株式会社メルカリ「株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーの株式の取得(子会社化)のお知らせ」

 当社は、本日開催の取締役会において、日本製鉄株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本英二、以下「日本製鉄」といいます。)より、鹿島アントラーズを運営する株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(本社:茨城県鹿嶋市、代表取締役社長:庄野洋)の発行済株式(以下「本件株式」といいます。)の61.6%を取得することを決議し、日本製鉄と株式譲渡契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

1.株式の取得の理由
 鹿島アントラーズは1991年10月、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参加球団のひとつとして、住友金属サッカー団を母体とし、鹿行地域をホームタウンとするチームとして発足しまし た。これまで国内三大タイトル(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯全日本サッカー選手権大会)において最多優勝回数を誇り、2018年にはアジアでのナンバー1クラブを決めるAFCチャンピオ ンズリーグで優勝するなど、日本だけでなくアジアを代表するサッカークラブです。
当社は「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションとして、スマートフォン上で不要品を簡単に売買することができるフリマアプリ「メルカリ」を日本及び米国で提供しています。また、2019年2月よりスマホ決済サービス「メルペイ」のサービス提供も開始しました。
 当社は鹿島アントラーズが日本から世界のトップを目指す姿勢に共感し、2017年よりスポン サーとして応援してまいりましたが、このたび、当社と鹿島アントラーズとの関係をより強固 にすべく、鹿島アントラーズがメルカリグループに参画することについて合意するに至りまし た。今後は、鹿島アントラーズの独立したクラブ運営を尊重しながら、当社が持つ経営ノウハ ウを活用し、ファンやサポーターの皆様に愛され、世界に挑む鹿島アントラーズのさらなる発 展をアントラーズファミリーとしてサポートしてまいります。また、当社としても鹿島アント ラーズの強いブランド力によって、当社のブランド価値の向上と、当社が運営する「メルカリ」及び「メルペイ」のさらなる顧客層拡大につなげてまいります。また、当社は鹿島アントラー ズ及び鹿島アントラーズのホームタウンである鹿行地域と一体となり、地域社会・スポーツ事 業の振興に貢献し、すべてのアントラーズファミリーの皆様に愛されることを目指します。
 加えて、当社は株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーの株主として、Jリーグ規約をはじめとするJリーグの諸規定及び公益財団法人日本サッカー協会が定める諸規定を遵守し、またJリーグが掲げる理念、活動方針及びJリーグ百年構想の推進のためクラブヘの支援を継続してまいります。

 

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&Aデューデリジェンス部門