【事業再構築補助金】東京の飲食店の採択事例集

jigyou-saikouchiku-hojokin-tokyo-inshoku
事業再構築補助金の採択結果は、事業再構築補助金ホームページにおいて公表されています。
第2回公募の採択結果の中で、東京の飲食店が行う事業再構築の採択事例をまとめていますので参考にして下さい。

東京の飲食店の採択事例集(第2回)

事業計画名事業計画
中華点心テイクアウト専門店「香包」出店計画中国料理研究家 蔡薇氏の指導の下、四谷三丁目に中華点心のテイクアウト専門店を新規に出店。コロナ禍で大苦戦している飲食店(居酒屋)に代わる強い業態を構築する。新宿にある既存店から従業員を異動し雇用を守る。
新時代のリスク分散型カレーショップ当社はコロナによる売り上げ減少が経営を圧迫しています。和の調味料を使用したイタリア料理店のノウハウを活かし、付加価値と生産性の高いファーストフード業態にチャレンジしてゆくことで課題を解決し新たなステージで成長してゆきます。
サービス・品質の高さで「地域NO.1手土産店」を目指す新事業コロナの影響で急減している売上を立て直すために、これまでのレストラン経営経験を活かし、高品質な「地域NO.1手土産店」になることを目標に、小売業に挑戦する。そのために店舗入り口改修工事とオーブン購入の設備投資を行い、新たな収入源を創出します。
冷凍「田舎寿司(野菜を用いた寿司)」の製造販売新型コロナウイルスの影響にて、主たる業務の飲食事業が甚大な被害を受けた。そこで、新規商品である「冷凍田舎寿司(野菜寿司)」の開発とそれに伴う設備投資により、非対面ビジネスモデルながらも、(1)顧客満足度の向上及び(2)効果的なPRを実現し、併せて(3)新たな商流の確立(内外EC/サブスク)と(4)地域・社会貢献を行ない、余剰の最大化を目指すものとする。
店舗型の提供方法からデリバリーとECサイト業態への転換事業カフェの人気メニューや専属パティシエのスイーツを生かし、デリバリー、ECサイト、といった新たな提供方法で事業展開する。デリバリーでは本格グルメバーガーの専門店として出店。ECサイトでは、ギフトとして送りたくなるようなスイーツを全国配送する。
飲食店経営企業によるフードトラック事業参入に係る事業計画当社はダイニングバーを4店舗経営しているが、新型コロナ感染症拡大により集客は落ち込んだ。今後は感染症に影響を受けにくいフードトラック事業に参入し、密を避けつつ、社員の雇用安定と地域経済への貢献に努めていきたいと考えている。
ナチュラルワインとシャルキュトリ(肉をメインにしたフランスの総菜)の物販店出店事業コロナ過において、飲食業の厳しい状況を脱却するために、新にワイン小売事業を開始する。文京区白山に物件を取得し、農薬や酸化防止剤の使用を抑えたナチュラルワインと自社で製造するシャルキュトリ(肉をメインにしたフランス惣菜)を近隣の方々にご提案する。
チルド・冷凍加工食品の製造及びテイクアウト、EC販売牛すじチゲ専門料理の製造及び、テイクアウト、EC販売。それに伴う、屋台、セントラルキッチンの新設、ECサイトの構築を行う。屋台では、2次調理済みの暖かい商品を販売。ECサイトではチルド・冷凍加工食品として販売を行う。
オールワンオンラインショップを活用した商品の販路拡大緊急事態宣言より店舗売上が激減し、店舗以外での売り上げの柱を作る必要があります。そこで、自社のジンギスカン店2店舗とグループ店の焼肉店4店舗、すき焼き店1店舗の協力のもと、新たに集客力のあるホームページを作成し、「オールワンオンラインショップ」を運営します。そして、複数店舗での商品の受注,生産、集荷、発送のシステムを新たに構築・導入し、販路を全国に広げ、売上を伸ばします。
スパイスハーブ食品のオンライン販売及びオンライン料理教室の開始南仏地中海料理の技術と知識を活かし、スパイスハーブに特化した食品製造を行いオンライン販売サイトを新設し、その販売を開始。また、最新調理技術「50℃洗い・70℃蒸し」のオンライン料理教室を展開する計画。
需要の高まりのあるテイクアウトと 物販を店舗の一部に併設する新店舗感染対策上、換気をしやすい路面店で需要の高まりのあるテイクアウトと物販を店舗の一部に併設する新店舗を認知度を経ている既存店入店ビルの1階に開業、又セントラルキッチン(仕込み等生産拠点)の機能も併設
「小洞天のシュウマイ」を進化させるとともに、製造卸売事業を開始現在は中華料理店を運営する飲食店事業と百貨店で商品を販売する販売店事業を主要事業としているが、コロナの影響で飲食店への来客が激減し、売上が大幅に減少。今後は当社の看板商品である「小洞天のシュウマイ」を更に進化させるとともに、製造卸売事業を開始。
飲食店が仕掛けるコスプレイヤー、ユーチューバー向け貸しスタジオ店舗と同一ビル内にある事務部屋を改装し、コスプレイヤーや地下アイドル、ユーチューバーの撮影用貸しスタジオとして新たに活用することで、飲食店舗との相乗効果を図り新たな売上を創出していきます。
団体旅行客向け店内飲食から日本料理デリバリー事業への転換東京の観光地で日本料理店を営業していますが、コロナの影響により売り上げの約8割を占めていた団体旅行客の客数が大幅に減少しています。現在の店内飲食中心の業態からデリバリー中心の業態に転換します。
ラーメン店からイタリアンレストランへの業種転換による事業再構築新型コロナ感染症の影響により、既存事業であるラーメン店の運営事業が大幅に落ち込んでいる当社にとって、本事業による事業の再構築は必要不可欠な取組みである。既存ラーメン店舗を縮小し、顧客単価の高いイタリアンレストランの新規開業を行うことは、当社にとって、新型コロナ感染症の影響を乗り越え、V字回復を図るための必須の取組みである。
音楽スタジオ付き飲食店をネット配信機能付飲食店に改装計画コロナ禍により多大な影響を受けた、音楽スタジオ付き飲食店を,スタジオ機能を残しつつ、無観客ライブ配信や有観客ライブ配信に対応可能な飲食店に改装、活動場所が無く困窮している音楽家や発信者や音楽家である自身に活動の場所を提供、増床とイベント等の相乗効果により飲食の売上向上、ノウハウを活かして将来的に魏材を持ち出しての出張ライブ配信にも対応できるように事業化する。
カレーパン店の新規展開による事業再構築計画東京都内にて主に「ハンバーグ・ステーキ」を提供する飲食店 6 店舗を経営する当社は、新型コ ロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でもトレンド入りしてい るカレーパン店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
どりーむキッチン号導入による新分野展開居酒屋等6店舗を経営している。本事業では新たなサービスとして地域密着型のキッチンカー事業に着手する。食材調達ルートなどの強みを活かし、旬が感じられるおばんざいに加工し「地域の中食需要」に対してお届けする。実現のためにセントラルキッチンとキッチンカー設備を導入する。
新たに一般酒類小売業免許取得、酒類の店頭、オンライン販売を開始新型コロナの影響により、飲食店の売上が激減。その状況を打開すべく2021年4月1日に一般酒類小売業免許を取得。飲食店スペースを縮小して新たに酒類の店頭、オンライン販売を開始する。
オーガニック、グルテンフリーに特化したデリバリーとテイクアウトの業態転換アレルギーの顧客や無添加にこだわる顧客に対して、オーガニック、グルテンフリーに特化したテイクアウト、デリバリーの商品を提供し、安心・安全を重視しながら食の楽しみを伝えられるように業態転換します。
中華料理店による国内食材を使った本格派「冷凍水餃子通販事業」コロナ禍により店舗売上が減少する中、新たに本格派の「冷凍水餃子通販事業」を展開する。強みを活かし、「食の安全・安心」への意識の高まりや、在宅での食事機会の増加という社会環境の変化を捉える。
新たに民泊を開設し、既存飲食業との相乗効果(シナジー)を図る。コロナ過で主力飲食店業態が完全に勢いを失っている中、展開しているシーシャBAR(2F)の上部階(3~4F)にて民泊を始めて、既存飲食業との相乗効果(シナジー)を図り、事業の発展を促進する。
バー事業から健康茶のEC販売と薬膳ダイニング事業への業態転換現在の「バー事業」から、健康茶のEC販売と薬膳メニューを提供する「薬膳ダイニング事業」への業態転換による事業再構築を行います。健康茶の新商品「心美茶」のEC販売と薬膳メニューの提供の2つを事業の柱とします。
レストラン事業からテイクアウト専門事業への多角化当社はこれまで店舗を拠点にレストラン事業(飲食店)のみを行っておりました。今般新たにテイクアウト専門店事業(小売店、テイクアウト事業)を開始し、事業再構築を図ります。
自宅からの注文に対応したウィズコロナ時代のバー運営事業新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減ししていることを受け、サービスの提供方法を変更すべく、自宅等からの注文を行える(モバイルオーダー)システムを導入してテイクアウト販売に注力する。自宅等からの注文システム及びテイクアウト販売により、ウィズコロナ時代のバー運営事業を確立する。
新規出店店舗でのデリバリー事業当社は居酒屋を2店舗経営していますが、今般、群馬県及び新潟県にて新規オープンする居酒屋店舗に広めのキッチンを確保し、デリバリー事業を開始します。オペレーション確率後、既存店舗でもデリバリー事業を行っていきます。
創業250年川越松本醤油を使用、唐揚げテイクアウト専門店出店計画メニューを唐揚に、提供方法をテイクアウトに絞った飲食事業。コロナ禍における巣ごもり需要に応え、今まで手を付けていなかったハレの日ではない日常の食事メニューで中食市場の新規開拓に挑戦してまいります。
唐揚げ専門店併設によるテイクアウト・配達分野進出事業現在の店舗に唐揚げ製造機器(フライヤー等)および歩道に面した販売窓口を新設することにより唐揚げの製造・テイクアウト配達販売を行う
個室を用いた小スペースBAR経営旧店舗である串揚げ店から店舗面積の小さいBARへ移転し事業転換することで串揚げ店での経験を活かしながら固定費を減少させ、旧店舗の固定客にプラスして新店舗立地の客層を取り込むことによる売上増加・業績回復を見込む。また、個室を用意することでより落ち着いた空間で飲食することができる。
当店が開発したオリジナルの焼き菓子の製造・販売で売上を確保する。飲食店事業のみを行っている当社は、新型コロナウイルスの影響を受けて著しく売上が減少している。この状況から脱して売上を回復させるため、当社代表取締役が長年温めて来たオリジナルの焼き菓子の製造・販売を開始する。
完全非対面型オーダー/決済によるテイクアウト・小売事業への業態転換既存事業の焼鳥居酒屋の調理ノウハウを活用しつつ、食券販売機・自動販売機・オンライン注文システムの導入による完全非対面型オーダー環境を構築。顧客利便性を追求したテイクアウト・小売事業を立ち上げる。
