【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第5回公募)

jigyou-saikouchiku-hojokin-tokyo-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
採択結果の中で、東京の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

事業計画名事業計画の概要
人と地球に優しいカフェ計画 from大山地球環境や安全面に配慮したカフェを開業。健康や食育を通じて地域貢献に繋げ、地域ナンバーワンの健康料理専門店を目指す。「人と地球にやさしいカフェ計画 from 大山」
DX化と人材育成を主軸にコロナ後の収益化を見据えた創作ずし事業計画魚料理に精通した私達がコロナに弱い居酒屋業態から比較的安定した寿司業態に事業転換を行い、コロナ後を見据えた収益構造の転換と従業員を安定的に雇用していける事業の柱を構築していきます。
ウイズコロナの時代にマッチする「おひとり様ビストロ」の新分野展開当社は、千葉 県安房鴨川 に郊外型の カフェ&ダイナーを経営しているが、新型コロナ感染症による外出自粛で 売上・利益ともに減少しているため、上野駅周辺で、オーガニック食材を使用し酵素栄養学にもとづいた料理を提供する「おひとり様ビストロ」を新規展開し、コロナ過に対応した経営を目指す。
セントラルキッチン開設と配達飲食サービス事業のブランド展開デリバリー事業として「葬儀仕出し事業」「高級弁当ブランド事業」「仕出し割烹 しげよしFC事業」を新たに展開し、開設したセントラルキッチンにて受注・製造・配達を行います。
ウィズコロナ時代に対応した立ち飲みハイテク酒場への新分野展開既存店舗は宴会や夜間の長時間滞在がメインの業態である為、新型コロナウィルスの壊滅的な打撃をまともに受けている。その為、思い切って早時間や短時間の滞在時間で収益を上げる新分野展開の店舗を立ち上げ、テイクアウトの活用も可能な業態に転換することにより、今後のコロナ禍にも対応し、社員・アルバイトの雇用確保と売り上げ確保及び増加を目指すのが目的である。
飲食コンサル事業から陶磁器販売事業への業種転換現在は、飲食事業者向けのコンサルティングサービスを提供しておりますが、新型コロナウィルスの影響を受け、売上が大幅に下がり、売上が不安定になった為、沖縄県に陶磁器の店舗を出店し、販売を行い売上のV字回復を図ります。
テイクアウト唐揚専門店への一部改装により収益の多角化を実現既存店の遊休スペースを改装し、テイクアウト唐揚げ専門店を開業。成長している中食市場や需要が急増しているデリバリー分野に進出します。「外食」「中食」による収益の多角化を実現し、事業再構築を実現します。
ハレの日・企業宴会需要の「海老バル」から 日常使い・持ち帰り可能の「焼き鳥屋」への転換による新規プランの開設「海老バル」から「焼き鳥屋」に転換して普段使いの食事需要を取り込むことで、東京駅の旅行・出張客の増減に左右されない顧客を取り込めるようにします。さらに、これまで培った八重洲エリアの顧客層を把握したメニュー開発力を活かし、炭火焼きを使った焼き鳥・野菜・うなぎ串を提供する、独自性ある業態を提案します。
セントラルキッチン機能を備えた、テイクアウト・ディバリー事業メインの天丼新事業展開天ぷら店を百貨店中心に5店舗展開しているが、新型コロナウイルス感染症拡大により売上が激減している。今後も店内飲食を求める顧客が戻ってくるか不透明であり、店内飲食に頼らない事業展開が課題となっている。培ってきた商品力を活かし、テイクアウト・デリバリー中止の事業展開に挑戦する。
巣ごもり需要で増える愛犬家向けのトリミングサロン・ペットホテルの展開地下鉄「入谷駅」近くの立地に、コロナ禍の巣ごもり需要で増えている「愛犬家」の方向けに、ワンちゃんのシャンプーやカット等のトリミングサービスとペットホテルサービスを提供する店舗を開業します。経験豊富なトリマーによる安心・安全のトリミング技術で、地域の愛犬家のニーズを取り込みます。
こだわりの本格冷凍ラーメンの製造・販売当社店舗内に冷凍庫と冷凍庫コントロールシステム「DENBA Fresh Pro」を新設して各種加工機や急速冷凍機等の必要な設備を導入。これら新設備を活用して品質を維持してこだわりの本格「冷凍ラーメン」を製造する。さらに、冷凍自動販売機、冷凍ストッカーやセルフレジを導入して「冷凍ラーメン」を24時間販売する仕組みを構築する。
クラフトチョコレート生産工房を併設した新業態カフェによる事業再構築コーヒー豆の焙煎で培った焙煎技術を活用し、高品質でオリジナリティの高いチョコレートを喫茶店内で製造し顧客に提供する。競合コーヒーチェーン店と対抗しコロナ禍で大きく落ち込んだ売上の回復を図る。
急速冷凍装置を導入した冷凍餃子の製造及びそれに伴う販売方法、販売ルートの多様化昭和30年から永年ご愛顧いただいている亀戸ぎょうざの味をそのままに、急速冷凍設備を導入して冷凍餃子を製造する。それにより、いままでできなかった地方配送や自動販売機などによる無人24時間販売等様々な販売形態を可能として、より多くのお客様に亀戸ぎょうざの味をお楽しみいただく。
国内食肉産業を応援!究極の豚肉を使ったトンカツと飯テロWebサイトコロナの影響で低迷する居酒屋を経営している弊社は、特殊な育成法で生産した国産豚肉使用のトンカツ・カツカレー専門店を展開する。同店を飯テロWebサイトにより宣伝し、国内食肉産業やその他関連産業と一緒にコロナ禍を乗り切る。
全国の名産品を高機能な自動販売機で24時間販売することによる非接触の実現既存事業(炉端焼き居酒屋)のお客様は田舎料理を思い出す炉端焼きの注文が増えている。田舎の味を醸し出す全国の地方商品を高機能な自動販売機で販売することで、経営者の全国商品の精通の強みを活かし、人手不足解消、コロナ対策としての対人接触機会減少を図ることができる。
飲食のライブ配信により料理教室事業へ展開現在の店舗を内装し、料理教室スペースを開設する。また、料理授業の動画撮影をし、ライブ配信をする。
アフターコロナを見据えマルチなサービスを提供する飲食店及びセントラルキッチン事業本事業では、新分野展開として新しく飲⾷店兼セントラルキッチンを営業し、イタリアンの商品を取り扱い、イートイン・テイクアウト・デリバリーの幅広い提供⽅法に対応する他、キッチン機能を活⽤し、飲⾷店向けtoB 事業としてOEM ⽣産を開始する。
中古厨房機器特化型のマッチングアプリ運営中古厨房機器特化型のマッチングアプリ運営を運営し、売り手と買い手が直接売買できる市場を作り、新規開業や廃業からの再起を支援する
ランチの廃止と高品質冷凍イタリアン惣菜のECサイト販売の開始営業時間制限と来店客減少による売り上げ減少を補いさらなる売り上げ増加を図るために、ランチタイムを廃止し、ミールキットに対応できる設備を導入し、ECサイト販売とデリバリーの強化を図ります。それにより新たな雇用が出来ます。
最新鋭の調理マシンを備えたセントラルキッチンで大量生産を実現 法人向けデリバリーへの新規参入で売上回復を図る本事業では、デリバリーとイートイン双方の機能を備えた新店舗を作り、渋谷周辺の貸スタジオなど法人向けにデリバリーサービスを提供する。
飲食事業でのノウハウを生かしてパンの製造・販売事業へ新展開当社の飲食事業の主力である居酒屋部門が新型コロナウイルスの影響により大打撃を受けたため、当社の強みである飲食事業の情報収集力ネットワークとフランチャイズ展開を活用し今後の新たな生活様式に対応した「他社では実現できない世界初の柔らかさを追求した食パンの製造小売販売」による事業の再構築事業を実行します。
MAKIROBI玄米コーヒーの製造及びMAKIROBIカフェ・ECサイト開設ケータリング事業を中心に企業や撮影等の大人数がシェアするマクロビオティック料理を提供してきたが、コロナ感染症により大人数での会食が厳しくなった。新規事業ではMAKIROBI玄米珈琲を製造しECサイトを通じて販売することにより持続可能な事業の発展に繋げる。また実店舗での商品PRにより既存事業の認知も高めることが可能になる。
日本のものづくり技術を活かす、MadeinJAPAN珈琲焙煎機の開発日本製珈琲焙煎機の開発・製造・販売を行います。焙煎機の販売にあたっては当社ならではサービスを付加して新事業分野に展開し、ポストコロナの時代に合わせた事業再構築に挑戦します。
凍眠技術を活用した高品質スープカレー・鴨料理の通販展開セントラルキッチンを作り、その施設でも冷凍冷蔵製造業、食肉販売業、総菜製造業の許可をとり、『京鴨の鍋セット』、『京鴨ローススライス』、『京鴨モモの一口サイズブツ切り』、『京鴨モツと野菜煮込み(冷凍)』などの京鴨通販メニューの品を揃えたいと思います。また、今の施設では出来ない、冷凍スープカレーのバリエーションを増やしたいと考えております。簡単に家庭で再現できる外食の味の通信販売。
北参道アジアンカフェ事業計画コロナウィルス感染拡大によってインバウンド需要が消滅し、当社の民泊事業は大ダメージを受けていることから、運営中のタイレストランの顧客基盤を活かした新規ビジネスである「アジアンカフェ」への変更を計画している。
自社初のコーヒー豆焙煎事業により仕入からコーヒー提供まで一貫体制の構築当社の広告事業はコロナで打撃を受けた一方、コーヒー店事業は人気を博しています。自社初のコーヒー豆焙煎事業を立ち上げ、仕入からコーヒー提供まで一貫体制を構築し、収益力向上により事業を強化します。
店舗改装・設備導入による東南アジア惣菜・食材への新分野展開東南アジア惣菜・食材の販売に新規参入するため、店舗を改装して陳列・販売スペースを増設する。同時にキッチンへの設備導入により調理能力を拡充し、食品衛生・生産性を向上させる。
