財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ(四大監査法人出身の公認会計士在籍)

 

ホテル事業を展開している藤田観光株式会社は2月12日、大阪市の老舗宴会場・結婚式場の「太閤園」を3月末に売却すると発表。新型コロナウイルス拡大の影響で2020年12月期の決算で224億円の赤字となっていた。「太閤園」の不動産の譲渡で約329億円の譲渡益を計上する。売却先は当初は非公表となっていましたが、創価学会が取得したことが明らかになりました。

以下、藤田観光のお知らせ。

 

固定資産の譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ

当社は、本日の取締役会において、下記の通り固定資産の譲渡を決議いたしましたのでお知らせいたします。

1.譲渡の理由
新型コロナウイルスの影響で悪化した財務状況の改善を目的として、下記の固定資産を譲渡するとともに、太閤園の営業を終了することといたしました。

2.譲渡資産の概要

資産の内容及び所在地面積帳簿価額特別利益
(所在地)大阪府大阪市都島区網島町 9-10
(施設)宴会場、レストラン、ゲストハウス(桜苑)
土地:25,746.18㎡
建物:19,242.57㎡
約 60 億円約329億円

※譲渡価格については譲渡先からの要請により非開示とさせて頂きますが、複数社のうち最も良い条件を提示した先に対し譲渡することとしたものであり、周辺相場と比較して適正な価格と判断しております。

3.譲渡先の概要
譲渡の相手先(国内法人)については、相手先との取り決めにより非開示とさせて頂きます。
なお、相手先と当社との間には特筆すべき資本関係、人的関係及び取引関係はありません。

4.日程
取締役会決議日 2021年2月12日
契約締結日  2021年2月12日
引渡し日 2021年3月31日(予定)
営業終了 2021年6月30日

5.今後の見通し
当該固定資産の譲渡に伴う特別利益約 329 億円については、2021 年 12 月期第 1 四半期決算において計上する予定です。また、太閤園の営業終了に伴う業績への影響は軽微です。
なお、2021 年の業績予想につきましては、現時点で合理的に試算することが困難であるため、未定にしておりますが、業績予想が可能となった時点で速やかに公表いたします。

以  上

サービス案内「デューデリジェンス」
サービス案内「事業再構築補助金の申請代行・申請サポート」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門