財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

日本テレホン株式会社「兼松コミュニケーションズ株式会社による日本テレホン株式会社株式の買付けに関するお知らせ」

 兼松コミュニケーションズ株式会社は、日本テレホン株式会社の普通株式の買付けを別添のとおり 2019 年 10 月 24 日に行うことを決定いたしましたので、お知らせいたします。

以 上

 

兼松コミュニケーションズ株式会社「株式の買付けに関するお知らせ」

 当社は本日、日本テレホン株式会社の普通株式を同社株主である現代商事株式会社より取得すること(以下「本件取得」という)について合意し、2019 年 10 月 24 日付けで本件取得を行う予定です。
 なお、本件取得は、金融商品取引法第 167 条第1項及び金融商品取引法施行令第 31 条に規定する「公開買付けに準ずる行為として政令で定める買集め行為」に該当するため、お知らせいたします。

銘柄コード銘柄名取得する議決権数議決権総数比率
9425日本テレホン株式会社
普通株式
4,600 個
(460,000 株)
13.50%

以上

コラム「M&Aにおいてデューデリジェンスは必要なのか」
コラム「デューデリジェンスの種類と必要な資格」
コラム「経理担当者から見たM&Aのデューデリジェンスの流れと注意点」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門