタジオ事業コロナ禍において健康意識が高まる中、日々の健康維持に活用できる場を提供するため既存カフェの一部営業時間とスタジオ専門店の2店舗でダンススタジオの運営を開始する。スタジオ専門店は43平米、設備を最小限にし固定費を抑えた小規模業態での多店舗展開を目指している。
飲食店の顧客ネットワークを活用した自社農園野菜の宅配事業への進出当社メインである居酒屋事業とシナジー効果があり、且つ外食産業にとって致命的な打撃となったコロナウイルスのような脅威に対する事業リスクを回避することを目的として既存の顧客ネットワークを活用した自然栽培野菜の宅配事業を行う。
自動焙煎機導入による事業再構築計画カフェに自動焙煎機を導入し、焙煎したての珈琲豆を販売します。来ていただいているお客様に自宅でも美味しい珈琲が飲める環境を提供したいです。ネットショップでは全国の方に向けて定期購入販売をします。
福井の特産品を小売販売する店舗内店舗「越前若狭ショップ」の出店福井のお酒や食材を中心に提供する既存飲食店の運営を、店主が一人でも運営できるように店内を縮小して、福井(越前・若狭)のお酒や特産品を陳列して小売販売をお来ぬショップ(小売店)を店舗内店舗として新たに出店。
シミュレーションマシンの導入による無人ゴルフ練習場への業態転換、企業提携による新規顧客開拓コロナ感染症の影響で収入の中核を担っていた法人客の飲み会が激減し、この先の回復も厳しいと判断した。そこで、シミュレーションマシン導入により既存事業であるバーベキュー事業から撤退しインドアゴルフ練習場へ業態転換をする。周辺企業と連携して新規顧客開拓を行う。
京都の地元飲食店を巻き込んだポップアップ型のシェアキッチン事業ポップアップ型のシェアキッチン事業
Withコロナを見据えた顧客獲得戦略の構築と、競合の格安系ホテルとの差別化を図るため、シェアキッチンエリアを設け、地元飲食事業者を誘致し、地元京都の食を楽しんでもらえる旅館として付加価値を提供し、地域の飲食関係者を巻き込むことで新たなPR効果も生まれ、旅館の集客にもつなげる新規事業
熟練バーテンダーによるハイアルコールジェラートの製造、店頭・通信販売計画全国で見ても存在しないハイアルコールジェラート専門店。現役バーテンダーがカクテルをジェラートとして再現。大人の大人による大人のためのリッチなジェラート。ジェラートの製造販売だけでなく、店内ではカクテルやおつまみとジェラートのペアリング提案をする。他テイクアウト、SNS、通信販売による全国展開。また、オリジナルフレーバーの製造受付を5Lという少ロットから受け付ける。
最高に自信を持ってお勧めできるバインミー専門キッチンカー事業コロナ禍により運営するバーへの影響が強いため、新たな事業構想に着手。多摩地区産の食材を使用し、多くの試作品を開発、最高のサンドイッチ「バインミー」をキッチンカーで新たに販売する。
ウィズコロナでも楽しめる!昼営業主体のハンバーグ専門料理店の新規展開計画書コロナ禍の影響で当社の居酒屋店舗の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、老若男女問わず楽しめるハンバーグ専門料理業態を新たに展開する。
テイクアウトと移動販売が主軸のドミナント戦略型店舗への転換入手困難な鶏の白レバーを使用したテイクアウト専門店への業態転換計画。北千住での集中多店舗経営による現行店舗とテイクアウト専門店+キッチンカー(移動販売)で相乗効果を狙う。新店舗ではセントラルキッチンを採用、EC販売も視野に入れる。
国産とうもろこし粉(マサ粉)の製造工場兼直販飲食店舗の新設と事業化トルティーヤの元となる「国産とうもろこし粉(マサ粉)」を、新設の製造工場兼直販飲食店舗において製造し、食材の味と安全へこだわるレストランやスーパーマーケットなどへのBtoBの卸(配達や配送ベース)、またご家庭で出来立てのトルティーヤを楽しめるようBtoCの小売(店頭とオンライン販売)も積極的に展開していく。
法人及び会員向けのスパイスカレーのデリバリー、ケータリング及びオリジナルスパイスの開発販売事業調理加工設備を新設して、契約法人対象のスパイスカレーのデリバリー事業、同じビル内でのレンタルスペース会員向けのケータリング事業、及び有機栽培専門農家とのオリジナルスパイスの共同開発・製造販売事業を行う。
本場タイのローストチキン『ガイヤーン』のテイクアアウト、デリバリー販売コロナ禍で時短営業や企業のテレワーク浸透などを受け客足は大幅に減少。その中でテイクアウトやお取り寄せのグルメ需要が増加してる事、店舗の鶏料理は雑誌やテレビにも取り上げる程の商品力がある事から、新たにタイのローストチキンとして有名な『ガイヤーン』のテイクアウト、デリバリー専門店を出店する事を計画。SNSやテレビ等のパブリシティを活用しながら、幅広い顧客層にタイ料理を訴求し、タイの食文化を広めたい。
「栄養不足」の解消に向け、高齢者も服用できる納豆サプリメントの開発フリーズドライや粉砕機、充填機などの設備を導入し、納豆そのものをサプリメント化、ECサイトやマツモトキヨシ系列のドラッグストアにて販売する体制を構築します。栄養価の高い納豆をサプリメント化することで、若い世代から高齢者まで安心して栄養を摂取できる機会創出に貢献します。