フランス料理人が手がける創作パンの店舗外販売の開始現状の事業環境下では、フレンチレストランの売上高の著しい回復は厳しい状況にあることから、業態転換を図り、フランス料理人が手がける創作パンの店舗外販売を開始し、売上高の回復及び増加を図るべく事業再構築を行う。
スイーツ・調味料セントラルキッチン新設事業セントラルキッチンを新設し、スイーツなどの新事業デリバリー・テイクアウト・調味料など物販及び通販を行い、既存事業とターゲットが違う事業を行う。
ケトジェニック「スイーツ」の冷凍食品開発によるネット販売展開コロナ禍によりインバウンド需要が喪失。ケトジェニック「スイーツ」の冷凍食品を開発して、製造およびEC販売を開始する(新分野展開)ことにより、飲食事業による店舗売上に頼らない事業構造への転換を図る。
スンドゥブをメインとする韓国料理店出店事業計画当社は、新宿歌舞伎町と札幌で居酒屋を計2店舗経営しておりましたが、新規事業として、スンドゥブをメインとした韓国料理店を2022年中に原宿と池袋に2店舗開店、営業する新規事業に取り組みます。
東京銀座の地域文化をデジタル化しコンパクト体験による新たな観光事業化普段は一見さんお断りの閉ざされた銀座の料亭のお座敷で、四季折々の東京料理を楽しみながら銀座の地域文化、花柳界の文化をデジタル化し大画面映像も使ってコンパクトに文化体験する。また、外国人観光客には人気のカテゴリーである「四季折々の料理」「日本酒」「和室設え」「芸者のおどり(デジタル)」を体験し、短時間でコンパクトに銀座文化を楽しんで頂く和のエンターテイメント体験事業として成長を狙うビジネスです。
マッチングアプリ「コイサポ」の開発と運営従来、飲食店や恋愛の資格運営等の事業を行ってきたが、コロナの影響で収益が悪化。今回、新事業としてオンラインで効率よく出会えるアプリの開発に取り組む。飲食店のクーポン発行などにより既存事業とのシナジーも生む。
地域食材を活かした健康に優しい和風ベーグルサンドテイクアウトディナー・イートインの肉バル業態から、国産小麦から練り上げる手作りベーグルに、野菜や肉、果物等の和風食材や地域食材を盛り込む完全オリジナルの『ヘルシーベーグルサンド』をメインとするランチボックスをテイクアウト製造販売で事業を再構築します。
「旧き良き昔ながらの焼肉文化の継承」を独自オペレーションで行う新事業展開ホルモン焼きがリーズナブルに楽しめる大衆酒場などを3店舗経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。そこで「旧き良き昔ながらの焼肉文化の継承」をコンセプトにコロナ禍においても成長し続けられる事業の柱として、大衆焼肉店を展開する新規事業を構築する。
地域密着のうどん店がクレープ販売でポストコロナ・ウイズコロナの街を明るく元気に!日本一硬いうどん「吉田のうどん」が食べられるお店として地域に根付いている「うどん五葵」がクレープの移動販売事業に乗り出し、既存事業との相乗効果を取り込みつつ新市場への進出を企図するものである。
がっつり系蕎麦店の展開により地域にイノベーションを起こす取組緊急事態宣言の影響を受けて、ラーメン店では来店客数が減少しています。本事業で他社が展開していないがっつり系蕎麦店を展開して、売上回復と従業員の労働環境改善を行い、地域にイノベーションを起こします。
コロナ禍でも市場成長が見込める東京No1.高級焼肉事業への新分野展開コロナ禍でも市場成長が見込める「焼肉事業」へ進出します。焼肉事業への出店は弊社の創業当時よりの念願であり、渋谷駅徒歩1分の好立地ビル1棟を借り上げ、高級個室焼肉を提供し東京No.1の味、サービスの提供を目指します。
居酒屋ノウハウを活かし、惜しまれて閉店したラーメン店開業現在居酒屋を経営しておりますが、コロナ禍の中お酒を提供することが難しく、大人数での外食が出来ない為売上が低迷している。その為一人でも食べやすいため売上の回復が早めに見込めるラーメン店を開業。
英国風テイクアウェイ商品開発事業敷居が高いと思われがちの当施設において、気軽に立ち寄れる場所を作り出すために、当社の魅力の一つである「食」をテイクアウェイ商品を提供し、「パスポートのいらない英国」いまで言われる当施設の雰囲気の中で味わってもらうことで、新たな売上げの獲得と既存事業である宿泊事業へのきっかけづくりにも繋げる
学食運営ノウハウを体系化した「ベンチャー食堂」のライセンス展開当社は学生食堂の運営を主な事業として展開してきました。しかしながらコロナ禍の影響により著しい売上高の減少に至っています。そこでコロナ禍の影響が当分長く続くことを踏まえ、今まで築いてきた学食運営ノウハウを新しいサービスとして販売します。
SDGsの架け橋を絶やすな!コロナに負けない皆のコーヒー焙煎所コーヒー専門店として培った焙煎技術と確かな原料選びを武器にして、これまでその場で飲み物として提供していたコーヒーをご家庭でもおいしくいただけるようにしたコーヒー豆の製造小売事業への参入
居酒屋から宅配専門飲食店にフランチャイズ加盟して事業転換新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要を狙った居酒屋は回復の見通しが立たない中、とんかつを主に10ブランドの商品を提供する新業態の宅配専門飲食店にフランチャイズ加盟して事業転換に取り組む。
シカゴピザでTOKYOを元気に!映える冷凍ピザのEC通販事業当店の人気メニュー「竹炭を練りこんだシカゴピザ」のチーズタップリ「映えるピザ」を日本中の人に食べてもらうために急速冷凍の工場を新設してチャレンジ!
一坪厚揚げ専門店FC展開のためのセントラルキッチン化事業コロナ禍におけるテイクアウト需要を取り込み、「板橋区コミュニティ」との強い結びつきと味の素フィールド西が丘サッカー場から徒歩3分という好立地、代表のメニュー開発能力・上質な肉の仕入れルートを活かし、新規ビジネスモデルである一坪厚揚げ専門店FC展開を実施し、そのために事業再構築補助金の補助事業としてセントラルキッチン化を実施します。
DXでV字回復を狙う。フレンチ専門テイクアウト店の挑戦!当社は、JR蒲田駅から徒歩5分程の場所で、イタリアンレストラン「アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ」を経営している。未だ続くコロナ禍の影響により利用客や売上高が大幅に減少。苦境が続く中、本計画により新業態へ挑戦し、現状を打開したい。なお当事業見直しにて生じる費用は自己資金で賄える見込みであるが、当事業については川崎信用金庫久が原支店(担当:平林大治様)にも賛同いただいている。
トータルサポート型インドアゴルフレンジの運営都心部のビジネスパーソンに新たな価値を提供するインドアゴルフレンジの運営。ゴルフライフにおける、技術向上、コミュニティづくり、ラウンド体験をトータルでサポートしユーザーのQOL向上に寄与する
アイスクリーム屋が始める本格韓国料理&テイクアウト事業既存事業である「マンハッタンロールアイスクリーム」販売から、本格的な韓国料理店に事業転換を行う。
本場韓国のヤンニョムと高麗人参を使用した新商品開発と販路開拓韓国出身の経営者が地元韓国から仕入れたヤンニョムと高麗人参を使用してそれぞれヤンニョムチキンと高麗人参入りのスムージーを開発し、新たに作る飲食店2店舗(バーとカフェ)にて販路開拓を行う。
プロモーション特化型、POP UPスペースの事業化競合店にはない、自社営業が得意とするPOP UPの誘致での収入とそれに伴う飲食の売上、非接触ツールを利用した飲食だけでないお酒(テイクアウト商品、自社オリジナル商品)の販売をし、アフターコロナ時代でも直接的、間接的どちらにも対応できる店舗への事業計画
仕上げのみでオリジナルスイーツを!高級タルトの半製品をBtoB等で販売フランス菓子の製造技術を活かし、仕上げのみで完成する半製品「タルト・シシリー」のBtoB事業を実施する。量産体制で製菓業務に専念し、百貨店やレストランなどの多くの顧客に高品質な菓子を届け、収益を安定させる。
種々アレルギー罹患者向け加工食品製造業参入による雇用維持事業苦戦する居酒屋事業を基幹店1店舗に集約し、新たに「種々アレルギー対応食料品製造業」に参入することで、激減した売上補完と雇用維持を実現する。事前調査で実現性を確認した顧客層をターゲットとし、事業存続と成長を目指す。
ハラル食品に特化した商品の製造販売と市場開拓ハラル認証取得店として認知度の高い既存店舗のブランド力を活かした冷凍やレトルトの和牛加工品の製造。冷凍自動販売機を設置する拠点を設け小売販売を行うと同時に、全国のハラル食品小売店への卸販売も行う。
時短料理、食品ロス減少に役立つ健康的な乾燥食品の製造EC販売コロナ禍の内食化で乾燥食品の需要は高いが、従来の乾燥技術は品質と利便性に課題がある。中赤外線の食品乾燥技術により、健康で時短料理・食品ロス減少に役立つ乾燥食品を福岡県久留米市で製造し、地域活性化に貢献する。
創業100年の伝統を持つ江戸前寿司店が運営。クラウドキッチンによるデリバリー・小型テイクアウト店舗事業現在の主たる業種である「飲食業」という現状は変更することなく、従来型寿司店・宴会/インバウンド需要を柱としていたスタイルから、①老朽化した本店を閉鎖し、セントラルキッチン機能を持たせた、クラウドキッチンに改装。デリバリーにて、寿司の他、新規事業として金沢カレーを販売 ②駅前小スペースの小規模店舗を通した寿司・刺身・寿司屋のサンドイッチ等のテイクアウト販売を実施
歌舞伎町の母の味。元No.1ママが子育て世代を応援するおにぎり屋さんに転身オンラインを活用したデリバリーとテイクアウトの手握りおにぎり屋を展開。既存事業で培った人脈により開始時からリピーターが見込める。弊所のV字回復と同時に、子ども食堂等の併設で地域の子育て世代を応援する。