飲食業界特有の受け身体質からの脱却。※宴会、お酒に頼らない経営川崎市行政や地元企業/団体/教育委員会とのパイプを活かし「地元の魅力を活かした体験・参加型イベント」を主体的に開催し、地域の活性化を行う。※その際、客席数を減らし、密になりにくい状況を作り上げる。
地域に無いユニークな焼肉店の開店による高収益化事業当社はステーキ店、ラーメン店を2店運営しているが、コロナ禍で売上が減少している。そこで、地域に無いアメリカンダイナースタイルの焼肉店を立ち上げるとともに、ラーメン店をセントラルキッチン化することで再構築を行い、収益性を高め事業の再構築を図る。
飲食業界のニューノーマル。究極の非接触システム(Lia)予約から注文、決済までを顧客のスマートフォンで行うシステムを開発し、全国の飲食店へ販売する。(利用してもらう)
東京初の餃子自販機導入のテイクアウト専門店による業態転換緊急事態宣言で中華料理店は大幅売上減少に陥っている。そこで顧客の声からの非接触の冷凍餃子テイクアウト専門店で巣篭り需要を取り込む。昼のテイクアウトに加え、東京初の冷凍餃子自販機により24時間提供する。
コロナに負けるな!地域の健康と高齢者を守る、憩いの健康町守りカフェ新型コロナウイルスの影響により売上が低迷したバーに代わり、地域の健康と地域住民の憩いの場を提供できる「健康町守りカフェ」をオープンする。この取組みにより地域の高齢者の孤独死を減らし、他産業とのシナジー効果により地域産業の活性化・雇用の促進など地域イノベーションを創出する。
店内客席を大幅縮小しテイクアウト&デリバリー事業への業態転換新たにテイクアウト&デリバリー事業を開始する為に、現在100席ある既存客席面積の約40%を解体撤去し、補助事業実施のための造作・機械装置の導入及び近隣へのポスティングや店頭&HPでの告示を実施する。
セントラルキッチンによるネット販売・店頭販売への業態転換事業飲食提供サービスから「店舗改修・厨房設備」を導入し、日本全国向けネット販売及び近隣住民への店頭販売を実施。「コロナ禍における自炊・料理負担増」の課題を解決し、当社の業態転換を実現。
初のECサイト構築による「お肉の昆布締め」販売の新事業展開コロナ禍における家庭内での食事をする機会の増加に対処するため、サービス提供方法を変更すべく、保存の効く独創的な和食の新商品「お肉の昆布締め」を開発し、初の事業となるECサイトを構築し新規事業に取り組む。
社会的距離を確保した「パフェとパンケーキ専門カフェ」とEC事業ゆったりとしたスペースで社会的距離を確保した「パフェとパンケーキ専門のカフェ」を出店し、さらに巣ごもり需要に対応するべく同店で製造した焼き菓子を洋菓子専門のECサイトにて販売し、社会変化に対応する。
EC・テイクアウト販売用菓子製造拠点の設置弊社がこれまでに店舗運営で築いてきた経験、知識、技術を活かして、EC事業への参入を実行す る。それに伴い、既存店舗を菓子製造拠点としEC販売、テイクアウト中心の店舗へと改修する。 店舗ではモバイルオーダーを導入し、キャッシュレス推進に取り組む。
フランチャイズ活用力を活かした台湾カステラ・テイクアウト事業への新分野展開新型コロナの影響による飲食店事業の売上の大幅な低下を受け、当社のフランチャイズを活用力を活かしたテイクアウト専門の台湾カステラ店舗事業へ新分野展開し、売上拡大と当社のリソースの最適化を実現します。
手打ち蕎麦屋の機械導入による新展望現在経営している手打ち蕎麦屋に手打ち式製麺機を導入し、今までの経験から学んだ知識を生かしより手打ちに近い麺を機械で製造して個人や企業に販売し、さらに早く安く美味しい麺を提供する新業態の蕎麦屋の出店を行います。
テイクアウトを中心とした彩り豊かなポキ丼専門店の展開地下鉄「蔵前駅」至近の立地に、ハワイなど海外で人気の魚の漬けと野菜を一緒に盛り付けた「ポキ丼」専門店を開業する。おしゃれなカフェや雑貨店が増えているエリアで彩り豊かな丼ものを提供提供することで、テイクアウトで食事をとりたいニーズを取り込む。
個人経営飲食店が加工食品製造販売でギフト市場へ進出する計画主要事業であるステーキを中核とする洋食店に隣接する倉庫兼休憩所の建物を改装して冷凍食品とレトルト食品の生産設備を導入する。自社ブランドを活かしたギフト向け商品を開発してギフト市場への新分野展開を図る。
東京の老舗オイスターバーによる【 生牡蠣セレクトショップ 】ECサイトを通じた生牡蠣通販事業への参入店舗で培ってきた「牡蠣の食べ比べ」を全国の食卓へ多品種小ロットでの生牡蠣通販サイトの構築
中食需要に対応するテイクアウト専門ピザ店のフランチャイズ展開コロナ禍での外食エッセンシャルシフトに対応する、ベットタウン・住宅立地における「食事需要に対応するピザと総菜専門店」の業態開発ならびにフランチャイズ展開
テイクアウト・デリバリー・通販専門店Ringo Pizzaを立ち上げコロナ後の当社外食事業を再構築する当社の路面店売上を補完すると同時に、コロナ後の世の中の動きに合わせて著名なピザ店のレシピを導入し、独自のメニュー展開をデリバリー・テイクアウト・通販専門店Ringo Pizzaにて提供しようという事業である。
居酒屋業態にデリ販売を付加することによる総合飲食事業への再構築の必要性と事業計画について今般のコロナ禍において、従来主として飲酒事業を行ってきた当社においては、営業自粛要請・テレワークの推進に伴い大幅な収益の減少となった。従来の飲酒事業に頼った事業の不透明性は今後の企業経営の継続にも支障をきたすことは自明である。当社商圏においてはこれまで共働き世帯、個食世帯の取り込みが出来ていなかったことが分かり、今般「デリ」販売を開始することで顧客層の開拓による事業再構築を試みるものである。
飲食店版アフィリエイト&レシピ投稿機能付集客アプリKuuLu弊社は飲食業です。今後はピーク時間を分散して感染リスクを抑制しながら経済活動を維持することが非常に重要であり、それは飲食業に携わる全ての経営者にとって喫緊の課題である為、オフピーク集客・地域密着集客を促進できるようなオリジナルアプリを開発し、自社の経営改善に取組みます。そのアプリを他社へも販売し、コンサルティング部門の売上にも繋げます。
地産地消型・総菜加工場及び事業サポート付シェアキッチンの取組みJA町田市との協力により、野菜加工販売事業ができる設備を開設し地産池消と食品ロス対策を致します。また空き時間のレンタルシェアキッチン事業開設と、起業・就業困窮者へのサポート事業を目的としています
地域飲食店にシナジー効果を!相互協力で生み出す日本料理店のポストコロナ型サービスオフィス街に立地する弊社は多くの会社員や観光客で賑わっていたが、コロナによる緊急事態宣言やテレワークの普及により売上が激減した。新商品とWeb販路により売上の回復、関連業者との相互協力によりポストコロナ時代のビジネスを確立する。
酒販免許を取得しお酒のテイクアウトを可能にする新分野展開再三の緊急事態宣言により飲食店の時短営業や店内での酒類販売停止に伴い売上が激減。酒販免許取得によりお酒のテイクアウトを可能にし、店内飲食以外の売上を確保する。自社ビール工場の生産性を高め新しい販路に対応し経済社会の変化に対応する。
急速冷凍技術を活かした中国温料理の冷凍宅配による非対面飲食サービスへの業態転換最新の「液体急速凍結技術」を活用して、本格中国レストラン温調理品を液体急速凍結して全国に宅配する「中国温料理冷凍宅配サービス」や「ハレの日サービス」を提供して、非来店者への飲食サービスを全国にお届けする業態転換事業です。
酒場ビアホール事業から「とんかつ料理店」への事業転換「酒場ビアホール」だった事業を新たに「日本料理とんかつ専門店」に事業転換することにより、昭和の居酒屋から令和のとんかつ専門店に内外装工事の必要がありあす。コロナウイルス感染拡大を防ぎ、アルコール離れした美味しいものを求める若中年層のニーズに、そして地域に答えていきます。
焼肉店の強みを生かした移動販売・焼肉網洗浄事業への新分野展開焼肉店を展開してきたがコロナ禍により売上激減。新分野で既存事業と高いシナジー効果が見込める①食品移動販売、②焼肉網洗浄事業を計画。巣ごもり需要、網洗浄アウトソーシングの需要に対応し、V字回復を図る。
高級中華料理店のプチ贅沢なテレワーク・会議室スペースの提供新型コロナウィルス感染拡大の影響で飲食業界は苦境に立たされています。他方でワークスタイルの変化に伴い、テレワークスペースや会議室への需要は大きく高まっています。これまで高級中華料理店として運営してきた店舗を、仕出し弁当も提供する「ちょっと贅沢なテレワークスペース」「ちょっと贅沢な会議室」として改装することで、近隣住民や企業の利用を見込みます。あわせて近隣地域へのデリバリー事業も開始致します。
故郷の味をお届け!宿泊業のテイクアウト・デリバリーへの挑戦!故郷の味を日本で味わいたい在日中国人向けの料理を提供する為、調理設備の導入と販促活動を行う。調理設備は既存スペースを改築して専用機械も導入し対応。販促は中国人向けSNS「WeChat」を用いて認知拡大を狙う。
本格ベトナム料理をファストフードへ新展開!IT化でコロナ対策も店内飲食自粛や時短営業の影響で売上が激減し、テイクアウト主体のベトナム料理ファストフード出店による新分野展開が課題。新たな販売形式確立や非対面化に向け、工事や厨房設備等へ戦略的投資を行いV字回復を図る。
テイクアウト専門のヴィーガン向け飲食店の事業化当社の代表が長年ビーガンである。近年、「食事」と「健康」に関心の高い層を中心に世界的にビーガン人口が増えており、今回、完全菜食であるヴィーガン向けに、都内の食事配達網を活用したテイクアウト専門の飲食店を事業化させる。
チャーシューなどの製造加工とオンラインショップ等での販売コロナ禍により、対面でのラーメン店舗での来客数は減少している。そのため、チャーシューなどの製造加工とオンラインショップ等での新商材の販売をおこない、再成長を目指す。
ライブコマースでチアダンスによる元気な応援を届けます!応援してほしい顧客ニーズに対して3密を避けながらサービスを提供することが課題です。店舗で実施していた歌とダンスを用いた応援をライブコマースで届けることで、顧客ニーズに沿った新しいサービスを展開します。
地域に根付いたお洒落なBarから社長のスキルを活かした男女兼用エステ・ネイルサロンへ地域に根付いた隠れ家的なBarから、大人女子や男性まで通いたくなるようなお洒落なエステ・ネイルサロンへ。マスクによる肌荒れや自粛太り、男性の美容ニーズにまで対応。社長保有のソムリエとネイル資格を活かして、お洒落な店舗をフル活用。
コロナの時代でも安心なひとり鍋料理を提供するひとり鍋専門ダイニングバー料理中心の飲食事業へ進出し、新しい生活様式に応じたおひとり様でも安心して楽しめる鍋料理を提供する、「ひとり鍋専門ダイニングバー事業」を展開するため、店内を改装し厨房設備を設置する。
オンライン注文アプリシステムを通じたピックアップ拠点の開設当社が開発するモバイルアプリを介してオンライン注文を受け付け、当社飲食店舗以外にも商品を受け取れる場所としてオフィスや他社カフェ等当社と契約したピックアップ拠点を開設する事業
モバイルオーダー導入の立ち食い鮨店出店計画お客様のスマートフォンで注文、会計までを行う、デジタル活用をした立ち食い鮨店を開店します。コロナ感染対策、人件費抑制、回転率の増加を同時に満たすことのできる今までにない鮨店を目指しています。