焼肉弁当とアジア料理お惣菜配食事業本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」(大分類M)に該当する居酒屋等の飲食店事業を変更することなく、コロナの影響により店内飲食が難しい高齢者や近隣のファミリー層向けに焼肉お弁当とアジア料理お惣菜の配食事業を新たに開始する「業態転換」事業であり、「緊急事態宣言特別枠」として応募いたします。
銀座老舗日本料理店の新業態「高級立ち食い寿司店とテイクアウト&デリバリー事業」既存店舗は厨房が狭く生産効率が悪い、コース料理がメインのため顧客回転率が低いという課題がある。そこで広い厨房を備えた本格江戸前立ち食い寿司店舗を新展開することで、テイクアウト&デリバリー需要とファーストフード需要を取り込み、売上拡大を実現する。
コロナ対策を徹底した非接触型の洋食とスイーツ主体レストランとテイクアウト新業態の事業化コロナ禍において、徹底した非接触型レストラン業態の店舗を展開する。また、有名パティシエ監修の元、新たにスイーツを自社で製造しテイクアウトでも提供する。注文から配膳・決済まで全てにおいて、お客様と店員が接触しない安心安全な、それでいて、ITとロボットを活用したテーマパークのような楽しいレストランにする。
土産菓子市場とスマイルケア食市場への新聞や展開~製パン・製菓~本事業は、製菓・製パン工房を新設し、「品川土産」となる焼菓子と、摂食嚥下障害の予防を目的としたパンの製造、加工ができるようにするものです。また、既存事業の余剰スタッフを製菓・製パン職人のトレーニングを実施、転換、育成も実施します
居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業「居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業」を開始することにより、コロナ禍以降特に成長し、さらに今後より一層の成長が見込まれる「中食市場」に進出する計画。
酒販免許取得によるスイスワインの輸入販売 及び、チーズと農家野菜の卸し・小売・EC全国販売酒類の小売・輸入卸免許を取得して、スイスワインの店舗仕入の30%カット・他店への売込み・国内のスイスワインの流通を目指します。
ストレス社会にCBDの癒しをストレスや痛みの緩和やリラックス効果が期待され、WHOもその安全性を認めているCBD成分。海外では「グリーンラッシュ」と評されるほど今後市場規模の拡大が見込まれており、広く浸透していない日本においても製薬会社がCBD成分のサプリメントを発売するなど、徐々に注目が集まっている。当社の新事業では、この成分を含有したキャンディーやべイプなどをオンライン販売し日本国内におけるグリーンラッシュに先駆け参入
閑散期を利用したリズラボキッチンのカフェレンタル事業の取組コロナの影響により客足の減少した店舗は、平日は現状テイクアウトや通販を作業の中心としている。市場の新規性と立地の強みを生かし空き時間を、レンタルスペースとして活用することで、売上のアップにつなげていく。
既存居酒屋の「待つ」スタイルからキッチンカーを利用した「攻め」のスタイルへの新分野展開度重なる緊急事態宣言により既存の居酒屋の売り上げは激減した。東北地方、特に店主の地元:青森の入手困難な食材を生かしたキッチンカーによる弁当の移動販売を行い、コロナ禍でも営業可能となるだけでなく拡大している中食需要の受け皿となりV字回復を図る。
非対面式注文システムを活用した老舗中国料理のデリバリー事業展開ホテルの地下1Fで老舗中華料理店を経営しているが、コロナの影響により来客数が大幅に減少。現店舗の一部を縮小し配膳室に改修してデリバリー設備を整える。また、非対面式注文システムを構築し、老舗中華料理店の強みを活かした中華料理のデリバリー事業を本格展開し事業再構築を図る。
テイクアウトブースを設けた、天ぷらと細巻きをメインとした店舗を新規出店現在はバル業態を運営しており、コロナ禍で売上げが減少し、又、テイクアウトのスペースを確保が難しいのが現状である。そこで今回新たにテイクアウトに力を入れた天ぷらと細巻きに特化した店舗を新規出店する。それにより、既存事業との相乗効果による売上げ増と新たな雇用で社会に貢献する。
定食提供や総菜販売をメインにした自社開発業態の運営現在当社がメインでフランチャイズ運営している居酒屋業態から、食事性の高い定食や総菜販売をメインにした自社業態を新たに開発し、東京都新宿区高田馬場にて店舗運営を行っていく
レストランデリバリーの成長を実現する管理システムの開発経営難の居酒屋を縮小し、成長が著しいレストランデリバリーで事業を再構築します。コロナ後にスタートしたデリバリー事業は、すでに1400店舗を展開。管理システムの開発によりマーケットリーダーの地位を確立します。
自家焙煎珈琲豆の販売とテイクアウトのできるコーヒーカクテルバーテレワーク時代を考慮して、昼にはシングルオリジン珈琲豆の自家焙煎販売を行いテイクアウトのできるカフェを営業、夜には16年間培ってきたバーのカクテル技術、接客技術を活かしコーヒーカクテルバーとして二毛作で営業を行うお店。