自宅で特別なひと時を過ごせる出張料理事業と本格スイーツを自宅で楽しめるEC通販事業コロナ禍において店舗型飲食事業は固定費の負担が大きいことが浮き彫りになった。店舗を撤廃し、出張料理とEC通販という業態に転換することによって新しい生活様式のニーズに対応、利益率の改善の効果もあり、アフターコロナも見据えたV字回復を図る事業に取り組む。
アートバー併設の飲食店事業への新分野展開本事業では、既存の飲食店舗を改装して、アートバー併設の飲食店への新分野展開を図る。アーティスト人材・インフルエンサーと連携し、アートの街である六本木の感度の高い顧客が満足できるイベント・食事・空間の提供を行う。
「移動」「非接触」機能を有した新たな外食サービスへの挑戦当社がこれまで展開してきた都心繁華街を拠点とした店舗型飲食店運営から、今後も続いていくであろうコロナ禍に対応した、郊外エリアにおける高齢者を対象としたデリバリーや車利用者を対象としたドライブスルー機能を有した新たな飲食店を展開する。
ヴィーガン分野での冷凍インド料理で新たな通販サイトの事業化本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」に該当する飲食店事業を変更することなく、オンライン通信販売事業を開始することにより、今後成長が見込まれる冷凍ヴィーガンインド料理という新市場に進出する。
矢野口駅前で展開するコワーキングスペース兼カフェ事業への転換JR南武線矢野口駅前において、テレワーク層やスポーツマン層を新たなターゲットとしてコワーキングオフィス兼カフェを設置して、稲城市矢野口駅周辺地地域の活性化を図る。
ビール製造設備導入による、戦略商品開発と販売先開拓・拡大ビール製造タンクを湯河原の製造工場に新設し、当社が製造した缶ビールを湯河原の居酒屋、旅館等、ECでの販売を実施し、当社の安定的な収益基盤を築き、併せて湯河原の観光業の振興に貢献します。
Withコロナに向けたパスタ店への事業転換周囲に競合他社が多く、飽和気味のラーメン市場から、Withコロナを意識したデリバリー・テイクアウト中心のパスタ店を開業する。
「もんじゃ焼きキット」の開発、EC販売への業態転換コロナ感染症の影響で店舗での売上が大きく減少しており今後の回復も見込めない状況です。そこで新事業では、通販用商品の製造場所を構築し新商品「もんじゃ焼きキット」を開発、EC販売への業態転換に挑戦します。
この味を全国へ。鶏料理の名門が最新技術で冷食製造・卸に挑戦当社自慢の鶏料理を、冷凍食品で提供します。「味」「香り」「食感」を最先端の冷凍技術で封じ込め、誰でも簡単に調理できる冷食形式でテイクアウト販売や新宿区内の飲食店に提供を行います。
デパート内老舗洋食店によるセントラルキッチン新設による効率化と、住宅街ファミリー層への展開既存事業としてデパート内で洋食をビジネスマンや外国人を中心に提供している。新事業で、セントラルキッチンによる、事業効率化と、近隣ファミリー層へのテイクアウト販売、ECサイト市場でソース等の販売一括で行う。
ハンバーガー店から安心・安全の自家製麺を売りにしたラーメン店への事業転換安心・安全を売りにしたラーメン店への新規出店
・麺へのこだわり→安心安全の自家製麺を製造する。
・スープへのこだわり→有名ラーメン店八咫烏のスープを独占契約
→アルコールに頼らないwithコロナ、アフターコロナに適した事業に転換する。
フレンチダイニングバーからお酒に頼らない鶏だしおでん店への事業転換■フレンチダイニングバーからアルコールに頼らないおでん店への事業転換
コロナ禍においてアルコールの需要は下がっている。
アルコールの提供を収益の柱として見込んでいたため、事業再構築の必要性に迫られている。
コロナ禍においても収益性が高いおでん店への新規参入を決意した。
飲食店併設シミュレーションゴルフ店レッスンプロ資格と地元経営者の人脈を持つ代表(辻村)の強みを生かし、現在営んでいるイタリアンレストランの一部を改装し、シミュレーションゴルフ店を開業します。
レストラン業態の多店舗展開から焼肉店・和食店への新分野展開コロナ禍で大打撃を受けた洋食業態主体の事業展開から、本事業ではコロナ禍・アフターコロナに強い業態である焼肉店と和食店への新業態の展開を行い新規の需要、新規の顧客を獲得する。立地は当社トップブランド店舗の近くに立地しており相互集客も見込める為、総合的なV字回復を目指す。
セントラルキッチン導入で総菜のテイクアウト、宅配、通販へ業態転換当社は飲食店を経営しているが、コロナによる外出制限で売上が激減した。そこでセントラルキッチン導入でテイクアウト、宅配、通販の開始、及び提供料理の均質化を図り、販売チャネルを拡大し売上向上を図る。
Withコロナ環境下でのBAMF成長戦略~赤坂に灯りを取り戻せ~既存事業である和食割烹「割烹TAJIMA」に続いて、新たな取組として赤坂にイタリアンレストランを新分野展開として新規開店する。新型コロナ禍で大きな打撃を受けた自社経営の安定化を図ると共に、自粛・休業要請で灯りが消えてしまった赤坂の街に活気を取り戻すべく挑戦する。
炭火で焼くこだわりの焼き魚をメインとしたテイクアウト販売開始神楽坂で18年目となる干物居酒屋。コロナ禍の営業自粛に伴う売り上げ減少に対して、炭火焼きの技術を家庭でも提供できるようにテイクアウトを実施する。
外国人向け和食オンライン料理教室を展開することによる既存事業から新分野への展開既存事業の強みである寿司の提供と接客を生かし、市場が拡大し、ニーズが高まっている外国人向けのオンライン和食料理教室を提供することで、新事業を展開します。
「高級志向のグルテンフリー串焼き専門店」への新分野展開本事業は大衆向け低価格居酒屋を営む当社が飲食業の業態開発経験と創意工夫の強みを生かし、小麦アレルギーや糖質が気になり外食を楽しめなかった層に高級志向のグルテンフリー串焼き専門店を展開するものである。
飲食店の新しい多面体スタイル構築ビジネス会食を主体とする飲食店であるが、コロナ禍で営業自粛が続き売上げが激減した。千代田区という立地の特性を生かし、店内飲食も維持しつつ、キッチン付レンタルスペースという新たな取り組みにより売上増加を目指す。趣のある古民家風建物を生かし、小規模のビジネスミーティングや各種商談等、店内飲食以外での活用方法を再構築、WEB環境を充実させ社会のリモート化にも対応する新しい店舗の利用方法を提案する。
こだわりの自家製発酵食品を提供する都心のラグジュアリー旅館の運営食を通してみんなが健康にという理念のもと、自家製の発酵調味料、無農薬食材を提供する和食レストランを経営している弊社が、店舗空スペースを活用し健康とくつろぎを提供するラグジュアリー旅館の運営事業に進出する。
籠リニューアルオープンに伴うDX計画新型コロナウイルス感染症蔓延による長期休業からの業態変更リニューアルにあたり予約・決済・CRM・MA機能搭載ホームページを開設。RPA・MAにより省人化を実現。損益分岐点改善、業務・集客効率の最大化を目指し、売上利益の拡大を実現する。
大衆ワインバーから高付加価値炭火焼レストランへの事業転換今までの低価格高回転で売り上げを上げていたワインバーから、ソーシャルディスタンスを踏まえたゆったりとした席配置にして付加価値の高い炭火焼レストランに転換し、来店客数が減っても客単価を上げて売り上げを確保するレストランへの事業転換。
コロナに特化した飲食店「台湾まぜそば」への参入入店してすぐに料理が提供され、手軽に食べれてさっと店内から出られるような、店内滞在時間の少ない台湾まぜそばの店を出店する。コロナ禍以降顕となった既存事業の脆弱性を補完する性質を持つ新店舗を出店することで、相補的な2店舗の経営による安定性の高い持続的な成長が見込める事業モデルへと体質改善していく。
ガッツリ食べたい男性向けオムライス専門のテイクアウト・デリバリー販売への新分野展開オムライス専門店を直営 4 店舗 FC で 2 店舗、加えてタイ料理店を 1 店舗経営する当社は、新 型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている。これまで提供していたオムライス業態のノウハウを 活かしたテイクアウト・デリバリー事業を新たに展開し、コロナ禍でも継続的に成長すべく新規事業 に取り組む。
テイさんの健康羽釜新型コロナの影響で開店休業状態の来店型ワタリガニ専門店であるケジャンオールスターズ店を改修及び通信販売用のメニューを新しく開発し、通信販売・テイクアウト店へ事業転換する。
フランス大衆食堂“ブイヨン”にヒントを得た販路開拓によるV字回復当社は創業以来フレンチレストランを営んできたが、新型コロナウィルスの影響で外食産業は不安定な経営環境が続いている。一方でニーズが拡大している中食需要を取り込むべく、フランス大衆料理を参考とした惣菜のテイクアウト・デリバリー・通販事業および食堂事業に着手しV字回復を企図する。
場所を選ばず楽しめる本格ピッツァのテイクアウト・通販事業既存の店内飲食需要減をカバーする為、新たに焼き立てピッツァのテイクアウト・冷凍ピッツァの通販事業を展開し販路を開拓、拡大する事で、収益の柱を作る。その為に必要な新規設備導入、HP改修、看板製作をする。
障害者雇用顧問サービス事業コロナ以前、障害者に職場体験の機会を提供してきた。顧客には人事担当者がおり、企業の障害者雇用の悩みを把握する機会と環境がある。双方の課題解決に訴求できる人材を登用しコロナの影響を受けにくい障害者雇用顧問という新たな市場を拡大する事業。
飲食店(もんじゃ屋)事業からコロナ対応型多目的レンタルスペース事業への業種転換本店の2階でもんじゃ店の飲食スペースとして活用していた空きスペースがある。この余剰資源を地元で数十年にわたり関係性のある近隣の店舗と協力し月島エリアの食を楽しめるレンタルスペースとして場を提供する。
主力食材の24時間営業 非接触型「無人冷凍惣菜」直販事業化飲食単一事業からの脱却を図り、新しいビジネスモデルを再構築、主力の餃子と熟成ホルモンの開発。コロナ禍における新時代の顧客ニーズに沿った新しい業態、非接触型の24時間営業「無人冷蔵冷凍餃子と熟成ホルモン専門店」直販売事業を展開し、新しい顧客創造を生む。
