財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

オムロン株式会社「(開示事項の経過)当社連結子会社の異動(株式譲渡等)及び株式等譲渡による売却益の計上に関するお知らせ」

 当社は、2019 年 4 月 16 日付公表の「当社連結子会社の異動(株式譲渡等)に関するお知らせ」(以下、2019 年 4 月 16 日付当社お知らせといいます)の通り、同日、オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社の全株式を日本電産株式会社(以下、日本電産といいます)へ譲渡すること等(以下、本取引といいます)について決議し、株式等譲渡契約を締結しました。
 2019 年 4 月 16 日に開示した事項から、「日程」、「子会社(メキシコ法人)の譲渡先」等に変更がありますので、下記にてお知らせします。また、本取引に伴い株式等譲渡による売却益を計上する見込みとなりましたので、併せてお知らせします。

1.日程の変更

変更前変更後
(1)取締役会決議日2019 年 4 月 16 日2019 年 4 月 16 日
(2)契約締結日2019 年 4 月 16 日2019 年 4 月 16 日
(3)本取引実行日未定(2019 年 10 月末を目処)2019 年 10 月 31 日(予定)

2.子会社(メキシコ法人)の譲渡先
 2019 年 4 月 16 日付当社お知らせにて、本取引に含まれる当社の子会社である OMRON AUTOMOTIVE ELECTRONICS de Mexico, S. de R.L. de C.V.の持分の譲渡先につきましては、「日本電産又はその子会社等」と公表しておりましたが、日本電産に確定しましたのでお知らせします。

①異動する子会社の概要
 2019 年 4 月 16 日付当社お知らせの「2.異動する子会社の概要(注)」に記載のとおりです。

②持分譲渡の相手先の概要
 2019 年 4 月 16 日付当社お知らせの「3.株式譲渡の相手先の概要」に記載のとおりです。

3.その他
 本取引に含まれる取引のうち、当社の子会社である OMRON VIETNAM CO., LTD.及び PT. OMRON MANUFACTURING OF INDONESIA の車載電装部品事業の日本電産又はその子会社等への譲渡の実行日について、2019 年 4 月 16 日付当社お知らせにて、「未定(2019 年 10 月末を目途)」と公表しておりましたが、当該譲渡の実行は 2020 年6月末までを目途に行われる見込みです。
 また、当社の子会社である OMRON HONG KONG LTD.の車載電装部品事業の日本電産又はその子会社等への譲渡についても、2019 年 4 月 16 日付当社お知らせにて、本取引に含まれる旨公表しておりましたが、対象となる事業における取引の商流の変更により、当該事業譲渡が不要となったことから、本取引の対象に含めないこととなりましたので、お知らせします。

4.株式等譲渡による売却益の計上
 2019 年 4 月 16 日付当社お知らせにて、本件が業績に与える影響につきましては、「現在精査中」と公表しておりましたが、本取引の実行日が 2019 年 10 月 31 日(予定)となったことから、2020 年3月期第3四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書における非継続事業四半期純利益として、税引前売却益約 520 億円を計上する見込みです。また、本件が単体損益に与える影響としましては、2020年3 月期の損益計算書における特別利益として、関係会社株式等売却益約 774 億円を計上する見込みです。
 なお、当該税引前売却益の当期連結業績予想に与える影響については、本日付公表の「2020 年3月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。

以 上

コラム「デューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門