財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

芙蓉総合リース株式会社「NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社の株式の取得(連結子会社化)のお知らせ」

 芙蓉総合リース株式会社(以下「当社」といいます。)は、本日、LN Holdings JPY, L.P. 、LN HoldingsUSD,L.P.及びLN Holdings USD2,L.Pより、NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社(東京都江東区、代表執行役:池松 邦彦、以下「NOC」といいます 。)の発行済株式の全部を保有する株式会社LN ホールディングス(東京都千代田区、代表取締役:吉沢 正道、以下「LNHD」といい、LNHD及びNOCとその子会社を総称して「NOCグループ」といいます。)の発行済普通株式の全部を取得し、NOCと併せて連結子会社化しましたので、お知らせいたします。
 なお、本件は適時開示基準には該当しませんが、有用な情報と判断し任意開示を行うものであります。そのため、適時開示に必要とされる事項・内容を一部省略して開示しております。

1.株式の 取得(連結子会社化)の理由

 当社は、1969年の設立以来、大手総合リース会社として、「提案型のソリューションビジネス」に強みを持ち、国内外の幅広い事業領域で営業展開しております。また、2017年度よりスタートした中期経営計画「Frontier Expansion 2021」において、戦略分野として「新領域」を掲げ、M&Aや資本・事業提携によって、新規事業の創出やビジネス領域の拡大などによるフロンティア拡大に取り組んでおります。
 このような戦略に基づき、当社は、2019年4月に「新領域」の事業分野として「BPOドメイン」BPOビジネス・プロセス・アウトソーシング・・・・・企業の管理業務等を効率的に受託するサービス)を立ち上げ、”経理・決済業務のBPOと言えばFGL(芙蓉総合リース)”と言われるポジションの確立を目指しております。具体的には、経理事務アウトソーシングと金融サービスを組み合わせたアクリーティブ株式会社や通信回線を中心に一括請求サービス等を行う株式会社インボイス等の連結子会社化、クラウドソーシングを活用した経理事務の受託を行うベンチャー企業・メリービズ株式会社との資本業務提携を通じ、従来のリース・ファイナンスビジネスにとどまらないサービスラインナップの拡充に努めて参りました。

 今般連結子会社化するNOCグループは、「課題解決NO.1アウトソーサー」を目指すトータルアウトソーサーとして、バックオフィスサービス(経理、人事・給与、総務、営業事務)、IT サービス、企業内シェアードセンターサービス、事務局運営代行サービス、人材サービスなどの幅広い業務のアウトソーシングサービスを手掛けております。長年培ってきた価値提供機能、業務ノウハウ、専門人材を有機的に組み合わせてチームとして編成することにより、幅広い業界・業種の顧客に高品質のアウトソーシングサービスを提供しております。
 また、コンサルティング機能の強化により、顧客企業の業務整理・見える化から業務改善策立案までを手掛け、最適な課題解決策として、アウトソーシングサービスの提供に加えて、RPA 導入支援サービスも積極的に展開しております。

 当社の「BPOドメイン」に上記の機能が加わることで、お取引先の業務効率化に関する幅広いニーズに対応できる体制が整うと共に既存のBPOリソースとの相互の連携による相乗効果により、それぞれの持つ強みが更に効果的に発揮されることとなります。ここに当社グループ本来の財務ソリューション機能を組み合わせることで、より重層的なお取引関係の構築につながるものと考えております。また、NOC グループの高度なコンサルティング能力を当社グループ自身の事務の共通化等に活用することで、最適な業務配分による職場環境の改善にも役立てていく予定です。

 現在、日本においては少子高齢化に伴う労働不足への対応と先進国の中でも低い生産性を向上させるため、政府主導で“働き方改革”が推進されています。企業の業務効率化に資するBPOサービスへのニーズは次第に高まっており、人手不足によりこのトレンドが今後も進んでいくことは確実です。様々なアウトソーシングサービスメニューと高度な業務コンサルティング機能を持つNOCグループの連結子会社化により、当社グループにNOCグループの持つ利便性の高いサービスを加えて、顧客基盤やサービスのシナジー効果を追及し、「BPOドメイン」の事業展開を加速させていくと共に、企業の生産性向上の一助となることで社会的課題の解決にも貢献し、当社の標榜するCSV経営(CSV:クリエイティング・シェアード・バリュー・・・・・社会と企業の共有価値の創造)の実現を目指して参ります。

2.異動する子会社の概要

①   NOC の概要

(1)名称NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社
(2)所在地東京都江東区富岡一丁目 13 番 6 号
(3)代表者の役職・氏名代表執行役   池松 邦彦
(4)事業内容総合アウトソーシング事業
IT アウトソーシング事業
(5)資本金100,000 千円(2019 年 3 月 31 日現在)
(6)設立年月1988 年 11 月
(7)直近事業年度における連結売上高9,741 百万円
(8)直近事業年度における連結経常利益724 百万円
(9)直近事業年度における連結純利益449 百万円

②   LNHD の概要

(1)名称株式会社LNホールディングス
(2)所在地東京都千代田区麹町一丁目12番地1住友不動産ふくおか半蔵門ビル3階
(3)代表者の役職・氏名代表取締役   吉沢 正道
(4)事業内容株式会社その他の法人の株式、出資その他の持分及び社債の取得、保有および処分、信託受益権の売買、金銭債権買い取り業務、不動産投資、有価証券の投資及び運用
(5)資本金100,000 千円(2019年3月31日現在)
(6)設立年月2016 年 9 月
(7)直近事業年度における売上高0 百万円
(8)直近事業年度における経常利益▲50 百万円
(9)直近事業年度における純利益▲6 百万円

3.今後の見通し

 本件に伴う2020年3月期の当社個別業績及び連結業績に与える影響は軽微であり、2019年5月9日に公表しました通期の連結業績予想に変更はございません。

以上

コラム「デューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門