第2創業プロジェクト 卸売・小売進出「はちどり」プロジェクトアフターコロナを見据え、アルコール居酒屋からコト消費を提案する体験型飲食店への業態変更と、同時に少額投資で製造業や小売業にも進出できる総合飲食会社への業態転換計画。
万全の換気とテイクアウト・デリバリー販売機能を備えたハラール対応焼肉店の開業店内飲食のみのパキスタン郷土料理レストラン」から、「ハラール対応、コロナ感染症対策換気設備完備・デリバリー・テイクアウト対応の複合型焼肉レストラン」へ転換する。日本国内にはハラール対応の飲食店は希少であり、ムスリムにとってはお店を気軽に使いづらい環境であるため、そのような状況を改善していくことが、当社の使命であると考えている。
銀座のダイニングバーが仕掛けるネイルサロンとのシナジー経営当社は銀座でダイニングバーを営業してます。お客様はナイトクラブのホステスさんや関係者です。当社にはネイリスト資格者がおり、銀座で働くホステスさんの美容ニーズを機会と捉えネイルサロン事業に取組みます。
贅沢感が味わえ安心感もある女性が通いたくなるホルモン焼店事業コロナ禍の影響で既存店舗の集客力は低下し業績が悪化している。安価で新鮮な牛内臓肉を仕入れられる当社の強みを最大限活かし、感染症対策を万全にした女性客の需要が見込めるホルモン焼店業態を新たに展開する。
予約が取れないイタリア料理店のコース焼肉店への新分野展開コロナによる顧客減少を克服するため、既存店ブランドを活かしたイタリアテイストの焼肉店を出店。コロナ感染リスクを怖れるお客様に安心感を与え、既存事業とのシナジー効果を活かした新分野展開を図る。
一人利用がメインで感染症対策を徹底した高級志向焼肉店の展開新型コロナで大打撃を受けているイタリアンバル事業から、非対面・非接触など様々な感染対策を徹底した高級志向の一人利用向け国産和牛焼肉店へと進出し、コロナ禍での市場ニーズを捉え、自社の事業再構築を果たす。
セントラルキッチン建設により「食材の加工→店舗ごとの商品仕込み準備→店内調理」までの工程を合理化しビジネス基盤として構築首都圏を中心に飲食事業および飲食コンサルタント業を経営する当社は、新型コロナウィルス拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、新たにセントラルキッチンを建設・稼働させることで、問い合わせが増加しているFC店舗などに向けた食材加工・卸売事業を開始し、飲食業・コンサルタント業以外の事業の軸を構築することとする。
商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発及び新規出店計画お食事を主とした商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発を行い、イオンスタイル新浦安に新規出店をすることを計画しており、テイクアウトにも対応し、コロナ後の需要の変化に対応できる事業の柱を構築する。
宅配と持ち帰りを基幹としたマルチブランド飲食事業一つの厨房を利用して、厨房の稼働率を高めて人時生産性を向上して収益性を高めることと、アフターコロナ、ウィズコロナにおけるお客様の安心安全に対する意識の高まりに応えるため、店舗を非接触化することにある。
クライオセラピーを導入した最先端の体メンテナンスサロンの展開港区赤坂三丁目エリアの立地に、欧米で人気の高まる凍結療法「クライオセラピー」を導入した体のメンテナンスサロンを展開する。コロナ禍で体に不調のある方や再開しつつある試合に向けてトレーニングをするアスリートに対し、効果的な血流改善やボディリカバリーを提供する。
焼き鳥居酒屋からチキンバーガー専門店への新分野展開焼き鳥居酒屋業の長期低迷を克服する為に、新しい生活様式に対応した新業態が必要という課題に対し、解決策として既存事業の強みが活かせるチキンバーガー専門店でファーストフード業へ進出して収益の柱とする。
高級食パンによる台湾食文化変革のための挑戦たこ焼き、そば等の飲食店の運営により「粉もの」食材の研究を重ねオンリーワンの商品開発力をもつ当社が、日本食人気及び高級食パンブームに沸く台湾で新しく高級食パンの製造販売を行う。
焼き肉店から店頭販売にウェイトをおいた 南九州郷土料理店のフランチャイズ事業焼き肉店から、先端的なデジタル技術の活用でWithコロナ、ポストコロナにも負けない店舗形態に!食肉加工の技術を活かし店頭販売やテイクアウトにウェイトをおいた 南九州郷土料理店のフランチャイズ事業への転換
幅広い客層の来店を可能にするパンケーキカフェ出店住宅地隣接の駅前商業施設にパンケーキカフェを出店する。特徴は、本格パンケーキを提供しカフェの差別化を図ると同時に、豊富な食事メニューの提供により、ランチ、ディナーの集客をも確保し回転率を上げる計画。
フレッシュチーズ工房出店による製造・食物販業への新規参入新型コロナ感染症の影響を受けないモデル構築の為、既存事業での経験を生かしてフレッシュチーズを製造・販売する地域密着型のチーズ工房を新規事業として開業し、事業再構築を図る。