「見た目で選ぶ自然派ワインサイト」で自然派ワインのEC販売に挑戦コロナ感染症の影響で酒類提供の飲食店は大打撃を受けました。新事業では自然派ワインの仕入力とソムリエの提案力を活かし、自然派ワインのEC販売に挑戦します。SNSのような見た目でワイン選びが楽しくなるECサイトで差別化を図り、店舗客以外の新規顧客を開拓します。
飲食からシミュレーションゴルフとスマートフォンショップへ新分野展開コロナで緊急事態宣言等の影響を受けた居酒屋と競争が激化した唐揚げ店の飲食事業から、フランチャイズの運営ノウハウと接客力を活かし、シミュレーションゴルフとスマートフォンショップへの新分野展開に取り組む。
新分野展開ジェラテリア事業計画高まる健康志向と巣ごもり需要にマッチした、地域密着型のプレミアムジェラート専門店を開業する。自宅で家族と楽しんでいただく、または贈答用として利用していただくことを前提に、カップに充填された商品のみを販売する。衛生管理とオペレーションの単純化を優先し、その場で盛り付けせず、イートインスペースは設けない。
”まるごと一羽のフライドチキン”を”幸せ”と一緒にテイクアウトでどうぞ!テイクアウト・デリバリー専用の鶏一羽を丸ごと唐揚げにするJ-CHIKENを、東京上野に新規開業し事業再構築を行います。
インターネット決済を活用した非対面対応型中華料理無人店舗販売事業「秦唐記 ビャンビャン麺」のブランド力を活かし、FC加盟店が全国に無人販売店を設置することで、店内飲食だけに頼らない新たな販売チャネルになると考えています。
セントラルキッチン・来店型店舗新設により事業規模倍増計画キッチンカーでの調理・製造では製造量が限られ引き合いに対応できない状況であったが、セントラルキッチン兼来店型店舗の新設を行い製造量を増やし販売機会損失を減らし新たな来店客も取り込む事により事業の拡大を図る。
アウトドア事業へ参入 店舗とエアストリーム拠点移動グランピングショップを展開自社商材×地元ガレージブランド+自身の行動力を活かした販売スタイルを基に、独自性あふれる自社ショップブランド確立を目指す。これまで飲食事業やイベントで培った経験値、実績、人脈をフル活用し、県内外のアウトドア愛好家及び地元民に愛される事業を展開していきたい。
真空パック調理法による小規模飲食店向け食品卸販売とコンサルタント営業現在の事業であるレストラン事業に加えて、真空パック調理法による小規模飲食店向けへの食品卸販売を行うとともに、代表の調理技術とキャリアを活かした同業飲食店向け料理教室・コンサルタント営業を行う。
ソムリエが手掛けるシャンパンに合う寿司店への事業転換ミシュランに何度も掲載されている寿司店の「鮨一」でソムリエを務め、既存事業でシャンパンを 中心に扱っている経験を活かして新たに寿司店を開業します。コロナ禍でも安定した売上を確保できるようにテイクアウト・デリバリーに力を入れ、開放的で感染リスクの低い店舗を目指します。
店内飲食店からオンラインサービス業への業態転換事業コロナ禍により、店内売上が大きく減少(2021年4月の売上は2019年4月比較して40.8%減少)していることが大きな課題です。解決策としてサービスの提供方法を変更する。店舗での営業を縮小(既存の店舗を縮小後に移転)。オンラインサービスを新たに開始するために、オンライン用のキッチンスタジオを設置・非対面型業態となる新分野を展開し、減少した売上高・利益を取り戻し、コロナ以前よりも強い体質となる。
小規模農業者のオーガニック農産物を活かしたジェラート製造所開設とECサイト運営を行う新分野展開小規模農業者が生産するオーガニック農産物を使用したジェラートの製造から管理・ECサイトでの販売までを行い、農業者が生産に注力できる環境を作り、農業者の収入の向上・安定を図る事業を行う。
中華料理店へ事業転換および冷凍加工食品製造のためのセントラルキッチン設置事業テイクアウト・デリバリーを強化し、加工食品を製造販売する中華料理店に事業転換して新たな周収益の柱と雇用を生み出します。
オンデマンド出版を基軸にしたコンテンツ発信イーディの経営者は小説家の中島桃果子(本名:杉田昭子)。作家としての執筆活動とこれまでの演劇活動で得た人脈を生かして、飲食業から新分野「オンデマンド出版を基軸にしたコンテンツ発信」事業への進出を図る。
ソムリエプロデュース!クラフトビール×キャンプで新分野展開日本ソムリエ協会認定ソムリエがクラフトビールの持ち帰りを中心にタップルームをプロデュース。様々なキャンプスタイルに合わせた多種多様なビール×キャンプを顧客ごとに提案します。
仕入れルートを活かした鉄板焼き店で事業存続と水産業発展を図るコロナ禍で既存の寿司店は大きな影響を受けた。大きな社会変化でも仕入力を活かして利益確保できる鉄板焼き店で事業存続基盤を確立する。併せて魚介類消費量減少を食い止めるために手軽で美味しい調理法紹介も行う。
老舗料亭が作る至福のハヤシライスのネット販売で売上基盤の構築老舗料亭が造る「至福のハヤシライス」を家庭にお届けします。商品製造は委託先工場へレシピ提供し、淡路産の玉ねぎ、淡路ビーフを使用した最高級ハヤシライスを提供します。販売方法は、ECサイト、催事等を通じて新規顧客の獲得とコロナで低迷した売上の向上を行う。
新分野展開 アイブロウサロン当社は飲食店を2店舗経営してきましたが、コロナの影響により売り上げが約56%激減し、飲食店だけでは利益を上げるのは難しいと判断いたしました。そこで、コロナ禍におけるマスク生活の影響で、アイメイクの需要が高まり、その中で注目されていなかったアイブロウ(眉毛)への意識が高まっている事を受け、この度アイブロウサロンを開業する事となりました。既存事業のお客様も共有する事ができ、相乗効果も期待できます。
無添加で保存料なしの惣菜 テイクアウト・サブスクリプションサービスの新規展開既存の店舗飲食事業の今後の市場成長性はコロナにより低迷が見込まれるため、成長市場分野への進出で収益の柱を構築します。当社強みの開発力を活かして、無添加保存料なしの総菜テイクアウト及びサブスクリプションサービス提供に取り組むことで、収益ポートフォリオを増やし、リスク低減により、経営を安定化させていきます。
オープンスペースを活用した次世代キッチンスタジオ計画倉庫として使っている店舗の2Fをリノベーション、動画撮影等もできるキッチン付きのオープンスペースとする。活用用途は、①レンタルキッチンスタジオとしての場所貸し、②様々な料理ワークショップ(料理体験)を行う。
郷土料理の居酒屋から新大久保ベースの焼肉・韓国料理を提供します居酒屋のフランチャイズに特化して36年間、事業を展開してきました。現在コロナの影響で居酒屋業界は大打撃を受けています。今までの居酒屋での経験を強みとして、比較的にコロナに強いと言われている焼肉店に事業進出していきます。
ウイスキーの量り売りでオシャレな家飲み新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言等でバーの営業ができなくなった。そのため、お酒に詳しい強みを活かして家飲みの時流に乗り、テイクアウト中心のウイスキーの量り売り専門店を新たにオープンさせる。
飲食店からレンタルスペース事業への業態転換飲食店を経営してきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売上が大幅に低下した。雇用主として従業員の生活を守るべく、売上向上の戦略を考案した。飲食店事業の強みを活かし、レンタルスペースの開業への業態転換を行う。
意匠権を持つ手巻き寿司の提供等メニューの一新による事業再構築これまで深夜営業・アルコール提供を軸として運営していたそば居酒屋の店舗を、昼食から夕食を軸とした食事中心店舗に転換するため、提供メニューの一新及び厨房設備の変更・店内改装による事業再構築に取組みます。
既存事業を活かした「リアル×IT」企業への業種転換補助事業リアルを中心に展開してきた事業を見直し、過去に蓄積してきたノウハウやスキルを活用することでインターネット分野への進出を図り、アフターコロナの世界を見据えた非労働集約・非フロー型収益構造への業種転換を行う。
キッチンカーと瞬間冷蔵庫の導入による通信販売市場への参入新型コロナウイルスの影響を受けて、当社の主要事業である飲食事業の売上高が大幅に減少し、当社全体の売上高に大きな影響を与えた。よって、当社では新型コロナウイルスからのV字回復を狙い、近年市場が拡大している食品EC市場及び移動販売市場へ参入するため、本事業を通して新しくキッチンカー・瞬間冷凍機の導入を実施する。
家飲み需要に合わせたワイン販売店の実店舗およびオンラインショップでの新規販路開拓新型コロナウイルスの感染拡大により増加した家飲み需要に応えるため、既存の飲食店の隣に大谷石を使った特注セラーを備え付けたワインショップを開業し、実店舗とECサイトを通じてこだわりのワインを販売する
テイクアウトに特化した新業態の開発及び店舗展開外食需要の減少、テイクアウト需要の高まり等の外部環境の変化に対応し、レストランの味を自宅でも味わえるよう、テイクアウトに特化したメニュー、容器、予約システムなど、新業態を開発し、店舗展開をする。
屋形船フォトスタジオ&イベントスペースレンタル事業計画書屋形船を活用した撮影用のレンタルスペース、またイベント会場としてとしてのスペースレンタル事業への転換を試みる。 コロナ過においては関東圏や東京への旅行者を中心に、コロナ明け海外旅行者が戻ってきた際に既存事業と並ぶ柱として、今回の申請を行う。
基幹システムのワンストップオペレーション構築現在の飲食業運営に限定されたシステムおよび設備を撤去し、テイクアウトやデリバリーに特化した設備を導入する。お客様はオーダーから決済まで容易に完結し、商品の提供までタイムリーにサービスを受けることができる
