財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

株式会社高島屋「連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ」

 本日の取締役会において、当社は株式会社ジョイアーバン(鳥取県米子市、社長  宇田川正樹)と、当社の連結子会社である株式会社米子髙島屋(鳥取県米子市、社長  森紳二郎、以下、米子髙島屋)の株式のうち当社保有の全株式を、来年3月に株式会社ジョイアーバンに譲渡することについて、基本合意することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

 なお米子髙島屋とは商標等ライセンス契約を締結し、当社が所有し米子髙島屋が使用している商標を米子髙島屋に使用許諾予定です。これにより、3月以降、米子髙島屋は屋号をJU米子髙島屋(仮称)として営業継続する予定です。

1. 株式譲渡の理由
 当社では、米子での事業拡大に向け、営業支援や人的支援等を行ってまいりました。こうした中で、当社と株式会社ジョイアーバンにおきましては、地域および米子髙島屋のさらなる発展に向けた、新たな事業関係やスキームについて協議を重ねてまいりました。そしてこの度、当社が保有する米子髙島屋の全株式を株式会社ジョイアーバンに譲渡するとともに、新たに商標等ライセンス契約を締結することが望ましいとの判断にいたりました。

2. 異動する連結子会社の概要

(1)名称株式会社米子髙島屋
(2)所在地鳥取県米子市角盤町1丁目30番地
(3)代表者の役職・氏名社長 森 紳二郎
(4)事業内容百貨店業
(5)資本金50百万円
(6)設立年月日2003 年 9 月 1 日
(7)大株主及び持株比率株式会社髙島屋 100%
(8)上場会社と当該会社との間の関係資本関係当社は同社株式の 100%を保有しております。
人的関係当社職員 2 名が取締役、監査役 1 名が監査役を兼務しております。
取引関係該当事項はありません。
(9)最近3年間の経営成績及び財政状態
決算期2017 年 2 月期2018 年 2 月期2019 年 2 月期
純資産(百万円)2,7802,7872,774
総資産(百万円)4,0104,0553,981
1株当たり純資産(円)2,780,467.562,787,221.342,774,597.83
営業収益(百万円)5,3935,0044,896
営業利益(百万円)△136322
経常利益(百万円)△135346
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)△2,1626△12
1株当たり当期純利益(円)△2,162,498.626,753.77△12,623.50
1株当たり配当金(円)000

3. 株式譲渡における譲渡先の概要

(1)名称株式会社 ジョイアーバン
(2)所在地鳥取県米子市角盤町1丁目 27 番地6号
(3)代表者の役職・氏名社長 宇田川 正樹
(4)事業内容岡山 TSUTAYA 事業、米子市中心市街地活性化事業
(5)資本金300 万円
(6)設立年月日2018 年 3 月 1 日
(7)純資産(百万円)譲渡先の強い要望により非開示
(8)総資産(百万円)同上
(9)大株主及び持株比率同上
(10)上場会社と当該会社との間の関係資本関係該当事項はありません。
人的関係該当事項はありません。
取引関係該当事項はありません。

4. 譲渡株式数、譲渡前後の所有株式の状況

(1)異動前の所有株式数1,000 株
(2)譲渡株式数1,000 株
(3)異動後の所有株式数0 株

*譲渡価額については両社間の秘密保持契約締結のため非開示

5. 日程

(1)取締役会決議日2019 年 10 月 11 日(金)
(2)株式譲渡契約締結日(予定)2019 年 12 月下旬
(3)株式譲渡実行日(予定)2020 年 3 月 1 日(日)

6. 今後の見通し
本年 12 月を目途に株式譲渡契約等を締結する予定としております。
なお 2020 年 2 月期連結業績への影響については軽微ですが、お知らせすべき事項が発生した場合は速やかに開示いたします。

以 上

コラム「デューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門