財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

ブルドックソース株式会社「サンフーズ株式会社株式取得(子会社化)のお知らせ」

 当社は、2019 年 10 月 7 日付で、サンフーズ株式会社の株式を取得し、子会社化いたしましたので、お知らせいたします。

1.株式取得の理由
 当社は、1902 年(明治 35 年)食料品卸商三澤屋商店として開業し、1905 年(明治 38 年)にソースの製造販売を開始しました。この間 117 年にわたり日本中のお客様のご愛顧をいただいてまいりました。これから私たちブルドックソースグループがすべてのお客様に提供していくべき価値は、「自然の恵みのおいしさで食の幸せを世界に広げていく」ことだ、と考えております。ソースは食の魅力を最大限に引き出す、自然の恵みを活かした調味料です。そのソースの事業領域をたれやドレッシング類までに広げていくとともにその原材料である香辛料や酢等を活かした調味料や事業等を展開することにより、今日のライフスタイルの変化に対し貢献してまいりたいと考えます。
 一方、サンフーズ株式会社は、1916 年(大正 5 年)の創業以来、ソース類、食酢を中心とした液体調味料メーカーとして広島の食文化の発展と共に歩んでまいりました。また「お好み焼」が広島の名物として全国的に有名になるとともに、同社の独自ブランドである「ミツワソース」「ヒガシマルソース」の商品をお客様に提供してまいりました。
現在はお好み焼きの殿堂「お好み村」の全店舗をはじめ、全国各地の有名専門店でご愛顧をいただき、近年では、専門店開業を目指す方々を対象とした「お好み焼教室」、修学旅行や国内外からの観光客の皆様への「体験学習」、全国各地や海外での「お好み焼実演販売」など普及活動にも力を入れております。
 サンフーズ株式会社を当社グループに迎え入れることにより、当社は「ブルドックソース」「イカリソース」に加えて「ミツワソース」「ヒガシマルソース」という新たなブランドを迎え入れ、東京、大阪、広島の 3 地域の食文化を支える形になります。また相互の人材・技術交流により更なる競争力の強化に努めてまいります。
この度の株式取得により、当社グループの事業基盤の安定と一層の企業成長を実現し、ソース文化並びにお好み焼き文化の普及とともに社会へ貢献する取り組みを加速してまいります。

2.株式取得した子会社の概要
 名称           サンフーズ株式会社
 所在地        広島県広島市南区出島 1-26-1
 事業内容     お好み焼ソース等の調味料製造業
 代表者        代表取締役社長   布崎   正憲
 決算期        3 月 31 日
 資本金        20 百万円
 ※当社と当該会社の関係は、資本・人的・取引の関係はございません。
 ※業績等に関しましては守秘義務のため開示いたしません。

3.当社の概要
 名称           ブルドックソース株式会社
 所在地        東京都中央区日本橋兜町 11-5
 事業内容     ソース、その他調味料の製造・販売
 代表者        代表取締役 社長執行役員   石垣   幸俊
 決算期        3 月 31 日
 資本金        1,044 百万円

4.取得株式数、取得価額及び取得前後の保有株式の状況
(1)取得株式数          普通株式 400,000 株(発行済全株式)
(2)取得価額             守秘義務契約に基づき開示いたしません。
(3)取得前保有株式    0 株
(4)取得後保有株式    普通株式 400,000 株

5.株式の取得日
 2019 年 10 月 7 日
 ※2019 年 9 月 20 日取締役会にて決議

6.株式取得後の新体制における代表者
 代表取締役社長   武市   雅之(現ブルドックソース株式会社執行役員)

7.今後の見通し
 この度の株式取得による 2020 年 3 月期の当社業績に与える影響は軽微でありますが、開示すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします。

以   上

コラム「デューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門