コロナ禍での健康促進!高たんぱく×パーソナルトレーニングジムコロナ禍で健康を意識されている方向けに健康をテーマにしたパーソナルトレーニングを新設します。お客さまには既存事業で提供しているタンパク質豊富かつヘルシーなお弁当を提供することで体の内側から健康になる人を増やします。
病院内でのテイクアウト業態開店と既存店舗のセントラルキッチン化大学病院正面玄関の建屋において、医師や看護師等病院職員、患者家族などに栄養バランスに優れ、かつすばやく提供できる軽食を提供する。
セントラルキッチンに機能強化によるゴーストレストラン事業。新鮮野菜、生鮮食品のお惣菜、お弁当を生産し、ゴーストレストランに向けた飲食宅配事業の展開およびフランチャイズ事業の食品加工に向けた調理機器の増設。
当社のネームバリュー等を活用したスープカレー店フランチャイズ本部の立ち上げ当社が既存店舗運営で活用しているサプライチェーンやデジタルシステムを強化して、収益性の高いスープカレーフランチャイズ店舗を容易に開店することができる体制を構築し、各フランチャイズ加盟店の統括を実施する。
コロナ禍での飲食経営効率化に伴うEC・物販のパティスリー参入新型コロナウィルスの影響で外食での売上確保が困難となり、物販・EC販売中心のパティスリー参入。飲食と物販の運営を共にすることで、人件費の効率化・フードロスの削減・EC販売による市場拡大を目指しシナジー効果を期待する取り組み
ドライヘッドスパ店『雲の上 The Imperial Court』の事業計画~雲の上にいるかのような夢心地をあなたに~新型コロナウイルスの影響を受け、お家時間が増える中、自身の身体のケアを考える人が増えた。そのような状況の中、ヘッドスパ店を開店する。ヘッドスパだけでなく、アロママッサージ等も取り入れることで、複合的なリラクゼーション店を目指す。
割烹料理専門店の新規展開による事業再構築計画新宿の地で培ってきた営業ノウハウを活かし、さらなる付加価値を高めた「くずし割烹」という新分野を展開する。
million Food Factorymillion Food Factoryでは、当社のこれまでの飲食店経営・支援の実績と飲食店のニーズを踏まえ、全国の飲食店向けに食材を小ロットで製造するセントラルキッチン事業を行います。テイクアウトやデリバリー体制を構築したい企業の商品製造ニーズについて、小ロットでの請負を可能とし、全国の中小飲食店から受託できる体制を整えます。
今までにない日本茶製品の開発・ECを中心とした販売事業「とんちでお茶を面白く」のコンセプトの下、今までにない新しいコンセプトの日本茶製品を開発し、ECサイトを中心に販売する。
商店街の好立地のにラーメン店を開業、新分野展開で売上拡大商店街の好立地のにラーメン店を開業、新分野展開で売上拡大。ラーメン屋さんを通してコロナ渦の商店街を活気あふれる街にします。
非対面式 ペットのためのセルフ写真館 店舗展開当社の最大の強みである
・飲食店と花屋の別業態を運営していることによる相互作用を発揮できる。
・ペット入店可の店舗を運営していることによりそこからお客様を誘導することができることと、
・コロナ渦での非対面ニーズの増加という機会
を活かして「非対面式ペットのためのセルフ写真館」を運営します
Webライブ配信による老舗鰻料理店と“うなシャン”のシナジー強化老舗鰻屋の傍ら20年来歌謡・伝統芸能ライブを開催してきたノウハウを活かし、自宅でも会場さながらの音響映像で楽しめるWebライブ配信事業に挑戦する。質の高い配信で既存顧客を維持しつつ、新規顧客と市場を拡大し、老舗鰻屋とライブハウスのシナジー効果を強化する。
たか濱(居酒屋)運営経験からの焼肉店開業の計画仕入れに強みのある太田牛を使用し、『太田牛+a』でお客様に満足いただける焼肉店を経営する。
ベトナム料理店の食材小売・料理教室併設による新分野展開ベトナム料理店、ベトナム食材小売店、ベトナム料理教室という3つの機能を一元化しつつ、相互のシナジー効果を得て、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するための思い切った新分野展開
「グリーンスポーツみなまた」再生事業-地域資源の活用と創造水俣市の保有する老朽化した建造施設等を再生し、飲食店経営にて培ったノウハウをベースにしてキャンプ・グランピング事業を展開。官民連携にて事業をデザインし、運営することで地域資源の利活用を図る。
冷凍ラーメンキットの製造と自動販売機での販路開拓事業当店のラーメンを冷凍のラーメンキットとして製造販売し新たな市場を開拓します。販売方法は自社で自動販売機を設置して販売する方法と自動販売機で販売を代行する会社と提携して卸す方法で、いずれも24時間365日の無人販売を行います。
リサイクル食品容器製造へ転換、食品卸事業者と連携し多くの小規模飲食店が抱える食品容器課題と地球環境課題に貢献!ウイズコロナの時代において需要の高まる、中食、テイクアウト対応の食品容器の製造。消費者が自宅で電子レンジの加熱にも対応可能な耐熱・耐油の優れた商品の開発展開をする。
地元密着のイタリアンによるワインショップ・食材自動販売機開業当方はイタリア料理店を本駒込と巣鴨にて二店舗経営しています。本補助事業では新たにワインショップ開業と北海道食材を販売する食材自動販売機を設置し、新規顧客の獲得とテイクアウト品目拡充による事業再構築を企図しています。
IT、IoTを取り入れ居酒屋(軽飲食)から焼肉店(重飲食)への再起をかけた戦い既存路面店を活かした、居酒屋店から焼肉店へ事業転換。換気にもこだわるOpen frontageな店内で明るく開放的な店づくり。IT、IoTを駆使して年齢層を問わない地域密着型の店舗作りで収益拡大を目指す!
凍眠によるレトルトカレー製造、セントラルキッチン開設及びEC販売参入アルコールを用いた急速凍結機「凍眠」を導入し、おいしさ・衛生的に優れた冷凍レトルトカレー(新商品)の提供を開始する。また、セントラルキッチンを開設し、新たに取り組むEC販売による商圏の拡大に向け、新商品の生産能力を確保する。
バーのノウハウと菓子研究家のスキルを活かしたカフェ事業への転換既存事業のバーが休業に追い込まれる中、菓子研究家の母が作る菓子をネット販売したところ好評を得た。そこで、母娘それぞれの強みを融合して地元にカフェをオープンすることで、バーからの事業転換を図る。
アフターコロナも見据えた室内ゴルフ事業への新規参入新型コロナウイルスの感染拡大の影響により事業運営が厳しくなった飲食業から、感染リスクの小さい娯楽として需要増が期待できる室内ゴルフ事業に業種転換する。低価格、高品質および低コスト化により安定的かつ継続的な収益獲得を図る。
東京野菜・窯焼きピッツアを売りにしたNature/Pizza TOSCANAの出店新業態としてテイクアウトをメインとしたピッツェリアの出店を行う。本格的な石窯で作るピザを主軸としつつも、東京野菜のサラダや自家製のサルメリア(お肉の前菜)など、既存のイタリアンレストラン事業で培った商品力を生かした店舗とする。
コロナ長期化と地域需要増加を捉えたオープン空間の飲食店展開による業態転換現在都内を中心にイタリアンレストランを展開しているが、全席数の7割超をテラス席が占めるオープンな空間およびメキシコ料理を主体としたバル方式での提供を特徴としたレストランにすることで三密を考慮した新たな業態でのレストランを開業する。
イタリア・文京区・未来を紡ぐピッツェリアによる新分野展開既存店では高価格帯にてイタリア料理のコースを提供している。コロナ禍により外食機会が減り顧客獲得に苦慮している。そこで本格的なピッツァ等を手頃な価格で提供する店舗を出店しお客様との接点を増やす。相互に顧客を誘導、仕入れ一元化による原価低減にて事業継続性を確保する。
台湾ミシュラン一つ星獲得レストランによる台湾食パン製造販売事業への進出台湾ミシュランにて一つ星を獲得したレストランオーナーが起業し、台湾で人気を博している台湾食パンの製造販売事業(テイクアウト)への新分野展開
新規顧客の獲得に向けたテイクアウト・デリバリー事業による新分野展開コロナウイルス感染症の影響を受け、当社のレストラン事業は大きく売上を減少。そこで、新たに「テイクアウト専門」という新業態へ転換し、「非接触注文/決済システム」開発を通じて、コロナ対策に特化した新店舗をオープンする。
YouTubeを活用した通販事業お散歩ショッピング漫画「孤独のグルメ」の作者・久住昌之さんが全国各地を歩き、その地域の食事・文化・歴史をYouTubeで紹介する動画を制作。出会った食材や商品は通販サイトで販売し、また神楽坂にある実店舗(既存店舗から新店舗に移転します)でもお客さまにお召し上がりいただく企画になります。
ラーメン店主のゲストハウスを起点とした、地元阿蘇の町おこし町田のラーメン店主が故郷の熊本県阿蘇町に帰り、使用されていない漬物工場(熊本地震で被災)をゲストハウスに改築し、若者、スポーツ愛好家などをターゲットに、宿泊施設を起点として、町の復興に貢献する。
フランス料理店が目指す持続可能なワインによるビジネスモデルフレンチレストランのソムリエオーナーが目指す『フランス料理の提供×ワインのテイクアウト』事業の実現。強みである、『飲み頃のワイン』を店舗で提供しつつ、アフターコロナを見据えたワインのテイクアウトを法律をクリアにして実現。
日本人に寄り添った味と現地の空気感を楽しめるアジア食堂の展開首都圏を中心にラーメン店を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。そこで、国産生米麺を使用したフォー専門店を展開し、新たな食ブランドの確立とSDGsへの貢献を果たすことで新しい事業の柱を構築することを目的とする。