革新的居酒屋テイクアウト・デリバリーメニューで競争力と生産性の向上自家製高級食パンやバンズを使用したオリジナルサンドイッチを居酒屋のランチ・テイクアウト・デリバリーメニューとして提供することで、新しい生活様式に対応したビジネスモデルを展開し、競争力と生産性の向上を図る。
多様な器具と食事指導で地域の健康に貢献するパーソナルジム創り約10年飲食店を営んで来たが、コロナ緊急事態の中での営業時間短縮等の影響があり事業存続が難しいため、好条件の立地と食品関連の知識を活かし、さらにはコロナ禍でのニーズに適合したパーソナルトレーニングジムに業種転換を図る。
安心・安全な3Dデザインスイーツのテイクアウト&通販事業今後起こる未知の脅威に対してフレキシブルに自社の経営資源をリソーシングできるように、新たに製菓を製造販売出来る店舗とECサイトを作り、そこで新しいデザインと製造方法を取り入れた洋菓子をトレンドに敏感な層や富裕層に開発・製造・販売いたします。常に新しい驚きや感動を求められる手土産需要やお祝い、SNS映え、自分へのご褒美などのニーズに応える事業である。
コロナによる店舗撤退とレストラン併設のベーカリー事業への進出コロナ禍、アフターコロナを見据えて外食事業に偏った不安定な現状からの脱却のため、既存店を閉店し、競合の少ないエリアにおいてパン事業への参入。強みである外食のノウハウを生かし、レストランを併設したベーカリービストロの開業
高級とんかつ店の伝統の味を、テイクアウト・デリバリー・ECを活用して全国の食卓に届ける!①テイクアウト・デリバリー専門店の展開、②最先端の瞬間冷凍技術を活かしたEC販売により、これまで40年間飲食店で提供してきた伝統のとんかつの味を全国の食卓に届け、来店客のみに依存しない業態への転換を図る。
昭和古民家オーベルジュ運営および高付加価値ケータリング事業『働き方改革』によるワーケーションのニーズを取り込みつつ、昭和古民家を活用した宿泊施設運営(オーベルジュ)を実施。さらに、そこを起点に安心安全な食材を活用した高付加価値ケータリング事業を展開します。
宮城県の地元食材を利用したあおば餃子の冷凍食品開発新たに宮城県名取市に工場を設け、県の伝統野菜「雪菜」を使った餃子の冷凍食品を開発、製造する。全国のスーパー向け卸売り販売、工場併設の直売店での販売、全国へのEC販売に取り組む。
世界遺産近接エリアにおける古民家改築によるインバウンド向け宿泊事業世界遺産に登録された島根県の温泉津温泉において古民家を賃借しリノベーションを行いゲストハウス事業を営む。地域全体の観光消費増に寄与するべく、朝食・テイクアウト対応カフェ・バー営業、観光商品開発も同所で行う。
福島県銘柄鶏<伊達鶏>串焼き居酒屋のEC・テイクアウト事業参入感染対策を徹底し顧客が安心して食事できる店づくりをすると同時に、顧客の待ち時間を低減するモバイルオーダーによる窓口販売と冷凍自動販売機による販売を実施します。さらに、観光の思い出を一度で終わらせず、リピートでの売上につなげ、顧客の生涯価値(Life Time Value)を拡大するためのEC整備を実施します。
新潟カツ丼「タレカツ」の宅配事業、及び食材販売事業コロナ禍で、飲食業界は大打撃を受けており、第6波に備えて業態転換が急務となっている。補助事業では、非対面・非接触型の飲食サービスとして「家庭やオフィス向けの宅配サービス」、及び近隣飲食店との協業による「飲食店向けの食材販売事業」に取り組む。
障害者の雇用促進を念頭に入れた熱帯魚を中心とした養殖販売事業当社の新規事業として東京都足立区で新たに障がい者就労継続支援B型事業所を開設する。そこで障がい者を雇用し熱帯魚やメダカの養殖及び販売を行う。販売方法は現地での直接販売の他、自社ECサイトを開設してネット販売も行う。
ロードサイドカフェから“オシャレ志向の生食パン”製造販売店へ集客力を失いつつあるカフェを閉店し、純生パン等を製造するベーカリー店を始める。来店者の少人数化傾向やテイクアウト需要に適応する業態への転換で顧客層は広がり、より多くの集客を見込める。
専門料理店を併設し、既存店舗の時間と空間の有効活用でコロナ禍を乗り切るハイボールバーの店舗を3分割し、鰻屋と牡蠣料理の専門店を併設します。専門店の併設により、昼間の店舗活用とデリバリーやテイクアウトの需要にも対応します。新たな顧客を獲得し更なる売上の向上を目指します。
山本のハンバーグをおいしく食べて健康に!通信販売事業当社はハンバーグ専門の飲食店であるが、コロナ禍により売上の維持が課題である。素材にこだわった美味しいハンバーグを、最新の急速冷凍機等で冷凍食品に加工し通信販売事業を展開することで売上の維持向上を図る。
創業60年、地域に愛される老舗焼鳥店の惣菜製造販売事業参入による事業再構築計画創業60年の老舗焼鳥店が、長年愛されてきた焼鳥の味を基調としながら、近隣地域の子育て世代・共働き世代・高齢者の食のニーズに応える惣菜店運営に本格参入することによって、地域住民の食卓を彩るとともに収益のV字回復を目指す