実店舗のみの収益構造から卸売り事業の構築へコロナ禍において、飲食の実店舗における販売に頼った収益構造を見直し、店舗で取り扱う商材を卸売りにて販売することで、収益構造の健全化を図る。このために、製造の機械化や設備の整備に取り組む。
ウィズ/ポストコロナ時代を見据えた新業態への転換と商圏の拡大コロナ禍をきっかけとした今回の事業再構築により、新たにテイクアウト事業に取り組み、アルコール販売および深夜営業に依存していた収益構造の改善と、顧客層の拡大による増収を達成し、付加価値額の向上を目指す。
飲食店のオンライン配信事業への新分野展開リモート化・テレワーク化が推進されていくことを見据え、オンライン配信事業への参画を行う。飲食店のスペースを有効活用し、日中に行われる研修・セミナー・講習会等の配信サービスの展開を計画している。主たるユーザーをスタートアップ企業から中小企業にターゲットし、大手配信サービスの約半額の金額に設定し、価格競争力の高いサービスを展開する。
アフタヌーンティーを主力にしたカフェ事業への新分野展開デパートの臨時休業や時短営業により売上は大きく減少している。市場が急激に拡大しているカフェ市場、紅茶市場に進出し、主に地域住民向けに近くで楽しめるアフタヌーンティーの提供やそのテイクアウト事業を行う。
地域健康増進!ジム活動への参入計画!地域の健康増進に寄与するスポーツジムを設置いたします。本事業では私が実施してきた飲食店での接客技術を生かしながら、お客様からの「コロナによる不健康状態の継続」が課題になってきているという点を解決できる事業として本事業を実施します。
テイクアウト・デリバリーサービス専門のハンバーガー事業による新分野展開新たな市場に展開する上で現在休業している烏山店を閉鎖し、三鷹本店隣接地に建物を新築し、当社が過去に実施したことがない事業として、当社の強みである肉という商材を使い、ハンバーガーのテイクアウト専門店をオープンする。
自家製シャリュキュトリー(加工肉)のインターネット販売インターネットショップを開店し、全国のお客様を相手に自家製ベーコンやソーセージなど加工肉の販売を始めます。その為の店舗改装や機材導入、ECサイトの構築、商品開発、を行います。
ラーメンの加工食品の製造及び販売を行う新分野展開ラーメン店「たつみ」を改装し、新たにラーメンの加工食品の製造を開始、店舗及びECサイトで販売するという新分野展開
冷凍ミールキットの通信販売・惣菜の小売販売「世界の朝食の家庭用調理セットの製造と販売」および「今の日本の暮らしにあった世界の国々の惣菜の製造と販売」
既存事業の飲食スペース縮小によるゴーストキッチン事業への進出既存事業の焼肉店を縮小・改装して厨房スペースを広げ、4カテゴリー(ブランド)の配達専用メニューをUber Eats等のフードデリバリーサービスにて販売するゴーストキッチン事業に進出する。
旅から着想を得たクルド料理事業への転換コロナを通して見えてきた宿泊業依存のリスクに対して、新たに中東料理に特化した飲食業をおこなうことで、リスク分散と売上拡大による持続的成長を図りつつ、日本における中東文化をとおした多様性ある社会への貢献を図っていく。
通信販売によるお取り寄せスイーツ、東京土産の製作と販売、広告戦略今回の通信販売営業の事業立ち上げは、事業再構築を使った東京土産と成りうる商品の開発と広告戦略です。今回、シュンビン㈱様の協力を得て新事業ブランディング会議を通して、新商品の開発とブランドデザイン、パッケージ、WEBデザインを進めることになります。
ファミリー層向け黒毛和牛焼肉店の新規事業計画東京都内にて居酒屋9店舗を経営する当社は、コロナ禍における緊急事態宣言の影響により売上高が大幅に減少した。そのためコロナ禍でも好調な業態である郊外型の焼肉店を新たに出店し、コロナ禍でも成長が見込める事業を構築することとする。
コロナ禍に適した形での男性向け脱毛サロンの立ち上げ経営している飲食店については、コロナの影響を受け、売上が減少している。そのため、コロナ禍に適した設備を整え、市場の拡大が見込める男性向け脱毛サロンを開設し、売上のV字回復を図る。
テイクアウト専門店とビジネスマッチングサイトの運営展開事業自社の接触型の既存店舗を一ヶ所に移転集約、新たに非接触型のテイクアウト専門店として複合ブランドで展開する。又、テイクアウト専門店で事業転換を目指す飲食事業者にフォーカスしたスキルシェアリングサービスのアプリを開発、ノウハウとスキルのシェアリングを目的とした飲食事業者向けビジネスマッチング事業を展開する。
フレンチビストロのテイクアウト専門店を新規開業四ツ谷にフレンチの店舗、明治神宮前に和食の居酒屋を構えているがコロナの影響で業績が振るわない。そのため、カジュアルなフランス料理のテイクアウト専門店を新規に始める。
「飲食店」と並行しての「真空包装中食食品販売店」の展開今後長きにわたり続くと予想される売上減少を補填するため、店内一部を改装し通りから視認性の高い冷蔵ショーケースを設置、真空包装食品を販売することで、「飲食店」と「真空包装中食食品販売店」(飲食料品小売業)の2つを共存させた店舗を実現する。
食パン専門店出店及び食パン卸事業開始の為のキッチン施工計画ワインバルと焼肉業態を経営する弊社は、新型コロナウイルスによる時短営業、アルコール提供自粛等の政策により打撃を受けた。そこで朝昼メインの高級食パン製造販売、製造工場の建設により売上確保、事業再構築を図る計画。
ケーキ+食用薔薇の花束!独創的なフラワーレーターケーキ事業展開当社が有する独創性の高いメニュー開発力やデザイン力を生かし開発した、アルファベットや数字を象ったケーキを、食用薔薇で飾り付けたフラワーレターケーキを全国に向けて冷凍製造・販売事業を実現します。
東京ごはんニエバナ テイクアウト事業現在飲食店営業のみの店舗を店舗の半分をコーヒースタンド店に改装し、コロナ禍によりイートインの顧客または流動客の減少が継続している現状の立て直しを図る為に、駅やバス停など交通利用客をターゲットに立地を利用した半分をテイクアウト目的の集客、半分を従来の飲食客獲得を目標とする。
カラオケパブから健康と美容をサポートするエステ事業への転換コロナにより健康意識の高まりを見せる顧客のニーズに応える為、美顔・痩身・健康促進等の効果が期待される深部体温上昇を目的とした美容機器を導入し、既存の従業員でも施術可能な手技に頼らないサロンを開業する。
世界優勝のパエリア技術を活用した機能性ドレッシング開発・販売飲食ビジネスにおける来店客激減の課題を、世界優勝のパエリア技術を活用した機能性ドレッシングにより、製造・小売という新分野を展開し、現在の食生活に合った事業形態へと変革。新ターゲットで売上V字回復を狙う
ふぐと高級食材の小ロット業務販売から目指すBtoBコマース宴会用の個室売上が激減した飲食店ビルの既存事業面積を4分の1に縮小して、ふぐをはじめ、小ロットの高級食材を中間製品にして業務販売を始める。2年後の評価でニーズを確認し、BtoBコマースへ事業拡大する。
人気ラーメン店が本気で始める皮に拘った餃子等のテイクアウト販売!!当社は店内飲食が中心のラーメン店である。今回の新型コロナウィルスによる緊急事態宣言などの影響で店内飲食の実績が大きく落ち込み、短期的な回復も見込めない。その為、今までは店内飲食のみであったが、今回、近隣競合とは差別化されたテイクアウト商品を開発し、店舗の一部をテイクアウトコーナーに改装し、ワンコインで日常的に来店いただけるような販売を行う。
フランチャイズ居酒屋からから揚げの持ち帰り店に事業転換を図るコロナ禍を店内飲食業態のみで生き残っていくのは厳しい為、三代目鳥メロ(鳥料理メインの居酒屋)でのノウハウを活かし、また人気商品を持ち帰り用商品にブラッシュアップし、持ち帰り専門業態、から揚げの天才を展開する。
テイクアウトを兼ねた焼売専門店への業態転換コロナの影響により店舗売上が減少。テイクアウトでの売上を確保するため、新しく店舗を借り自動成型機を導入した焼売専門店を出店。弊社の強みを生かした焼売を開発販売し、地域の特産を目指し、売上を10%以上伸ばす。
もつ鍋のシメ“ちゃんぽん麺”を使った「もつちゃんぽん」専門店で博多新名物を創造密になりがちな居酒屋型ではなく、人気のもつ鍋のもつとちゃんぽん麺を使った麺類専門店を新規出店する。冷却冷凍装置と個包装機導入による新たな製造方法で提供時間を早め、「短時間」「個食」の食事ニーズに応える
飲食店事業再生の為の業態転換外食客減少から、食事摂取方法を多様化するテイクアウト、デリバリー、配食を導入。厨房が手狭で弁当調理が困難な為、客席を減らし厨房を拡張します。外食客獲得を目指し喫茶を空き時間にサブ店舗として開業します。
カフェのオープンによる昼間活用とコーヒー豆の卸による店外売上の増加計画ダイニングバーでアイドル時間となっている昼間にカフェをオープンする。また、一般社団法人ジャパンフードビジネスアカデミーとの連携によりスペシャルティコーヒーの卸を始めて店外売上の向上を図る
居酒屋からの革新!ゴルフと健康弁当によるスマートヘルス新展開自粛生活による運動不足や栄養不足が深刻化し、適度な運動と手軽な栄養補給が課題でした。本事業では居酒屋が屋内ゴルフと健康弁当を融合したスマートヘルス事業を新展開することで地域の健康課題を解決します。
食材廃棄ゼロへ高級住宅街における食材・総菜の需要に応え、コロナ禍による外出自粛にも併せて地方のふるさと野菜を都内の方に親しんでいただくデリカフェを現飲食店から徒歩圏内に開店。現飲食店と連携することにより、野菜等の食材廃棄をゼロにすることも目的としている。
テイクアウトシステムを活用した、創作おでん酒場の事業計画地域密着型の「おでん酒場」を出店します。販売チャネルは外食と中食とし、顧客の携帯電話で注文可能なセルフオーダーシステムやテイクアウトアプリを取り入れ、売上高の安定確保が可能な店舗を構築します。
同業他社への食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンの構築現在展開している居酒屋事業の売上回復が厳しい中、神田でのドミナント経営を活かし同業他社への専門食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンを新たに構築する。
うなぎ料理店のライセンシー挑戦による事業再構築当社は飲食店である。課題として、人材の引き抜きに対処するための人件費の高騰や、店休による家賃ロスの発生がある。新事業においてはアルバイトで店舗を回すため、365日稼働が可能となり、課題の克服が出来る。
飲食事業からランニングイベント事業への大転換コロナ渦における飲食業の逆境を乗り越えるべく、これまで培ってきた自身の陸上競技の知識と経験、ネットワークを活かし、ランニングコミュニティーの構築を目指した陸上競技会の開催。
バーガーレボリューション ワイン&グリル京都店今回始める持ち帰り・配達飲食サービス事業は黒毛和牛と松阪牛を使用したハンバーガーの持ち帰り・配達店舗となります。コロナ禍でイートインではなくポータビリティを重視したメニューとして、ハンバーガーというスタイルで食を提供します。