環境負荷軽減をテーマとしたプラスチックリサイクルのための再生材料加工製造現状の飲食サービス業がコロナ禍で打撃を受けたことにより「業種転換」を実施。転換後は、環境負荷軽減をテーマにプラスチックリサイクル(マテリアルリサイクル)のための再生材料の加工製造・サービスを提供する。
ウィズコロナ時代にも集客が見込める新業態「焼肉店」の新規展開コロナ禍で居酒屋業態の売上が大幅減。ウィズコロナでも相対的に安定集客が見込める焼肉業態に地元荻窪で新分野展開。店内を高級と家族向け2エリアに分け、強制換気システム付グリル及び配膳ロボット、非接触型レジ導入により感染対策を徹底し、既存メルマガ会員3万人への周知で集客を図る。
地方初の薪窯焼パンのテイクアウトを併設する本格フレンチレストランを東京から移転開業東京のレストランから代表の地元である山形県鶴岡市に移転し地域初の薪窯焼パンの製造販売と、地元食材をふんだんに使い「食の原点回帰」「生産者とつながりのある地産地消」をテーマに地方創生を目標にしたレストランを開業して事業の再構築を図る
スペシャリティコーヒー焙煎製造事業の立上げによる既存事業とのシナジー事業コロナ影響により既存事業の回復に時間がかかっている。他方これまで築き上げてきた顧客資産を保有。そこで既存の販路に対し既存事業との親和性も高い自家焙煎珈琲をを提供するための珈琲焙煎所を京都に立上げ新たな収益の柱とする。併せて京都に根ざした地域密着型の展開も図る。
独自食材調達ルート/高い商品力を活かしたEC展開飲食店事業で培った独自の食材調達ルートと高い商品力を活かし、自社ECサイトを開設する。SNS映えを意識した新商品をEC限定で販売し、女性層の需要を喚起しつつ実店舗とのシナジーにより業績拡大を図る。
店舗での対面販売(外食事業)から冷凍食品等の製造・販売への事業再構築計画メイン事業のラーメン店がコロナ禍で打撃を受ける中、強みの「独自のラーメン製造技術・商店会等とのつながり」とシナジーを生む新分野展開である「冷凍食品等の製造・販売」に進出し、「自宅での食事需要の高まり」という機会を捉える。
ポルトガルスイーツ製造D2C小売販売とハンバーガーデリバリー/テイクアウト事業への新分野展開ワインレストランのノウハウ/仕入を活かしたポルトガルスイーツの製造D2C小売販売とプレミアムオセアニアハンバーガーのデリバリー/テイクアウト事業です。
オープンテラスでカフェやワインを楽しめる飲食店への事業転換長年のホテル経営で身につけた接客やワインに関する経験を活かし、コロナ禍で経営が困難になったホテル事業から、ポストコロナを見据えて感染症に配慮したオープンテラスでカフェやワインを楽しめる飲食店へと転換する。
伝統技術と知識を継承!生産者含む寿司業界全体を守る「オンライン寿司講座」の運営「寿司店経営の実績」「体系だてた寿司技術教育ノウハウ」「全国の寿司業界ネットワーク」「動画オンライン講座の制作協力体制」「海外展開協力体制」を活かして、寿司店経営から「オンライン寿司講座」運営へと新規に取組み、寿司業界の活性と自社売上のV字回復を図る。
女性の活躍を応援するシェア型美容サロンの開設による新分野展開緊急事態宣言により既存の飲食事業が営業中止となることが多く、採算性が悪化していることが課題である。緊急事態宣言下でも営業できるシェア型美容サロンを出店し、女性の活躍を応援するとともに採算性を改善する。
渋谷発、「体の状態の向上」を図る新規ビジネスの構築飲食事業がコロナ禍で低迷している中での業績の回復が課題です。解決策として、経営資源を渋谷に集中し既存事業の特徴(強み)である心の状態を向上させる事業に加え、体の状態の向上を図るビジネスを加えることで、当社の提供価値である「人生を変えたいと思っている人に人生が変わる機会」の場を増やします。
特殊冷凍機による加工食品のオンライン販売事業自社開発商品及び産地直送の水産品等を特殊冷凍機により瞬間冷凍し、ECサイトで販売する。
アレンジした京生麩と古くから人気が高いうなぎ料理のコラボ店を開く計画。京生麩をアレンジした斬新な料理と、国民食のうなぎ料理のコラボレーション店をオープンさせる。うなぎ料理は「宇奈とと」のフランチャイズ店となり、経営の安定化を図る。京生麩とうなぎとの顧客を相互誘導させて集客数や売上の増加を図り、コロナの影響を凌駕してV字回復を達成する。
老舗懐石料理店が挑む「至極のスモール・ラグジュアリー」事業当社は東京多摩西部地域で長く懐石料理・日本料理店を経営してきた。今般のコロナ禍は当社業績に多大な被害を与えている。ウィズコロナ時代の経営を行うべく、経営資源を効果的に活用し、高級宿泊事業を開始する。
箱根で人気の台湾点心カフェがプロデュースする本格的グランピング施設神奈川県の箱根で民泊施設、飲食店(M宿泊業、飲食サービス業)を営む豊永投資株式会社は、既存事業が新型コロナウィルス感染拡大の影響を受ける中、箱根で人気の台湾点心カフェがプロデュースする本格的グランピング施設の開業により、3年間の事業計画期間終了時において、上記の売上高構成比が全体の10%を超える「新分野展開」の計画を策定しました。
パーパス型プラットフォーム提供によるシェフとプロジェクトの新価値創出営業時間制限と来店客減少による売上減少を補うために、今までの人脈を活かし、その人脈の中から出てきた要望であるプロジェクトとシェフのマッチングシステムを開設します。それにより、新たな雇用の場の提供が出来ます。
テレワーカー向けコアワーキングカフェへの業態転換とレンタルスペース提供による地域貢献当社が18年余り展開する飲食業界は新型コロナウィルス感染症拡大以降、出社率の低下、外食控えにより厳しい状況で、今後は長年培った外食のノウハウを活かし、市場規模が伸びるコアワーキングスペースと外食という新しいビジネスを展開。また、土日は貸しスペースとして地域の催事等に提供し地域貢献を目指す。
自然×食にフォーカスしたウィズコロナの時代の観光サービスへの挑戦北海道のロケーションと食材が持つ魅力を最大限活用し、少人数の顧客を対象に美食と贅沢な宿泊空間をオールシーズンで観光客に提供することにより北海道観光の新スポットとしてニセコエリアの知名度を高め地域経済の活性化に貢献する
レストラン業態の転換「ピザ製造・物販化事業による新分野展開」株式会社グラナダは、創業22年20店舗以上にわたるレストラン経営の会社です。レストラン飲食事業はコロナの影響を大きく受けましたが、弊社の専門性のある料理、業態の開発力、仕入れ業者とのネットワークをいかし、昨今増加した食品の通販市場に参入し、自宅時間をより豊かに過ごすニーズにこたえる高付加価値商品として、弊社の強みであり、認知度も高いナポリピザの食品物販事業を展開します。
イタリアンレストランによる冷凍食品販売事業池袋・巣鴨で2店舗営業するイタリアンレストランが再構築事業によって、自社の生パスタ、総菜、デザートを「冷凍食品」化し、B2B、B2C販売を行います。
FC中華料理店から、ホルモン焼き(焼肉)店舗とECサイト販売事業への転換既存事業の早い、安いが売りの中華食堂一番館3店舗が低迷している。ホルモン焼きのメインメニューと既存事業のメニューを活かし40種類以上のサブメニューにより地域ファミリーや日本在住外国人向けに新業態を開発する。
ミシュラン餃子秘伝製法のディジタル化弊社の餃子は製法が秘伝の手作りで生産量が限定されるため、通販で2ヶ月待ちになるなど、販売機会を損失してきた。本事業は味や食感をディジタル化して定量的に管理しつつ全行程を自動化することにより、秘伝を守りつつ大量生産を実現するDXを目指すもの。
昼夜営業ピザテイクアウト専門店運営を通じた新分野展開の実施。ディナータイム主体のスペインバルでの経験と顧客基盤を活かして、コロナ感染症長期化の中で、夜間営業に頼らず昼夜提供可能なテイクアウトやデリバリーも併営した、ピザ専門店運営に挑戦する事業再構築になります。
朝食はタコスで!昼間営業メインの飲食事業とタコスキットの販売ディナー帯にて、予約制のタコスのコース料理を提供していたが、ウィズコロナ時代に対応できる新たな商材を開発。朝タコスのトレンド発信やタコスキット販売を通じて、本格的かつ国産食材にこだわったタコスを消費者に届ける。
神戸牛+ジビエの焼肉店として歌舞伎町での新たな成長を目指す現在の鶏料理居酒屋を焼肉店に改装し、周辺にはない「神戸牛とジビエ肉」をメインメニューとして提供します。厨房の負担が少なくテーブルごとに喚起できる焼肉店ならではのメリットを生かして周辺のビジネスパーソンが安心して珍しいお肉を楽しめるお店を作ります。
ビブグルマン選出の南インド料理店によるセントラルキッチン事業コロナ禍の影響により売り上げが減少する中、ビブグルマン選出店という強みを活かし、EC販売の開始と駅ナカの飲食店街に新規出店し、セントラルキッチンから品質を維持した料理を供給していく。
老舗中華料理店による消費者の安心・安全・健康を意識する層への持ち帰り用、四川火鍋事業当社は、銀座で四半世紀続く無添加・薬膳の四川火鍋中華料理店である。中華料理の油っこいといったイメージを覆す健康食として共働き世帯をターゲットとするテイクアウト用四川火鍋の販売、鍋つゆ等のECサイト上で販売を行う
既存資源を活用したコワーキングスペースのあるカフェ事業への新分野展開和風飲食事業が新型コロナの影響を受けて企業維持の危機に陥っているので、既にホテル事業を停止して未使用になっているフロアーの改修及び設備導入して、和風飲食事業と連携したコワーキングスペースのあるカフェ事業を展開し事業再構築を図る。
ワイン酒場から健康志向のランチ・カフェ/EC事業への業態転換自家水耕栽培で育てた無農薬野菜や強みであるピザを全粒粉入りに改良し、糖質を抑えたピザの販売による健康志向中心のメニューでランチ・カフェ事業に進出する。EC事業ではワインの知見を活かしたワインとマリアージュするおつまみをセット販売する等、リアルとネット両面で新たな顧客層を獲得し、業績の回復を図る。