中華火鍋居酒屋を、他店にはない希少部位、サブメニューを60種類以上そろえた焼肉店への転換現状のバイキング形式の中華火鍋居酒屋店は、コロナ禍の影響で売上が激減した。品揃えの強みを活かして焼肉の希少部位、他店では食べることができないメニューを含む、60種類以上メニューがある焼肉店舗への転換を行う
魚の干物の通信事業販売これまで取り組んだことのなかった魚の干物の通信販売事業を行う。店舗の改修工事、冷凍庫等設備導入を新たに行う。こうすることで、顧客のうち飯事業、贈答品需要に応え、事業再構築を実現する。
亀戸の「食の発信地」を目指すフードコート事業グループ会社2社と「本格イタリアン」のフードコート事業を展開する。デリバリーやテイクアウト、DXを活用した注文体制の構築などを行い、収益力の向上を実現する。また、食育授業の実施や料理教室の実施も行い、亀戸の「食の発信地」となることを目指す。
世界自然遺産小笠原の森に佇む随一のハイグレードコンドミニアムへの事業転換コロナ禍を経て新たな観光スタイルに対応するため、現状の一泊二食付の宿泊形態から敢えて客室数を減らし大幅な改装によりハイグレードコンドミニアムの運営に転換を図る。また地域飲食店やツアー会社とITを活用した連携による地域のイノベーションに貢献する。
定食・居酒屋を、バーベキュー施設付き焼肉店に転換し、地域ファミリー層を中心に集客する現状の定食・居酒屋は、コロナ禍の影響で売上が大きく激減した。当店の立地するつくばみらい市のファミリー層や日本在住外国人増加している外部環境を活かし、バーベキュー施設付き焼肉店舗を構え、同地域を中心に集客力の向上を図る。
餃子製造を開始し無人販売店舗を中心とした新業態を展開する既存事業である飲食店が、休業や時短要請に従い営業が難しい中、加速するテイクアウト需要に対応するため、昨今人気のある餃子に着目した新規業態の展開を行う。
個室サウナとサウナ飯(本格蕎麦)を一体で楽しめる「恵比寿サウナー」東京で居酒屋「克ッ」を運営している当社が、恵比寿に新たに個室サウナ×食(蕎麦)を一体で楽しめる新規業態をオープンする。発汗後に蕎麦の栄養素を取入れることは健康への相乗効果が非常に高いことから、娯楽と健康をともに楽しめる施設となっている。
「物販専門店」の新規出店と「ECサイト・全店舗共通アプリ」導入による事業再構築中食需要のニーズに対応するため、当社でしか出来ない作り立てケーキを中心とした物販専門店の大量出店します。さらにECサイトと全店舗で利用できるアプリを導入することでポイントの有効活用を可能とし、これまで培った接客ノウハウを活かし店舗づくりを行います。
冷凍自動販売機(RAMEN STOCK24) を用いた新たなラーメン市場の開拓新型コロナウイルス感染症の影響により、主力事業であるラーメン店舗の売上高が大幅に減少している状況の中、本事業による新たなラーメン市場の開拓によって早期の売上回復を目指している。
コロナ禍に適した新業態の店舗開業による事業多角化新規事業として住宅街での新業態のパーソナルジムの開業、ゴーストキッチン型飲食店を出店する。新業態に挑戦するとともに、既存事業であるフランチャイザーのノウハウを活かし、当事業もフランチャイズ化を目指す。
飲食店からリラクゼーションへ業種転換で地域の健康に新たな貢献当社は沖縄料理専門店として食の面から地域の健康に貢献してきました。新型コロナの影響で飲食店は厳しくなり、リラクゼーション事業へ業種転換します。国家資格保有者によるマッサージ等で地域の健康に貢献します。
ハイエンド向け食とワインのデリバリー型ECコロナ禍でニーズの高まる中食/内食市場の中でも富裕層にターゲットを絞り、家庭で簡単な調理で食べられる高級レストラン品質の美食とそれにマリアージュするワインをオンラインストアで販売する。
飲食店と企画主催者のマッチングプラットフォーム構築事業既存の飲食店経営・飲食コンサル事業で培ったノウハウを活用しながら、ポストコロナの業界展望を踏まえ、飲食店と企画主催者をマッチングさせるプラットフォームを構築し、自社の売上回復と地域経済の活性化を図る。
もったいない魚たちを全て使い切るSDGsに大きく貢献するラーメン屋「海富道」への業態転換コロナで起こった酒類提供の制限から、食事中心の飲食店事業を起こすことが必要となった。当社の強みを最大限生かし、もったいない魚をフル活用したラーメン屋事業を立ち上げた。SDGsにも健康にも貢献できる新しいラーメン屋事業。
新タイプの非常食ローリングストック定期便事業による再構築テレワーク推進や対面会議の大幅減少によりデリバリー事業の法人需要が大幅減少。コロナ禍でも安定的に収益が獲得できる新事業として災害用備蓄食をローリングストック方式の定期便で自動宅配する事業を展開。
飲食料品に特化!インフルエンサーマッチングプラットフォームコロナ禍で苦しむ事業者を救うインフルエンサープラットフォーム事業を展開する。飲食料品取扱事業者に特化することにより、インフルエンサープラットフォームを運営する企業との差別化を図る。
『法人向けケータリング事業』から『個人向けパーティーフード通販』への業態転換法人向けケータリング事業で培ったメニュー開発ノウハウを活かし、非対面である個人向けパーティーフード通販事業を開始する。
