フジッコ株式会社「株式会社フーズパレットの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ」

当社は、株式会社フーズパレット(以下「フーズパレット」という)の全株式を取得する旨の株式譲渡契約を締結し、株式譲渡予定日が決まりましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.目的
 当社は創業以来、伝統食を科学し「美味しさと健康」をお客様にお届けするべく事業展開してまいりました。なかでも、惣菜製品事業はお客様の多様化するニーズにお応えして拡大している事業であり、当社の主力事業の一つであります。
 フーズパレットは、百貨店を中心に中華総菜を販売しており、「四陸(フォールー)」「チャイナチューボー」のブランドを展開して、長年お客様から親しまれてきた会社であります。
 この度、当社が保有するマーケティング力、販売力、研究開発力とフーズパレットが保有するブランド力、商品力を融合することで、両社が相乗効果を発揮でき、お客様に新たな価値を提供できると判断いたしましたので、フーズパレットの全株式を取得し、子会社化することといたしました。

2.フーズパレットの概要(2019 年 3 月 31 日現在)

(1)名称株式会社フーズパレット
(2)所在地兵庫県神戸市中央区港島 2 丁目 6
(3)代表者代表取締役 鄒 良夫(すう よしお)
(4)事業内容中華総菜の製造及び販売
(5)資本金90 百万円
(6)設立年月日1960 年 3 月設立(1952 年 1 月創業)
(7)大株主等当社と取引関係のない個人株主 3 名
(8)当該会社との関係資本関係、人的関係、取引関係はございません
(9)当該会社の最近 3 年間の業績2017 年 3 月期 売上高 2,345 百万円
2018 年 3 月期 売上高 2,395 百万円
2019 年 3 月期 売上高 2,334 百万円

3.取得価額等
 取得価額等につきましては、株式取得の相手先との合意により非開示といたします。また、当該価額につきましては、慎重なデューディリジェンスを行い、公正妥当な価額であります。
 なお、取得価額につきましては、連結純資産 15%未満であり、有価証券上場規程第 402条(会社情報の開示)第 1 号q「子会社等の異動を伴う株式又は持分の譲渡又は取得その他の子会社等の異動を伴う事項」および有価証券上場規程施行規則第 401 条(決定事実に係る軽微基準)第 5 号「規程第 402 条第1号qに掲げる事項」のいずれにも該当いたしません。

4.日程
2019 年 6 月 27 日 株式譲渡契約締結
 2019 年 8 月 1 日  株式の譲り受け完了(予定)

5.今後の見通し
 当グループの連結業績に及ぼす影響は軽微であると見込んでおります。

以  上

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&Aデューデリジェンス部門