韓国トレンドフードの冷凍通販及び持ち帰りメニューの開始現状3店舗を経営している。赤字イートイン店舗を閉店。観光地の店舗はしばらく休業。食べ歩き店舗は冷凍通販を開始し、持ち帰りメニューも始まる。
イタリア料理の技術で創る究極の「炭火レアハンバーグステーキ」コース料理を嗜む会食・接待がコロナ禍で激減する中、幅広い世代に好まれるハンバーグを高度な技術と品質管理によりレアステーキで提供し、厨房空調設備とオーダーシステムを刷新して食を安全に楽しむ新空間を創る。
飲食業の経験を活かした製造業へ新規参入季節のフルーツを、素材の味を生かした甘さ控え目の白餡と、高級羽二重粉を使用した上品な求肥で手包みしたフルーツ大福の製造販売。
新ご当地メニュー「小田原タコス」とワインによるトライアングル事業時短要請の長期化により売上が激減。売上確保のため、昼~夕方の時間にも売れる商品「タコス」を新たに売り出す。設備と集客、感染症対策の観点から、小田原へ移転を決定。小田原食材をふんだんに使い、新たな市場として観光客を取り込む
シェアリングエコノミーによる昼と夜で変容する二毛作ビジネスの展開これまでイベントショーや接待サービスを含めた、社交飲食業サービスを業態転換し、新たに非対面型の昼・夜の部で形態を変えた「レンタルスペースサービス」と「ライブ配信オンライン飲み会」の二毛作ビジネス展開を図る。
リラクゼーションサロンでマッサージなどの施術後、お客様を待たせずに美味しいテイクアウトを行う新サービスへの業種転換現在飲食店を営んでいるが、コロナの影響により窮地に立たされる。一方でテイクアウトメニューを充実させたことにより販路の拡大に成功した。これを機に市場調査でも新規性を確認できたリラクゼーション業に飲食テイクアウトを組み合わせる初のサービス(特許出願済み)で事業の再構築をはかる。
フードトラックによる出張店舗事業計画フードトラックを導入し、登戸駅前にて出張店舗を開店します。お客様により安心安全な飲食の場を提供しながら、地域活性化を図ります。事業再構築を行うことで企業成長を目指します。
最高の食材(赤肉・ホルモン)を最高の状態・最高の空間でリーズナブルに食して頂く浦和駅前で焼肉店(赤肉・ホルモン)を開業する計画。良質な食材をリーズナブルに、高級感あふれる店内で食して頂くもの。赤肉だけでなく、豊富な種類のホルモンをご提供。1人カウンターを設け、お1人様でも来店しやすいお店とし、差別化を図っております。
美容を取り入れたインプレッションマネジメントによる業態転換課題は飲食店のみのビジネスモデルからの脱却であり、オンライン上での印象を高めるサポートサービスを開始することで、新型コロナで浸透しているオンライン上での印象を良くしたいニーズに対応し事業の再構築を図る
ゴーストレストラン開業による新たな販売方法・サービスの提供コロナの影響で売上激減している昨今雇用を維持する事も厳しい状況にある。料理技術と敷地改装によりゴーストレストランを開業。アフターコロナの世界でも密を防ぎつつ雇用の維持拡大と売上増加を目指す。
東北6県の味と雰囲気を家で楽しむ商品開発・店舗販売及びEC事業イートインだけに頼らず、新たな収益の柱となる事業を構築するため、新たな商品開発を行い、「EC市場」や「ギフト・お土産市場」に参入する。これまでの店舗運営で培った東北地方におけるネットワークの他、仙台駅・仙台空港・盛岡の大型ホテルなど旅行者の多く立ち寄る場所に実店舗を持っている強みを活用し、販路を拡大していく。
withコロナ postコロナに対応した飲食店への返還弊社運営の串焼き「すずのや(小平店)」における設備投資を行い、テイクアウト・ドライブスルー・地方発送に対応可能な店舗体制を確立する。
懐石料理店の店舗縮小・移転及び新事業炉端焼き(炭火料理)へ事業転換を行うことでの事業再構築本補助事業では現在の懐石料理店を閉店し、新たな場所で炭火料理(炉端焼き)店をオープンする。コロナ禍に対応すべく換気システムを導入した「炭火料理(炉端焼き)の提供」をコンセプトとする事業を展開したいと考えている。
酒販免許取得によるワイン販売とレンタルスタジオ業これまではバーという深夜にお酒を提供するという事業内容で、キッチンもないため、テイクアウトやデリバリーといったことは行えず、そのため飲食店とは別の場所を借りて酒販免許を取得、ワイン販売とその場所で自社ワインセミナーを行い、空いた時間はレンタルスタジとする事業である。
かき氷・焼き芋を主力とする甘味処の新規出店月島エリアの居抜き物件に追加出店し、かき氷および焼き芋を主力とする甘味処の店舗を運営。かき氷には、富士山麓の天然地下水を用いた天然氷 を採用。シロップ原料の果実や焼き芋用のサツマイモには山梨、茨城など近隣各県から直接仕入の素材を利用し、客単価1000~1,200円で価格以上の満足感を提供する。
動画配信、WEBお料理教室による通販の確立とドン・ジョバンニのブランド化。コロナに影響されないような経営体制の構築の為、コロナ禍でもできる動画サービス、WEBお料理教室の始動と共に通信販売の確立。動画サービスにおいて、ジョバンニファンを増やし”ドン・ジョバンニ"のブランド化を構築する。
東京発!牛タンカレー専門店出店と自社レトルトカレー製造・販売新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことにより、従来の飲食店から専門料理店に事業転換する。まだ1軒も無い牛タンカレー専門店を出店する事により、店内、テイクアウト、インターネット販売を始め、アフターコロナでの事業拡大を目指す。
テイクアウト需要の増加に伴う新規テイクアウトシステムの構築・導入計画新たにテイクアウトシステムを構築・導入。顧客が事前に注文、決済をおこない店頭では受け取るだけになる。店頭待機時間の短縮することで顧客満足度も高まり、感染症対策としても接触回数の削減や混雑回避と等見込まれ効果が期待できる。
居酒屋事業からファーストフード店を出店して業態転換を図る居酒屋だけでは生き残っていくのは厳しいため、これまでのフランチャイズノウハウと理念の浸透した接客力を活かして韓国No1ブランドのフライドチキンファーストフード店を出店し業態転換を図る。
料理と音楽のマリアージュアメリカ東海岸〜中米をイメージした内外装とファストフード。そしてDJブースから流れてくる音楽が一体となり、至福のひと時を演出いたします。
居酒屋におけるテイクアウト販売及びネット販売を導入する事業再構築居酒屋を経営していましたが、売上の減少傾向に新型コロナが加わり、売上が激減しました。そこで、イートインスペースを縮小し、厳選したワインとつまみでテイクアウト及びネット販売の新分野に挑戦します。
銀座の名店で修業したシェフの和フレンチレストラン、「出張シェフ」の運営銀座の名店で修業したフレンチ料理人をシェフに置き目黒区、大田区、世田谷区の富裕層をターゲットにした高級和フレンチレストランを東急東横線 都立大学駅にて令和3年8月に開業、「出張シェフ」のサービスも行う。
繁華街立地のスィーツ店を事業縮小し、「和食レストラン」へ事業転換主事業(飲食店)としてスィーツ専門店4店舗、
副事業(小売業)としてオフィスビル内コンビニエンスストア3店舗を運営している。
両事業とも新型コロナウィルス感染症対策などの影響により業績悪化した。
そこで新規事業として、独自開発の炭火焼き機を使用し、焼き魚の和定食を短時間で提供できる(飲食店)「和食レストラン」に事業転換する。一人外食、持ち帰り、デリバリーにも対応する。
「鼻が微笑む」究極の日本酒グラスの販売計画昨今の新型コロナウィルスの猛威により、多分に漏れず当店も多大な影響を受け、経営上苦しい状況が続く中、薄れつつある【和食】と【日本酒】を一緒に楽しむ文化を残し、ご自宅でも日本酒の美味しさを味わっていただくために、特製の日本酒グラスを開発し販売する。
飲食店から百貨店等への法人向け冷凍食品製造・卸売業への転換緊急事態宣言の影響等による飲食店への客足離れを解決するため、客席の半分を「冷凍食品加工厨房」に改修し、新商品「シルク料理(中華とイタリアンの融合)」の冷凍食品製造・卸売業を展開、BtoCから百貨店等の小売業を対象としたBtoB事業に転換する。
メディカル給食の宅配による新分野展開介護施設に販路開拓することができた為、現在経営している居酒屋の座席数を30%縮小し、弁当宅配事業の新分野を展開。施設だけでなくメディカル給食のノウハウを取得し個人宅への弁当宅配事業の拡大に挑む。
飲食店から通販への業態転換を通じた、売上と顧客基盤の維持拡大「ブデチゲ専門店」として9年間の店舗経験を生かし、「ミールキットの通信販売」へと業態転換を図る。コロナ禍で拡大した内食需要や韓国食材需要に対応させるべく、閉店させる既存店舗の設備を生かして生産工場とし、供給体制とマーケティング体制の構築を強化する。
飲食店から製造小売業への業種転換~機能性冷凍食品を製造開発しECサイトで販売~良質な食材を科学的根拠に基づいて組み合わせた機能性食品を研究開発し、美味しさとクオリティーと調理のし易さに配慮した冷凍食品を製造開発し、消費者動向を敏感に捉えるECサイトにおいて販売を行う
やきとん屋の強みを生かしスタイリッシュなラーメン屋を展開アフターコロナで収縮が予想される、居酒屋業態から、安定的な集客が期待できるラーメン形態へ新分野の展開をします。「スタイリッシュな空間で食べる炭火焼チャーシューラーメン」を提供することで既存事業とは異なる新規顧客(未成年を含む)を獲得し売上、雇用を増加させます。
ウィルスに強いネット配信カラオケバー昨今のコロナ禍を踏まえ対ウィルス防御力を上げつつ、これからの時代のニーズに合わせインターネット通信により新たなカラオケのあり方を構築。飲み屋離れしている若年層に安心と遊行を提供。
お惣菜製造事業開始によって非接触型ビジネスの売上を作るための事業新型コロナの影響で売上不振の2店舗中1店舗を閉鎖する。1店舗に新たに機材を導入することで惣菜事業を始める。自社ECサイトを立ち上げ非接触型ビジネスを構築し、全国に市場を広げることで売上を増加する計画。
ECサイト及び自動販売機でコーヒー豆、パスタソースの販売弊社のブランドイメージに合い、贈答用としても使用できる高品質のブレンドコーヒー豆を開発し、ECサイトで小売販売する。また上記事業により弊社が運営する飲食店の新規顧客獲得・地盤強化を進め、事業存続を図る。
通販特化のセントラルキッチン開設コロナ感染拡大での緊急事態宣言による人流抑制と営業時間の減少や、テレワークによる都心部の流入人口減少により、ラーメン店の売上は激減しました。通販事業を行うためのセントラルキッチンの開設をします。
リモート文化に対応したオードブルデリバリー事業の立ち上げリモート勤務社員も参加する懇親会用に、会社向けの多人数用のオードブル(ただし個食対応)と、リモート勤務社員向けに同様の料理を宅配する。同時に、懇親会が盛り上がるような付加サービス(メッセージメード同梱等)を提供する。