将棋の街「千駄ヶ谷」で食事のできる将棋サロンを展開コロナ禍により夜間宴会が中心であった和牛バルの運営は壊滅的な状況となり、従来の営業方法からの転換を迫られている。そこで営業地である「千駄ヶ谷」の持つ地の利と代表の持つ「将棋人脈」とをかけ合わせた食事のできる将棋サロンへの転換を図り、コロナ禍をはじめとした経済環境への変化に対応していく。
和牛専門店の技術を生かした、焼肉用食材及びタレ等の焼肉周辺の食料品加工業主に新規、小型焼肉店舗を対象として、枝肉から解体・店舗用にカットされた和牛、タレ、並びに焼肉店向けの総菜の販売。同時に、解体時に出る出荷単位未満の和牛を都心の焼肉店として培った技術力で作成したお弁当のテイクアウト販売
若者の孤立を支える「コミュニティ促進型シェアハウス」の運営現代の社会課題である若者の孤立の解消を目指し「コミュニティ促進型シェアハウス」を設立します。元々自社で倉庫利用していた建物を活用・リノベーションし、若者の自立を応援する総合支援施設として事業化します。
リターナブル瓶によるドリンク定期宅配とコワーキングカフェ運営新たにコワーキングカフェを併設した清涼飲料水およびリキュール製造工場を建設して、清涼飲料水製造許可と酒類製造免許を取得し、リターナブル瓶による持続可能な清涼飲料水と酒類の製造販売に取り組む
本社を一部改修し自社チーズとジェラートの製造拠点となるラボラトリーの新設新たな市場に展開を図る上で、当社は「本社を一部改修し自社チーズとジェラートの製造拠点となるラボラトリーの新設」に取り組む。当社の強みとするイタリア料理のノウハウを活かし、自社の季節菓子を使ったオリジナルジェラートや季節感のあるジェラート、まだ日本では製品事例をみないフレッシュチーズの製造をし、既存飲食店舗とネットショップで販売促進をすすめ、販路を拡大して生産量の拡大も狙っていく。
「旨い・安い・早い」をご家庭に!肉まん・点心等中華料理のテイクアウト・ECサイト販売事業コロナ禍における店内飲食の需要低下に伴い、肉まん・点心を軸に新商品を店頭テイクアウト販売を行います。社内のDX化を進め、モバイルオーダーシステムでいつでも出来立てを提供できる環境を整えるとともに自社ECサイトを構築し、新商品の販売も行い新たな顧客獲得へ向けチャレンジします。
居酒屋から成長が見込まれる注目の「中食」への業態転換コロナ禍により大打撃を受けた居酒屋事業からの転換。40年を超える刺身居酒屋運営で培った、市場での鮮魚購買力・目利き力と加工技術を活かして、スーパー等の小売事業者へ加工販売する卸売り事業への転換により再成長を目指すもの。
アフターコロナの憩いの場づくりを目的とするカフェレストラン事業コロナ禍の影響で客足が戻らない都心オフィス街での「弁当配食事業」から、アフターコロナの憩いの場としての需要や自社経営農園とのシナジー効果が期待できる、茨城県石岡市での「カフェレストラン事業」に進出する。
ビジネスマンのために「家庭のぬくもり」を提供する家庭料理飲食店への転身。エグゼクティブ向け高級ラウンジを経営していましたが、コロナウイルス感染拡大に伴う営業自粛の影響で売上が激減しました。代表が持つ強みを生かし、ビジネスマンにぬくもりを提供する飲食店を展開し、日中の飲食需要を取り込みます。
専用の壺でじっくりと低温で焼き上げた 壺焼き芋店への業態転換コロナ禍で学んだテイクアウトの重要性から、テイクアウト専門の事業を構築することとした。焼き芋は古くからあるテイクアウトの原点であり、現在はブームになるほど需要も高い。究極の焼き芋を追求した結果、壺焼きに至り、一年中食べることの出来る焼き芋を販売、全国展開、世界も視野に入れた事業である。
「ヘルシーなガレット料理」の個人向け通信販売と全国レストランへのガレット食材卸売り事業国産そば粉を使用したガレットを日本全国の消費者にお届けする通信販売事業と各飲食事業者(ホテル・レストラン・カフェ等)への食材卸業を行い、ガレットを全国的に広める。またそば産地の地方創生と新たな雇用創出による地域活性化に貢献する。
商店街からSDGsに取り組み!環境配慮型の新しいテイクアウト販売事業の立ち上げ再構築事業では、居酒屋で使用しているおしゃれで機能的なお皿をテイクアウトに使い、お刺身や総菜をおいしそうに盛り付けを施した状態で販売する新たなテイクアウト事業を立ち上げる。お皿は再度お持ちいただくことで再利用可能となることから、商店街から環境に配慮した取り組みを発信し、顧客の共感を通じて顧客囲い込みへとつなげる。
EC・通信販売による新たな事業の構築首都圏を中心にラーメン店を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことから、販売チャネルを大幅に見直し、自社店舗向けに加工食材を供給していたセントラルキッチンの機能・設備を移設増強し、EC・通信販売向け製品の製造に乗り出すことで、今後の収益の柱にしていく計画である。
急速冷凍技術の導入による「揚げピザ」の開発、非対面型ビジネスモデルへの業態転換コロナ禍で来店客が減少し、店内飲食の売上が大減しました。新事業では、以前テレビでも紹介された「揚げピザ」を再開発し、急速冷凍機の導入によりテイクアウト・デリバリーなどの非対面型ビジネスへの業態転換に挑戦します。
