swot-analysis

事業再構築補助金の申請書の記載のポイントや審査項目については、中小企業庁の「事業再構築補助金の概要」より引用しています。
新しい情報が入り次第更新します。

事業再構築補助金の審査は、事業計画をもとに行われます。
採択されるためには、合理的で説得力のある事業計画を策定することが必要です。

記載のポイント

・現在の企業の事業、強み・弱み、機会・脅威、事業環境、事業再構築の必要性
・事業再構築の具体的内容(提供する製品・サービス、導入する設備、工事等)
・事業再構築の市場の状況、自社の優位性、価格設定、課題やリスクとその解決法
・実施体制、スケジュール、資金調達計画、収益計画(付加価値増加を含む)

審査項目

・事業化に向けた計画の妥当性、再構築の必要性、地域経済への貢献、イノベーションの促進などが審査項目となる可能性があります。
※具体的な審査項目は公募要領に掲載予定です。

税理士法人MFM