フライパンで温めるだけで食せる新タイプの冷凍ピッツァの製造工場設立事業既存の飲食店事業を変更することなくフライパンで温めるだけで食せる新タイプの冷凍ピッツァを製造販売することにより事業再構築を行い加工食品(冷凍食品)市場へ新たに進出する。
小規模居酒屋(3つぼ)のテイクアウト専門店への業態転換弊社は飲食サービスを主にした事業ですが、コロナ 渦でのイートインを中心とした飲食サービスでは経営困難な状況です。度重なる営業時短要請や緊急事態宣言でも影響の少ない、宅配サービスを主とした事業に目を付けました。弊社の居酒屋を、先に述べた事業に転換することで国又は都からの要請にも対応でき、さらには弊社の経済状況を回復できる見込みが十分にあると考えます。
居酒屋経営を活かした九州料理専門店進出事業既存の居酒屋店舗経営で得たノウハウを活かし、九州料理専門店事業を展開します。コロナ禍でも安心して来店できる店舗造りを進めるため、大人数による宴会から完全個室による少人数制、従業員と非接触型の店舗造りをし、展開していきます。
高齢者向け配食サービス事業の展開高齢者向け配食サービス事業の展開
自社製麺所を導入し国産小麦と国産野菜の融合らーめんの店舗・通信販売事業国産小麦の中華麵を製造する。既存居酒屋の店舗では新たにランチ営業を始めて、旬の野菜を使用した醬油らーめんと10種野菜たんめんをテイクアウトも含めて販売し、ドライ野菜を練りこんだ中華麺とスープダレの通信販売を行う。
和定食・麺・甘味をメニューとしたカフェ、デリバリー業態への展開による事業再構築計画赤坂オフィス街、地下に立地し50代以降の利用客をメインターゲットに酒提供をメインとする和食店舗運営する弊社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、 コロナ禍・アフターコロナの顧客ニーズに対応した住宅街立地の和食カフェ形態で定食・麺・甘味 メニューに特化し、コロナ禍でも成長し続けられる店舗を事業の柱と構築することとする。
フードトラックによる自家製コッペパンの移動販売フードトラックを利用し自家製コッペパンの移動販売を実施します。販売場所に関してはフードトラックの支援会社と提携し、オフィス街だけでなくテレワークの多いマンションでの販売も行いコッペパンの移動販売という新しいビジネスモデルを構築します
ゴルフレッスン&シュミレーションゴルフ事業20代~40代をメインターゲットとし、日中はゴルフレッスン事業、夜間はシミュレーションゴルフと飲食を提供し、コロナ禍の影響を受けず高いニーズの見込める事業を立ち上げ、早期の売上回復を目指していきます。
ストレスを癒やして心身を健康に導き、免疫力を高める「よもぎ蒸しサロン」の展開人が増えている豊洲エリアで新型コロナの蔓延で大きく乱れた現代人の免疫力アップをめざし、リーズナブルな価格で気軽に通える都市型リラクゼーションスペースを展開します
郊外の買い物困難者に、豊洲の鮮魚や和食職人の料理を移動販売中野区での飲食店・店頭販売・デリバリー事業に加えて、郊外での移動販売を開始。毎日豊洲から仕入れる最高の食材を、年配にも好まれる技術を持った和食職人が、買い物困難者が住む所まで届けて、売上高を伸ばす。
イートイン専門店から新たに中食産業に参入する事業再構築計画イートイン専門の飲食店が、コロナ禍、販路を拡大し、収益の柱を為に、看板メニューのもつ鍋、出汁で食べるつゆしゃぶなどの鍋料理をメインにテイクアウト、デリバリー、通信販売などの中食産業に参入する事業計画
飲食事業からSDGs(サスティナブル)に則した商品開発/小売/卸売事業当社は、飲食業界での実績を活かした形で再構築事業を模索し、サスティナブル事業への参入を意思決定した。ヴィーガンカフェ経営での実績や信頼性を用い、顧客に安心して使用いただけるヴィーガンコスメの企画・販売する。
キッチンカーによるハラル対応カレー等の料理販売店舗運営を行っている東京・神奈川・愛知・福岡・沖縄の各都府県でキッチンカーを利用した移動販売を行う。ハラル対応メニュー・地方食材を利用したメニューを提供する。
鶏料理専門店ノウハウを活かしてECやテイクアウト販売強化の事業新たにEC販売サイトの構築を図ることに加え、店舗の改装工事にあわせて、新規設備装置を導入します。又、今まで焼き鳥専門店として蓄積してきたノウハウを活かしながら、テイクアウトやデリバリー商品を開発販売することによって、利用者の居住地や時間帯を問わない非対面型中食サービス事業へと新規参入し、当社全体の売上高を回復し、成長させる取り組みを実施します。
ITとロボットを導入した吉祥寺らしい移動クレープ店既存事業は井の頭公園内(吉祥寺南エリア)で自家焙煎コーヒー及びアルコールのテイクアウト事業。吉祥寺北口エリアの路面デッドスペースにIT装備とロボットを導入し、ローカル性のあるブランディングを施したクレープの移動販売車を入れテイクアウト販売する。
キッチンカーによる移動販売によるテイクアウトニーズの開拓来店型の飲食店はコロナ禍の影響で営業が制約を受ける中、スタッフの雇用確保も厳しい中、顧客との接点強化と売上アップの一環で移動販売車両での調理飲食飲料の提供を行うもの。
全国の食に携わる生産者支援のため、生産者直売食堂の展開本事業は、居酒屋等の飲食店経営であったところ、全国各地の名産物の加工食品(缶詰・真空パック商品等)を生産者や工場より直接仕入れ、店舗による販売(小売)及び、新サービス提供により売上高増加を目指すものである。
移転と販売形態変更の実施地方住宅地での店内飲食を中心とした喫茶店営業から、人口の多い都内への移転を実施する。店内飲食をやめ、テイクアウトのみの販売形態とする。配達サービス複数社との契約で非接触での販売スタイルを重視し、店頭販売についても電話注文やSNSでの呼びかけで商品の事前注文を奨励、最大限スムーズに買い物できる環境を整備する。
提案型 精肉販売に特化した小売店舗事業【飲食店の味を家庭へ】をコンセプトにして小売店舗を立ち上げます商品は、精肉をメインとして、野菜 調味料 惣菜 酒類、実際に召し上がっていただくためのイートインスペースも設置します。ご家庭で調理するためのレシピを用意。店舗で、お店の従業員と話しあいながらメニューを決めていただき、そのための食材を全て店舗で揃えて、自宅で調理し、召し上がっていただくという新しいタイプの提案型スーパーマーケットを作ります
24時間無人餃子販売店の新規出店計画レストラン店舗近くに新たに24時間営業可能な無人店舗を構え、従来レストランで提供していた人気商品の餃子を冷凍した状態で販売するもの。
テイクアウト事業への参入による焼肉店事業とのシナジー実現新型コロナの影響による休業要請、時短営業にともなう売上減少を回復するため、テイクアウト事業に参入する。地域での知名度と食材の鮮度を生かし、近隣他店に先がけてテイクアウト事業を行う。
贅沢なお寿司を食べた気分!至福のおにぎり専門店への事業展開新型コロナウイルスの影響により売上が激減。今後も解消の見通しが立たない中で事業転換を決意。コロナ禍でも需要が高いテイクアウト及びデリバリーに対応した、お寿司屋のような贅沢なおにぎり専門店を開業し、V字回復を図る。
飲食店向けオーダーメイド型半調理食材の小ロット製造販売小規模飲食店や道の駅等を対象に、常温保存可能な半調理食材とメニュー提案を組み合わせて提供。コロナ禍の環境で新メニュー開発への取り組みが難しい店舗をサポートする役割を担うことで、サービス提供先も含めた売上拡大に取り組みたい。
e-sports及びゲームアプリ運営事業への業種転換これまで飲食店運営によって培ったSNSを用いた広告宣伝及びイベント企画・運営ノウハウを生かし、コロナ禍でも市場成長率が高いオンラインゲーム企画・開発・運営事業及び出会いの斡旋事業への業種転換を行う。
ワインを楽しむ生活提案~定期購入型併用ワイン通販サービスの立上コロナ禍で業績回復が見込めないワインバーに代わり、現在のワインショップを基点に、ワインと音楽の生活提案を行うワイン通販サービスを立ち上げる。提携する日本の自然派ワインの通販と、定期購入型の通販を並行して実施する。
中古車販売及び整備事業の実施飲食業及び不動産業で培ってきた人脈を生かして新たに自動車中古車販売事業を実施する。
飲食分野でのラーメンによる立食いラーメンのテイクアウト・キッチンカーによるデリバリー移動販売を新たに事業化昨今の短時間飲食、ステイホームの推奨、またテレワーク等の普及によるテイクアウト、デリバリー需要の拡大に応える事業で、滞在時間が短くて済む立食いラーメン・テイクアウト、自社キッチンカーによるデリバリーを行い、アルコール等が主力商品である既存事業の居酒屋の売上減少をカバーする新規売り上げを担う事業である。
野菜が主役の自然派ベーカリー事業コロナ禍において健康意識が高まっている中、それらのニーズに応える新たな事業として4つの事業を展開する。地域に根付く契約農家の野菜を主役とした野菜パン、オーガニック珈琲販売、新鮮野菜のコールドプレスジュース、契約農家から仕入れた新鮮野菜の販売
「居酒屋」「鮮魚店」に続く第三の柱「3つのデリバリー」事業「飲食業」「鮮魚店」以外の第三の柱として鮮度抜群の魚料理のデリバリーを行う。日常のランチ需要に答える「日常ランチデリバリー」近隣の葬祭業者と提携して行う「仕出し弁当デリバリー」そしてハレの日のお祝い時の需要に答える「お祝い御膳デリバリー」を計画する。
居酒屋からコロナ対応のテイクアウト主体のスイーツ&カフェ店への事業転換当社は、平成10年から居酒屋形態の飲食店を経営してきた。しかしコロナの影響により緊急事態宣言や飲食店時短営業、お酒提供に関する大きな制限を受け居酒屋形態から、昼から営業するテイクアウトを中心としたスイーツ&カフェ店舗への転換を図り、事業の再構築を目指す。2店舗の居酒屋を運営しているが、1店舗は1年以上閉めているが家賃を払い続けておりこれ以上は経営に対する影響が大きく早期に事業転換
テイクアウト・デリバリー事業とイートイン事業を両立させた高級焼肉店新規出店事業本事業は目黒に本店を構える【焼肉ぽんが】のFC第一号店として当社が出店します。
すでに食べログ点数3.7点超えと有名店であり、焼肉店の運営ノウハウを学びながら、当社の強みであるテイクアウト・デリバリーノウハウを活用して売上拡大を図ります。
店舗改装及びキッチンカー事業による小売業への転換①蕎麦人弁慶千駄木店の店舗入り口及び店内一部を改修し、飲食店舗に併設する形で総菜を扱う小売店を新設する。②トラックを購入。蕎麦に特化したキッチンカーへと改造し、専修大学構内で蕎麦の移動販売を行う。
焼肉屋と洋菓子屋のノウハウを融合したハンバーガー店(テイクアウト専門店)の新規展開焼肉屋のノウハウを活かした和牛一頭買いにより旨味を追求した和牛ハンバーガーを製造し、洋菓子店のノウハウを活かしたサイドメニュー(スイーツ)を製造し、テイクアウト・デリバリーするバーチャルレストランの展開。
肉バルの店からお一人様専用の安心「火鍋セット」提供の業態転換大人数での来客を前提とした肉バルの店から、お一人様専用の安心「火鍋セット」提供の店に業態転換を図る。また、火鍋セットは、テイクアウトとネット通販で宅配にも対応する。