高品質焙煎豆の食品小売(スーパー等)向け販売事業コロナ禍を受け、コーヒーの自宅消費需要を捉えるべく、大手食品小売と協業の上、スーパー等の小売にて高品質焙煎豆の販売事業を開始します。自社カフェ店舗提供用の材料(焙煎豆)を補助的に手詰めで販売している既存事業とは構造が異なり、食品小売用の製品設計(廉価かつ大量生産、一部独自パッケージ含む)が求められ、選別・包装・品質確認の自動化ライン導入が必要になります。
シーシャ✕カフェバー「C.STAND」の新規展開による事業再構築計画コロナウイルス蔓延により、売上高が減少したことを受け、コロナ禍での新たな顧客の獲得と、アフターコロナを見据えたインバウンド需要を獲得するため、シーシャ✕カフェバー事業を新たに展開し、成長し続ける事業を構築する。
「シェアロースター(焙煎機の時間貸し)事業」を中心に据えた新規事業❶シェアロースター事業
1階の焙煎小屋において焙煎機の時間貸しを行うサービス
❷珈琲豆卸事業
珈琲を提供したい飲食店やカフェオープンを考えている事業者にオリジナルブレンド珈琲を提案し卸売するサービス
❸アートギャラリー事業
2階はアートギャラリー等に時間貸しを行うサービス
スパイス調合技術と人材を活用したネパール郷土料理店出店計画スパイス調合技術とネパール人材を活かし、既存のスープカレーとは一線を画した日本人の好みに合うネパール郷土料理専門店を出店し、新たな顧客層を開拓するとともにシナジー効果を発揮し、業績のV字回復を図る。
専門料理レストラン業からデリカテッセン(西洋総菜)の持ち帰りサービス業への業態転換計画新鮮な魚介類をメインとしたデリカテッセン製品の開発を新規に行い、店舗での持ち帰り販売を行う。またケータリングやEC注文等も対応可能とし、コロナ禍の影響により外食から中食への消費者意識の変化に対応していくことで、経営基盤を立て直し、食を通じた地域貢献に寄与していきたい。
クラフトビールのサブスク(定額制・定量持ち帰り販売)とダーツサロン(競技教室・カルチャースクール・交流企画)事業「クラフトビールの持ち帰りおよびサブスクサービスの販売」および「ダーツサロン(教室)」事業を新規拠点と既存店舗内でスタートし、顧客と利用目的の幅を広げ、新たな事業分野の成長と既存事業との相乗効果を目指します。
越谷でセントラルキッチンを設けアイス卸し事業とパン製造の新規参入本事業は、これまでに培った菓子作りのノウハウを活かして埼玉県越谷市赤山町1丁目に「セントラルキッチン」を設立して洋菓子店及びラグジュアリーホテル向けの「カップアイスの卸売事業」及び地域住民向けの「アイス及びパンの店頭販売事業」を行う計画です。
DXを利活用し既存事業不振からV字回復を目指すチキンバーガー事業感染症で悪化した収益回復のため、ウイズコロナを想定し時流に即した、本格的チキンバーガー専門店の取組です。ITの利活用、多店舗出店ノウハウを駆使し、知見ある渋谷区にドミナント出店し、経営のV字回復を図ります。
セントラルキッチンを設立し、製造業へ新規参入。自社ブランドつけ麺初の海外展開を促進セントラルキッチンを設立し海外展開用の商品を自社で製造し進出する。あわせて本事業により現在店舗ごとに製造・仕入を行っている麵業態店舗の商品の調理を集約し効率化を図る。
健康志向ニーズを捉えた中華×ヴィーガン料理の新規出店事業当社は材料にこだわった本格中華料理を提供している飲食である。コロナにより来店数と客単価減少のため売上が激減。新しい生活様式の中で健康意識の高まりがある。ニーズを捉え体に優しい中華ヴィーガン料理店を流行に敏感な人が集まる表参道に出店し売上回復を図る
フレンチシェフが焼く極旨ピザをテイクアウト&デリバリーできる新店舗開発フレンチレストランに加え、本格的なピザをテイクアウト&デリバリー及びイートインで提供でき、料理教室等で内食需要に対応できる新店舗を開発し、3年後の売上を基準年度の88%増加、付加価値額を97%増加させます。
世界初の特許技術を使用した、植物性バターのレシピ導入支援事業当社特許技術を使用して、植物性ミルクを使用したバターにフレーバー等を施したレシピを大手豆乳販社や大豆生産農家に導入支援コンサルティングする事業を開始します。この特許技術は、既にPCT国際出願等の手続を終えています。
老舗焼肉店による豊洲名物”海鮮キムチ”の製造販売当社は、江東区豊洲等で焼肉店を中心に5店舗の飲食店を70年経営しています。今回、新しくキムチ製造工場を立上げ、豊洲名物となる海鮮キムチを製造し、卸売やEC販売を行うことで、経営の安定化を図ります。
居酒屋をおしゃれな焼き肉屋に!酒類中心からの脱却&家族層獲得コロナ禍で緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置の発令で東京都の居酒屋業界は酒類の提供禁止の影響を深刻に受けている。換気能力を有する焼き肉屋はコロナ禍で人気が高いため、酒類依存から脱却しかつ家族層を新しく囲い込む。
コロナ対応の完全個室型インドアゴルフ練習場への大胆な業種転換銀座での飲食業を閉業し、地元福岡でのインドアゴルフ練習場への大胆な業種転換を目指す。最新鋭の高機能シミュレーション装置、コロナ対応の完全個室型会員制インドアゴルフ練習場を展開し、地元に貢献する。
飲食店を閉業しミールキットの製造・配送拠点を構築東京都丸の内の飲食店を閉業し、オーダーメイドミール キットを製造する拠点を埼玉県に構築する。
誰もが食べられるヘルシーで美味しい菓子提供で事業を再構築する契約農家との繋がりを活かし、健康的で安心・安全なスイーツ需要を取り込んで新たに菓子の提供を開始し、新規分野に参入します。テイクアウト中心型のスイーツ店舗、及びECサイトや卸販売業により、販路拡大に挑む。
日本料理店からEC/デリバリーやパーティー事業への大胆な業態転換新型コロナの影響を受け、日本料理店からの脱却が課題である。デリバリーなど店舗外での販売が可能となる厨房設備と、30人の団体利用が可能となる客席変更への投資で、提供機会を増やす多業態型飲食事業への転換を図る。
コロナ禍でも売上が下がりにくい焼肉店事業の新規展開による事業再構築計画コロナ禍でも売上が下がりにくく、換気等の対策がされた焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
ラーメン店によるペット同伴が可能なオール軽井沢満喫ヴィラ事業新型コロナで大打撃を受けた新宿西口のラーメン店という単一事業から脱却し、宿泊業に強みのある地方創生業者や軽井沢の事業者と連携し、ポスト・アフターコロナの生活様式に対応した「軽井沢を満喫できるヴィラ事業」を展開します。
常温で流通可能にするRTD商品の製造これまで当社クラフトビールは冷蔵温度帯でしか流通出来なかった商品を、量販店や小売店でも在庫として抱えやすい「常温で流通可能にする商品の製造」を行うことで事業転換し、コロナ時代に即した企業になって行こうと考えております。
老舗旅館の非稼働時間を活用し、地域の住民が利用しやすい庭園カフェ事業を新規展開西伊豆土肥地域にある老舗温泉旅館のチェックアウトからチェックインまでの非稼働時間を活用し、地域の住民が利用しやすい庭園カフェ・日帰り温泉事業を新規展開
流通可能な中華食品製造とトーフミートを使用した商品での販路開拓既存の中華料理店の経営を継続しつつ、中華料理とトーフミート(代替肉)の流通可能な商品(冷凍食品等)の開発・製造を行う。既存事業の販売網も活かしつつ新たな販路を開拓し販売・卸売を行う。
地域ブランド飲食店のサスティナブルなサブスクMy弁当のテイクアウト事業東京馬喰町の人気カフェ兼定食屋の当社が、サブスクリプションの価格体系で提供するテイクアウトランチ事業を展開する。個人専用の弁当容器を繰り返し使うことでSDGsへの貢献を行い、合わせて統一ブランドに合致した物販をEC販売で行う。
ベトナムにおける飲食店店舗開発事業これまで培った飲食店舗運営のノウハウ、ネットワークを活かして、世界で最も成長している市場の一つであるベトナムにおいて、供給が追い付いていない中間層に向けた、日本食レストランの運営を新規事業として計画。
コロナ禍でも売上減少の影響が少ないラーメン店の新規展開新型コロナウイルス感染拡大により居酒屋部門の売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも売上減少が少ないラーメン店を新たに展開する事により、アルコール販売に影響されず、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
カラオケバー事業から、黒毛和牛と九州産黒豚を使用したデリバリー・テイクアウト事業への新分野展開当社は東京都港区麻布十番でカラオケバーを運営する事業を行ってまいりましたが、コロナ禍の長期化による需要低迷が続き、コロナ禍前の水準までの売り上げの回復が見込めないことから代表者のこれまでの経験、人脈を活かした黒毛和牛および九州産黒豚の仕入れを行い開発した黒毛和牛/黒豚とんかつ専門店の持ち帰り、宅配飲食サービス事業に進出するものであります
老舗専門店の多店舗事業製造拠点の設立による既存店の問題解決と、「新商品群+小売」を備えた新店舗の開業でウィズコロナ/アフターコロナ需要に対応し、多店舗を図る補助事業計画
飲食業(焼肉・しゃぶしゃぶ店)から鉄・非鉄金属スクラップ卸売業への転換金属を回収し、金属塊にプレス加工して、金属回収業者へ販売。鉄・非鉄金属スクラップ卸売業は、再生可能資源の需要高まりがあり、コロナ禍のような外部環境の変化の影響を受けにくく、当社の持続可能な事業ポートフォリオの1つになり得る。
クラフトビールを核とした観光レストランへの業態転換と地域活性化事業クラフトビールを核とした観光レストラン、EC販売への業態転換と地域活性化事業
