財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

豊田通商株式会社「連結子会社の株式譲渡に関するお知らせ」

 豊田通商株式会社(以下、「当社」)は、当社の連結子会社である株式会社 ISAO(以下、「ISAO(イサオ)」)の全保有株式を、日本国内の第三者に 2019 年 10 月1日に譲渡しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.株式譲渡の理由
 当社グループの事業領域の柱の一つである Mobility 分野では、自動車産業が 100 年に一度の大変革を迎えております。当社グループは、このような市場環境の変化をチャンスと捉えて対応するため、ネクストモビリティ戦略を推進しており、エレクトロニクス分野においてもモビリティ領域での事業に注力しております。
 一方 ISAO は、主にモビリティ以外の領域で、クラウド MSP や受託開発(SI)などの事業において自社サービスに特化したビジネスを展開し独自の成長を図っております。このたび、ISAO が独自の強みを軸に今後も成長できる環境を考慮した結果、最適なパートナーとなる第三者への全株式の譲渡を決定しました。

2.株式を譲渡する連結子会社の概要

①商号株式会社 ISAO
②本社所在地東京都台東区浅草橋5-20-8 CS タワー7階
③代表者の役職・氏名代表取締役 中村 圭志
④事業内容IT インフラ、受託開発及び自社 IT サービス
⑤資本金150 百万円
⑥設立年月日2010 年2月3日(創業 1999 年 10 月1日)
⑦決算期3月
⑧株主当社 100%
⑨経営成績(売上)3,166,513 千円(2019 年3月期)
⑩経営成績(純資産)1,096,721 千円(2019 年3月期)

3.株式譲渡の相手先の概要および譲渡価格
 株式譲渡の相手先からの要請により、非開示といたします。

4.今後の見通し
 本件株式譲渡による当社の 2020 年3月期連結業績への影響は軽微です。

以上

コラム「デューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門