小籠包の飲食店提供からEC販売事業への展開コロナ禍における緊急事態宣言にともなう休業・時短要請により飲食事業の売上が大幅に減少しています。メディアで何度も取り上げられる当店の小籠包を製造、冷凍、EC販売する体制を整えることにより店舗営業に影響されない収益の柱を構築します。
物販事業_直営店及びECサイトでの販売既存飲食業で取り扱う自然食材の物販事業を開始する。実店舗を構えての対面販売とECサイトを通じて販売する。
ミシュランが認めた日本料理の出汁の味を世界に届けるコロナ禍において飲食店は継続の危機に直面している。当店では、自社のブランド力と技術を生かして独自の商品を開発し、新たに高度でハイクオリティな冷凍方法を採用し、日本料理を国内外に届けるプロジェクトを立ち上げる。
地元立川で特別な日の贅沢を楽しめる”崩し割烹”への事業転換本事業では、現在運営している居酒屋から崩し割烹料理店および惣菜・調理品小売へ事業転換を行います。崩し割烹料理店では、高級感のある空間の中、家族など少ない人数で特別な日の外食を楽しめる飲食サービスを提供します。
専門店の美味しさを地域に届ける複合型デリバリーサービスの展開従来は、とんかつ専門店を商業施設に展開してきたが、新型コロナウイルスの影響により大幅な売上減少に直面している。商店街等の路面に出店し、ブランド複合型のデリバリーサービスを開始する事で事業再構築を図る。
MIXED REALITYと実店舗を活用した すし職人育成事業日本の伝統技術と最新デジタル技術の融合により、“すし”を通じて、日本の無形文化遺産と伝統技術を世界へ発信したく思っております。デジタル技術を活用する事で一流職人の技術を海外を含めて、遠隔地に居ながら学び、実地研修も用意する。ハイブリッド型のすし職人育成事業です。
点心のOEM生産とEC事業の構築により、飲食店を中心とした多角化の実現工場新設により点心OEM事業(受注生産)に進出します。また、新設するECサイトで自社製品のネット販売を開始します。「点心OEM」「飲食店」「EC事業」により多角化し、成長と安定性を備えた事業再構築を実現します。
熟成技術を活用した食品のテイクアウト業態への事業転換居酒屋業態で当社固有の熟成技術を元に鮮魚を中心とした居酒屋業態にて事業を展開してきた。新たにその技術を肉に活用し、揚げ物を中心とした料理を展開。テイクアウトをメインに提供することで事業再構築を図る。
健康意識の高まりを機会としたフィットネス市場への新分野展開24時間型のフィットネスクラブを新たに開業します。コロナ禍での健康意識への高まりを機会と捉え、当社代表の運動経験や顧客対応力を生かして新規事業に取り組みます。健康・ヘルスケア市場へと事業領域を広げます
自社製造した冷凍食品の通信販売事業弊社は、洋食店を運営しているが、コロナ禍で店内飲食の売上が激減したため、既存ブランド「満天星」の人気メニューを冷凍食品として製品開発し新たに構築する自社ECサイトで販売することで、急速に拡大する内食市場へ参入する。
イタリアン居酒屋から脱却。コロナ対応型馬肉専門店への再構築事業飲食店からコロナ対応型の馬肉専門店へ事業転換する。既存店舗の改装、EC販売システムを導入し非対面販売を実施する。既存の企画力やマーケティング力、人脈を活かし、全国一般消費者へ馬肉とレシピを提供する。
日本料理専門店(活蟹料理専門店)からステーキハウスへの事業転換現在の主力事業【日本料理店(蟹専門店)】は専門性が強く高単価帯の為利用客の幅が狭く景況の影響を受けやすい。昨今のコロナ禍の中でも安定した需要が続いている【肉(和牛)】に主力事業を転換し、宅配・ECサイトでの販売も強化することで、事業転換5年後に弊社主力事業として売上構成率68.2%を達成する。
非対面注文システムを導入してのテイクアウト事業及び通販事業テイクアウト窓口を新設し、商品を陳列可能にすることでの店舗視認性の改善。真空冷凍技術を採用して、保存性・流通性の高い商品を開発し、非対面注文システムを導入して、通販とテイクアウトでの顧客層拡大を図る
居酒屋からこだわり食材と空間を提供する物販とカフェの店舗に事業転換する現在の高級居酒屋を廃業し、店舗をコロナ後を見据えて全面改装し、違いの分かる食材・惣菜・飲食のテイクアウトとイートインを主体とした、地域に根ざした食・時間の楽しみを提案する独自性の高い新業態カフェを構築する。
サバを余さず使ったサバパティハンバーガー販売事業への事業転換減少した日本料理店の売上を補う収益源が必要である。テイクアウト需要や健康志向の消費者数の拡大を機会と捉え、調理技術を活かしたサバパティのハンバーガーをテイクアウト店舗等で販売する。それにより新たな収益源を確保する。
名店の秘伝の製法を活かした餃子と唐揚げのテイクアウト・デリバリー専門店への業態転換イートイン中心の飲食店スタイルから、テイクアウト・デリバリー専門店に業態転換を図る。提供する商品も、飲食店メニューの流用ではなく、名古屋の餃子の名店「新風」と茨城県の唐揚げの名店「寺田商店」から学んだ秘伝の製法で調理する餃子と唐揚げで勝負する。
都内唯一の水風呂付き本格的フィンランド式サウナの提供による新事業の再構築コロナの影響を受けて閉店した銭湯風居酒屋「分福」を改装し、都内唯一の水風呂付き本格的サウナを強みに、コロナ禍でも客足を伸ばすほどのブームになっているサウナ事業への新分野展開を図る。
創業149年の合鴨専門店による自社製造の冷凍食品開発への挑戦店舗型飲食事業のみではコロナ禍での対応が非常に困難である為、新規に冷凍食品製造業を取得し高品質な冷凍食品の開発および物販に挑戦します。合鴨の特性を活かし中食・健康志向に対応した商品をお客様に届け、地域経済の活性化に貢献します。
革新的設備と中華料理の融合~駅近でサラリーマンの腹を満たす~新型コロナウイルスの影響で飲食の消費傾向が大きく変容していく中、採算の合わなくなったフランス料理店を閉鎖し、メニュー開発と革新的な設備を活かし”サリーマンの街”練馬で中華料理店を開店します。
感染症対策を徹底した安心・安全な「個室お好み焼き」提供への新分野展開可動式パーテーションと高性能換気設備、抗菌・抗ウイルス内装、そして非対面接客の徹底等により、安心・安全な環境で新たな「個室お好み焼き」提供という新分野展開を行い、環境変化へ適応し持続的な事業の成長を実現する。
おうちで贅沢和牛焼肉!web販売・テイクアウト・宅配による販路拡大戦略当社運営の居酒屋はコロナの影響で売上げが大幅に減少している。これに対応するため、居酒屋を閉店し、焼肉事業を拡大する。ファミリー層向けweb販売・テイクアウト・宅配で販路拡大を目指す。
DXを活用した非接触型決済サービス導入とオンラインショップを含めたマルチチャネル型ビジネスモデルへの業態転換新たにオンラインショップの併設と、非接触型QR決済サービスを導入したセントラルキッチン型点心飲茶専門店を展開。本事業では中華料理好きな20代~70代までの幅広い層を対象とし、オンラインショップは全国を対象、飲茶専門店は少数の軽食を目的とする東京都及び近隣でお勤めの方やお住まいの方を対象とする。アフターコロナを見据えた、実店舗型ビジネスモデルからマルチチャネル型ビジネスモデルへの業態転換を行う。
ポストコロナの世の中にマッチした焼肉店ビジネスへの転換本事業では新型コロナの影響で売上が減少した居酒屋を閉店し、換気の良さや自分で調理できることが安心材料となり足下の業績が良好な焼肉店へと事業転換を図ることでポストコロナに対応した飲食店への転換を図る。
明治期以前の日本の古民家(豪農家屋)を再現したほうとう専門店薬膳スープ春雨「麻辣湯」の専門店を運営しているが、新型コロナの影響で売上が激減した。そこで新たな業態を開発すべく、「都内の中に明治期以前の日本の古民家(豪農家屋)を再現」をコンセプトにした本物志向のほうとう専門店を新規開業する。
DX化によるバーチャル空間レストラン・クルーズクルーズの開業コロナで減少したパーティ利用を補完する為、日本全国の人々が、オンライン上でパーティが楽しめる、新たなレストラン空間と上質な食事の提供を行うためパートナー間の連携をDX化によって実現する計画です。
内食、中食需要の増加による、地域密着型の惣菜店の開店これまで地域密着の鉄板焼き店として三鷹界隈にて多くの顧客を獲得してきたがコロナによる宴会自粛、内食・中食需要の増加により来店数が減少した。新たに知名度、ブランド力を活かして新たに中食市場への進出を図る。
小淵沢アウトドアヴィレッジプロジェクトアフターコロナにおける生活スタイルの変化に対し、従来の「都心」の「屋内」での「飲食」では再び甚大な損害を受ける可能性があり、リスク分散のため「郊外」の「屋外」での「ライフスタイル」をプロデュースする。
新設店舗に併設するセントラルキッチン導入による業態転換都内一等地にある赤字店を撤退し、新設店舗に併設する形でセントラルキッチンを導入することによって、効率的な提供体制を確立し、下準備の効率化と食品ロス低減、生産性向上により経営基盤の強化を図る。
高級食パン「高匠」のフランチャイズ事業へ参入コロナ禍で既存事業である焼肉店の業績が低迷したことに対応し、高級食パン「高匠」の販売事業をフランチャイジーとして取り組んでいます。本事業では販売店舗/人材等を確保し新規事業を展開しています。
冷凍ラーメン自動販売機の設置・EC事業拡大による物販事業拡大冷凍ラーメンの自動販売機を設置しテイクアウト事業を展開。全国のラーメン店とのコネクションを活用し、他社製冷凍ラーメンも併せて販売。セントラルキッチン改装工事も行い、自社生産体制を強化、EC販売も拡大。
町のセントラルキッチン構想による地域活性化と食品ロスの削減当社が立地する神奈川県橋本に「町のセントラルキッチン」を構築することによって、食品ロスを含む飲食店の課題を解決して地域飲食店の収益向上を支援し、橋本を中心とする地域を活性化する。
飲食店の販路拡大の為センターキッチン導入、物販スペースの確保緊急事態宣言などにより売上げが大幅に減少した為、ランチ、テイクアウト、物販内容の拡充を図り、何とかして売上を確保したい。コロナ前の月商平均よりも10%程度の増益を目標に業態の転換をしていきたい。
飲食店ノウハウに基づくMade in Japan飲料水の製造日本国内にて水源及び原料のすべてを国産としたMade in Japanの飲料水をオリジナルブランドにて製造し、強いコネクションを有するホテル、レストラン、卸売業者向けに販売し、ブランドを確立していく。
すき焼店から製パン・製菓製造販売小売り事業への業態転換コロナ渦でも好調な業界であり、サービス・接客を比重が少なく、当社の代表者のカフェが外注している製パン・製菓の製造を行い、小売りと販売、ECも行う実現性の高い業種への転換を図ります。
ニューノーマル時代への生き残りをかけた個人向けサービス参入従来の団体旅行向けの営業形態では、コロナ禍によるニューノーマル時代を生き抜くことは困難である。そこで、個人旅行客を想定した新たなサービス・設備投資を実施することで、個人旅行向けの営業形態への移行を図る。
働き世代へ癒しを、飲食業から非接触型グランピング施設への転換コロナ禍で先行き不透明な中華料理店宴会事業を廃業し、蓄積した料理ノウハウとホスピタリティで非接触型グランピングリゾートへ事業転換する。地元事業とコラボしたプランの提供で地域活性化の相乗効果を狙う。