地域の業者と連携し、地域食材を使ったバーベキューレストラン既存事業とシナジー効果のある付加価値の高いバーベキューレストランの新事業に参入します。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて減少した売上を回復させ、事業の安定化と地元経済への貢献をはかります。
軽飲食から重飲食「薬膳割烹料理専門店」への事業転換コロナ禍創業で順調に売上拡大していたが、自粛要請の長期化により売上激減。自社建築中の路面テナントを活かし「軽飲食」から「重飲食」へ事業転換。当社の強みが活かせ季節性を選ばない「割烹料理専門店」へ挑戦する。
「毎日食べても飽きないそうめん」を全国に届ける大作戦地元徳島県に半田そうめんの調理・冷凍加工工場を新設し、毎日食べても飽きないそうめんの調理済冷凍製品を製造・販売します。冷凍そうめんをECサイトで販売(BtoC)全国の飲食店に冷凍そうめんを販売(BtoB)します。
個人事業者でも使えるセントラルキッチン事業の新分野展開セントラルキッチンを設営し、個人店など規模の小さい飲食店向けに、業務用厨房機器を使用した仕込み済の食材を提案販売します。
脱居酒屋!漁港直結の今朝獲れ鮮魚の魚屋&すし屋へ業態転換海鮮居酒屋が酒の売上を捨てて、漁港直結の仕入れノウハウを活かした今朝獲れの新鮮な魚がウリのすし屋と魚屋に業態転換します。漁港仕入れならではの未利用魚の活用によりフードロス削減にも貢献します。
BVカクテルジェラートの製造販売事業への新規展開銀座、札幌、福岡でカクテルバーを運営する当社は、コロナウイルス感染症の影響及び緊急事態宣言の影響で売上高が大幅に減少したことを受け、「オリジナルカクテルジェラートの製造販売」に取り組み、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
商店会が一丸となって取り組む各店自慢料理の商品化事業商店会メンバーと一緒に各店自慢料理のレトルト・冷凍食品を開発・販売する。商品開発のストーリーをライブ配信で伝え、Eコマースを用いて共同販売することで、地域の活性化につなげる取り組みである。
カフェの輪(地域の豊かさ)を広げる物販事業、バリスタスクール事業の新分野展開飲食店としてだけのカフェの枠に捕らわれず、「物販事業」、「バリスタスクール事業」、「アプリを活用したデジタルフォーメーションの実現」に新分野展開する。
店舗・配達型サラダ専門店から冷凍惣菜EC販売事業への転換による新規市場開拓計画コロナ禍による大打撃を受けた既存事業から、市況を見極めた上で今後の生活者のニーズに則した健康的な冷凍宅配食事業への業種転換を図ることで売上の回復を見込み、経営状況の改善を目指す計画である。
口に入れた瞬間「感動」する 一口サイズの薄皮和牛肉まんの製造・販売薄皮和牛肉まんの製造及び販売を行う。製造及び販売は、テイクアウト専門店舗を新たに作り、店舗内で手作りで製造、イートインはなくテイクアウトのみの販売とする。コロナ禍においてテイクアウト業態の開発は必須で、和牛や高級食材を使用してつくる肉まんは現在のニーズに最適な商品である。
厳選小麦やグルテンフリー素材を使用したパンの移動販売と余剰エリアの活用複数の有名パン屋で教育係を務めたスタッフによる、厳選小麦を使ったパンやグルテンフリーのパンなどをキッチンカーにて販売する。管理栄養士資格も所持しており、栄養価を全面に出したパンや、糖質をカットしたパンなど、独自性のあるパンを作り上げる。舗をパンの作成で利用しない時間に関しては、飲食店として活用し、デッドタイムのない運営を行う。
唯一無二のフルーツサンドを! セントラルキッチンの運営事業新規事業では新橋にセントラルキッチンを作り、フルーツサンドの量産製造及び卸業を行っていく。
元フレンチシェフによる冷凍パック食品の新開発とオンライン販売アフターコロナに向け、既存の弁当販売店を閉店し、元フレンチシェフの代表が考案する冷凍パック商品開発に取り組む。新拠点にセントラルキッチンを設置し、オンライン・移動販売を行うことで、商圏拡大と売上回復を目指す。
飲食FC店から自社店舗出店とゴーストキッチンへの二正面作戦二極化する顧客ニーズに伴い2つの戦略を実行します。【店舗戦略】都心部に女性客をターゲットとした自社ブランド焼き肉店を新規出店【ゴーストキッチン戦略】既存店舗エリア中心にテイクアウト・デリバリー拠点開設
野菜ソムリエと仕入を活かした飲食店から食料品製造業への転換野菜ソムリエの知識を活かし、女性目線の寛ぎ感も意識した自家野菜が魅力の飲食店を行っていたが、新型コロナウイルスの影響で売上が激減した。そこで、この特徴を活かした食料品製造へ転換し、収益の安定化を図る。
石垣島の特産品を直接消費者へECを通して提供する通信販売業当社の石垣島の飲食店の人脈と余剰スペースを利用して石垣島の特産品を直接消費者へECを通して提供する通信販売業
国産ブランド食材に特化した、レストラン事業コロナ禍の影響による深刻な全国のブランド食材農家の支援を兼ねた事業転換計画
