財務デューデリジェンス(財務DD)によるM&Aのリスクマネジメントが成功のポイント。
大阪・東京の税理士法人MFMグループ

 

株式会社トーホー「当社連結子会社間の合併に関するお知らせ」

 当社は、本日開催の取締役会において、当社連結子会社である株式会社トーホーフードサービス(本社:神戸市東灘区、社長:森山隆志、以下「トーホーフードサービス」という)と、同じく当社連結子会社である株式会社プレストサンケー商会(本社:石川県金沢市、社長:真木一幸、以下「プレストサンケー商会」という)との合併について決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
 なお、本合併は当社連結子会社間の合併であるため、開示事項・内容を一部省略しております。

1.合併の目的
 トーホーフードサービスは当社グループの業務用食品卸売事業の中核を担う会社であり、全国に 50 事業所を展開しております。一方、プレストサンケー商会は北陸エリアにおける業務用食品卸売事業の基盤強化のため、2015 年4月に子会社化した会社であり、グループ入り後は、同エリアで展開するトーホーフードサービス金沢営業所(石川県金沢市)とともに合同で展示商談会を開催するなど、連携してシェア拡大に努めてまいりました。
 そのような中、経営資源の効率化を図り、同エリアにおける更なるシェア拡大を、スピード感を持って推進すべく、本合併を実施するものであります。

2.合併の要旨
(1)合併の日程
 ・合併承認取締役会(合併当事会社) 2019 年 11 月 25 日
 ・合併契約締結(合併当事会社) 2019 年 11 月 26 日(予定)
 ・合併契約承認株主総会(プレストサンケー商会) 2019 年 12 月 2日(予定)
 ・合併期日(効力発生日) 2020 年 4月 1日(予定)
 ※トーホーフードサービスは会社法第 796 条第2項の規定に基づき、株主総会の承認を得ずに行います。

(2)合併の方式
 トーホーフードサービスを存続会社とする吸収合併方式で、プレストサンケー商会は解散いたします。

(3)合併に係る割当の内容
 本合併は、当社連結子会社間の合併であるため、株式その他金銭等の割当てはありません。

(4)消滅会社の新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い
 該当事項はありません。

3.合併当事会社の概要(2019 年1月 31 日現在)

存続会社消滅会社
(1)商号株式会社トーホーフードサービス株式会社プレストサンケー商会
(2)本店所在地神戸市東灘区向洋町西5丁目9番石川県金沢市西都1丁目 267 番地
(3)代表者代表取締役社長  森山  隆志代表取締役社長  真木  一幸
(4)事業内容業務用食品卸売事業業務用食品卸売事業
(5)資本金100 百万円10 百万円
(6)設立年月日2008 年8月1日1972 年9月 19 日
(7)決算期1月 31 日1月 31 日
(8)大株主及び持株比率株式会社トーホー 100%株式会社トーホー 100%

(9)直近事業年度の経営成績及び財政状態(2019 年1月期)  ※百万円未満切り捨て

純資産7,815 百万円73 百万円
総資産24,556 百万円299 百万円
売上高106,204 百万円622 百万円
営業利益1,112 百万円△23 百万円
経常利益1,146 百万円△18 百万円
当期純利益812 百万円△23 百万円

4.合併後の状況(予定)
 本合併による商号、本店所在地、代表者、事業内容、資本金、決算期、大株主及び持株比率の変更はありません。
 なお、トーホーフードサービス金沢営業所は、合併と同時に現プレストサンケー商会本社所在地に移転し、事業所名をトーホーフードサービス金沢支店に変更する予定です。

5.業績に与える影響
 本合併は、当社連結子会社間の合併であり、連結業績へ与える影響は軽微であります。

以上

コラム「デューデリジェンスとは。その費用の相場」
コラム「財務デューデリジェンスと事前依頼資料」
コラム「M&Aのデューデリジェンスにおける簿外債務(隠れ負債)の発見方法」

大阪・東京の税理士法人MFMグループ
M&A財務デューデリジェンス(財務DD)部門