国産ジビエ・世田谷野菜を使ったソーセージの製造、販売フランス料理店単体経営から、フランス仕込みの技術で、国産ジビエや世田谷野菜を用いたオリジナルソーセージの製造、販売へ事業転換していく。店舗・EC販売や、ビール工房等周辺店への卸売で相互売上拡大を図る。
深川あさりを使った地域名産品の開発及びテイクアウト販売事業新型コロナによる既存飲食店の売上減少を受け、当社の強みである独自仕入れルートと料理人の熟練を活かした食品製造業店舗を新出店します(新分野開拓)。アフターコロナに対応した新たな事業基盤構築を図ります。
ドイツ金賞受賞ソーセージのホットドッグ専門店・都内初出店!新宿歌舞伎町での一店舗で居酒屋を事業として行ってきたが、新型コロナウィルス感染症の影響を受けにくい収益の多元化が急務であると考え、住宅地へソーセージ、ホットドック専門店を新たに出店しようとするものである。
回転ずし風の非対面型すし店の新規開業とDXの取り組みフランチャイズの飲食店を閉めたが、関連会社のすし店経営のノウハウ等を活かした非対面型店舗を構築してコロナ感染症後のスタートダッシュを図る。デジタル化は業務の効率化のみならず、売れ残りロスや閉店間際の欠品を最小限にするDXの取り組みの整備にもつなげる。
パンを通してたくさんの笑顔が生まれる場所を創る新型コロナウィルスによる、顧客の飲食を楽しむスタイル、生活スタイルの変化を機会と捉え、当社の理念教育に基づく店舗展開の強みにより、郊外型ベーカリーと移動販売を通じた地域コミュニティの形成事業を行う。
コロナ禍の中食需要を満たす自動販売機による冷凍餃子の製造販売新型コロナウイルスにより外食需要が低迷し、当社が弁当を販売する豊洲市場の労働者も減少し売上が大きく毀損している。そこで弁当屋特製の冷凍餃子を製造し冷凍自動販売機で販売することで業績のV字回復を図る。
ステーキハウス店のEC販売進出と和食懐石の店舗展開ステーキハウス店が、セントラルキッチンを導入した生産施設兼店舗を建設。食材と調理キット等をセットにした巣ごもり需要に対応したミールセットのEC販売と感染対策を施した個室で新たに和食懐石を提供する。
既存の強みを生かした餃子のEC販売事業への参入当社の事業は来店型ビジネス中心だったためコロナウイルスにより大きな打撃を受けた。この状況を打開すべく既存事業の強みを生かして餃子のEC販売事業へ参入し売上拡大を図る。
『KICHIRI初の焼肉事業(ほんとに旨い焼肉をなんとか安く、週に一度のみんなの焼肉)』居酒屋を中心とした業態を展開しているものの、コロナ禍で都心の居酒屋業態が打撃を受けている。郊外商業施設でハンバーグの肉業態が成長しており、そのノウハウを活用して郊外における焼肉業態を新規に展開する。
ジェラートを中核とした六次産業拠点の開発運営計画埼玉県比企郡川島町で「地産地消」の「ジェラート」を中核とした六次産業拠点を整備・オープンさせる。ジェラート工場と販売店舗、自社直営ファームと地産地消レストランを構えて川島町周辺の商圏から集客していく。
名店の味を自宅で実現する凍結加工FC展開による新流通網形成事業新型コロナ流行下・収束後の飲み会・飲食需要減少を回避するため、店舗内提供という飲食業ビジネスモデルから脱却し、持続成長に向けた新ビジネスモデル確立を図ります。液体凍結システムを用いた味も鮮度も劣化しない食品冷凍技術を導入し、自社飲食ブランドの味を、FC加盟店(コロナの影響から継続困難となっている飲食店含む)と共に、より多くの消費者へ宅配提供する事業を実施します。
無添加食材を生かした地域密着の居酒屋業態から、持ち帰り専門店への店舗展開無添加食材を生かした、地域密着の江戸郷土料理を活かした居酒屋店舗を運営していたが、ウィズコロナを見込んだ生活様式の変化に合わせた、中食市場に向けた持ち帰り専門店の新店舗を開き事業の再構築を行う。
美味しい果物をロスなく味わって頂き、利益を得る企業へ変わる赤坂店は高級な果物を使ったフルーツパーラーとして顧客満足を高めます。梅ヶ丘店は閉鎖し、工場を新設して「フルーツケーキ」を製造し、通信販売をして利益のとれる経営にします。地域住民に喜ばれる喫茶店を併設します。
居酒屋業態から専門性と来店者属性に合わせたメニューを兼ね揃えた焼肉業態への転換「飲み」の居酒屋業態から、「食」の焼肉業態への転換。カット済み納品による調理人いらずのローコスト高品質の実現、メインメニューの高い専門性、お客様タイプ別メニュー、テイクアウト向けの豊富なオリジナルメニューを用意する。
モバイル注文であらゆる提供方法に対応する健康中食レストラン事業への転換店舗型居酒屋の一事業形態から脱却し、テイクアウト・デリバリー・店内飲食の顧客のニーズに合わせた提供スタイルで、本格無添加料理を家庭や職場で楽しめる、非接触モバイルオーダーの健康中食レストラン事業へ転換する
急速冷凍技術を活用した新商品「どこでもインドカレー」の開発、通販事業への業態転換緊急事態宣言による休業も影響し、コロナ禍で飲食店の売上が激減。飲食業界(外食産業)の将来性に不安があり、新たな収益軸の構築が急務となっている。新事業では急速冷凍技術を導入、通販用インドカレーの開発、通販で全国展開に挑戦する。
冷凍自動販売機による非接触販売とアフターコロナへの対策2020年1月からコロナによる報道・緊急事態宣言・時短要請・外出自粛による売り上げ減少の課題がある売上減少を24時間無人で販売できる冷凍自動販売機によりコロナ対策をする。アフターコロナでは売上増に繋げる。
飲食店から飲食料品小売業への業種転換と製造工場建設、自社ECサイト構築イタリア食材、惣菜小売店の出店/惣菜、菓子、パンなどの製造、自社製品を作るための施設の建設/自社製品・小売商品のEC販売事業
これら3つの事業を同時に行うことで、飲食店から小売業への業種転換を行う。
能登名産の『地産他消』を目指すセントラルキッチン型E-Commerceの構築既存事業の飲食店で提供している能登名産品を『地産多消』できるような仕組みを当社で提供したい。そのために事業再構築補助金を活用してセントラルキッチンを新たに構え、ECサイトのシステム構築を行い、Direct to Customerで直接お客様に名産品を届けられる仕組み作りを行う。
顧客評価が高い「やきとん・焼き鳥」のテイクアウト専門店事業化コロナ禍で居酒屋ニーズが激減した。当社の「朝締め肉」を用いた「やきとん・焼き鳥」をファミリー層向けのテイクアウト専門店として展開することで、「with コロナ時代」に対応できる事業体制を構築し、収益改善を図る。
ベテランシェフが考案する、店舗限定メニューが豊富な宅配ピザ専門店の出店海外の三ツ星レストランで4年以上勤務した経験がある、フレンチレストランの現役オーナーが宅配ピザ専門店を新規出店する。店舗限定メニューを充実させ、近隣店舗では決して実現できないオリジナリティあふれる店舗運営を計画している。
クラフトビール世界大会金賞受賞ビールの卸売り事業の開始クラフトビール世界大会で金賞を受賞したスモークビールの卸売り事業を開始する。受賞をきっかけに事業者からの引き合いが多数寄せられている。供給体制を構築するためにビール工場を新設する。
冷凍加工食品の製造業立ち上げによる当社の業種転換計画当社は飲食店運営をしてまいりましたが、そこで培った経験や料理人を生かし、コロナで厳しい状況に陥っている飲食業界を盛り上げるべく、成長著しいデリバリー向けの冷凍加工食品製造業を展開します。
アプリ開発と提供サービス変更による非接触型店舗への大胆な転換新型コロナの影響を受け、既存事業である夜のアルコール提供がメインの業態からの脱却が課題である。オリジナルアプリの開発や内装と提供サービス変更への投資で、非接触型ビジネスへ転換してV字回復を図る。
非接触型インドアゴルフと持ち帰り専門だし巻卵店の開設による事業再構築非接触型ビジネスである、インドアゴルフ事業、及び持ち帰り専門だし巻卵店を新たに展開し、ポストコロナ渦に対応可能な新分野展開を行う。
これにより、5年後に合計売上高198百万円、全体比率16%の新ビジネスを創出する。
先端的なデジタル事業とスイミー戦略による飲食業界支援プラットフォーム構築事業仲間の飲食店舗とも協力しながら最新のデジタル技術を活用してオリジナルシステムを構築し、飲食店の課題である「集金問題」、「集客問題」「クラウドファンディングの本質的課題」の解決と「新たな収益源の創出」を実現する。
こだわりチャーシューを使用したコロッケを中心とした、 惣菜持ち帰り店をATM跡地など小スペースに出店し事業をピボットアフターコロナに対応し、住宅立地型かつATMの跡地など小スペースでの「惣菜のテイクアウト専門店」ビジネスへ進出いたします。普段はスーパーで生鮮商品と一緒にお惣菜を購入している30〜40代主婦(子供1〜2名)をコアターゲットとして、チャーシューコロッケや子供にも大人気の唐揚げ、チキチキボーン、大学芋をライナップし大人にも子供にも愛される店を目指します。
銀座の日本料理店が新たに仕掛けるヒレ肉食べ比べ鉄板焼き店への挑戦銀座で日本料理店を営む法人が、銀座の街のニーズをおさえながら、コロナ禍にも対応した新たな鉄板焼き店を開業します。
ニューノーマル型高級寿司屋への事業展開新型コロナウイルス感染拡大や非常事態宣言の影響により、既存の居酒屋店舗は大きな打撃を受け業績が悪化している。こうした中、業績のV字回復を狙うため、ニューノーマル型高級寿司屋を都内に(新宿・銀座)2店舗開設する。
フードロスゼロを推進するスマートベーカリー事業の開発居酒屋を営む当社が、パン店を開店することにより経営基盤の強化に取り組む。社会的課題であるフードロス削減を推進する「AIを活用した製造サイクル」を構築し、自社・顧客・地域にとって役立つパン店を目指す。
洋風の惣菜と揚げピザを主体としたテイクアウト事業飲食店を営業してきたが、コロナによる市場変化により事業再構築が必要。
近年、継続的に上昇を続けてきた中食市場に進出するため新業態を開発する。
新業態は従来のデリとは違い飲食店のノウハウを活かした新規性の高い業態。
DX化により利便性と生産性が高まり、競合他社に比べ優位性がある。
テイクアウト・デリバリーにも強い本格派洋食専門店事業現在外食店舗の運営委託行を行っているが、緊急事態宣言等、コロナによる影響で、売上大幅に減少している。(詳細別紙参照)コロナ禍でも安定した事業継続を図るため、テイクアウトやデリバリーを中心とした本格派洋食専門店を新たに出店することにより、新型コロナウィルスで大きな影響を受けた店舗店型の飲食営業以外の収益確保と新たな雇用の維持拡大を図る。
WITHコロナに対応したインドアゴルフ場の新設室内にゴルフの打席とスイング解析機を設置し、認定プロがゴルフのレッスンをしたり、自己練習できる環境を提供します。各打席を3m以上離し、コロナ対策を徹底した環境のもとで、お客様の健康づくりに寄与します。
「ペンギンベーカリー」出店によるパン製造小売業への新分野展開コロナ禍の影響を大きく受けた居酒屋事業をメインとする弊社が株式会社ペンギンが展開する「ペンギンベーカリー」をFC出店することにより、パン製造小売業という新しい分野に進出し、事業再構築を図る。