女性パティシエならではの美味しさを最先端設備で長期保存したギフト商品の製造体制の構築弊社の通販事業のノウハウ「素材×デザイン×ビジネス×パテシィエ」の専門性を融合した新業態「スイーツ店」をオープンしたが、コロナ禍により営業時間短縮等の影響を受けている。既存事業のノウハウを融合した、女性パティシエによる人気「パステルスイーツ」の量産化のセントラルキッチンを整備し、最先端技術よる高品質ギフト商品に特化したオンラインBtoB向けの販路開拓を実現する。
天然素材を活かした加工工場新設及びオンライン通信販売事業及び卸売り業ベストヒットリカーリカの立ち上げ自社の工場を創設し、オリジナルブランド「ベストヒットリカーリカ」を立ち上げ、人のつながりをテーマにした、当社ターゲット顧客にニーズがありそうな商品を開発し、オンライン販売を中心にテイクアウト、卸売り業向け商品の開発販売を行います。●ピチアリオーネ●缶詰型の商品・トマトソース・ラグーソース等●バター等の加工食品
「アグリペッシェツーリズモ」をコンセプトに食を楽しむ旅を提案日本におけるアグリペッシェツーリズム(農園(アグリ)、魚(ペッシェ)、観光)の先駆けとなり、伊豆高原地域の観光資源を活用しつつ、食を楽しむ旅をご提案し、地域活性化に貢献していきます。。
テイクアウト・デリバリー事業への業態転換により「食を通じて新たな発信と発見」を実現するための事業移転前までは飲食業として店舗内でのサービス(イートイン)を行っておりましたが、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言等の長期化により、売上が低下。今後の飲食店舗の在り方や消費者行動の変化に対し、自社の強みをより活かす営業手法として、事業立て直しのため店舗の「移転」と「業態転換」が必要であり本計画を実施しました。
うなぎダイニングこじま「日本酒と鰻」コロナ禍の影響で宴会・団体客の需要が大幅に減少。既存店舗を閉店し、背水の陣で少人数の法事・高所得層・おひとり様需要に応えるべく「鰻料理を主とした飲食店」へと業態転換を図り、売上確保を図る。
ECプラットフォーム構築による和の化、及び自社の持つ「和の伝統文化」を世界へ発信するための事業計画コロナ渦で飲食事業の売上高が大きく減少してしまう中、苦渋の思いで創業店舗を閉店。従業員の「雇用維持」と「和の伝統文化」を発信すべく「ECプラットフォームを構築」し、日本のみならず世界へ向けて「和食・和食器・和菓子・日本茶・和デザイン」を販売・展開し事業の再構築を図る。
独自の中食配送マッチングシステム『ココデリ』の構築による業態転換本補助事業において中食産業に参入し、弊社独自のデリバリー販売システムを構築する。競合サービスの現状においての問題点の解決と、独自のサービスシステムを活用し地域の雇用創出を実現する計画である。
和彩欅の鰻テイクアウト販売による新分野展開による生き残り戦略コロナ禍による影響により経営危機に陥っている状況を打開すべく、2019年5月にオープンした2号店の和彩「欅」の鰻テイクアウト販売事業を基軸とした新分野展開により、事業再構築を図り債務超過の解消と経営の黒字化を推し進める。
独自の熟成加工バナナを使用したバナナジュース専門店のテイクアウト販売コロナの影響により外食市場が縮小する中、当社においても売上が大幅に減少した。そのため、大胆で思いきった事業再構築を行い、バナナジュースのテイクアウト販売を行うという新分野に挑戦し、売上・利益のV字回復を図る。
業界初!飲食店向け多店舗経営管理分析ツール「TEAL BI」の開発による新分野展開コロナの影響で既存事業である飲食店の売上が減少したため、その解決策として、当社の強みである飲食店多店舗経営に係る独自の経営管理手法を活かし、飲食店向け多店舗経営管理分析ツール「TEAL BI」の運営事業を新たに展開します。
貴金属・時計・ブランド品を中心としたリユース品の越境EC事業を展開す新型コロナの影響による飲食店事業の売上減少を補うため、中古ブランド品の買取と販売事業を展開する。具体的には、リアル店舗の設立及び買取及&販売専用のオンラインサイト(国内向け)の構築,さらに海外向けに販売サイトを構築して、ライブコマースなどの方法で販売を行う。
BAR からの大転換、宮古島でDXを活用した燻製屋さんになる!宮古島の伊良部に燻製工房・直営ショップ・体験・備えたDX化の複合施設を作り、BAR事業から物販事業へ転換。工房では地元食材の燻製を製造しEC事業にも進出、あらゆる販路で物販事業の拡大を図る。

コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第2回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第3回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第5回公募)」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第5回公募の採択率は4件中4件採択(採択率100%)と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。