新宿御苑周辺にてリーズナブルな価格で高品質な江戸前寿司を提供する「鮨みつよし」の構築既存事業の娯楽・飲食を掛け合わせた店舗の売上がコロナウイルスの影響で激減したことが当社の課題となっています。寿司は日本の伝統食であり、一定のニーズがあることに着目し、本事業はリーズナブルな価格で高品質な江戸前寿司を提供するものとなります。
新型コロナウイルスによる営業悪化の改善計画公共施設での営業になる為、突然の休校や閉館で営業ができなくなる事での食品ロスを含む非効率性の改善を図ります。一括管理によりロット価格での原価管理が可能となり、自社ソースの品質向上を図ります。テイクアウトの推奨を図ります。
和食料理専門店から焼肉店への新分野進出に伴う事業計画コロナの影響により現業の和食料理専門店が大きなマイナスの影響を受けているため、飲食業の中で、コロナ禍でも好調に推移している焼肉店を展開することで、事業の再構築を図るものです。
新業態(カフェ、店頭販売)、セントラルキッチン化による新事業展開現在経営している飲食店は、新型コロナウィルス感染拡大により、来店客の減少と大きな影響を受けています。今後、業界としてテイクアウトや内食需要への対応、Z世代を意識した店舗づくりをしべくカフェ、店頭販売を新規に行います。また、提供プロセスの効率化をすべくセントラルキッチン化を進め、優位性を確立する計画である。
飲食業からのコロナ禍における個室非接触型のサウナ事業への転換計画当社の既存事業である焼肉店はコロナ禍で売上・利益が大幅に減少し、危機的状況に陥った。

一方で、当社の強みであるIT経営者層・士業等の顧客基盤を生かし、培った店舗経営ノウハウ及び顔認証等のITノウハウをベースとした無人・非接触個室サウナ事業に転換を試みるものである。コロナ禍で巣ごもりが長期化している国民の精神的・肉体的な健康に資する事業と判断している。

団体宴会主体の中華料理店から、換気性能が整った3密回避の焼肉店への転換既存店舗を全面改装し、最新技術の導入により人の接触機会を減少させ、換気を徹底した焼肉店へ事業転換を行う。既存の四川料理で培った評判の味やオペレーションなどの強みやノウハウを活かしながら、商圏内の会社員を中心に新しい価値を提供する。
eラーニングシステムと連携したワインスクール「&n」の立ち上げ人的要素に依存せずに効率的な学習システムをオンラインで提供するワインスクール事業を展開致します。受講コストの減額と立地制約を無くし、いつでも低価格で本格的なテイスティングが出来る場所の提供と、テイスティングに特化した採点システムの開発を行い連携させる事で効率的なテイスティング学習環境を提供し、オンライン、オフライン上で、ユーザーがコミュニケーションを取れるシェアサロンサービスも提供予定です。
サブスク寿司で接待族を囲い込む!コロナに強い経営手法を進化させた事業再構築焼肉店・イタリアンバル・焼き鳥店などを営む弊社が、接待族やミドルアッパー層をサブスクで囲い込む新たな寿司業態に挑戦。長年の飲食ノウハウと、高い教育、そして人脈をフル活用した事業再構築で、時代に合った飲食店の成長戦略を体現します!
和とスパイスの融合をコンセプトとした生カレー製造量り売り販売既存のおでんの出汁を活用した生カレー等『和とスパイス』をコンセプトとして、量り売りでその場で真空バックに詰めた新鮮な生カレーを、テイクアウト及びデリバリー販売中心で提供を行っていきます。
セントラルキッチンを用いたEC,オンライン販売オンライン予約専門の、テイクアウト、デリバリー及びECサイト販売を専門とした既存店のイートインでは食べることのできないお惣菜を新商品として開発し、コロナ禍で移動が自由にできないこの現状の中、近隣商圏のみならず当社ブランドが未だ認知されていない遠方からでも購入できるプラットホームを作成する。
飲食店事業から建設業・厨房機器リサイクル事業への転換1.建設業
スクラップ&ビルドが頻繁に行われる飲食業などの、解体、造作、内装工事を行う。
2.中古厨房機器リサイクル業飲食店のスクラップ時に出る中古厨房機器を買い取り、リサイクル販売を行う。
飲食店の多くは生き残りをかけ業態転換を進めているが、当社はそのような事業者を支援する側に回ることで、新たな事業柱の確立と収益性の向上を図り、左記の課題を解決・回避したいと考えている。
黒豚/黒毛和牛生産者連携したテイクアウト/デリバリー ハンバーガーと食品製造卸D2C事業への業種転換今回始める持ち帰り・配達飲食サービス事業は黒毛和牛と松阪牛と黒豚を使用したハンバーガーの持ち帰り・配達飲食サービス事業と食品製造卸D2C事業になります。コロナ禍でイートインではなくポータビリティを重視したメニューとして、ハンバーガーを卸/D2Cというスタイルで食を提供します。
健康寿命の延伸を目的とした中小企業向け健康経営推進給食サービス事業コロナ禍により業績回復が見通せない。社会情勢に影響がある個人客から安定的な受注が狙える企業向け事業に進出する。中小企業に所属する社員の健康寿命の延伸に貢献することを目的とする健康経営推進サービスを付帯する給食事業を展開する。
「世界の名物日本料理」次世代日本料理メディア事業老舗料亭の持つ日本料理の伝統と技術を料理コンテンツとして無形資産に変えることで道具や調味料の開発、セミナーや試食会なども行い、情報資産を販売出来るようにする
公邸料理人の帰国後のキャリア形成支援 フレンチ(ガストロノミー)MATAの開業日本料理店からフレンチ(ガストロノミー)への事業転換。本事業は公邸料理人の帰国後のキャリア形成支援のモデル店舗であり、本事業を皮切りに今後も公邸料理人が活躍できる場を提供できるようにしたいと考えている。
ゴルフ場隣接立地に特化したグランピング事業補助事業は、GOLF場とアライアンスを組み、GOLF場の集客力を事業のベースにしながらGOLF場が宿泊施設を自ら投資することなく整備できるという相互にメリットを提供・享受できる事業である。原則GOLF場に用地を格安で提供いただき、GOLF場内あるいは隣接地に高級グランピング施設を設置し、GOLF場には宿泊施設としての活用を、利用されるお客様には非日常の宿泊体験を提供する。
ファーストフード機能を実装した韓国ファミリーレストラン事業への進出コロナ禍の経済社会の変化を捉え続けるため、ファーストフード機能とファミリーレストラン機能を有したコロナに強い新たな事業を創出することで、消費者や従業員にとって安心・安全なサービスの提供と売上・利益のV字回復を目指す。
ラーメン店から定食屋への事業転換による店舗売上依存からの脱却(店舗売上+テイクアウト・デリバリー+物販+冷凍弁当通販)ラーメン店から定食屋への事業転換を行う。定食屋では店内飲食に加え、ラーメン店では実施していなかったテイクアウト、デリバリー、食材・食器類の物販及びオンライン販売を併せて実施する。定食屋が軌道に乗った後、定食屋ブランドを用いた冷凍弁当の通販事業を計画。
日本のつゆ越境プロジェクト”NIPPON TO U!"日本の食文化の一つである”だし”と”つゆ”「NIPPONの出汁・つゆ」の製造・ECサイト販売。既存事業の低迷を補填しつつ、品質の高い食材・素材を利用し、オーナー企業顧客や中国富裕層バイヤーをターゲットに高品質の贈答商品による販路拡大を目指す。
とことん九州にこだわった、毎日買える九州食品物産展賃貸用店舗を賃借し①九州産食材、九州名物の加工食品の販売、②九州産の食材を活かした惣菜、弁当を調理し、販売する。「九州の名産品」が「毎日買える」をコンセプトに、地域に長期間にわたってサービスを提供する。
食品製造事業へ参画し”燻の味”を全国へお届けしますこれまでの飲食店事業だけでなく、食料品製造事業へ参画します。本補助事業を通し、食品製造工場を設置し、「燻」の料理を商品化します。製造した商品をEC・通販等の非対面チャネル及びafter-コロナを見据え専用売場等の対面チャネルで販売します。
フードデリバリー事業への新規展開とワーキングスペースの提供新型コロナウイルス感染症の影響により、来客数が減少し売上や利益も大幅に減少。既存事業のみでは、V字回復の達成は困難であるため、店内改装を行いフードデリバリー事業・コワーキングスペース事業への新分野展開へ挑戦。市場ニーズや出店エリアのニーズに対応できる事業展開を目指す。
日本人の食事摂取基準を充すカラダ作り用冷凍食品のEC販売事業厚労省の示す食事摂取基準を満たし、かつ飲食店で提供される料理のように味が整った食事を、自宅で極めて簡易な方法で実現できる冷凍食品を、ECで全国へ通信販売していくにあたり必要な製造・流通のための施設及びシステムの構築計画。
「特定有人国境離島地域 雇用機会拡充事業」に寄与する、すし専門店への事業転換当社は内閣府の推進する「特定有人国境離島地域 雇用機会拡充事業」の認定事業者と提携し、居酒屋事業の運営を行ってきた。新型コロナウイルスの影響により大きく売上が減少し休業状態となっている。当社の強みである①「特定有人国境離島地域 雇用機会拡充事業」の認定事業者との提携②資本提携している水産加工会社③江戸前寿司に精通した職人の雇用④経験豊富な飲食店運営経験を活かし、事業転換を検討している

コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第2回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第3回公募)」
コラム「【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集(第4回公募)」

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第5回公募の採択率は4件中4件採択(採択率100%)と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援
M&Aの財務デューデリジェンス(財務DD)

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。