台湾B級グルメ「胡椒餅」のテイクアウト専門店の出店首都圏を中心に店内飲食型の飲食店を51店舗経営している。コロナ禍により売上が大幅に減少した。気軽に世界の美味しいものを食べたいというニーズ、中食需要の増加に対応し「胡椒餅」のテイクアウト専門店を新たに展開する。
AIによる個人の好みを分析するアプリを活用し、ライフスタイルにあわせた健康提案型のお弁当製造販売による新分野展開コロナ禍の飲食店売上減少のため、ライフスタイルにあった提案型のお弁当製造販売事業を新規に行う。店舗販売の他、注文履歴などを分析し、AIがおすすめを案内するリコメンド機能を搭載したアプリによる販売を行う。
居酒屋経営者の福祉事業への新規事業参入居酒屋とレストランの2店舗飲食店経営者が、デリバリー弁当を通じて働きたい障害者に働ける環境を提供する就労継続支援A型援事業所を設立し福祉事業へ新規参入。そしてこれを補助事業終了後に主たる業種とする。
製パン事業 新規立ち上げ計画弊社のメインである飲食事業が情勢に大幅に左右されるという弱みが浮き彫りになりました。通年安定した売り上げが見込め、店舗拡大が期待できる製パン事業を新規事業として立ち上げることといたしました。
新規食肉卸販売事業による新分野展開新たに食肉卸販売事業を展開する。セントラルキッチンを新設して事業者を新規顧客とすることで新規市場を開拓し競争力強化とリスク対策を行い売上の増加を図る。
顔認証システムを導入した小型会員制Barの出店計画イベント業界・飲食業界は休業要請やや短時間営業により非常に苦しい経営を営んでいる。そんな中でも感染対策を講じながら「プライベート」を楽しむ外食は大切にする傾向があるため、安心・安全をテーマにした会員制Barの立上げを行い事業再構築を図る。
江戸前鮨屋が作るオリジナル冷凍商品の販売と製造ライン増設事業回復が難しい店舗を撤退してリソースを集約し、自社及び業界でも初めての「鮨屋の技術を用いたオリジナル冷凍商品の製造と販売」を行います。これは、当社では初の試みである事に加え、同業他社でも事例がない取り組みになります。
事業承継した有名老舗うどん屋の再ブランド化とFC展開日本政策金融公庫を通じて事業承継を受けた有名老舗うどん屋「讃岐饂飩 元喜(げんき)」のブランドをブラッシュアップして改めて世に送り出し、日本一のうどん屋を目指す一大プロジェクト。
高い利益率の達成と生産性向上のための食品製造業界への参入より利益率の高い事業展開とするため、食品製造業界に新規参入する。併せて他社のリソースに依存した従来の広告活動を改めることで、既存事業、新規事業ともに販売力を強化し、会社全体としての生産性向上を目指す。
アフターコロナを見据えた渋谷初の個室サウナ事業 『Solo Sauna 〝PASSION” Shibuya』当社の主力事業の飲食店経営は、コロナ感染症の影響を受け、顧客の安心安全の確保が難しく売り上げは半減した。ポストコロナの時代に向け、現在の市場の状況を分析し様々な業態の中から、「安全安心=三密回避」 「免疫向上=健康志向」 などのキーワードから、現在、需要も高まり話題になっているサウナ、その中でも「安全安心=三密回避」の観点から【個室サウナ】を新たな業態として立ち上げを決意しました。
飲食店支援付きクラウドキッチンサービスの提供新たに20坪程度の店舗を借りて、5部屋分の内装工事とキッチン設備を導入するとともに、キッチンを利用したい飲食店事業者を募集し、飲食店事業者の事業活動を支援する、クラウドキッチン事業に取り組みます。
オリジナルだしパックの調合及び即売店舗設営と顧客アプリ開発三重故郷創生プロジェクト施設VISON内に、オリジナルだしパックの調合及び即売ブースを含む無添加食品のセレクトショップを出店及び連携する顧客管理アプリの開発を行ってウィズコロナでも負けない新事業を構築する。
自身を美しく見せるプロから他者を美しく見せるプロへの転換当社最大の強みは接客力であると自負しています。そして、この接客力に加えてキャスト達は自信を美しく見せるプロフェッショナルです。この強みとノウハウを活かして、ターゲットである男性を美しく見せる接客事業=美容脱毛事業への転換を計画しております。
新しいタイプのブランド型・非接触テイクアウト専門店への業態変換実店舗にて営む飲食店運営会社が一部店舗を改装して非対面型のテイクアウト・EC販売に比重を移し、3年間の事業計画期間終了後において当該事業の売上構成比が10%を超え会社の主力事業の1つとなる計画である。
昭和の名店「アリゾナキッチン」復活による事業転換と浅草の再生行商の形態で都内のオフィス街へ仕出し弁当の製造・販売をしてきたが、コロナの影響で需要が減少。老舗の洋食屋「アリゾナキッチン」を復活させ、コロナからのV字回復と観光需要の落ち込んだ浅草の再生に貢献する。
大使館が認める韓国料理人によるオンライン料理教室とEC事業韓国料理店と外国人旅行者向けの宿泊業が感染症の甚大な影響を受けています。韓国大使館に認められたオーナーシェフの料理ノウハウを活かして、新設スタジオキッチンでのオンライン料理教室とECで事業再構築します
新しい食の提案と、新たな提供方法を用いた飲食事業への業態転換飲食店を運営しているが、新型コロナウィルスの影響で、来客数・売上が激減した。本補助事業にて、テイクアウトとオンラインショップでの提供方法に業態変更することで、疫病の影響を受けにくい経営体質にする。
板橋区をさらに盛り上げるフルーツパーラー出店計画板橋区を盛り上げるために居酒屋業態からフルーツパーラー事業を新規出店します。これにより、夜間中心かつ対面型の業態から日中の非対面型事業に移行し売上の向上が見込めます。
キッチンカーのフランチャイズ展開とゴーストキッチンによる、カレーのテイクアウト事業推進本業の飲食店事業がコロナ禍で大幅な売上減となる中、新たなテイクアウト向け事業として「キッチンカーのフランチャイズ展開」および、「ゴーストキッチンによる宅配サービス」に取り組み、「安心・安全に出来立てのカレーを消費者に提供する」独自の仕組みを確立する。
和食職人こだわりの冷凍総菜とミールキットのEC販売への新分野展開計画コロナ禍でのオンラインの市場浸透と消費者の食へのこだわりの変化に対して、自社の強みである「職人の技術力、料理・空間作りのこだわり」をもって、伸長が期待できる「料理のEC販売分野」へ新たに展開する。
ヴィーガン・ベジタリアン美食専門店への事業転換ミシュラン星12年連続獲得の寿司割烹から、動物性食材を全く使わないヴィーガン・ベジタリアン美食専門店へ大胆な転換を行い、国際的にニーズが高まる当分野の先駆者となる
ボンボンプロジェクト銀座で21周年のラムしゃぶ金の目が創業以来大切にしている経営理念「美容と健康を追求する」「日本の食文化を創造する」を結集した新規事業。スタイリッシュな健康ジュースとサプリメントの新規事業をご期待ください。
日本橋の行列店の天丼を世界に届ける冷凍食品事業計画日本橋の行列天丼店、“金子半之助”。コロナによる外食需要の減少で職人の働き場が減っている。最新技術が搭載された冷凍機器を用いた冷凍天丼弁当事業を始めることで、コロナ禍に増加する中食需要に応え、職人の働き場を確保する。
高級焼肉・バーベキュー出張サービスと当社レストランメニューのEC展開50年間高級焼肉レストラン運営で培ってきたノウハウを活かし、当社一流料理人がご自宅やバーベキュー場などに出張し、高級焼肉コースや贅沢なバーベキューをおもてなしする「出張料理サービス事業」と、A5ランク和牛の高級焼肉・キムチ等の当社人気メニューをネット販売する「平城苑オンラインショップ」を立ち上げます。
仕出し弁当事業の強みを活かした牛乳食パン店のドミナント展開コロナ禍により、当社が運営する弁当配達事業、食堂運営事業が厳しい経営環境での運営を強いられているなか、ブランド力を有しかつ収益性の高いFC牛乳食パン専門店を出店し、食パンのほか惣菜サンドイッチ等を販売し、新たな収入源を構築する。
四季折々の漬け込み料理商品を展開するための食品製造工場整備事業新たにそうざい製造工場を整備して「漬け込み料理」のチルド商品販売を開始する。主な販売ルートは自社ECサイトと小売店等に対する卸売りになる。そうざい製造免許を取得する必要があり、HACCPに対応した拠点整備を実施する。
グローバルモバイルオーダーシステムによる事業再構築計画書グローバルモバイルオーダーシステムの外販による事業再構築。グローバルモバイルオーダーシステムの導入により、飲食店等は注文・会計による作業工程を削減することが出来る。AIや機械学習によった数値分析により、運営の最適化を図る。
世界とつながるクラウドキッチンで、練馬から食の未来を切り開く「Filippo Field]プロジェクト地域食材を使用した自社製造食品商材をクラウドオーブンで製造し、地域の生産者と消費者がつながることができる通信販売サイトを構築する。地域の潜在的価値を世界に配信し、地域振興と自社の利益を両立させる事業
家系ラーメンの多店舗展開による事業再構築プロジェクト当社は、酒場の多店舗展開を行う飲食サービス業だった。コロナウィルスにより、これまでのターゲットである「アルコールを伴う外食需要」が激減したため、相対的に影響の低い「ラーメン店」へ事業転換を図っていく。

事業再構築補助金の申請サポート、申請代行

税理士法人MFMは、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)としてこれまで多くの申請書作成のサポート・申請代行を行い、中小企業・中堅企業の経営を支援してきました。税理士法人MFMの第2回公募の採択率は80%超と平均的な採択率を大きく上回っていました。採択されやすいポイントを押さえた事業再構築補助金の申請書の作成を支援いたします。費用・料金も利用しやすい低価格になっています。

認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の名称税理士法人MFM
大阪事務所大阪府大阪市北区豊崎三丁目17番29号
TEL:06-6371-1768
東京事務所東京都中央区日本橋二丁目1番3号アーバンネット日本橋二丁目ビル10階
TEL:03-4405-2233
サービス案内、費用・料金案内事業再構築補助金の申請サポート・申請代行
認定日2018年12月21日
具体的相談内容等創業等支援、事業計画作成支援、経営改善、事業承継、M&A、事業再生、情報化戦略、販売開拓・マーケティング、マッチング、人材育成、人事・労務、海外展開等、BCP(事業継続計画)作成支援

税理士法人MFMグループは大阪、東京を拠点としていますが、関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)や関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)のみならず、お電話、オンライン、Web会議(Zoomなど)で全国の事業再構築補助金の事業計画の策定、申請サポート・申請代行が可能です。

参考:税理士法人MFMでは、ものづくり補助金の申請サポート・申請代行も行っております。
サービス案内「ものづくり補助金の申請サポート・申請代行」